思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2009年 03月 ( 55 )   > この月の画像一覧

日本代表は岩隈投手~杉内投手の完封リレーでキューバを5-0でくだし、決勝ラウンド進出を決めるとともに再び韓国と雌雄を決する戦いの場へ進出です。
3回までは緊迫した投手戦となったキューバ戦ですが4回に敵失で2点を先制した日本代表は、5回に青木選手がヒットで追加点をあげ、7回には中島選手の犠飛、9回はイチロー選手の3塁打、再び青木選手のヒットでダメ押しとなる5点目をあげました。
投げては岩隈投手が6回を無失点、そしてリリーフした杉内投手が3回を無失点とキューバ打線を完璧に抑えました。といって、第4の先発といわれた杉内投手を使ってしまい明日の韓国戦は誰が先発? と考えてしまいました。
b0077271_1839791.jpg
b0077271_18391555.jpg

またイチロー選手にも快音が復活し、青木選手は4安打、中島選手も復帰と上位打線が好調になりつつありますから、決勝ラウンドはかなり期待がもてそうです。

韓国以外には強さを発揮するのか、先制した試合は強さを発揮するのかよくわかりませんが、こういう試合ができるのであれば韓国を破ることはたやすいのではないかと思ってしまいます。韓国戦も重要ですが、1位となってアメリカと戦うのか、2位となってベネズエラと試合をするのか、そんなことを考えて試合をする余裕が必要かもしれません。明日はリラックスして韓国戦に臨んで韓国を撃破して欲しいものです。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-19 18:41 | 球技
1人の女性を殺害した名古屋市千種区の闇サイト殺人事件で、強盗殺人罪などに問われた3被告のうち2人を死刑、1人を無期懲役とした名古屋地裁の判決は、凶悪事件には被害者が1人でも極刑にするという、司法の厳しい姿勢を示したもので評価できる判決であったと思います。
5月21日から始まる裁判員裁判を間近に控えて、死刑か無期懲役かの判断を迫られる裁判員にとって、多大な影響を及ぼす意義ある妥当な判決といえると思います。何度も訴えていますが、終身刑のない日本の裁判制度の中で、「人の命は地球より重い!」という教えを考えれば、死刑という極刑を選択することは当然ではないかと考えます。
b0077271_1071534.jpg

一方で、「人を殺しても、『ごめんなさい』と自首すれば、自分の命は守れるのか。それっておかしい」遺族のお母様のこの発言、たいへん深い意味を持っていると思います。自首という制度は犯罪を悔いて罪を償う、その姿勢を評価する上で自首した者の刑を減刑するという制度だと思います。ただ今回のような凶悪犯罪の場合、この制度をそのまま適用してもいいのだろうか、この遺族の叫びを聞きこんな疑問が生まれました。
いずれにしろ、自首する気持ちがあるなら、犯罪を犯さない強い気持ちを持つことが大切であることに変わりはないですが。

絵は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-19 08:11 | 日記
どうも日本は韓国に対して相性がよくないようです。実力は互角以上のものを持っていると感じているのですが、本番に弱いというか何というか、またまた大事な一戦で勝負弱さを露呈してしまいました。
立ち上がりに弱点があるダルビッシュ投手ですが、案の定制球が定まらずに1回にヒット、盗塁そしてヒットでチャンスをを広げられ、四球、ヒットであっという間に3点を先制されてしまいます。今回のWBCに関していえば先制されるとからっきしダメな日本代表、5回に1点を返したのみで1-4で敗戦、キューバとの決戦に決勝トーナメントをかけることとなってしまいました。
b0077271_18352117.jpg
b0077271_18352723.jpg
b0077271_18353440.jpg

投手を含めた守備は安定していますが、打線が特に韓国戦では湿りがち(初戦の14点は別として)、先制されると萎縮するのかヒットが続きません。特に米国ラウンドになってもイチロー選手に当たりが戻らないのが打線を湿らせている原因かもしれません。イチロー選手の自尊心を傷つけるかもしれませんが、当たりのでてきた岩村選手を1番に起用することも考えられます。
キューバは、韓国と比較すると投手力は劣っていますから、まず先制点を取ること、そしてきっちり守ること、それを考えて決勝トーナメント進出を目指して欲しいですね。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から  
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-18 18:34 | 球技
世界モータースポーツ協議会(WMSC)がパリの本部で会合を開き、F1の商業件を持つバーニー・エクレストンが提唱したF1チャンピオン決定ルール変更について話し合いを行いました。その結果、F1チャンピオンはその年の最多勝ドライバーとの決定がなされました。ただし、同時に提案されていたメダルの授与は却下された模様です。
b0077271_819504.jpg

