思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

FIAから2009年のF1カレンダーが発表されました。前回発表されたカレンダーとの変更点は、フランスGPがなくなり、中国GPが4月に移動したことです。上海でのレースはバーレーンGPの前に予定されています。またオーストラリアGPとマレーシアGPは現地時間17時よりレーススタートの予定となった。
日本GPは鈴鹿サーキットでの開催となり、スタート時刻は15時と今年の日本GPより2時間遅れのスタート時刻となっています。

2009年シーズンのF1カレンダー
 3月29日 オーストラリア
 4月 5日 マレーシア
 4月19日 中国 
 4月26日 バーレーン
 5月10日 スペイン
 5月24日 モナコ
 6月 7日 トルコ
 6月21日 イギリス
 7月12日 ドイツ
 7月26日 ハンガリー
 8月23日 ヨーロッパ(ヴァレンシア)
 8月30日 ベルギー
 9月13日 イタリア
 9月27日 シンガポール
10月 4日 日本
10月18日 ブラジル
11月 1日 アブダビ

b0077271_821818.jpg
3年ぶりのF1開催に向けて、鈴鹿サーキットは現在改修工事の真っ最中で、来春の完成に向けて急ピッチで工事が進んでいます。F1カレンダー発表と同時に鈴鹿サーキットからも日本GP開催概要が発表されています。
すでにこのようにホームページも公開されており、久しぶりの開催に気合が入っています。→ http://www.mobilityland.co.jp/f1/outline.html
エンジン1基の連続使用期間もこれまでの2戦から3戦に延長されることも同時に発表されました。エンジン交換に関するペナルティは今年と変わらないだろうとのことですから、各ドライバーには1回の“ジョーカー”が認められ、それ以外はエンジンを交換するとグリッドを10位降格されるようです。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-07 12:05 | モータースポーツ
アロンソ選手の去就が注目されていたルノーF1チームの来シーズンのドライバーが発表されました。結果は今年と同じ、アロンソ選手とピケJr選手の残留ですが、契約期間はアロンソ選手が2年間、ピケJr選手が1年と異なっています。アロンソ選手が複数年契約に応じたということは本腰をいれてルノーのポテンシャルアップに取り組む現われと思います。来年は2強ではなく、BMWも含めて4強の争いになりそうな予感、ますますF1が面白くなりそうです。

そして、ホンダ移籍の噂がでていたアロンソ選手でしたがこれで行き先が確定しましたから、各チームのドライバーラインアップ確定も加速されそうです。琢磨選手のトロロッソ入りはあるのか、注目ですね。
b0077271_811075.jpg
アロンソ選手のコメント「INGルノーF1チームに残留することを決めたんだ。今シーズンは何度も繰り返し話したように、このチームは僕の最初の選択肢だったし、とても楽しくて居心地がよかったからね。競争力が高く勝利の精神が強い、非常に結束力の強いチームだし、同時にリラックスして温かいチームだから、本当に僕に合っているんだ。
厳しいシーズンのスタートを切った後で、僕たちは困難を乗り越えコンスタントにパフォーマンスを改善させていった。シンガポールと日本での連勝やブラジルでの2位は、僕たちがいかにコンペティティブかを証明しているんだ。僕たちは過去に共にチャンピオンシップを制し、厳しい時期も過ごしてきた。でも今は、次のシーズンでこの成功を一緒に繰り返すことができるということを証明しようと決意しているよ。」

