思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

昨日の試合で鹿島がロスタイムに決勝点をあげて勝ったので、勝つしかない名古屋グランパスのホーム最終戦。試合はグランパスペースで進みました。
前半6分にFKから小川選手が先制ゴール、そして12分には流れの中から杉本選手が追加点をあげます。この後も試合の流れはグランパスなのですが、シュートは枠に嫌われたり、オフサイドだったりと追加点が奪えないいやな展開となってしまいました。
そんな中で、後半25分に一瞬のミスをついてダヴィ選手にゴールを決められてしまいます。その後は勝ちを意識しすぎたのか、グランパスの選手の動きは硬くなり、いつ同点に追いつかれてしまうかとヒヤヒヤものでした。しかしロスタイムに自らもらったFKのチャンスに米山選手がきっちり決めて3-1で札幌を破り、優勝に望みをつなぎました。
最終戦はアウェイでの大分戦です。まず勝利して鹿島vs札幌の結果待ち(札幌の勝利が名古屋優勝の条件です)、ここ2試合のロスタイムでの得点など運は名古屋に向いているとも思います。最終戦も鹿島戦の結果を考えずに勝利のみ信じて戦って欲しいですね。
b0077271_981774.jpg



J1第1日(29日)結果
清 水 3-2 千 葉 終了
鹿 島 1-0 磐 田 終了
川 崎 4-0 神 戸 終了
横浜M 2-0 東京V 終了
G大阪 1-0 浦 和 終了
 柏  0-2 大 分 終了
J1第2日(30日)結果
大 宮 1-1 京 都 終了
FC東京 1-0 新 潟 終了
名古屋 3-1 札 幌

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-30 19:00 | 球技
まずは、フィギュア NHK杯男子では、織田選手が長い空白期間を埋める復活のGP3勝目をあげています。ただしそのデキは女子の浅田選手とはかなりの差がありジャンプなどでミスを連発、まだまだ全盛時の織田選手ではないですね。
ただ優勝は、ギャップを埋める最高の良薬ですから、高橋選手負傷で意気消沈の男子フィギュア界ですから、若手を牽引してこれからのシーズンで活躍して欲しいですね。
b0077271_19185633.jpg

続いてゴルフの話題を2件。まずは男子ゴルフからですが、石川選手が見事に賞金1億円を突破しました。先週の段階で1億円突破は確実と言われていましたが、日本人プロ最年少(ゴルフだけでなく)記録だそうですから、今年1年いろいろあったと思いますがよく頑張ったと思います。
b0077271_19191332.jpg

最後は女子ゴルフ。今までは実力はありながら人気先行だった古閑美保選手が、最終戦で逆転優勝をかざり賞金女王の座を手に入れました。TVドラマでも起こりえないような幸運が重なっての女王獲得、来シーズンもその座を守るように練習してください。
b0077271_19192447.jpg


写真は http://www.sanspo.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-30 18:50 | その他のスポーツ
ミルコ・デムーロ騎手の好騎乗だったのではないでしょうか。調教がよかったマツリダゴッホをマークして直線一揆に加速して、ディープスカイの追い上げをしのいでの勝利です。
アルゼンチン共和国杯で重賞初勝利をあげた馬のジャパンカップ勝利と言うのは初めてではないでしょうか。またグラスワンダー産駒のG1制覇も初だと思います。ディープスカイ、ウオッカはやはり天皇賞の疲れがあったのかと思いますが、2、3着は立派だと思います。またマツリダゴッホの4着は有馬記念につながる着順ですね。
b0077271_170896.jpg
ミルコ・デムーロ騎手「チョー気持ちいい。スタートも道中の位置取りも、すべてうまくいった。馬がレースに集中していて、いいレースができた」

ジャパンカップ結果
1△16 スクリーンヒーロー 牡4 57.0 M.デムーロ 2:25.5  
2◎ 9 ディープスカイ 牡3 55.0 四位洋文 2:25.6 1/2
3○ 4 ウオッカ 牝4 55.0 岩田康誠 2:25.7 3/4
4 13 マツリダゴッホ 牡5 57.0 蛯名正義 2:25.7 アタマ
5▲ 1 オウケンブルースリ 牡3 55.0 内田博幸 2:25.8 クビ