年間順位、コンストラクター順位などは従来と同様にポイント制となりますし、勝利数が同じドライバーが複数いた場合は獲得ポイントによってタイトルが決定するため、常に上位を獲得する一貫性は今後も変わらず重要となります。
もしこの方式が2008年に導入されていると年間6勝のマッサ選手が5勝のハミルトン選手を逆転してチャンピオンになっていたわけですね。接戦の場合、いろいろ問題を起こしそうですが、見ているファンからすれば勝ち負けがはっきりするレース(チャンピオン争いをしているドライバーの2位狙いが減る?)が増えますから、歓迎なのかもしれません。

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-18 08:21 | モータースポーツ
ACL初戦を白星で飾りむかえたホームゲーム、対戦相手の北京国安はニューカッスルを破って乗り込んできていましたから、ここで勝利するとグループリーグを有利に戦える大事な一戦でした。
今年の名古屋は前半の滑り出しはエンジンがかからないパターンでしたが、今日は前半から積極的に攻め込みますがなかなかゴール前で決定機を演出することができずに前半を終了してしまいます。
b0077271_21175020.jpg
そして後半、前半同様に攻めることは攻めるのですが相手守備陣を崩すことはできずにゴールシーンは見ることができませんでした。逆に連戦の疲れからか後半30分過ぎからは北京国安に攻め込まれ決定機を作られてしまい、ポスト直撃のシュートを打たれるなど負けてもしようがないという内容となってしまいました。最後にもらったFKもダヴィ選手のシュートはおしくもクロスバーの上! スコアレスドローに終わってしまいました。この内容では勝点1でもよしとしなければいけないのかもしれません。

先発メンバーに杉本選手、山口選手を起用し、マギヌン選手、中村選手をベンチスタートとさせ元気のいい選手でスタートしましたが、やはり連戦の疲れがあるのかいつもよりサイド攻撃が少なかったように思えます。杉本選手を活かすために前線へのロングボールが多いのはわかりますが、もう少しサイドを利用すれば得点シーンが生まれたのかもしれません。
Jリーグは日曜日に清水戦がありますから、それまでに疲労をとりいつものファンタスティックな名古屋グランパスに戻って欲しいと思います。
試合結果
名古屋 0-0 北京国安
FCソウル 2-4 G大阪

レアンドロがハットトリックで疲労があってもG大阪は連勝、この差を埋めることが名古屋の課題かもしれません。

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-17 21:19 | 球技
看板番組「真相報道バンキシャ!」の「虚偽の証言」問題で日本TV社長が引責辞任しました。ことの発端は昨年に同番組が「岐阜県の土木事務所による架空工事を受注したように見せかけ、裏金をつくった」との証言を基に、県が裏金づくりをしていると報道したことからスタートしています。時々、「真相報道バンキシャ!」は見ることがありますが、視点を変えた報道番組として注目していただけにちょっと残念ですね。
b0077271_912886.jpg

岐阜県の元建設会社役員で別の詐欺罪で起訴されていた蒲(がま)保広容疑者の虚偽の発言から問題は始まっていますが、蒲容疑者は「情報提供謝礼ほしさに虚偽の証言をした」と供述しているのに対してし、日本TVは「謝礼要求もなく、支払っていない」と説明しており、辞任会見でも改めて否定しています。
今後は、は放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会も特別調査チームを設置し、調査することを決めているとのことですから、取材の過程で事実確認の方法が適切であったか、虚偽の発言をどうして見抜けなかったかなどが明らかにされることを期待します。
日本TVの看板番組でこのようなことがおきてしまったことは、報道番組は真実を報道しているかどうかを疑ってしまうことにもつながります。たいへん残念なことです。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-17 08:23 | 日記
世界一の実力を持つといわれるキューバに対してどのような戦いを挑んでいくのかと注目していた一戦でしたが、終了してみれば日本代表チームの完勝でした。
特に松坂投手のデキが最高ではなかったかと思います(と言っても、早朝TV観戦していたのは4回まででしたが)。打線も岩村選手にヒットがでてつながりをみせるようになり(イチロー選手が無安打なのが気になりますが)、大量点は無理としても小技を絡めて得点できる体制にはなったようです。
中島選手発熱で片岡選手が先発しましたが、つなぎのバッティングで2番打者としての役割を果たすなど、選手全員が決勝へむけて一丸となっています。次はたぶん韓国との再戦だと思いますが、雪辱を果たして、LAにいきましょう。
b0077271_1216361.jpg
b0077271_12165567.jpg
b0077271_1217743.jpg


