思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:グロック ( 4 ) タグの人気記事

富士スピードウェイで日本GPが開幕です。フリー走行1回目は赤・銀の2強対決! ハミルトン選手がトップタイムをマークし、マッサ選手がそれに続きました。3、4番手もコヴァライネン選手、ライコネン選手と富士は2強対決一色と思われました。
ところがうれしい展開です。午後の2回目ではグロック選手がトップタイムをマークです。地元GPでの表彰台を狙うトヨタにとっては最高の形で初日を終えました。そして2番手にはシンガポールGPの覇者アロンソ選手が入り、中嶋選手も気合の入った走りで7番手、1回目も10番手と午前、午後のセッションでベスト10入りしています。
b0077271_9145140.jpg
b0077271_915083.jpg
b0077271_915810.jpg

金曜フリー走行2
1 T・グロック トヨタ 1:18.383 44
2 F・アロンソ ルノー 1:18.426 41
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:18.463 40
4 F・マッサ フェラーリ 1:18.491 40
5 K・ライコネン フェラーリ 1:18.725 39
6 M・ウェーバー レッドブル 1:18.734 39
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:18.734 36
8 S・ヴェッテル トロロッソ 1:18.761 23
9 H・コヴァライネン マクラーレン 1:18.803 32
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:18.863 45
11 R・クビサ BMW 1:18.865 39
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:18.888 43
13 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:18.981 41
14 S・ボーデ トロロッソ 1:19.040 41
15 R・バリチェロ ホンダ 1:19.258 42
16 A・スーティル フォースインディア 1:19.287 41
17 D・クルサード レッドブル 1:19.327 36
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:19.482 44
19 N・ハイドフェルド BMW 1:19.894 37
20 J・バトン ホンダ 1:19.999 42


b0077271_9152954.jpg
b0077271_9153611.jpg
b0077271_9154560.jpg


金曜フリー走行1
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:18.910 23
2 F・マッサ フェラーリ 1:19.063 24
3 H・コヴァライネン マクラーレン 1:19.279 20
4 K・ライコネン フェラーリ 1:19.399 31
5 F・アロンソ ルノー 1:19.473 30
6 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:19.743 35
7 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.121 30
8 R・クビサ BMW 1:20.160 26
9 S・ボーデ トロロッソ 1:20.182 34
10 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:20.217 25
11 A・スーティル フォースインディア 1:20.288 26
12 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.350 28
13 M・ウェーバー レッドブル 1:20.620 24
14 N・ハイドフェルド BMW 1:20.628 23
15 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.657 33
16 R・バリチェロ ホンダ 1:20.753 32
17 J・バトン ホンダ 1:20.769 27
18 T・グロック トヨタ 1:20.823 37
19 D・クルサード レッドブル 1:20.905 24
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.014 28

写真は http://motorsport.com/photos/ から

追記:予選当日は朝から雨です。ヴェッテル選手が頑張りそうですね、ホンダも上位を狙えそうです。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-10 19:24 | モータースポーツ
ハンガリーGPはロケットスタートを決めたマッサ選手のリードでレースが開始されました。その後もマッサ選手の優位は変わらずにフェラーリがマクラーレンの勢いをとめるレースとなり、注目はトヨタのグロック選手初表彰台なるかに集まっていました。
ところがレースも残すところ3周となったときに突然フェラーリから大量の白煙があがり、マッサ選手はリタイアとなってしまいます。ここでトップにはコヴァライネン選手がたち、うれしいF1初優勝、グロック選手もライコネン選手をおさえきり初表彰台、トヨタとしては最高位タイとなる2位でフィニッシュしました。
追い上げが期待された中嶋選手は13位に終わっています。
b0077271_16265841.jpg

b0077271_1628469.jpg
b0077271_16342627.jpg
b0077271_16345125.jpg
b0077271_16352876.jpg
b0077271_1636113.jpg