おまけ:福永騎手が京都12レースを勝ち、通算1000勝をあげました。今年中には達成すると思っていましたが、勝鞍があまり伸びないので心配していました。これで来週からのG1に思い切って騎乗できるでしょう。
b0077271_194768.jpg

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-30 17:06 | ギャンブル
フランスでは不完全燃焼だった浅田選手でしたが、ホームグランドの代々木ではストレスがないのか、今シーズン最高の演技を魅せてくれました。GPファイナルでのキム・ヨナ選手との対決が楽しみになってきました。
b0077271_9162325.jpg
b0077271_916325.jpg

女子シングル総合順位(FS+SP)
1位:浅田 真央 (日本) - 191.13
2位:鈴木 明子 (日本) - 167.64
3位:中野友加里 (日本) - 166.87
4位:アシュリー・ワグナー(米国) - 161.10
5位:ラウラ・レピスト (フィンランド) - 158.85

またペアでは、「氷上のプロポーズ」で話題となった井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組が2位にはいりました。
b0077271_9164222.jpg


写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-30 09:16 | ウィンタースポーツ
先週、今週と一流ジョッキーが立て続けに落馬しています。今日は岩田騎手落馬でウオッカには誰が騎乗するのかと心配でしたが、どうやら軽傷だったようで、ジャパンカップは無事騎乗可能とのことです。
さてジャパンカップですが、3頭のダービー馬が出走するのは史上初とのこと、どの世代のダービー馬が強いのか、それを見極めればいいのではと思います。菊花賞馬も2頭出走しますが、同世代のダービー馬とは実力差は若干あるのではと判断しました。
その中で天皇賞では惜しくもウオッカに負けてしまいましたが、陣営も狙うはジャパンカップといっていたディープスカイを本命、ウオッカを対抗としました。メイショウサムソンも調教はよかったようですが、年齢面もあり△止まりが妥当と判断し、▲には今年の菊花賞馬であるオウケンブルースリを指名しました。
その他では、外国馬では実績のあるペイパルブル、騎手が魅力のアサクサキングス、スクリーンヒーロー に期待します。
b0077271_1755363.jpg


ジャパンカップの予想
◎ ディープスカイ
○ ウオッカ
▲ オウケンブルースリ
△ アサクサキングス、ペイパルブル、メイショウサムソン、スクリーンヒーロー

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-29 17:09 | ギャンブル
NFL第13週の3試合が行われました。前節で連勝が止まったタイタンズですが、連敗中のライオンズ相手に47-10と一方的な試合で11勝目をあげ、地区優勝に王手です。敗れたライオンズは12連敗、去年のドルフィンズを見ているようでライオンズファンの心境はよくわかります。
さてその他の2試合では、ロモ選手復帰後連勝しているカウボーイズがシーホークスに34-9で圧勝しました。またイーグルズもカーディナルズに48-20とこちらも圧勝、行われた3試合がすべて25点差以上のワンサイドゲームだったことも接戦続きの今シーズンを考えると珍事かもしれません。
b0077271_12304839.jpg
b0077271_12305565.jpg
b0077271_123126.jpg

試合結果
ライオンズ 10-47 タイタンズ
カウボーイズ 34- 9 シーホークス
イーグルス 48-20 カーディナルス

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-29 12:39 | 球技
今年もライブラリーフェアがパシフィコ横浜で開催されました。早いものでもう10回目、私の所属する企業も過去3回ほど出展し、企画も数回担当していましたので、けっこう思い入れのある展示会です。
今回から新たに「学術情報オープンサミット」が併設され、ポスターセッションが設けられていました。1枚1枚のポスターにはいろいろな情報が満載で、企業の展示ブースよりためになる情報も多々あったように思います。
b0077271_9181927.jpg

金融危機の影響もあったのか、企業の参加は昨年より少なかったのではと思います。少なくとも展示スペースは減っていました。受付が展示コーナー内に設置されていましたので、ちょっと戸惑いました。また図書館家具メーカーの担当者(今年も彼が展示をまかされたとのこと)と立話をしたのですが、
「今年はあまり、展示にコストをかけることができず、うまい形でのPRができませんでした。でもできる限りの展示はできたと思います。」
出展者が減少し、各社のブースも昨年より小さくなっていますが、出展者の心意気はいささかも衰えていない、頑張って欲しいと思いました。