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-06 08:11 | モータースポーツ
このブログで最初にオバマさんを取り上げたのが2006年12月でした。その後、日本語版の「NEWS WEEK」にヒラリー上院議員との対比が掲載されるなど日本でも2年前あたりから注目される政治家でしたが、大統領選挙で圧勝するまでの政治家になるとは当時は思いませんでした。
しかし、予備選挙でのヒラリーさんとの一騎打ちに勝利し、黒人初の大統領を目指して選挙戦を戦いぬく中で、いろいろな追い風はあったにせよ「CHANGE」という解りやすい標語が有権者の心を捉え、見事に大統領のいすを得たたのだと思います。
来年1月にホワイトハウスの住人となるオバマさんですが、米国には日本以上に難問が山積みされています。イラク問題、金融危機、どれをとっても数年はかかる難問だらけ、2年間は過去の課題を解決する時間となってしまうかもしれません。しかし、米港大統領はWASPでなければなれないというジンクスを打ち破ったのは故J.F.ケネディ大統領でした。演説のうまさ、人をひきつける魅力がそっくりと言われるオバマさんですから、政策立案そしてその実行力もあると期待しましょう。
b0077271_2172524.jpg
b0077271_2173275.jpg
ただ、対日関係は冬の時代となる可能性は高いですね。オバマさんは演説の中でも「日本への輸出が少ない(輸入に比べて)」という発言をしていますから、経済摩擦はさけられないかと思います。またハト派として知られていますから、右寄りの麻生首相とは考えが合わない可能性もあります。果たして日米関係はどう推移していくのか、ちょっと心配ですね。
これで米国は変化することが大いに予想されます。次は日本の番だと思うのですが、、、

オバマさんの勝利が確定した段階での獲得選挙人数と獲得した州の状況です。
b0077271_2175274.jpg



写真は http://www.nikkei.co.jp/senkyo/us2008/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-05 21:16 | 日記
堺市の会社員・鈴木源太郎さんが車にはねられ、約3キロも3キロ引きずられて死亡したひき逃げ事件で、大阪府警曽根崎署捜査本部は、建築会社元従業員でホストの吉田圭吾容疑者を殺人と自動車運転過失傷害、道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕しました。
事件当時、無免許で酒を飲んでおり、「人を引きずったまま逃げれば、死ぬことはわかっていた。とにかくその場から逃げたかった」と供述していることから、殺人容疑を適用したそうですが、とんでもない事だと思います。殺人を犯すということの罪の重さを理解していないとしか思えない発言にビックリしました。
b0077271_2056269.jpg

事故車両が発見され、犯人と思われる人物が特定されましたので、逮捕は近いと思いましたが、まさか勤務していた会社を辞めた後ホストに転身していたとは考えられませんでした。自殺でもしているのではという私の予想とは正反対、そういう発想の持ち主だからこのような犯罪を犯すのかもしれないと、変な意味で納得してしましました。本当は納得してはいけないので、この種の事件を再発させないために何をしなければいけないのかを真剣に考え実行しなければいけませんね。
「人間の命は地球よりも重い!」このことを全員がしっかりと受け止めなければいけませんね。

写真は http://www.47news.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-05 20:56 | 日記
正式な発表は12日だそうですが、すでに主要コーチの人選は決定したようです。コーチの人選は原監督に一任されているそうですから、日本シリーズで忙しい中、息抜きではないでしょうがよく原監督も人選作業を進めたものです。
そしてコーチの顔ぶれを見ると、原監督の本気モードが伝わりますね。まずは投手コーチとして山田久志氏、通算284勝、オリックス、中日で投手コーチを努め、中日での監督経験もあり、そしてイチロー選手が慕う数少ない球界関係者でもあります。次にバッテリーコーチは伊東勤氏、西武の黄金時代を背負った捕手としてだけではなく、監督としても2004年に日本一を経験しています、そして松坂大輔投手の球を受けていますし、西武時代の監督として指導をしているというつながりもあります。この2名を選ぶことにより、過去の日本代表チームでとかく不協和音が聞こえていた選手とコーチの信頼が築かれそうです。
b0077271_21342237.jpg

内野守備走塁コーチには、今季まで中日の野手総合チーフコーチを務めた高代延博氏、ブルペンコーチには元中日で野球解説者の与田剛氏が内定、打撃、外野守備担当はそれぞれ、原辰徳・日本代表監督が率いる巨人から、篠塚和典打撃コーチ、緒方耕一外野守備走塁コーチの現役コーチが起用されるそうです。それぞれに役割がはっきりしており、ことコーチ陣については第1回WBC、北京五輪に比べて段違いの内容ではないでしょうか。
後は、このコーチ陣がどんな選手をピックアップするか、非常に興味があります。

