思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 12月 ( 50 )   > この月の画像一覧

ホンダF1からの撤退ほどマスコミでは取り上げられていませんが、スズキもWRCの世界からの撤退(プレスリリースは休止となっていますが)を発表しました。その理由はホンダと同様、世界的な経済不況の影響により業績が想像以上に悪化したためだそうです。
スズキの場合、昨年までの助走期間を経て今年からWRCに本格参戦し、最終戦のラリーGB初日は3位をキープするなど、1年間の活動でトップコンテンダーとなりうる実力を見せていただけに今回の決定はたいへん残念に思います。
b0077271_19255997.jpg
b0077271_1926711.jpg
スズキに限らず、自動車メーカーでは派遣社員の解雇問題がありますから、そんなときにレースに膨大な予算を割り当てることは不可能ということは理解できます。早くこの不況が終わり、またWRCの世界に復帰していることを祈るのみです。
スバルも活動の見直しを検討しているという報道もあります。スバルまでいなくなったWRCとなると、興味が半減してしまいます。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-16 07:26 | モータースポーツ
AFC東地区、3チームが8勝で首位に並んでいましたが、第15週も3チームは一歩も譲らず全て9勝目をあげました。特にドルフィンズですが、ここ9試合で7勝と調子をあげており、3試合連続で相手チームにTDを与えない堅守でロースコア戦を勝利しています。最終戦は同地区のジェッツ戦ですから、ここまで東地区の優勝争いは続きますね。
一方北地区では、スティーラーズvsレイブンズを地区の1、2位が直接対決、第3Qまで3-9とリードを許していたスティーラーズが第4Qに1FG、1TDをあげて13-9で逆転勝ちし地区優勝を決めています。この結果、ワイルドカード争いは、東地区9勝のドルフィンズ、ペイトリオッツ、ジェッツ(この3チームは優勝争いもしていますが)、北地区で9勝のレイブンズ、南地区で10勝目をあげたコルツの5チームに絞られました。
NFC東地区は、カウボーイズがワイルドカード進出をかけて既に地区優勝が決まっているジャイアンツと対戦、20-8で快勝しプレィオフ進出に望みをつなぎました。北地区ではバイキングスとベアーズ(12日にセインツに勝利)、南地区ではパンサーズとファルコンズが優勝争いを演じています。この4チーム(優勝できなかった2チーム)とカウボーイズがワイルドカードを争うことになりますね。
両地区とも優勝、ワイルドカードが最終節までもつれ込むことは確実ですから、12月29日が楽しみですね。
開幕以来連敗街道まっしぐらのライオンズですが、コルツと対戦し第4Qに一度は21-21と同点に追いつきましたがその後にTD、FGを奪われて開幕14連敗となってしまいました。
b0077271_2081679.jpg
b0077271_2082440.jpg
b0077271_2083138.jpg
b0077271_2083820.jpg
b0077271_2084533.jpg



第15週の結果
ベアーズ 27-24 セインツ
ラムズ 20-23 シーホークス
ジェッツ 31-27 ビルズ
ドルフィンズ 14- 9 49ers
チーフス 21-22 チャージャース
コルツ 31-21 ライオンズ
テキサンズ 13-12 タイタンズ
ファルコンズ 13-10 バッカニアーズ
ベンガルズ 20-13 レッドスキンズ
ジャガーズ 20-16 パッカーズ
カーディナルス 14-35 バイキングス
パンサーズ 30-10 ブロンコス
レイブンズ 9-13 スティーラーズ
レイダース 26-49 ペイトリオッツ
カウボーイズ 20- 8 ジャイアンツ


写真は http://www.nfljapan.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-15 12:30 | 球技
1頭だけ次元の違う走りを見せたブエナビスタが阪神JFを制しました。直線半ばから見せつけた速さは桜花賞は間違いなくこの馬で決まりと思わせられるほどの素晴らしさでした。言い方は適切でないかもしれませんが、他の馬が止まっていたような感覚でした。
私の本命・ジェルミナルはクビ差の6着でしたが、やはり10kg減が響いたのかもしれません。直線で黄菊賞のときのような粘りがありませんでした。 1戦1勝のミクロコスモスもいい足を見せましたし、2歳牝馬は好素質馬がそろっていそうです。
b0077271_17423221.jpg

