思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2009年 03月 ( 55 )   > この月の画像一覧

千葉県知事選挙が行われ、戦前の予想で優勢が伝えられた森田健作氏が当選しました。今回の選挙、もともと森田氏は自民党から衆議院議員となっていますので、自民党の推薦も得られる立場でしたが、政策面で折り合いがつかずに政党の推薦なしでの出馬でした。自民党が候補を一本化できなかったことも影響がありますが、自民党としては関西大教授の白石真澄氏を推薦する意向があったようで、ふって沸いた森田氏の出馬に難色を示したという過程もあるようです。
b0077271_924785.jpg

今回の結果、民主党に打撃という報道が見受けられます。確かに小沢代表続投後の知事選挙、そして大敗、小沢代表辞任の要望も多くなると思います。
今回の知事選挙、単に民主党の問題ではなく、自民党以下の政党にとっても、無党派層をひきつけられるだけの魅力ある政策提言ができなかったことが、森田氏圧勝のうらに潜んでいると考えます。
国政選挙が早まる噂が流れていますが、国民不在の現在の国政を考えると、各政党の皆さんも真剣になり選挙に取組む必要があると思います。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-30 08:22 | 日記
ブラウンGPの速さは決勝レースでも変わりませんでした。スタートでバリチェロ選手は遅れてしまいますが、バトン選手はトップを譲らず、2位に浮上したヴェッテル選手との差を広げていき、何かトラブルがない限りそのポジションは奪われることはないという言葉が当てはまるほどの安定した走行でした。途中セーフティカーが入った後の再スタートも問題なくこなし完勝といってよいレースだったと思います。
b0077271_21264453.jpg
b0077271_21265333.jpg
b0077271_2127182.jpg

残念だったのは、ヴェッテル選手ではないでしょうか。スタートから2位をキープして安定した走りを魅せていましたが、残り3周となったとき、猛追してきたクビサ選手とサイドバイサイドの争いとなり接触し、2台ともマシンにダメージ! 結局両者素晴らしいレースをしていながらノーポイントに終わっています。
反対に、予選終了時にリアウィングの規定違反でピットスタートとなったトヨタチームですが、トゥルーリ選手が3位表彰台をゲットしました。来週のセパンはトヨタ得意のコースですから、何か大きなドラマを期待してしまいますね。マクラーレン、フェラーリはそれぞれ見せ場を作ることはできずに上位陣の脱落でハミルトン選手が何とか4位を確保するにとどまっています。
オーストラリアGP結果
1 J・バトン ブラウンGP 1:34:15.784
2 R・バリチェロ ブラウンGP + 0.807
3 J・トゥルーリ トヨタ + 1.604
4 L・ハミルトン マクラーレン + 2.914
5 T・グロック トヨタ + 4.435
6 F・アロンソ ルノー + 4.879
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 5.722
8 S・ブエミ トロロッソ + 6.004
9 S・ボーデ トロロッソ + 6.298
10 A・スーティル フォースインディア + 6.335
11 N・ハイドフェルド BMW + 7.085
12 G・フィジケラ フォースインディア + 7.374
13 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
Did not finish
14 S・ヴェッテル レッドブル + 2 laps
15 R・クビサ BMW + 3 laps
16 K・ライコネン フェラーリ + 3 laps
17 F・マッサ フェラーリ + 12 laps
18 N・ピケ・ジュニア ルノー + 34 laps
19 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 41 laps
20 H・コヴァライネン マクラーレン + 55 laps

