思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

今朝の「東京中日スポーツ」にこんな記事が掲載されていました。『ディートリッヒ・マテシス氏(トロロッソのオーナー)は、イタリアのアウトスプリント誌の取材に対して、セバスチャン・ブエミを来季ドライバーに起用する意向を表明したと伝えられています。』
b0077271_211107.jpg

F1関係のネットニュースでは、ベルガー氏がトロロッソの株式をレッドブルに売却したとのニュースがとりあげられており、この結果としてマテシス氏が名実ともにトロロッソのオーナーとなったわけです。それが前述の取材記事になったのではと思います。これでトロロッソの残されたシートは一つとなり、佐藤琢磨選手とブルデー選手がそのひとつを争いことになりました。
ただ、トロロッソのシートは若手とベテランの組み合わせがベストと言っていたベルガー氏がいなくなってしまった現在、ブルデー選手が言っているようにセナ選手、バリチェロ選手が選ばれる可能性もありますし、また持参金付きの若手ドライバーが抜擢される可能性もあります。12月初旬には発表されると言われているトロロッソの陣容、期待半分、不安半分ですね。

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-26 21:02 | モータースポーツ
ちょうど2年前に、マスコミで大々的に取り上げああげられた「崖っぷち犬」、多数の里親希望者の中からつるぎ町の主婦が引き取り、リンリンを名づけられすくすく育っていると思っていました。ところが、ネット記事を見ていると、こんな記事を目にしました。
b0077271_19225655.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20081123-OYT8T00533.htm
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre1/20081124-OYO8T00288.htm
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2008/11/2008_122645287022.html

やはり、3ヶ月間もノラ生活をしているとなかなか人間になつくものではなく、また1週間の「崖っぷち」生活が影響しているのか、TVなどに過敏に反応してしまったそうです。この2年間の間に家出を2回もしてしまい、飼い主さんを困らせてしまったようです。
そしてこの5月からは、県動物愛護管理センターで人に懐く訓練を受けていたそうです。その間に里親さんが体調をくずしてしまい、もう犬を飼えなくなったとか、結局センターで飼うことにしたそうです。「崖っぷち犬」のときはあれだけ大騒ぎしたマスコミも今回はほとんど取り上げられずに地元新聞のみがこのニュースをとりあげていました。
一般に、センターでは、里親が見つからない犬猫は預かった七日後に殺処分しているそうです。例外的に「犬のしつけ方教室」や「動物ふれあい教室」で活躍してもらう動物は飼育しているそうですが、リンリンが教室に登場するのは難しそうな状況、それでもセンターの久米明徳係長は「特別視するのはよくないが、多くの県民に、リンリンと同じような境遇の犬猫が数多く殺処分されていることを知ってもらうきっかけにしたい。動物を飼うときには、命と社会に対する責任感を持つことの大切さも訴えたい」と話しています。
NHKのTVドラマで「ディロン」のなかでも取り上げられていますが、動物を飼うことの責任の重さを訴えていました。
県動物愛護管理センターでは、2007年度に7434匹、今年も9月末までに3237匹を処分しているそうです。このような処分される犬や猫がいなくなることを望みます。

産経ニュースにこんな記事がありました。
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/081122/wky0811220344010-n1.htm
その通りだと思います。我家は犬ではなく、猫を飼っていますが、この猫たちも家族の一員、最近ネネは老猫となって寝てばかりですが寝顔もまた可愛いものです。
b0077271_19231177.jpg


写真は http://osaka.yomiuri.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-25 19:23 | ペット
NFL第12週は、シーズン前に下馬評の高かったチームが順当勝ちを収めたように思います。
ドルフィンズはペイトリオッツと今期2度目の対戦でしたが、やはり実力の差はかなりあったようで前戦のように奇策で2連勝はできずに28-48で敗戦、4連勝はなりませんでした。
開幕10連勝と絶好調のタイタンズでしたが、こちらもファーヴ選手が加入して好調のジェッツに13-34で負けてしまい11連勝はなりませんでした。ジェッツのラン攻撃を止められなかったのが敗因かもしれません。
すでに4敗をきっして後がない、AFCのコルツとNFCのカウボーイズですが、それぞれチャージャーズ、49ersを破り7勝目をあげ、プレィオフ進出に光明が見えはじめています。
その他では、ジャイアンツは好調キープして1敗を守り、負けたカーディナルスは今節での地区優勝決定はなりませんでした。
b0077271_1558359.jpg
b0077271_15584362.jpg
b0077271_15585064.jpg
b0077271_15585595.jpg
b0077271_1559196.jpg