写真は http://www.nikkansports.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-04 21:48 | 球技
航空自衛隊トップの田母神俊雄・航空幕僚長が更迭されました。原因は彼が発表した論文の中に、昭和戦争などに関し「我が国が侵略国家だったなどというのは濡れ衣だ」などと主張するくだりがあったそうです。この主張ですが個人の立場で発することは言論の自由が認められているわけですから何ら問題はないと思います。ただ、航空幕僚長という自衛隊のトップの位置にたつ人の発言となると、如何に過去に発言したことと言えども問題となりますね。
その他にも「今なお大東亜戦争で我が国の侵略がアジア諸国に耐え難い苦しみを与えたと思っている人が多い。しかし、私たちは多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要がある。」と主張しています。
b0077271_12291698.jpg

麻生首相は「(論文を)個人的に出したとしても、立場が立場だから、適切でない」と発言していますが、このような主旨の論文を発表することがわかっていながらなぜ、田母神俊雄氏を任命したのか、ちょっと疑問ですね。事前の思想チェック(言葉は過激で適切ではないかもしれませんが)を怠った責任は追求されると思いますし、対アジア外交を考える際、おおきなマイナスとなることは自明です。2007年3月に空幕長に就任したので直接は麻生首相に責任はないとは思いますが、下記辞任会見(定年会見)でも問題発言をしていますし、その定年退職もとってつけたような形ですから、またまた国会が別の事件で紛糾してしまいそうです。

その後に本人が行った辞任会見(定年会見、何で更迭ではなく定年なのか釈然としませんが)でも「私は、国家国民のためにという信念に従って書いたもので、自ら辞表の提出は致しておりません。いわゆる政府見解に一言も反論できないということでは、北朝鮮と一緒ですね。日本は、古い歴史と優れた伝統を持つ、素晴らしい国家です。決して『侵略国家』ではありません」と発言していますから、やはり相当な論客であり、一国の空を守るべき航空自衛隊のトップとしては不適切な思想の持ち主ではなかったかと考えます。引退後にこのような発言をすることはかまいませんし、私個人も全てを否定するわけではなく、一部の主張には賛同できるところもありますので。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-04 12:29 | 日記
NFLも第9週目をむかえました。ドルフィンズはブロンコスと対戦し、第1Qに2本のFGとDBアレン選手のインターセプトTDでリードを奪うとブロンコスの反撃をしのぎきり勝率を5割に戻しました。
NFCではジャイアンツvsカウボーイズというNFCチャンピオンを狙うチーム同士が対決しました。結果は今シーズンも好調なジャイアンツが35-14で快勝し1敗を守っています。

またAFCにライバル対決、コルツvsペイトリオッツは大激戦のすえに18-15でコルツが競り勝ち勝率を5割に戻しています。今シーズン不調のコルツですが、これで調子の波に乗れるかもしれませんね。タイタンズはパッカーズを19-16で下し連勝を8に伸ばし、AFC南地区のトップを独走しています。
一方で、開幕から連敗が続くライオンズですが、ベアーズと対戦しています。第2Qに大量23点をあげて、前半23-13とリードしましたが、後半は無得点と失速、逆にベアーズに2TDを奪われ終わってみれば23-27と逆転負けで開幕8連敗です。一方買ったベアーズはNFC北地区のトップを快走中です。
その他、ビルズが連敗しAFC東地区が3敗で3チームが並ぶ激戦となっています。
b0077271_14473884.jpg
b0077271_14474580.jpg
b0077271_14475150.jpg
b0077271_14475713.jpg
b0077271_144827.jpg

第9週の結果
タイタンズ 19-16 パッカーズ
ラムズ 13-34 カーディナルス
チーフス 27-30 バッカニアーズ
ベンガルズ 21-19 ジャガーズ
ベアーズ 27-23 ライオンズ
ブラウンズ 27-37 レイブンズ
バイキングス 28-21 テキサンズ
ビルズ 17-26 ジェッツ
ブロンコス 17-26 ドルフィンズ
シーホークス 7-26 イーグルス
ジャイアンツ 35-14 カウボーイズ
レイダース 0-24 ファルコンズ
コルツ 18-15 ペイトリオッツ