PS:3輪になって走るヴェッテル選手の姿をみて、あのジル・ビルニューヴ選手を思い出してしまいました。ビルニューヴ選手も1979年の確かオランダGPでパンクで後輪がバースト状態でもあきらめずにピット目指して走ったと記憶しています。
b0077271_21273454.jpg
b0077271_21274212.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sportshttp://f1-facts.com/gallery/r/325 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-29 18:32 | モータースポーツ
中京競馬場で行われた「第39回高松宮記念」は藤田騎手騎乗のローレルゲレイロが3コーナー手前からトップに立ち、昨年の覇者スリープレスナイトとの一騎打ちを制してうれしい初G1制覇です。思えば父親であるキングヘイローも5歳時のこのレースが初G1、そしてそのときの枠順も同じ13番、歴史は繰り返されるのかと思ってしまいました。
キングヘイローは私の大好きな馬でしたから、馬券は当たりませんでしたが、後継馬誕生には感慨深いものがあります。「父子」制覇おめでとうございます。
b0077271_1865374.jpg

藤田伸二騎手「スリープレスナイトにかわされた時は駄目かなと思った。ただ、脚はまだ残っていたからね。よく差し返してくれた。一番いいところで勝てて良かった」
昆貢調教師「直線でいったんかわされたが、4コーナーを回る時の手応えから必ず盛り返してくれると信じていた。GIを勝てて最高です」
高松宮記念結果
1△13 ローレルゲレイロ 牡5 57.0 藤田伸二 1:08.0  
2△ 4 スリープレスナイト 牝5 55.0 上村洋行 1:08.1 1/2
3 2 ソルジャーズソング 牡7 57.0 北村友一 1:08.3 1 1/4
4 5 トウショウカレッジ 牡7 57.0 内田博幸 1:08.3 ハナ
5 1 コスモベル 牝5 55.0 佐藤哲三 1:08.4 1/2

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-29 18:06 | ギャンブル
フィギュアスケートの世界選手権が行われ、女子は連覇のかかった浅田真央選手に期待がかかりましたが、SPの出遅れを取り戻すことができずに4位に終わりました。一方安藤美姫選手はフリーで浅田選手を逆転して見事に復活の銅メダル獲得です。
浅田選手、今期はGPファイナル以降調子が悪くベストなコンディションではなかったように思います。来年の五輪目指して技術面ももちろんですが、体調面(メンタルも含めて)の調整が課題なのかと思います。安藤選手は世界選手権優勝後の怪我、スランプを乗り越えての3位はお見事だったと思います。この勢いで来年目指して欲しいですね。
金妍児選手の得点は、女子では史上初めて200点突破という素晴らしい成績、彼女を追い越すのは至難の業かもしれません。
b0077271_1326076.jpg
b0077271_1326677.jpg
■女子シングル総合順位(SP+FS)
1位:金妍児(韓国) - 207.71点
2位:ジョアニー・ロシェット(カナダ) - 191.29点
3位:安藤美姫(日本) - 190.38点
4位:浅田真央(日本) - 188.09点
5位:レイチェル・フラット(米国) - 172.41点
8位:村主章枝(日本) - 164.58点


■男子シングル総合順位(SP+FS)
1位:エヴァン・ライサチェク(米国) - 242.23点
2位:パトリック・チャン(カナダ) - 237.58点
3位:ブライアン・ジュベール(フランス) - 235.97点
4位:トマシュ・ベルネル(チェコ) - 231.71点
5位:サミュエル・コンテスティ(Sイタリア) - 226.97点
6位:小塚崇彦(日本) - 222.18点
7位:織田信成(日本) - 218.16点
15位:無良崇人(日本) - 194.97点

一方の男子は、小塚選手、織田選手が頑張り五輪出場枠の3を確保しました!