写真は http://www.sanspo.com/baseball/baseball.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-16 12:17 | 球技
ソルベルグ選手が、見事に3位となり、1年ぶりの表彰台です。最終日のディ3、2位スタートのヒルボネン選手は、逆転を目指してSSで連続トップタイムをマークしますが、ローブ選手との差を詰めることはできずに2位のままフィニッシュ、これでローブ選手のWRC通算50勝が決定しました。
見所は、ソルド選手とソルベルグ選手の3位争い。15秒9差で先行するソルド選手をソルベルグ選手、新旧シトロエンのマシンによるバトルは、まずSS12でソルベルグ選手がが詰め寄りそしてSS13で逆転、最終ステージでもリードを守りきり、2008年のアクロポリス以来となるポディウム登壇を果たしました。
スバル撤退により自らチームを結成し参戦しているソルベルグ選手、ワークスでつかんだ優勝以上の価値があると思います。次戦ポルトガルとアルゼンチンにも出場する可能性が高いそうですから、ソルベルグ選手の今後の走りも期待ですね。
b0077271_1023276.jpg
b0077271_1024315.jpg
b0077271_1025289.jpg

ラリーキプロス最終結果
1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 4hr 50mins 34.7secs M
2. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 27.2secs M
3. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC +01mins 49.4secs A8
4. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +02mins 26.3secs M
5. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus RS WRC +06mins 41.0secs MT
6. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +11mins 11.9secs MT
7. Federico Villagra Munchi's Ford Focus RS WRC +13mins 18.5secs M
8. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +13mins 44.1secs A8
9. Patrik Sandell Skoda Fabia S2000 +19mins 36.6secs P
10. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +19mins 54.9secs P

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-16 08:24 | モータースポーツ
重要文化財に指定されていた、横浜市にある旧住友家俣野別邸が今朝火事のため全焼してしまいました。俣野別邸は昨年1月から保存のための改修工事を行っていたそうで、周囲は高さ約3メートルのフェンスで囲まれ、侵入者を探知する赤外線センサーも設置されていたそうですが、反応はなかったといことです。失火の疑いもありますが、早朝という時間を考えると放火の可能性もあり、過去の貴重な建物を失う損失の大きさを放火犯は考えて欲しいものです。
b0077271_1995053.jpg


参考:俣野別邸は旧財閥の住友家当主の東京別邸として、佐藤秀三(佐藤秀工務店)の設計・施工で1939年に建設されました。柱や梁(はり)を外部に露出したハーフティンバー・スタイルを基調とし、昭和前期のモダニズムの影響を受けた和洋折衷の建築様式、2004年7月に重文に指定されました。

写真は http://sankei.jp.msn.com/top.htm から 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-15 19:10 | 日記
ペター・ソルベルグ選手がディ2のSS10、11でトップタイムをマークして4位に浮上しました。3位のソルド選手との差は約15秒、最終日表彰台目指して  頑張れ、ソルベルグ!
b0077271_9285097.jpg
b0077271_929312.jpg
b0077271_9291723.jpg
なお首位はローブ選手、初日のリードを守って独走状態です。

ディ2の結果
1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 3hr 33mins 43.8secs M
2. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 49.8secs M
3. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +01mins 36.0secs M
4. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC +01mins 51.9secs A8
5. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus RS WRC +05mins 13.7secs MT
6. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +05mins 42.8secs A8
7. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC +06mins 22.8secs MT
8. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +07mins 23.5secs MT
9. Federico Villagra Munchi's Ford Focus RS WRC +09mins 00.9secs M
10. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +09mins 29.6secs A8


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-15 08:28 | モータースポーツ