思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:コヴァライネン ( 9 ) タグの人気記事

ついに昨年のチャンピオンチームが復活の予感です。コヴァライネン選手が1回目のトップタイム、ハミルトン選手が2回目のトップタイムをマークしました。
ブラウンGPはバリチェロ選手の7位が最高とここにきて失速の予感、予選でどこまで回復できるかが注目です。
b0077271_7485100.jpg
b0077271_7481646.jpg

1回目 → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2812
2回目 → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2813
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-07-25 07:48 | モータースポーツ
トルコGPフリー走行が行われ、ロズベルグ選手、コヴァライネン選手がトップタイムをマーク、バトン選手は11位、12位とちょっと出遅れです。今日の予選、ブラウンGPの巻き返しに注目です。

b0077271_7384379.jpg
b0077271_739724.jpg
フリー走行結果1 → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2796
フリー走行結果2 → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2797
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-06 07:39 | モータースポーツ
ハンガリーGPはロケットスタートを決めたマッサ選手のリードでレースが開始されました。その後もマッサ選手の優位は変わらずにフェラーリがマクラーレンの勢いをとめるレースとなり、注目はトヨタのグロック選手初表彰台なるかに集まっていました。
ところがレースも残すところ3周となったときに突然フェラーリから大量の白煙があがり、マッサ選手はリタイアとなってしまいます。ここでトップにはコヴァライネン選手がたち、うれしいF1初優勝、グロック選手もライコネン選手をおさえきり初表彰台、トヨタとしては最高位タイとなる2位でフィニッシュしました。
追い上げが期待された中嶋選手は13位に終わっています。
b0077271_16265841.jpg

b0077271_1628469.jpg
b0077271_16342627.jpg
b0077271_16345125.jpg
b0077271_16352876.jpg
b0077271_1636113.jpg

決勝結果
1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:37:27.067
2 T・グロック トヨタ + 11.020
3 K・ライコネン フェラーリ + 16.811
4 F・アロンソ ルノー + 21.614
5 L・ハミルトン マクラーレン + 23.048
6 N・ピケ・ジュニア ルノー + 32.298
7 J・トゥルーリ トヨタ + 36.449
8 R・クビサ BMW + 48.321
9 M・ウェーバー レッドブル + 58.834
10 N・ハイドフェルド BMW + 1:07.709
11 D・クルサード レッドブル + 1:10.407
12 J・バトン ホンダ + 1 laps
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
15 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
16 R・バリチェロ ホンダ + 2 laps
Did not finish
17 F・マッサ フェラーリ + 3 laps
18 S・ボーデ トロロッソ + 3 laps
19 A・スーティル フォースインディア + 6 laps
20 S・ヴェッテル トロロッソ + 47 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-04 07:48 | モータースポーツ
地元のマクラーレンチームがポール獲得ですといって、ハミルトン選手ではなくコヴァライネン選手がフリー走行からの好調さをキープしています。もうひとつのフロントローはウェーバー選手、こちらも最終アタックでコヴァライネン選手に抜かれなければポール獲得だっただけに惜しい2位です。ただ恒例のインタビューではうれしさ爆発していましたが。
3位にはライコネン選手がはいり、ハミルトン選手は4位、中嶋選手は15位でした。
b0077271_820367.jpg
b0077271_8221871.jpg
b0077271_8223172.jpg


予選結果
1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.049
2 M・ウェーバー レッドブル 1:21.554
3 K・ライコネン フェラーリ 1:21.706
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.835
5 N・ハイドフェルド BMW 1:21.873
6 F・アロンソ ルノー 1:22.029
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.491
8 S・ヴェッテル トロロッソ 1:23.251
9 F・マッサ フェラーリ 1:23.305
10 R・クビサ BMW no time
11 D・クルサード レッドブル 1:20.174
12 T・グロック トヨタ 1:20.274
13 S・ボーデ トロロッソ 1:20.531
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.601
15 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.112
16 R・バリチェロ ホンダ 1:21.512
17 J・バトン ホンダ 1:21.631
18 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.668
19 A・スーティル フォースインディア 1:21.786
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.885