さて今回は、ARG(ACADEMIC RESOURCE GUIDE)が主催した第2回ARGカフェ&ARGフェスタに参加しました。図書館総合展も多数のフォーラムを開催していますが、会場はパシフィコ横浜会議センターでしたが、フォーラム案内には掲載されていない知っている人たちの集まりといったものなのかもしれません。
ARG自体は、メルマガ発行数4000部強という、人文科学、社会科学、自然科学の各分野における電子メディアの学術利用を展望した情報発信を行っている機関(一人でやられているので機関はオーバーかもしれませんが)です。参加者は60名強、普段の図書館関係者の集まりであれば、かなりの顔見知りの方はいるはずですが、よく知っている人は数名と久しぶりにアウェイ! だなあと感じました。
カフェは、お一人5分合計11名の発表があり、その後にディスカッションを約1時間という2時間の集まりです。詳細はARGのブログに掲載されると思いますので割愛しますが、図書館関係の方はあまり人前で話す機会がないと感じていますので、5分という短い時間(逆に、言いたいことをまとめるのが大変な時間設定かもしれません)、話す機会があるというチャンスをどんどん活かしていくべきだと思います。
ある意味では、上司の了解をとらずに発表ができる場でもあると思いますから、積極的に活用してどんどん自分の仕事をPRして欲しいですね。

さて場所を移してのフェスタでしたが、ちょっと困ったことが発生してしまいました。それは名刺をそれほど持参していかなかったこと、帰宅したあとチェックしたら1枚しか自分の名刺が残っていない状況でした。
多数の方とフェスタではお話しする機会がありましたが、沖縄から来られた方のお話には感じるものがありました。やはり沖縄だと情報収集に限界があり、こちらまで来たとのこと。私は情報収集には2通りあり、ひとつは情報媒体(ネット、書籍、雑誌など)から収集する、他一つはフェース・トゥ・フェースで収集する。彼の発言では前者の場合でも首都圏とでは格差があるとのこと。やはり所属している専門図書館協議会のホームページ等を充実して、情報発信(配信かも?)いかなければいけないなあと思ってしまいました。そうそうこの機会に友人が頑張っている専門図書館MLの広報もしなくては!
その他、「Next-L」のMLで名前は存じ上げていた方ともお話ができたこと、大学製の方と話す機会ができたこと、サイエンス系分野の方との交流の足がかりがつかめたことなど、久しぶりに有意義な時間をすごすことができました。

やはりホームばかりで仕事をするのでなく、アウェイ(自分の専門分野の人が集まる場所ではなく、まったく知らない分野ではなく、近しい分野の人たちが集まる場所という意味で使っています)に積極的にでていかなければいけませんね。でもARGの集まりって、特に図書館総合展に併設で催されたカフェ&フェスタですから、アウェイではないのかもしれません。名刺交換をさせていただいた方にお伺いしたところ、皆さん方同士もほとんど初対面だそうで、ARGのメルマガ購読者の裾野の広さにビックリしました。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-29 09:18 | 教育と図書館関連
昨晩TVのニュースはこの事件の報道一色でした。インドの超高級ホテルであるタージマハールホテルなど数ヶ所が同時にテロに襲撃されるという悲惨な事件、日本人の方も1名が亡くなられてしまいました(120名以上の方が犠牲になっていると聞きます)。
今までのインド国内でのテロで襲撃されていない、外国人が標的にされたことが今回のテロ事件の特徴であるとの解説もありました。一夜明けて、ホテルなどテロ襲撃犯が立てこもっている施設の制圧が行われて、施設内に閉じ込められていた人の救出が進んでいると報道されていますが、一刻も早い救出を期待するのみです。
b0077271_12444247.jpg