阪神JFの結果
1○13 ブエナビスタ 牝2 54.0 安藤勝己 1:35.2  
2△ 2 ダノンベルベール 牝2 54.0 後藤浩輝 1:35.6 2 1/2
3▲ 9 ミクロコスモス 牝2 54.0 鮫島良太 1:35.8 1 1/4
4△ 7 ショウナンカッサイ 牝2 54.0 幸英明 1:36.0 1 1/4
5 5 イナズマアマリリス 牝2 54.0 吉田豊 1:36.2 1 1/2


写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-14 16:17 | ギャンブル
GPファイナル最終日、女子は浅田真央選手、金妍児選手の2選手は他の選手とは次元が違うと感じてしまうほどある意味異次元の演技を魅せてくれました。
その演技、ミスが少なかった浅田選手がわずかの差で優勝を飾りましたが、今後世界選手権、来年のオリンピックと2人の素晴らしい次元の違う演技が観れると思うとワクワクしますね。浅田選手も「金妍児選手とは今季初めて一緒に滑って、自分もいい刺激になったし、もっと頑張らなくちゃいけないと思いました」と語っていますから、より高いところを目指して欲しいと思います。
安藤選手は4回転をミスなくこなしましたが、回転不足と判断され6位、中野選手も5位に終わっています。
一方、初優勝が期待された小塚崇彦選手でしたが、やはり緊張してのか演技がぎこちなかったようで銀メダルに終わっています。
b0077271_9284541.jpg
b0077271_9285698.jpg
b0077271_929666.jpg
b0077271_929162.jpg
b0077271_9292418.jpg

女子シングル
1 浅田 真央 JPN 188.55 2 1
2 金 妍児 KOR 186.35 1 2
3 カロリーナ・コストナー ITA 168.01 4 4
4 ジョアニー・ロシェット CAN 166.36 6 3
5 中野友加里 JPN 161.93 3 6
6 安藤 美姫 JPN 158.25 5 5


男子シングル
1 ジェレミー・アボット USA 237.72 2 1
2 小塚 崇彦 JPN 224.63 1 3
3 ジョニー・ウィアー USA 215.50 4 2
4 トマシュ・ベルネル CZE 206.65 5 4
5 パトリック・チャン CAN 205.16 6 5
WD ブライアン・ジュベール FRA - 3 -


写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-14 09:35 | その他のスポーツ
今年最後の阪神での恒例2歳牝馬G1です。今年の2歳牝馬は好素材の馬が多いように思います。通常であれば1勝馬でも楽に出走できる暮れのG1ですが、今年は1勝馬は約1/3の狭き門となっています。
そんな中で、1番人気にはその1勝馬のブエナビスタとなると思いますが、私の本命はジェルミナルとします。藤原英昭厩舎期待の2歳牝馬です。同厩舎にはワイドサファイアという馬もいますがこちらはファンタジーSで4着となってしまい、暮れのG1には出走できなくなってしまっただけにこの馬にかける期待も大きいと思います。それは主戦の福永騎手にとっても同じ気持ちだと思います。
b0077271_16311567.jpg
ウオッカ、トールポピーと同じ黄菊賞からの参戦ですし、前2頭と違い勝ち上がっての挑戦は期待が持てます。8枠17番という枠も福永騎手にしてみれば、ラインクラフトで同じ阪神マイルの桜花賞を制したときと同じ! 何となく運を感じます。
さて、その他としてはミクロコスモス(角居厩舎の3連覇がかかります)、レディルージュ、ショウナンカッサイ、ダノンベルベール、デグラーティアなどに期待します。

阪神JF予想
◎ ジェルミナル
○ ブエナビスタ
▲ ミクロコスモス
△ レディルージュ、ショウナンカッサイ、ダノンベルベール、デグラーティア

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-13 16:31 | ギャンブル
米議会上院は、ビッグ3への救済法案について審議していましたが、法案に反対していた共和党の修正案を軸にした協議が決裂して法案は事実上の廃案となってしまいました。米ホワイトハウスのペリーノ大統領報道官は声明を発表し、ビッグ3を救済するため金融安定化法に基づく公的資金7000億ドル(約63兆円)から資金を拠出し、つなぎ融資を実施する方向で検討に入ったことを明らかにしています。
このまま、何の救済もされないとビッグ3は経営破綻することは自明ですから、米政府としてはなんとしても救済措置を講じる必要がありますが、ちょっと釈然としないこともあります。新聞によれば、共和党の修正案というのは、ビッグ3での労働者賃金も高いのでそれを一般水準にまで引き下げることを盛り込んだものとか(トヨタ、ホンダより40%近く高いそうです)、その法案に対して反対があったということは?ですね。自らが属する企業が破綻の危機にあるときは企業に従事する全員がある程度の痛みを感じなければいけないと思うのですが。
このように考えることが日本人的なのかもしれませんが、個人の利益より優先すべきものがあるのではと思います。
b0077271_1181314.jpg