第12週の結果
スティーラーズ 27-10 ベンガルズ
タイタンズ 13-34 ジェッツ
ラムズ 3-27 ベアーズ
チーフス 31-54 ビルズ
ドルフィンズ 28-48 ペイトリオッツ
ジャガーズ 12-30 バイキングス
ライオンズ 20-38 バッカニアーズ
ブラウンズ 6-16 テキサンズ
レイブンズ 36- 7 イーグルス
カウボーイズ 35-22 49ers
ブロンコス 10-31 レイダース
ファルコンズ 45-28 パンサーズ
シーホークス 17-20 レッドスキンズ
カーディナルス 29-37 ジャイアンツ
チャージャース 20-23 コルツ


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-24 15:59 | 球技
女流将棋の世界でも新星誕生です。昨年のブログでも紹介しましたが、島根県立大社高2年、里見香奈女流二段が、清水市代倉敷藤花を破って連勝、史上最年少の倉敷藤花が誕生しました。16歳8か月での公式タイトル獲得は歴代3番目、林葉直子元女流名人(14歳3カ月=女流王将)中井広恵女流六段(16歳6カ月=女流名人)に次ぐ年少記録となります。
当日の記者会見では「今日は楽しんで指せた。今後は女流名人を目指します(A級リーグも後1戦を残して1敗でトップですから、挑戦者となる可能性は高いですね)。でも25日から期末テスト。頑張らないと……」と高校生の顔に戻るところなどはかわいいですね。しかしプロ根性はなかなかのもののようで、9歳の時島根県出雲市で開かれたイベントで、羽生善治名人らに「どうすれば強くなれますか」と聞いて回った逸話もあるそうです。
b0077271_1018696.jpg

鋭い攻めは「出雲のイナズマ」と呼ばれているとか、倉敷藤花を奪取したことで、近く開幕する第22期竜王戦の予選6組の出場権を獲得、16歳での出場は女流棋士としては最年少となります。ぜひ男子棋士に「イナズマ」を浴びせて欲しいですね。
さて竜王戦といえば、羽生名人が3連勝して竜王奪取にあと1勝、竜王位獲得となると永世竜王の資格を満足することになり、全てのタイトルでの永世位獲得という前人未到の記録を達成します、こちらも注目です。

写真は http://joshi-shogi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-24 10:19 | 日記
前半を見ていて、今日は楽勝と思っていましたが、やはりサッカーの試合は恐ろしいですね。前半で2点をリードし、後半に入りましたがやはりこのところリーグ戦では勝星がないためか、動きが硬くなり11分、22分に柳沢選手に得点を献上してしまいました。このまま終了かと思いましたが、ロスタイムがなんと7分!
これは何とかしてくれるのではないかと期待していましたが、ロスタイムもなくなると思った瞬間、ヨンセン選手がゴール前で右クロスに反応しようとして、相手に倒されてPKを獲得しました。「今まで経験したことがない」というほどの重圧の中、ヨンセン選手ゴール右上にきっちりと突き刺しました。
「ネバーギブアップの精神だ。名古屋は最後まであきらめないということを見せられた」とストイコビッチ監督、2カ月ぶりに勝ち点3を積み上げ2位に浮上。残り2試合、今期限りでチームを去るヨンセン選手は「まだ終わったわけじゃない」と逆転優勝に意気込みを示しています。ヨンセン選手、そして藤田選手のためにも後2試合、勝点6を上乗せしましょう!
b0077271_8303345.jpg

試合結果
浦 和 1-2 清 水
川 崎 4-0 G大阪
大 分 0-1 鹿 島
京 都 2-3 名古屋
神 戸 1-1 FC東京
千 葉 0-3 横浜M
東京V 1-1 札 幌

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-23 19:00 | 球技
エリザベス女王杯はパスし、適正距離のマイルに照準を絞って挑戦したブルーメンブラットが見事なレースで断然1番人気のスーパーホーネットを下しての優勝です。
藤岡騎手にはくやしい結果となりましたが、これが競馬ですから次のチャンスをものにしてほしいですね。
b0077271_19175280.jpg