http://www.afpbb.com/category/sports/winter
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-29 13:25 | ウィンタースポーツ
日本代表がバーレーンjをホームで1-0で下し、勝点を11としA組暫定首位にたちました。試合は、前戦のオーストラリア戦と同様にボールを支配して攻撃をしかけますが、決定機は作ることができずに消化不良の試合展開となり、前半を終了しました。
後半も嫌な流れのまま進むのかと思うまもなく、開始早々のFKのチャンスに中村俊輔選手の左足からゴールはうまれました。相手ディフェンスに当たりコースが変わるラッキーもありましたが、間違いなく待ち望んだ先制点、これで試合はかなり楽になったと思います。その後もボールを支配しつつ攻撃をしかけますが、なかなか追加点は取ることができず、さりとてバーレーンにも決定機を作らせず、その意味では安心して試合を観戦することができました。
これでとりあえずバーレーンとの勝点差は7となり、W杯出場が早ければ次戦のウズベキスタン戦で決めることができるかもしれません。
b0077271_2293521.jpg
b0077271_2294296.jpg
b0077271_2294979.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/soccer から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-28 21:43 | 球技
昨年の勝馬ファイングレインはここのところいい競馬をしていませんし、昨秋のスプリンターズS勝馬のスリープレスナイトはぶっつけ本番、そしてトライアル阪急杯の勝馬ビービーガルダンは安藤騎手がドバイ遠征で武幸四郎騎手に交代と不安要素があります。
b0077271_1851187.jpg
そこでというわけではないですが、本命はトライアルのシルクロードSを強い競馬で勝ったアーバンストリートとしました。福永騎手も高松宮とは相性がよく、1勝2着3回、3着1回と好成績を残していることも本命指名の理由ですね。対抗はアーバニティ、こちらも横山騎手は今年絶好調ですし、この馬も連勝中です。
この他では、ファリダット、ローレルゲレイロそして昨年の2着馬キンシャサノキセキが要注意ではないかと考えました。

予想
◎ アーバンストリート
○ アーバニティ
▲ ビービーガルダン
△ ファリダット、ローレルゲレイロ、スリープレスナイト、キンシャサノキセキ、(ファイングレイン)

また個人的には、6ー16-1の3連単を100円買おうかと思っています。何故ってこの馬の頭文字をあわせるとWBCとなりますので。

写真は http://www.netkeiba.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-28 18:07 | ギャンブル
昨日のフリー走行から好調なブラウンGPがなんとフロントロー独占の快挙です。予選Q2でもトップタイムをマークしていましたから、ここ一番のタイムも最速なら、ある程度燃料をつんだ状態でも速いということで明日の決勝もかなり期待ができると言えます。
同じくフリー走行で好調だったウィリアムズですが、ロズベルグ選手は5番手、中嶋選手はQ2を通過できずに13番手に終わってしまいました。また今年にかける意気込みは過去最高と思えるトヨタですが、グロック選手が6番手、トゥルーリ選手は8番手とちょっと物足りないポジションです。
そしてセカンドローは今売り出し中のヤングドライバー、ヴェッテル選手とクビサ選手が入っています。決勝でブラウンGPにどこまで迫ることができるか注目ですね。
b0077271_17202100.jpg
b0077271_1720837.jpg
b0077271_17201465.jpg
b0077271_17202083.jpg
b0077271_1720269.jpg
その一方で昨年の2強は散々な予選となってしまいました。フェラーリはQ3に進出しましたが、ポール争いに顔をだすことはできず、マクラーレンにいたってはあえなくQ2で脱落です。ハミルトン選手は特に深刻でQ2進出タイムも15番手、Q2はギアポックストラブルで走れずと明日の決勝に向けての建て直しに全てがかかっています。
昨年までの「赤銀」対決はすっかり様変わりし、今年は誰が勝ってもおかしくないF1となりそうです。この中に佐藤琢磨選手がいないことが残念ですが、みていてハラハラドキドキのオーストラリアGPとなりそうです。


公式予選結果
1 J・バトン ブラウンGP 1:26.202
2 R・バリチェロ ブラウンGP 1:26.505
3 S・ヴェッテル レッドブル 1:26.830
4 R・クビサ BMW 1:26.914
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.973
6 T・グロック トヨタ 1:26.975
7 F・マッサ フェラーリ 1:27.033
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:27.127
9 K・ライコネン フェラーリ 1:27.163
10 M・ウェーバー レッドブル 1:27.246
11 N・ハイドフェルド BMW 1:25.504
12 F・アロンソ ルノー 1:25.605
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:25.607
14 H・コヴァライネン マクラーレン 1:25.726
15 L・ハミルトン マクラーレン no time
16 S・ブエミ トロロッソ 1:26.503
17 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:26.598
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:26.677
19 A・スーティル フォースインディア 1:26.742
20 S・ブルデー トロロッソ 1:26.964
 

