思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 12月 ( 50 )   > この月の画像一覧

ヘレステストも2日目をむかえ、6チームが参加しテストの様相をなしてきました。そんな中でトップタイムはトロロッソのブエミ選手がマークし、2番手にもブルデー選手が続いています。まだ来期のドライバーを決定していないトロロッソチームのオーディションのためにあるようなヘレステストともいえるかもしれません。佐藤選手も顔をだして明日からのテストに備えています。
ホンダの撤退により、バトン選手、バリチェロ選手、セナ選手もトロロッソチームのドライバー候補として名前があがっていますから、琢磨選手を筆頭に、トロロッソのテストを担当するドライバーは、テスト項目消化の他に速さも見せなければいけないようです。
テストには、中嶋選手も参加しており7番手のタイムをマークしています。
b0077271_12104779.jpg
b0077271_12105577.jpg
b0077271_1211229.jpg



ヘレス初日の結果
1 S・ブエミ トロロッソ 01:18.742 91
2 S・ブルデー トロロッソ 01:19.288 77
3 G・パフェ マクラーレン 01:20.134 26
4 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:20.164 21
5 K・ライコネン フェラーリ 01:20.261 48
6 N・ハイドフェルド BMW 01:20.678 49
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:21.338 57
8 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.547 124
9 C・クリエン BMW 01:22.098 15


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-10 12:11 | モータースポーツ
ベネッセコーポレーションが今年の1月から11月までに誕生した赤ちゃん約4万人を調査した結果を発表しました。男児は「大翔(ひろと)」、女児は「葵(あおい)」がトップとなったそうです。世相を反映したというか、NHKの大河ドラマ「篤姫」の影響か、女児で3年連続トップだった「陽菜(ひな)」をおさえて、昨年2位の「葵(あおい)」がトップ、宮崎あおいさんの影響が大きかったようです。
b0077271_12381861.jpg

使用された漢字では、男児は「翔太(しょうた)」「優太(ゆうた)」などの「太」が1位。女児では美羽」「美咲」などの「美」が1位だったそうです。やはり女の子には美しさを求めたいという親の願望が入っていますね。
読み方では、男女とも「ゆ」が人気だったそうで、癒し系の和やかな音の響きが好まれているのではないかと分析しています。子供の命名も昔とは様変わりしていますね。
ベスト5以下をご覧になりたい方は → http://women.benesse.ne.jp/event/hakase/rank2008/namae.html

図表は http://women.benesse.ne.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-09 12:36 | 日記
NFL初の公式戦がカナダで開催され、ドルフィンズとビルズが対戦しました。試合はドルフィンズのディフェンス陣が大活躍し、ビルズのオフェンスを163ヤードに押さえ込み、QBぺニントン選手が安定した攻撃を見せて16-3で快勝です。これでここ7試合で6勝と好調を維持し、AFC東地区で同率首位となりました。
その東地区ですが、好調を保っていたジェッツが49ersに第4QにFG、TDを決められて14-24で破れました。またペイトリオッツはシーホークスに第3Qまで13-21とリードされていましたが、第4QにFG、TD(ランによるエクストラポイント)を奪って24-21で逆転勝利をあげました。この結果、AFC東地区は3チームが8勝で並ぶ混戦となっています。
一方南地区はタイタンズが12勝目をあげて地区優勝決定です。北地区のスティーラーズはNFCのカウボーイズとの対戦、第3Qまで3-13とカウボーイズにリードされていましたが、第4QにFG、TDを立て続けに奪い同点に追いつき、最後はインターセプトTDでカウボーイズに逆転勝ちし10勝目をマークしています。カウボーイズにとってはかなり痛い敗戦ですね。同地区のジャイアンツの敗戦により勝っていれば逆転優勝の望みもあったのですが、この敗戦によりジャイアンツの地区優勝が決定しました。
NFCでは前述の東地区ジャイアンツの他に、西地区のカージナルズが地区優勝を決めています。本拠にラムズをむかえ、34-10の圧勝で、8勝目を挙げ、1975年シーズン以来となる地区優勝、1988年シーズン以来となるプレイオフ出場を達成しました。
北地区は、バイキングズ、ベアーズがともに勝ち、1差での首位争いをしています。そしてマンディナイトはNFC南地区の9勝同士、パンサーズとバッカニアーズの対戦ですね、この試合は見逃せません。
b0077271_21141537.jpg
b0077271_21142270.jpg
b0077271_21142974.jpg
b0077271_21143411.jpg
b0077271_21144087.jpg