エリザベス女王杯の結果
1 7 ブルーメンブラット 牝5 55.0 吉田豊 1:32.6  
2○17 スーパーホーネット 牡5 57.0 藤岡佑介 1:32.7 3/4
3 2 ファイングレイン 牡5 57.0 幸英明 1:32.8 3/4
4△16 カンパニー 牡7 57.0 横山典弘 1:32.9 1/2
5▲ 1 ローレルゲレイロ 牡4 57.0 四位洋文 1:33.0 1/2


写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-23 18:30 | ギャンブル
昨晩のニュース速報でこのニュースが流れました。小泉毅容疑者と被害者と直接の接点はなうようですから、動機を含めて何故このような事件を起こしたのか、その理由が知りたいですね。
小泉毅容疑者は出頭した際に、血の付いたナイフ、スニーカー、宅配便を装ったダンボールを借りていたレンタカーにのせてきたそうですから、DNA鑑定などで被害者の方と一致すれば、たぶん今回の連続殺人事件の犯人でしょう。
しかし、第三者が見て明確な動機(本人は「飼っていたペットを保健所で殺された!」が動機と言っているそうですが)がわかりません。昨晩のTVで佐々淳行さんが言っていましたが、厚生省の事務次官経験者には、被害者の方より数段以上も「たちの悪い」次官がいるので、厚生省がにくいなら何故この2人だったのかわからないとも言っていました。
b0077271_916458.jpg

今後は犯人のみしか知りえないことを小泉毅容疑者が知っているかどうかで、彼が犯人かどうかの特定ができるとのことですから、こちらの捜査を急ぐとともに、ぜひ誰もが理解で知る動機の解明もあわせて調査した欲しいと思います。亡くなられた方のご遺族もその理由は知りたいと思いますし、同種の事件再発防止にも役立つと思いますので。

写真は http://www.yomiuri.co.jp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-23 09:18 | 日記
人気は毎日王冠でウオッカを破ったスーパーホーネットですが、藤岡騎手にしてみれば初めてのG1での1番人気でしょうから、やはり平常心での騎乗は難しいのではと考えます。馬の能力は高いとは思いますが他馬と比べて段違いというレベルではないのでこのレースでは対応止まりとしました。
そして本命は、ほとんどこの馬が好きという理由でマルカシェンク! ただし好きだけで◎にしたわけではありません。前走の富士Sがひどい走りだっただけで、その前の関屋記念では見事に復活の重賞勝利をあげていますし、ここ京都コースではディリー杯2歳Sで初重賞勝利をあげた縁起のよいコース。ここは人気薄ですから大胆なレース運びであっと言わせるレースを見せてほしいものです。
b0077271_16134541.jpg

3番手には、復調が期待されるローレルゲレイロ、そしてカンパニー、エイシンドーバー、、スズカフェニックスの他にルメール騎手騎乗のコンゴウリキシオーもマークが必要ですね。

マイルCS予想
◎ マルカシェンク
○ スーパーホーネット
▲ ローレルゲレイロ
△ カンパニー、エイシンドーバー、コンゴウリキシオー、スズカフェニックス
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-22 16:14 | ギャンブル
国会答弁などでは、「頻繁」、「未曾有」、「踏襲」などを読み間違えて失笑をかっている麻生首相ですが、今度は全国知事会でとんでもない発言をして、批判がひろがっています。どうも他人の書いた原稿は「ルビ」がふられていないと読めない首相、自分で考えながら話すと、「思っていることをうまく説明できない」(かなり、首相の立場に立って考えるとですが)、この方は日本語をうまくしゃべれない人のようです。安倍元首相も「KY」と言われていましたが、麻生首相も「KY(漢字読めない)」と陰口をたたかれているようです。
b0077271_1261683.jpg

PTA父母の会での失言もあり、今回の全国知事会での発言。「(医師には)社会的常識がかなり欠落している人が多い。」いくら心の中で思っていたとしても言葉にして発言してはいけないことだと思います。さらに「(医師不足が)激しくなれば、責任はお宅ら(医師)の話ではないのか。お医者さんを『減らせ、減らせ』と言ったのは、どなたでしたかという話も申し上げた」と追い打ちをかけたそうです。発言後に穂紋の大きさに驚いたとみえて、「まともなお医者さんが不快な思いをしたというのであれば、申し訳ありません」と釈明し、また首相官邸を訪れた日本医師会の唐沢祥人会長に対し「言葉遣いが不適切であり、撤回したい」と陳謝しています。一日で撤回に追い込まれるような発言は二度とすべきではないと感じたのは私だけではないでしょうし、日頃医療に従事している人達にとって、たいへん不快に感じる発言だったと思います。常識が欠落しているのは麻生首相のほうではないでしょうか。