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-28 17:20 | モータースポーツ
いよいよオーストラリア、メルボルン・アデレードで2009年のF1が開幕しました。フリー走行初日は午前、午後と2回のセッションが行われ、午前1回目のセッションで中島一貴選手が2番手タイムをマークしました。2回目は7番手タイムとなりましたが、僚友のロズベルグ選手は1、2回目ともトップタイム! ウィリアムズのマシンは好調のようですからフル参戦2年目の今年は表彰台を狙いたいと宣言していました中島選手、その宣言は開幕初戦で成し遂げられるかもしれません。
初日好調のマシンはウィリアムズ、ブラウン、そしてトヨタ。そのいずれもディフューザー問題で抗議を受けていたチーム(合法という裁定がでています)というのが面白いですね。やはりかなり効果があるといえるのでしょうか?
またこの3チームにレッドブルを加えた4チームで初日のベスト8を独占しています。個人的に注目しているヴェッテル選手は午前中がマシントラブル、午後はスピンとマシンを乗りこなすことに不安がありますが、トップのロズベルグ選手とは1秒以内のタイム差ですから、明日の予選では一発タイムを出してくれそうです。
一方で下位に沈んだマクラーレン、フォースインディアにも先を越されたフェラーリ、BMWチームはちょっと心配ですね。
b0077271_17134160.jpg
b0077271_17152389.jpg
b0077271_17153381.jpg
b0077271_17154153.jpg
b0077271_17155027.jpg



2回目結果
1 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.053 36
2 R・バリチェロ ブラウンGP 1:26.157 38
3 J・トゥルーリ トヨタ 1:26.350 42
4 M・ウェーバー レッドブル 1:26.370 30
5 J・バトン ブラウンGP 1:26.374 38
6 T・グロック トヨタ 1:26.443 42
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:26.560 33

8 S・ヴェッテル レッドブル 1:26.740 19
9 A・スーティル フォースインディア 1:27.040 29
10 F・マッサ フェラーリ 1:27.064 35
11 K・ライコネン フェラーリ 1:27.204 32
12 F・アロンソ ルノー 1:27.232 28
13 G・フィジケラ フォースインディア 1:27.282 32
14 N・ハイドフェルド BMW 1:27.317 34
15 R・クビサ BMW 1:27.398 36
16 S・ブルデー トロロッソ 1:27.479 36
17 H・コヴァライネン マクラーレン 1:27.802 35
18 L・ハミルトン マクラーレン 1:27.813 31
19 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:27.828 35
20 S・ブエミ トロロッソ 1:28.076 33
1回目結果
1 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.687 19
2 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:26.736 21
3 K・ライコネン フェラーリ 1:26.750 24
4 R・バリチェロ ブラウンGP 1:27.226 21
5 H・コヴァライネン マクラーレン 1:27.453 15
6 J・バトン ブラウンGP 1:27.467 12
7 F・マッサ フェラーリ 1:27.642 24
8 T・グロック トヨタ 1:27.710 24
9 A・スーティル フォースインディア 1:27.993 20
10 F・アロンソ ルノー 1:28.123 16
11 N・ハイドフェルド BMW 1:28.137 20
12 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.142 21
13 R・クビサ BMW 1:28.511 22
14 G・フィジケラ フォースインディア 1:28.603 16
15 S・ブエミ トロロッソ 1:28.785 27
16 L・ハミルトン マクラーレン 1:29.042 18
17 M・ウェーバー レッドブル 1:29.081 7
18 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:29.461 25
19 S・ブルデー トロロッソ 1:29.499 21
20 S・ヴェッテル レッドブル 1:32.784 4