チャージャース 34- 7 レイダース
タイタンズ 28- 9 ブラウンズ
ジャイアンツ 14-20 イーグルス
コルツ 35- 3 ベンガルズ
パッカーズ 21-24 テキサンズ
セインツ 29-25 ファルコンズ
ライオンズ 16-20 バイキングス
ベアーズ 23-10 ジャガーズ
49ers 24-14 ジェッツ
ブロンコス 24-17 チーフス
ビルズ 3-16 ドルフィンズ
シーホークス 21-24 ペイトリオッツ
スティーラーズ 20-13 カウボーイズ
カーディナルス 34-10 ラムズ
レイブンズ 24-10 レッドスキンズ

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-08 21:29 | 球技
先日のFNNグループに続いて、新聞社の麻生内閣支持率についての世論調査が行われました。毎日、朝日、読売、日本経済新聞、メジャーな新聞社各社の世論調査を見てみると、麻生内閣の人気のなさがわかります。
日本経済新聞を除いて、全て支持率が30%を下回っています。これは内閣を維持していく上での最低ラインを下回っていますから、すでに麻生内閣は「死に体」と言えます。
また、ご本人は解散より景気対策をことあるごとに発言されていますが、読売新聞によれば、麻生内閣の経済対策、2次補正予算の先送りに対しても、世論は厳しい判断をしています。
b0077271_1235361.jpg
b0077271_12351063.jpg
この結果を、自民党はどう判断するのか、既に総選挙をしても(参議院に続いて)歴史的大敗がさけられない危機的な状況にきていると思います。
「大連立」「再編」をのぞむ声が60%以上あるという現実を真摯にとらえて、対策を講じて欲しいものです。麻生首相も常々言っているようにスピードが大切です。いち早い解散、総選挙そして政界再編という流れを国民に見せてほしいですね。

図は http://www.yomiuri.co.jp/politics/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-08 12:35 | 日記
この人、ポケットに何秒のマージンを入れているのでしょうか。ディ2が終了した段階で、ソルド選手が3位に浮上し、シトロエンのマニュファクチャラーズタイトル獲得が青信号になった途端、ディ3ではディ2までとは走りが全然変わってしまったようです。
ディ3全てのSSでトップタイムをマークして、逃げるラトバラ選手を追い詰め、SS18で逆転し、最終的には12秒強の差をつけてラリーGB初優勝を飾りました。RACラリーと言われていた時代を含めてなかなか優勝できなかったラリーGBを優勝したことで、ローブ選手のWRC全ラリー制覇が達成されたことになります。
MotoGP王者のロッシ選手ですが、見事に12位で完走しています。
b0077271_12102299.jpg
b0077271_12105327.jpg
b0077271_121119.jpg
b0077271_1211879.jpg
b0077271_12111464.jpg
b0077271_12112295.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-08 12:12 | モータースポーツ
競走馬にとって屈腱炎は引退してもおかしくない病ですが、その屈腱炎から見事にカネヒキリは復活して、ジャパンカップダートを制しました。
馬の能力は3歳時点で超一流と言われていましたから、屈腱炎を克服してどこまで能力が戻っているか、2年ぶりのレース(復帰2走目ですが)でそのレース感がどこまで回復しているかが注目でしたが、いずれも見事に全盛時に近いレベルになっていました。
ヴァーミリアンはやはり、武騎手乗り代わりのジンクス(過去2回はいずれも未勝利)がいきていたのか、最後の直線、メイショウトウコンとの追い比べに敗れて3着、期待の3歳馬は着外、やはりダートは古馬なのでしょうか。
b0077271_1774312.jpg
b0077271_22423169.jpg

ジャパンカップダート結果
1△10 カネヒキリ 牡6 57.0 C.ルメール 1:49.2  
2 5 メイショウトウコン 牡6 57.0 藤田伸二 1:49.2 アタマ
3◎ 6 ヴァーミリアン 牡6 57.0 岩田康誠 1:49.3 クビ
4 3 サンライズバッカス 牡6 57.0 佐藤哲三 1:49.6 1 3/4
5 12 ブルーコンコルド 牡8 57.0 幸英明 1:49.6 アタマ