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-06 08:20 | モータースポーツ
イギリスGPのフリー走行が行われ、2回目にはコヴァライネン選手がトップタイム、ウェーバー選手が2番手、中嶋選手もトップ10入りをはたしました。引退を発表したクルサード選手も4番手とレッドブル勢が好調です。一方フェラーリはマッサ選手が1回目のフリー走行でアロンソ選手のまいたオイルにのってスピンした影響か、マッサ選手9番手、ライコネン選手12番手と沈んでしましました。
b0077271_985428.jpg
b0077271_99428.jpg
b0077271_991698.jpg
b0077271_992622.jpg
また2010年からイギリスGPは、ドニントンパークで開催されることがFIAから発表されました。残り少ないシルバーストンでのイギリスGP、今年はどんな結末が待っているのか、予選、決勝が待ち遠しいです。

金曜フリー走行2
1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:19.989 35
2 M・ウェーバー レッドブル 1:20.520 32
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.543 31
4 D・クルサード レッドブル 1:20.589 36
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.748 43
6 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.805 43
7 J・バトン ホンダ 1:20.929 39
8 F・マッサ フェラーリ 1:20.943 18
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:20.985 18
10 R・バリチェロ ホンダ 1:21.002 34
11 R・クビサ BMW 1:21.023 33
12 K・ライコネン フェラーリ 1:21.275 31
13 N・ハイドフェルド BMW 1:21.453 36
14 T・グロック トヨタ 1:21.472 18
15 F・アロンソ ルノー 1:21.511 27
16 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.520 42
17 S・ボーデ トロロッソ 1:21.634 39
18 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:21.642 45
19 A・スーティル フォースインディア 1:21.756 30
20 J・トゥルーリ トヨタ 1:22.196 23

金曜フリー走行1
1 F・マッサ フェラーリ 1:19.575 8
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:19.587 15
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:19.623 13
4 K・ライコネン フェラーリ 1:19.948 16
5 R・クビサ BMW 1:20.367 11
6 F・アロンソ ルノー 1:20.436 7
7 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.588 18
8 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:20.653 16
9 D・クルサード レッドブル 1:20.698 16
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.744 27
11 M・ウェーバー レッドブル 1:20.008 10
12 T・グロック トヨタ 1:21.102 22
13 N・ハイドフェルド BMW 1:21.107 18
14 S・ボーデ トロロッソ 1:21.166 17
15 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.265 22
16 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.282 21
17 J・バトン ホンダ 1:21.901 7
18 A・スーティル フォースインディア 1:22.169 16
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:22.219 19
20 R・バリチェロ ホンダ 1:24.123 4

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-05 09:10 | モータースポーツ
いつも通りの白熱したQ3でした。チェッカー後のタイムで順位が入れ替わる激戦の中マッサ選手がポールポジションを獲得しました。
マクラーレンの2人がそれに続き、連勝を狙うライコネン選手は4位と赤銀4台でトップ4独占です。BMWではクビサ選手が5位、ハイドフェルド選手が9位となっています。日本人期待の中嶋選手はQ1で16番手となりQ2進出ができませんでした。
b0077271_80968.jpg
b0077271_802563.jpg

公式予選
1 F・マッサ フェラーリ 1:27.617
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:27.808
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:27.923
4 K・ライコネン フェラーリ 1:27.936
5 R・クビサ BMW 1:28.390
6 M・ウェーバー レッドブル 1:28.417
7 F・アロンソ ルノー 1:28.422
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.836
9 N・ハイドフェルド BMW 1:28.882
10 D・クルサード レッドブル 1:29.959
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:27.012
12 R・バリチェロ ホンダ 1:27.219
13 J・バトン ホンダ 1:27.298
14 S・ヴェッテル トロロッソ 1:27.412
15 T・グロック トヨタ 1:27.806
16 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:27.547
17 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:27.568
18 S・ボーデ トロロッソ 1:27.568
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:27.807
20 A・スーティル フォースインディア 1:28.325