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-03 14:48 | 球技
スタート前に雷雨が降り、スタート時刻が変更となったブラジルGP。最終結果を予感させるような空模様の中、ブラジルGPはスタートしました。逆転チャンピオンを狙うマッサ選手はポールポジションからスタートをきりそのまま1位のポジションをキープ、レースは淡々とすすみ、最後のピットストップを迎えます。
そして残り10周となったときに再び降雨となり、各車ピットストップを行いはじめ、ハミルトン選手のポジションが気になります。ピットイン前はチャンピオン確定となる5位以内を走行しており、6位はコヴァライネン選手ということでチャンピオン間違いなしでした。
残り4周の順位は1位マッサ選手、以下アロンソ選手、ライコネン選手、グロック選手、ハミルトン選手とチャンピオン決定の5位をキープしていましたが、残り2周でハミルトン選手はヴェッテル選手に抜かれ6位にポジションダウン、このまま最終ラップをむかえます。そしてそのままチェッカーかというときに、何と4位のグロック選手がペースダウン! ハミルトン選手これで5位となり、念願のチャンピオン獲得です!
ドラマ満載のブラジルGPは終り、ハミルトン選手の2008年F1チャンピオンが決定しました。
b0077271_922563.jpg
b0077271_9231582.jpg
b0077271_9242365.jpg
b0077271_9245382.jpg
b0077271_9251128.jpg



決勝結果
1 F・マッサ フェラーリ 1:34:11.435
2 F・アロンソ ルノー + 13.298
3 K・ライコネン フェラーリ + 16.235
4 S・ヴェッテル トロロッソ + 38.011
5 L・ハミルトン マクラーレン + 38.907
6 T・グロック トヨタ + 44.368
7 H・コヴァライネン マクラーレン + 55.074
8 J・トゥルーリ トヨタ + 1:08.463
9 M・ウェーバー レッドブル + 1:19.666
10 N・ハイドフェルド BMW + 1 laps
11 R・クビサ BMW + 1 laps
12 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
13 J・バトン ホンダ + 1 laps
14 S・ボーデ トロロッソ + 1 laps
15 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
16 A・スーティル フォースインディア + 2 laps
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 2 laps
18 G・フィジケラ フォースインディア + 2 laps
Did not finish
19 N・ピケ・ジュニア ルノー + 71 laps
20 D・クルサード レッドブル + 71 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-03 09:25 | モータースポーツ
ラリージャパン・ディ3も各SSで大きな波乱なく、ヒルボネン選手が優勝、ローブ選手が3位に入り、ローブ選手の5年連続5回目のWRCチャンピオンが決定しました。5回のチャンピオンはマキネン選手の4回を抜き史上最多となります。ラリージャパンでの正確無比な走りを見ていると当分ローブ選手の時代は続きそうな予感がします。スバル、スズキ両チームも健闘しましたが入賞どまり、来年はフォード、シトロエンに一泡ふかせられるポテンシャルをつけて欲しいと思います。
b0077271_9191464.jpg
b0077271_9194184.jpg
b0077271_920575.jpg
b0077271_9203433.jpg
b0077271_9205533.jpg
b0077271_921778.jpg

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-03 09:21 | モータースポーツ
競馬の世界では天皇賞が行われましたが、サッカーは年末恒例の天皇杯の4回戦が各地で開催されJ1チームも今回の4回戦から出場しました。
名古屋は地元チームと言ってよいFC岐阜との対戦です。試合は見ていないのでスコアからのみの判断ですがかなり岐阜に押し込まれたようです。シュートも3倍近い15本も打たれたようですし、その中には相川選手のクロスバーに当たったヘディングもあったとか。
からくも終了間際に吉田選手のゴールで勝ちましたが、薄氷の勝利だったと言えます。薄氷の勝利と言えば鹿島も国士舘大学相手にPK戦での勝利とか、J1チームもカップ戦では苦戦しそうですね。
b0077271_1351646.jpg
試合結果
横浜 1―0 札幌 
松本山雅 0―8 神戸 
磐田 3―1 栃木SC
名古屋 1―0 岐阜 
大宮 1―0 C大阪 
鹿島 2―2(PK 3-0) 国士舘大 
新潟 2―0 横浜FC 
柏 1―0 草津 
水戸 0―3 京都 
広島 1―0 東京V 

次は大宮戦、今度はすっきり勝ちましょう。

写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/emperor/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-02 18:20 | 球技