米政府の救済声明でNY市場は前日終値比64.59ドル高で終了したそうですから、円高も若干は収まるかもしれません。米国経済が重病で日本経済のかなりの部分はその米国に依存しています。真剣にこの経済構造を脱却する方策を考えたほうがよいのではとも思います。

写真は http://www.afpbb.com/category/economy から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-13 11:08 | 日記
GPファイナルが韓国・高陽ではじまりました。初日のSP女子では連覇を狙う、地元のヒロイン・金妍児選手がライバルの浅田真央選手をわずか0.56点差でトップにたちました。
中野選手は3位、安藤選手は連続ジャンプでの転倒が響いて5位と出遅れてしまいました。フリーでの演技でどちらが勝つのかまったくわかりませんが、浅田選手、過去7回の金妍児選手との戦いでSPで2位からの逆転は1度もないことがちょっとひっかかりますが、NHK杯のフリーの再現をすればトップの座は見えてくると思います。
b0077271_10244090.jpg
b0077271_10245077.jpg
b0077271_102562.jpg

一方の男子SPでは、初出場の小塚崇彦選手がトップ発進、男子GPファイナルでの日本人初制覇が見えてきました。ペアでは川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ選手組はスピンのミスが痛く6位からの巻き返しに期待です。
b0077271_10252473.jpg


写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-13 10:23 | その他のスポーツ
今年の漢字が発表されました。その文字は「変」、オバマ次期大統領が選挙戦で利用した「CHANGE」を訳せば「変化」ですからこの文字が選ばれて何の不思議もありません。
総理大臣も変わりましたし、景気の変動もすごかったし、日本人ノーベル賞受賞者が4名もいたといういい意味での変化もありました。食生活での食の安全性について国民の意識変化もあったと思います。
考えてみればいろいろな場面で変化に直面した1年だったかもしれません。唯一変化していないのは、自民党が政権政党であることぐらいでしょうか。この変化も望んでいる人が多数いることをわかって欲しいですね。
b0077271_19355657.jpg


写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-12 19:36 | 日記
ヘレステストの最終日、佐藤琢磨選手は117周を走りきり1分17秒520のベストタイムをマーク、惜しくも同僚のブエミ選手には及びませんでしたが全体の2番時計でテストを終了しました。このヘレスでのテスト結果も考慮され、トロロッソチームは来年のドライバー発表を行う予定と言われていますから、早ければ来週といわれている発表が楽しみですね。
b0077271_82387.jpg
b0077271_821791.jpg
b0077271_824020.jpg



ヘレステスト最終日
1 S・ブエミ トロロッソ 01:17.258 139
2 佐藤 琢磨 トロロッソ 01:17.520 117
3 H・コヴァライネン マクラーレン 01:18.049 90
4 K・ライコネン フェラーリ 01:18.782 82
5 F・マッサ フェラーリ 01:19.050 67
6 F・アロンソ ルノー 01:19.319 124
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:19.388 130
8 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.499 47
9 R・クビサ BMW 01:19.559 126
10 C・クリエン BMW 01:19.738 91


写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-12 08:03 | モータースポーツ
ヘレステスト2日目、佐藤琢磨選手は午後からのテスト参加となりました。トップタイムは昨日に続いてブエミ選手、0.5秒差で琢磨選手が続き、初日2位のブルデー選手は4位でテストを終了しています。
2009年シーズンへ向けての新パーツを装着したチームもあり、マクラーレンは新しいフロントウイングをつけたデラロサ選手、KERSを搭載したクルマのコヴァライネン選手がテストをしています。テストは明日が最終日、どんな結果がでるのか楽しみです。
b0077271_84630.jpg
b0077271_841966.jpg


ヘレステスト2日目結果
1 S・ブエミ トロロッソ 01:18.073 128
2 佐藤 琢磨 トロロッソ 01:18.601 38
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:18.673 81
4 S・ブルデー トロロッソ 01:19.032 78
5 K・ライコネン フェラーリ 01:19.334 89
6 H・コヴァライネン マクラーレン 01:19.631 64
7 F・アロンソ ルノー 01:19.907 106
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.309 122
9 N・ハイドフェルド BMW 01:20.365 87
10 F・マッサ フェラーリ 01:20.490 27
11 R・クビサ BMW 01:20.954 38

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-11 08:04 | モータースポーツ