写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-27 17:16 | モータースポーツ
来週に迫った、北朝鮮の人工衛星発射についてですが、米国はすでに咸鏡(ハムギヨン)北道舞水端里(ブクトムスダンリ)の基地で、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」が発射台に設置されたことを確認したそうです。
北朝鮮は平和利用の人工衛星だと主張していますが、どう考えても長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の試験だと考えて間違いなさそうです。
日本政府も万一の失敗に備えて迎撃体制をとるようですが、北朝鮮としてもかなりの金額を投資してのミサイル発射試験ですから、万が一にも失敗はありえないのではと考えます。中東の反米政府への営業活動の一環としての行動と考えれば(当然、六カ国協議を有利に進めようという思惑もあるとは思います)、失敗は即営業交渉の中止となり、外貨を稼がなければいけない北朝鮮にしてみれば何が何でも成功しなければいけないプロジェクトと考えます。
b0077271_17225097.jpg
ミサイル迎撃はうまくいかないなどと不謹慎な発言をする政府関係者がいますが、このような発言はせずに(悠然と構えて、万一に備えてます程度の発言で十分だと思いますが)今後のことを考えてミサイル追尾をしっかりと行い、次回以降のミサイル発射に備えてデータ収集・分析に役立てることがよいのではないかと思います。
東北地方の皆さんはその頭上をミサイルが通過するので、こんな流暢なことを言っていられないとは思いますが、一国家が威信をかけて行う事業と考えれば、まず失敗はないと思います。
米国では、クリントン長官が「北朝鮮がミサイルを発射すれば、国連安全保障理事会の決議違反として問題を提起する」との考えを示しています。多分、日本も同調するでしょうが、北朝鮮の挑発に乗らないことも戦略としては重要なのではと考えますが、どうでしょうか。無視することも大事だという考えもありますので。

写真は http://sankei.jp.msn.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-26 17:24 | 日記
週末のオーストラリアGPで2009年シーズンのF1が開幕します。FIAから最終のエントリーリストが発表されました。ほとんど以前に発表されてものとは変わりませんが、フェラーリおよびトロロッソの両チームがドライバーのナンバーを入れ替えています。通常若いナンバーのドライバーがNo.1扱いされますからフェラーリはマッサ選手をNo.1扱いでシーズンを戦うことなのかちょっと注目ですね。
また今年から日本GPは鈴鹿に戻ってきます。富士もよかったですが、F1は鈴鹿(1980年代以降のF1ファンにとっては)というイメージが強いと思います。チャンピオン決定の方法が変わった2009年、鈴鹿がチャンピオン決定の舞台となるか、そんな楽しみを今感じています。
b0077271_14473816.jpg
b0077271_14474587.jpg

エントリーリスト
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス

1 ルイス・ハミルトン
2 ヘイッキ・コヴァライネン
スクーデリア・フェラーリ・マルボロ
3 フェリペ・マッサ
4 キミ・ライコネン
BMWザウバーF1チーム
5 ロベルト・クビサ
6 ニック・ハイドフェルド
INGルノーF1チーム
7 フェルナンド・アロンソ
8 ネルソン・ピケ
パナソニック・トヨタ・レーシング
9 ヤルノ・トゥルーリ
10 ティモ・グロック
スクーデリア・トロロッソ・フェラーリ
11 セバスチャン・ブルデー
12 セバスチャン・ブエミ
レッドブル・レーシング・ルノー
14 マーク・ウェーバー
15 セバスチャン・ヴェッテル
AT&Tウィリアムズ・トヨタ
16 ニコ・ロズベルグ
17 中嶋一貴
フォースインディアF1チーム・メルセデス
18 エイドリアン・スーティル
19 ジャンカルロ・フィジケラ
ブラウンGPフォーミュラワンチーム・メルセデス
20 ジェンソン・バトン
21 ルーベンス・バリチェロ


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-25 12:48 | モータースポーツ