舛添要一厚生労働相だけでなく、閣僚の間からも苦言が多数でているようでは、麻生首相の求心力も急速に低下しているのではないでしょうか。早く総選挙をして国民の審判を仰ぐことが自民党にとっても得策だと思うのですが。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-21 12:05 | 日記
佐藤琢磨選手の参加で注目された、F1バルセロナ合同テスト最終日は売り出し中のヴェッテル選手が2日目に続いてトップタイムをマークしました。琢磨選手のライバルとされるブルデー選手が2位、ブエミ選手が3位となっています。来期のホンダ入りが噂されるセナ選手は8番手、マクラーレンとの提携が発表されバルセロナテストに参加しているデ・ラ・ロサ選手は13番手となっています。
b0077271_12343230.jpg
b0077271_12344298.jpg
b0077271_12345357.jpg



1 S・ヴェッテル レッドブル 01:19.295 75
2 S・ブルデー トロロッソ 01:19.839 122
3 S・ブエミ トロロッソ 01:20.154 115
4 G・パフェ マクラーレン 01:21.140 81
5 J・バトン ホンダ 01:21.387 94
6 C・クリエン BMW 01:21.534 88
7 N・ハイドフェルド BMW 01:21.592 106
8 B・セナ ホンダ 01:21.676 107
9 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:22.148 94
10 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:22.410 52
11 L・バドエル フェラーリ 01:22.866 120
12 G・フィジケラ フォースインディア 01:23.086 93
13 P・デ・ラ・ロサ フォースインディア 01:23.103 88


さて、来期のドライバーは誰かで一番の注目はトロロッソではないでしょうか、琢磨選手のコメントと見る限り好感触だったようです。一方のブルデー選手は来期のシートについては悲観的な予想をたてています。確かにF1は資金力が重要ですから、このブルデー選手のコメントもよくわかります。トロロッソはセナ選手の獲得も視野にいれているとも言われていますから、若手代表としてチーム入りが有力なブエミ選手も安閑としてはいられないようです。正式な発表は12月にずれ込むようです。
b0077271_1235994.jpg
b0077271_12351968.jpg
b0077271_1235305.jpg


佐藤琢磨選手のコメント
「テストはとても楽しめた。再びマシンに乗ることができてすごく嬉しかったよ。前回の9月のテストでは、午後に雨が降ったために3時間しか走ることができず、少し不本意だった。でも、今回はとてもよかったよ。7カ月ぶりにまるまる1日走行することができ、合計200ラップを走りこめたんだからね。マシンの動きはすごくよくて、とてもドライブしやすく感じた。このチームと働くのは楽しかったし、エンジニアたちの仕事ぶりを見るのはとても興味深かったよ。僕にとって素晴らしい経験でありチャンスだった。スクーデリア・トロロッソチーム、それからレッドブルとマテシッツさんには心から感謝したい。」

ブルデー選手の来期契約についてのコメント
「チーム代表が決定するだけだったら、僕たちは来シーズンの契約をすでに交わしているだろうね。残念ながら、それはただ単に財政的な問題なんだ。もしお金がなければ、彼らがどうしたいかなんて全く問題にならない。それはとても簡単なことだけど、とんでもないゲームだよ。お金があれば問題ないけれど、ないと保留にされてしまうんだ。全てのカードが手に入るまで彼らは決断を下すことができないから、僕は待たされるゲームをプレイしているだけなんだ。こんなことになるなんて予想していなかったよ。これは契約の一部ではなかった。僕が契約をした時はチームは十分な資産を持っていたけれど、その後は……(沈黙)…これ以上はコメントできないけれど、マテシッツは自分がやるつもりだと言ったことをやっているだけなんだ。彼はそれほど多く投資しないだろうし、来年はもっと悪くなるかもしれない。チームはいいスポンサーを見つけることが出来ないから、資産が豊富なドライバーを見つけるしかないんだよ。」

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-20 12:36 | モータースポーツ