決勝結果
1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:37:27.067
2 T・グロック トヨタ + 11.020
3 K・ライコネン フェラーリ + 16.811
4 F・アロンソ ルノー + 21.614
5 L・ハミルトン マクラーレン + 23.048
6 N・ピケ・ジュニア ルノー + 32.298
7 J・トゥルーリ トヨタ + 36.449
8 R・クビサ BMW + 48.321
9 M・ウェーバー レッドブル + 58.834
10 N・ハイドフェルド BMW + 1:07.709
11 D・クルサード レッドブル + 1:10.407
12 J・バトン ホンダ + 1 laps
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
15 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
16 R・バリチェロ ホンダ + 2 laps
Did not finish
17 F・マッサ フェラーリ + 3 laps
18 S・ボーデ トロロッソ + 3 laps
19 A・スーティル フォースインディア + 6 laps
20 S・ヴェッテル トロロッソ + 47 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-04 07:48 | モータースポーツ
ハミルトン選手が完璧なマシンコントロールで2戦連続してポールポジションを獲得しました。2位にはコヴァライネン選手がはいりマクラーレンはフロントロー独占です。フリー走行ではフェラーリ、マクラーレンに遅れをとっていたBMWのクビサ選手ですが、しっかり予選では結果をだしての4番手確保です。
そしてなんと5番手にはライコネン選手を抑えてグロック選手がはいりました。フリー走行でも元気なところを見せていただけにこの結果も当然かもしれません。フリー走行で元気だったピケ・ジュニア選手はQ3に進出しましたが10番手タイムに終わっています。
ここ数戦元気のないというか、予選でのキレがみれないライコネン選手は6番手、決勝での速さがあるだけにちょっと予選結果は?です。中嶋選手はまたもQ2進出をのがす17位でした。
b0077271_9236100.jpg
b0077271_925264.jpg
b0077271_93574.jpg
b0077271_932150.jpg
b0077271_933788.jpg


公式予選
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.899
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.140
3 F・マッサ フェラーリ 1:21.191
4 R・クビサ BMW 1:21.281
5 T・グロック トヨタ 1:21.326
6 K・ライコネン フェラーリ 1:21.516
7 F・アロンソ ルノー 1:21.698
8 M・ウェーバー レッドブル 1:21.732
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.767
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.371
11 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.144
12 J・バトン ホンダ 1:20.332
13 D・クルサード レッドブル 1:20.332
14 S・ボーデ トロロッソ 1:20.963
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ no time
16 N・ハイドフェルド BMW 1:21.045
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.085
18 R・バリチェロ ホンダ 1:21.332
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.670
20 A・スーティル フォースインディア 1:22.113

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-03 09:04 | モータースポーツ
ヘレステスト最終日、マクラーレンではハミルトン選手が初参加し、ウェットコンディションのなかでドライビング楽しんでいるようでした。楽しみながら2番手タイムをマークするところはやはり昨年の成績は実力のなせる業なのかなと思ってしまいました。そんな中最終日のベストタイムはトヨタのグロック選手!!!
これにはビックリですね、やはりトヨタも今年は本気モードでテストから突っ走る意気込みを感じました。今年のF1は2強だけでなく、ルノー、BMW、トヨタなど群雄割拠のF1戦国時代を予感します。予感が正夢だと1年間楽しいのですが、どうでしょうか。
b0077271_062924.jpg

b0077271_061713.jpg

ヘルス最終日結果
1 T・グロック トヨタ 01:19.799 96
2 L・ハミルトン マクラーレン 01:20.099 73
3 F・アロンソ ルノー 01:20.363 49
4 S・ボーデ トロロッソ 01:20.407 51
5 F・マッサ フェラーリ 01:20.500 85
6 H・コヴァライネン マクラーレン 01:20.535 79
7 小林 可夢偉 トヨタ 01:20.577 53
8 K・ライコネン フェラーリ 01:20.646 88
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.758 57
10 A・スーティル フォースインディア 01:21.705 71
11 M・ウェーバー レッドブル 01:22.275 53
12 D・クルサード レッドブル 01:22.581 54
13 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:24.023 65
14 S・ヴェッテル トロロッソ 01:24.873 50

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-01-18 00:07 | モータースポーツ