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-07 16:45 | ギャンブル
ホンダがF1からの撤退を発表し、各所でいろいろな動きが出ています。佐藤琢磨選手も自らのホームページでコメントを出していますし、バトン選手も同様にコメントを出すと同時に、トロロッソ入りを考えているとの情報もあります。
B.セナ選手のF1参戦も暗礁に乗り上げてしまい、未だドライバーが確定していないトロロッソチームのシート争奪戦は熾烈なものとなりそうです。その意味では、琢磨選手にはホンダの撤退はかなりの逆風となってしまいました。
b0077271_9262499.jpg

一方、FIAも声明を発表しています。その主旨は、従来から唱えてきたコスト削減を推し進める考えを示したもので、複数のチームがF1撤退を検討していると報道されているなか、F1にかかるコストが高すぎるという同会長のかねてからの主張を裏付けるものだと指摘しています。
今のところ、他の参戦チームで撤退発表をしているチームはありませんが、「トヨタは現在、F1で成功すること、そしてコストを削減することに努めている」という声明がでるなど、コスト削減の動きは顕著になりそうで、
また、FIAは「F1標準エンジンはコスワースが供給する」ことを発表しましたし、今後の動きに注目ですね。

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-07 09:26 | モータースポーツ
ラリーGBディ2、ディ1に引き続きラトバラ選手が首位をキープしていますが、ローブ選手との差は10秒以下となっています。3位にはソルド選手が浮上し、慎重な走りをしたアンダーソン選手に代わってソルベルグ選手が4位になっていますが3位のソルド選手との差はかなりあり、表彰台は難しいポジションです。
b0077271_837793.jpg
b0077271_8371417.jpg
b0077271_837213.jpg
b0077271_8372785.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-07 08:37 | モータースポーツ
優勝するためには勝利するしかない名古屋グランパス、アウェイで大分と戦いました。前半そして後半とよく攻めましたが、シュートは枠に嫌われて得点をあげることはできませんでした。また楢崎選手の欠場をよくカバーした西村選手以下ディフェンス陣も無失点で守りきり勝点1をゲットし、ACL出場権を獲得できる3位で長かったリーグ戦を終えました。

リーグ戦がはじまる前には、失礼でしたが最終戦まで優勝争いをしてくれるとは思ってもいませんでした。正直、昨シーズンよりは上位であれば上出来と思っていました。それが、開幕戦の京都に引き分け、次節の浦和で初勝利をあげてからは破竹の6連勝、その後の3連敗でまたいつもと同じシーズンになるのかという不安もいっそうしてくれる活躍をしてくれた名古屋グランパスのイレブンに感謝、感激です。
これからは天皇杯がありますから、リーグ戦の優勝できなかったくやしさをぶつけて元旦の決勝戦で3度目の優勝を目指してください。
b0077271_21501033.jpg
b0077271_21501885.jpg
b0077271_21502677.jpg



試合結果
札 幌 0-1 鹿 島
浦 和 1-6 横浜M
千 葉 4-2 FC東京
東京V 0-2 川 崎
新 潟 3-2 G大阪
磐 田 0-1 大 宮
京 都 1-3 清 水
神 戸 0-2  柏 
大 分 0-0 名古屋

PS:残留争いも熾烈だったようで、ジェフ千葉は2点差をひっくり返しての残留決定! 代わりに東京Vが降格決定してしまいました。

写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-06 17:29 | 球技
やはり国内無敵のヴァーミリアン中心で問題なしと考えます。対抗もJBC2着の3歳馬のサクセスブロッケンとしました。騎手は今日のステイヤーズSで6番人気のエアジパングで見事に勝利した横山騎手ですから、2日連続も十分ありえそうです。
そしてその他は、期待半分の馬を並べてみました。このなかからどの馬が絡んでくるか楽しみにしています。
b0077271_1734572.jpg


ジャパンカップダートの予想
◎ ヴァーミリアン
○ サクセスブロッケン
▲ アドマイヤフジ
△ ティンカップチャリ、カネヒキリ、カジノドライヴ、マストトラック

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-06 17:12 | ギャンブル