写真はhttp://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-11 08:00 | モータースポーツ
ヘレステストも4日目(最終日)をむかえ、トップタイムはマクラーレンのコヴァライネン選手がマークしました。昨日トップタイムをマークしたレッドブルチーム、今日はクルサード選手が2番手タイムをマークしています。どのドライバーも速いタイムがマークできるレッドブルのニューマシンは2強に続く存在に十分なりえますね。中嶋選手はまたまた3番手タイムをマークして絶好調、次回テスト地のバルセロナでもこの調子が持続すれば、本番でも表彰台も十分可能ではないかという夢を持たせてくれます。スーパーアグリはデビッドソン選手が参加し13番手タイムをだしていました。
b0077271_81164.jpg
b0077271_8111589.jpg

b0077271_8113499.jpg
ヘレステスト最終日
1 H・コヴァライネン マクラーレン 01:17.974 96
2 D・クルサード レッドブル 01:18.485 107
3 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:19.117 90
4 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.429 83
5 R・クビサ BMW 01:19.535 129
6 S・ヴェッテル トロロッソ 01:19.688 53
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.817 134
8 S・ボーデ トロロッソ 01:19.848 101
9 N・ハイドフェルド BMW 01:19.934 116
10 M・ウェーバー レッドブル 01:19.980 107
11 G・フィジケラ フォースインディア 01:20.669 89
12 J・バトン ホンダ 01:20.988 121
13 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:21.010 103
14 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:21.116 71
15 L・ディ・グラッシ ルノー 01:21.286 73
16 A・ブルツ ホンダ 01:21.605 103

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-15 08:12 | モータースポーツ
マクラーレンは、ヘイッキ・コヴァライネン選手が2008年シーズンのルイス・ハミルトン選手のチームメイトとなることを発表しました。
スペイン人のペドロ・デ・ラ・ロサ選手は、サードドライバーとして残留し、またゲイリー・パフェ選手は必要に応じてデ・ラ・ロサ選手のテストを助ける役割を担うそうです。
b0077271_9314255.jpg

「我々には、いくつもの選択肢が提示されていた。そしていつものように、我々は最も競争力のあるドライバーラインアップになるよう考えており、ルイスとヘイッキがなかでも最強のコンビだった」とマーティン・ウィトマーシュは語った。「2人とも2007年には素晴らしいルーキーシーズンを過ごし、勝利と、ベストであることに対する純粋な情熱を共有している。ヘイッキは力強く印象深かったし、ルイスもこれまでに卓越した爆発的なパフォーマンスを見せている。彼らがコースの中では互いにプッシュしあい、コース外では仲良く一緒に働いてくれると確信しているよ。さらに、ペドロが第1テストドライバーとして、ゲイリーとともに残ってくれる。我々は本当に力強いパッケージを持っており、2008年を楽しみにしている」
とロン・デニス監督はコメントしています。一方コヴァライネン選手も以下のように抱負を述べています。
「マクラーレン・メルセデスのようなチームに加入できて、ワクワクしているよ。このチーム全体にはっきりとみなぎっている、勝利への情熱と献身に今は驚いている。そして、そこに自分が加入できるということに本当に興奮しているんだ。フィンランド人として、ミカとキミの後を追うことができて名誉に思っているよ。まだルイスとはあまり多くの時間を過ごしていないけど、僕が知る限り、僕たちは仲良くやっていけると思うし、チームのためにベストを尽くせると思うよ。」

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-15 09:32 | モータースポーツ
悪天候でテストが1日延長されたセパンテスト最終日はコヴァライネンがトップタイムをマークしました。メルボルンでの開幕戦で厳しいデビューを飾り、昨日のテストでは最下位となってしまったコヴァライネンは、1分35秒767のトップタイムで持ち直すことができた。また、メカニカルトラブルにより今週初めのテストを棒に振ったルノーチームにとっても満足のいく結果だったと思います。
b0077271_10565678.jpg
b0077271_10572332.jpg

最終日の驚きは、スーパーアグリのデビッドソン、何と3番手のタイムをマークしました。メルボルンでの琢磨の予選10番手がフロックでないことを証明するとともに、来週の本番での活躍が期待できます。

1 H・コヴァライネン ルノー 01:35.767 55
2 F・マッサ フェラーリ 01:35.807 72
3 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:36.787 68
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:37.002 104
5 F・モンタニー トヨタ 01:37.206 78
6 N・ハイドフェルド BMW 01:37.318 70
7 J・バトン ホンダ 01:37.326 37
8 L・ハミルトン マクラーレン 01:37.448 43
9 M・ウェーバー レッドブル 01:37.338 42
10 V・リウッツィ トロロッソ 01:38.542 56
11 C・クリエン ホンダ 01:39.176 25
12 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:39.303 24

写真等は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-31 10:57 | モータースポーツ