国際金融危機の最中、世界経済を底で支えているインドでこのようなテロが起きたこと、イスラム過激派が犯罪声明をだしていますが、インド政府に対しての新しい揺さぶりの方法なのかもしれません。
宗教に絡んだテロ・紛争はその根底にあるものが複雑ですのか、どちらが悪いとは一概に言えませんが、何も関係のない人たちを巻き添えにする行動は避けて欲しいものです(ただ、そうなるとテロの意味がなくなってしまうかもしれませんが)。

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-28 12:45 | 日記
麻生首相がこともあろうか、経済財政諮問会議でまたまた問題発言です。

「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」「今になるとこちら(麻生首相)の方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからだ。私の方が税金は払っている」

発言後に事の重大さに気がついたのか、「ふしだらな生活をしないで、(病気の)予防をきちんとすべきだというのが趣旨だ。予防に力を入れることで、医療費全体を抑制できる」と釈明したそうですが、本音はどうだったのか、たぶん赤字で掲載したとおりだと思います。麻生首相にとっては問題発言でなく、自分が常日頃から思っていることを口にしているだけなのかもしれません。国民の目線にたった政治といっていますが、この人の発言からはとてもそうは思えません。上から見下した発言としか思えません。
かわいそうなのは、これだけ問題発言が多い首相は普通だったらとうに辞任に追い込まれているはずです。ところが今の自民党には総裁の代わりがいませんし、まして代わりがいたとしても総選挙はとても行えない状況(過半数割れは必至でしょうから)ですから、無理に辞任させなくてもよいとでも考えているのではないでしょうか。

そんな自民党でも、「これだけは言わせろ」と渡辺喜美議員、平沢勝栄議員、後藤田正純議員、木原誠二議員といった人たちが「サンデー毎日」にコメントを掲載しています。そしてこの記事を総称して
「■“阿呆”太郎に自民党内からも これだけは言わせろ」!
なかなかの名キャッチだと思います。サンデー毎日がこのようなキャッチを一国の党首にむけてつけること自体、前代未聞だと思います。可能な限り早く総選挙を行わないと、自民党は過半数割れどころか大敗は必至となるのではないかと心配してしまいます。まあ総選挙になってもどの自民党候補者も麻生首相に応援を頼まないでしょう、これだけ失言が多いと心配で呼べないでしょうから。このこともあってか、麻生首相は衆議院を解散しないのかとも勘ぐってしまいます。
b0077271_19462678.jpg


中吊りは http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-27 19:46 | 日記
大相撲の九州場所で13勝2敗の好成績をあげた安馬関の大関昇進が決定しました。大関昇進と同時にしこ名を改名すると言われていましたが、新しいしこ名は「日馬富士(はるまふじ)」。
師匠の伊勢ヶ浜親方(元横綱旭富士)が「相撲界に日を照らし、大輪の花を咲かせて欲しい」と願いを込めて、安馬の「馬」と師匠の現役時代のしこ名から「富士」をとって改名したそうです。新鮮でいい響きのしこ名だと思います。でも、「日刊ゲンダイ」の記事ではないですが、初場所で日馬富士関が優勝し、内閣総理大臣杯をあの麻生首相がわたすとして、ちゃんと間違えずに「しこ名・日馬富士」を読めるかどうか心配になってしまいました。
b0077271_21281080.jpg

これは冗談として、「あんなにやせていたのに、まさかこんな日が来るとは思わなかった。この体でここまで来たことは褒めてあげたい。でもこれが終わりじゃない。上を目指す大関になってほしい。」と師匠の伊勢ヶ浜親方が言うように、久しぶりの小兵大関誕生です。やはり相撲の魅力は「小が大を制すること」と勝手に私は思っていますから、日馬富士関には頑張って横綱を目指して欲しいです。
あとは、これでモンゴル出身者が番付上位に3力士となってしまいました。日本人力士が優勝にからまない(からめない!)場所が続いているこの現実を打破するいきのいい日本人力士の出現を期待します。
日馬富士関の言葉「すごくうれしい。大関の名を汚さぬよう、今まで通りにけいこをして、皆さまを喜ばせるような相撲を取りたい。」と喜びを語り、新しこ名については「こんなすごい名前をもらったから、もっと上を狙えるよう頑張る。」 頑張ってください!

写真は http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-26 21:28 | その他のスポーツ