思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:オークス ( 5 ) タグの人気記事

ブエナビスタが着差はハナですが、強い勝ち方で2冠達成しました。対抗におしたワイドサファイアが除外となったことは残念でしたが、桜花賞の1~3着がそのままオークスでも1~3着、今年の牝馬の序列はこの着順通りなのかもしれません。
b0077271_17233665.jpg


結果は → http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200905030211
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-05-24 17:23 | ギャンブル

【競馬】オークスの予想

明日は優駿牝馬(オークス)、スポーツ新聞ではブエナビスタが本命視されています。どうも数年前のダンスインザムードのときのような気がします。
ただ、先週のウオッカの例もあり、本命はブエナビスタとし、対抗には3頭だしをしている藤原厩舎のワイドサファイアを指名しました。この馬も新馬戦は圧倒的な強さで勝利していますのでその実力はブエナビスタに負けてはいないと思います。
b0077271_16492176.jpg

オークスの予想
◎ ブエナビスタ
○ ワイドサファイア
▲ レッドディザイア
△ ディアジーナ、ジェルミナル、ブロードストリート
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-05-23 16:50 | ギャンブル
ブラックエンブレムがスタートからとばす、オークスとしては速い展開のレースとなりました。そんな展開で4コーナーでは有力馬が団子状態となり、インをついたトールポピーが見事に桜花賞の雪辱をはたしての優勝です。
しかしインに切れ込むときに、他馬の進路を狭めたことで審議対象となり、騎乗した池添騎手は「他の馬に大きな迷惑をかけてしまい申し訳ない。今日は返し馬の感じが桜花賞の時より良かった。馬体重もわずかだが増えていたのも良かったのだろう」といつものようなはじける明るさのヒーローインタビューではありませんでした。
私の本命は10着、対抗は7着と見事に完敗でした。

結果
1▲15 トールポピー 牝3 池添謙一 2.28.8
2 6 エフティマイア 牝3 蛯名正義 2.28.8 アタマ
3 10 レジネッタ 牝3 小牧太 2.29.0 1 1/2馬身
4△7 ブラックエンブレム 牝3 松岡正海 2.29.1 クビ
5 17 オディール 牝3 安藤勝己 2.29.2 1/2馬身

b0077271_1738457.jpg
(追記)後で知ったのですが、池添騎手は2日間の騎乗停止処分が下ったそうで、インタビューの際もファンから罵声が浴びせられたそうです。降着処分がなく騎手が騎乗停止となったのは3回目ということですが、馬券に絡みそうだったファンにとってはしっくりしない判定だったと思います。やはりスポーツはフェアプレィ、これが基本ですね。

写真は http://www.nikkansports.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-25 16:35 | ギャンブル
いよいよ3歳牝馬の頂上決戦がやってきました。今年の3歳戦線は牡馬、牝馬とも本命といえる強い馬がおらずに混戦模様がとうとうオークス、そして来週のダービーまで続いてしまいました。
今日から東京地方は雨という天気予報でしたが、雨はまだ降っていません。明日は雨ということで重馬場の得手不得手も勝敗を分けるポイントかもしれません。
リトルアマポーラを本命にしようと思いましたが、雨の影響で差し足が若干鈍るのではないかということで、本命は平成の「オークス男」福永騎手騎乗のムードインディゴとしました。わすれな草賞の勝馬からはチョウカイキャロル、エリモエクセルと2頭のオークス馬がでていますし、父がダンスインザダークですから距離は大丈夫、心配点は忘れな草賞のタイムが平凡だったこと重馬場が不得手かもしれないことですが、ここは1発、厩舎も天皇賞でG1初制覇している友道厩舎ですから、運もあると信じましょう。
対抗はリトルアマポーラで決まりでしょう。クィーンカップの勝馬はオークスで好走していますし、あの爆発的な足は東京コース向きだと思います。
そして池添騎手騎乗のトールポピーも2歳チャンピオンとしての意地があるはず、きっと巻き返してくるのではと考え、その他は関東の3頭に期待することとしました。果たして明日はどんな結果がでているか、楽しみですね。

◎ ムードインディゴ
○ リトルアマポーラ
▲ トールポピー
△ ソーマジック、レッドアゲート、レッドアゲート
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-24 16:28 | ギャンブル
b0077271_12264159.jpg桜花賞2着のダイワスカーレットが回避し、本命馬がいなくなったオークスです。この2戦大荒れのGⅠですが、今回も荒れる可能性が非常に高くなりました。
その中での注目は、ローブデコルテです。桜花賞は4着でしたが、先着した2頭(ダイワスカーレット、ウオッカ)は出走しませんし、カタマチボタンとはハナ差の決着、なんといっても上がり3ハロンは出走馬ベストタイムでしたから、スローが予想される今年のオークスで差し足炸裂は十分考えられます。
対抗は、人気となりそうなベッラレイア、秋山騎手の初GⅠ制覇が手の届くところにきました。ダイワスカーレットが出走していれば気楽に騎乗できたと思いますが、1番人気が予想されますから騎手の精神状態が一抹の不安材料ですね。3番手はザレマかなと思います。わすれな草賞では強い競馬をしていましたからここでも武騎手を迎えて勝利も見えてきています。
その他としては、ミンティエアー、カタマチボタン、トウカイオスカー、そしてウィンナワルツかなと思います。最後のウィンナワルツはダンス一族の最後の馬、血統からいけばGⅠ級です、抽選突破の運もあります。人気はまずないと思いますが、ここのところ人気薄が必ずきていますので今回はこの馬に注目しています。

◎ ローブデコルテ
○ ベッラレイア
▲ ザレマ
△ ミンティエアー、カタマチボタン、トウカイオスカー、ウィンナワルツ


ところで同じ20日の第5レースにこんな馬が出走します。名前は「タイガーマスク」、馬主はフィールズの社長の山本さん、藤沢和厩舎、武豊騎手のコンビです。名前にちなんで獲得賞金はすべて児童養護施設などに寄付するということです。山本オーナーは「ビジネスで稼いだお金を社会に還元して、競馬を盛り上げていきたい」と言っています。メンコもタイガーマスクですから注目ですね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-18 12:26 | ギャンブル