思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:スティーラーズ ( 7 ) タグの人気記事

素晴らしい試合内容だったようです。実際の放送は見ていないのでなんともいえませんが(帰宅しての録画を見るのが楽しみです)、カージナルスも頑張ったと思います。
さて試合は終始、スティーラーズリードで進みました。第2Q終盤、ワーナー選手のパスを自陣エンドゾーンでインターセプトしたスティーラーズLBハリソン選手のインターセプトTDが思えば勝敗をわけた分岐点かもしれません。このビッグプレィで前半は17-7でスティーラーズがリードしました。
b0077271_12364994.jpg

後半第4Qにカージナルスが怒涛の反撃を試みます。まずプレィオフで絶好調のQBワーナー選手からWRフィッツジェラルド選手へのパスが決まり、20-14、そしてその後の守備でセイフティを奪い20-16と4点差に詰め寄ります。ここでまたフィッツジェラルド選手もスーパープレィがうまれます。ワーナー選手からのパスをキャッチしてフィールドを独走し見事なTD、これでこの試合はじめてカージナルスが23-20とスティーラーズを逆転します。
b0077271_8171934.jpg
しかし試合は2分以上あり、スティーラーズ最後の攻撃をロスリスバーガー選手がWRホームズ選手へのパスを連続して成功させ、最後もホームズ選手へのTDパスで試合を27-23と再逆転します。このパスキャッチ、スーパーキャッチだったようです。そして残り数十秒のカージナルスの攻撃をしのぎきり、通算6度目の新記録となるスーパーボール制覇を成し遂げました。
負けたとはいえ、カージナルスも持ち味を十分発揮した、スーパーボールの名に恥じない素晴らしい試合だったのではないでしょうか。
b0077271_8173293.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/nfl から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-02-02 12:36 | 球技
以下はスコアカードからのコメントとなります。夜に録画を見て、追記しようかと思っています。
カーディナルス 32-25 イーグルス
まずNFCのカンファレンスチャンピオンシップが行われました。初のスーパーボール出場を目指すカージナルスの地元で行われた試合は32-25でカージナルスがイーグルスを破り、チーム史上初となるスーパーボール出場を決めました。
試合はまずカージナルスがQBワーナー選手からWRフィッツジェラルド選手へのTDパスでカージナルスが先制し、その後も追加点を加えていきます。中でも第2Q早々のRBアーリントン選手からQBワーナー選手へのバックパス、そしてWRフィッツジェラルド選手への62ヤードTDパスはすごいプレィだったようです。
ビッグプレィもあり前半は24-6とカージナルスがイーグルスを圧倒し、スーパーボール出場間違いなしと思われました。しかし決勝ともなるとすんなりと試合は決まりません。第3Qに入りイーグルスの反撃がはじまります。第3QにTEセレック選手に2本のTDパスが決まり、着々と追い上げ第4Q残り10分強、QBマグナブ選手から新人WRジャクソン選手へ62ヤード(前半のカージナルスのTDパスと同じ距離!)のTDパスが通りこの試合初めてリードを奪います。
しかしカージナルスも時間をたっぷり使いながら攻撃を行い、最後はQBワーナー選手からRBハイタワー選手への8ヤードTDパスが決まり、再逆転して逃げ切りました。
カージナルスは初めてのスーパーボール進出、プレィオフではWRフィッツジェラルド選手、QBワーナー選手、RBジェームス選手が好調ですから、スーパーボール本番でもいい試合を見せてくれそうですね。
b0077271_12311974.jpg
b0077271_12312722.jpg
b0077271_12313536.jpg

スティーラーズ 23-14 レイブンズ
天気予報は雪でしたが、雪は降らずに極寒のスティーラーズ本拠地で試合は開始されました。第1Qに2FGでリードしたスティーラーズが、第2QにQBロスリスバーガー選手からWRホームズ選手への65ヤードTDパスでリードを拡大しますが、レイブンズもTDを返して13-7で前半は終了です。
後半に入り第3QにFGでリードを拡げたスティーラーズですが、第4Q残り9分にRBマゲイヒー
選手にこの日2つ目のTDを決められ、16-14と1FG差に詰め寄られます。ここで惜しかったのは、QBフラッコ選手の投げたパスがインターセプトされ、そのままSポラマル選手にTDを決められたことではないでしょうか。これで23-14となり、1TDでは逆転できない点差となり、残り時間をうまくコントロールしたスティーラーズがスーパーボール進出を決定しました。
b0077271_1232995.jpg
b0077271_12321660.jpg
b0077271_1232248.jpg


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-19 12:29 | 球技
ディビジョナルプレイオフ2日目、イーグルスとスティーラーズが勝利し決勝に進出決定です。
ジャイアンツ 11-23 イーグルス
突風が吹き荒れる悪天の中で試合は始まりました。試合はまずイーグルスQBマクナブ選手のTDランで幕をあけ、前半はイーグルスリードで終了します。そして後半もそのリードを守り、第4Q開始早々には完ぺきなプレイアクションパスで、リードを広げたイーグルスが見事に決勝進出、ジャイアンツのスーパーボール連覇の夢はここでついえました。
ここまで3戦のディビジョナル・プレイオフでは、ボルティモア・レイブンズ、アリゾナ・カーディナルス、そしてイーグルスと、すべてアウェイのチームが勝利しています。今年の混戦NFLを象徴するかのようですが、プレイオフの同一週でアウェイの3チームが勝ったのは、1971年以来のことで、NFCのトップ3シードがカンファレンス・チャンピオンシップに進めなかったのは、史上初の出来事だそうです。
b0077271_10432768.jpg
b0077271_1043353.jpg
b0077271_10434457.jpg

スティーラーズ 35-24 チャージャース
さてこちらは雪が舞う中で試合は開始されました。開始早々の攻撃でチャージャースがTDをあげ、これはこの試合も上位シードチームが敗戦してしまうのかと思いましたが、そこはスティーラーズ、なんと最初のTDはパントリターンTDでした。第2Qで勝ち越しTDをあげてロードを奪ったスティーラーズ、圧巻は第3Qでした。
最初の攻撃は約8分、ファーストダウンを繰り返してチャージャーズ陣へ攻め込みTDをあげます。そしてその後のチャージャーズ最初の攻撃、パスをインターセプトして攻撃権を奪い取ってしまいました。チャージャーズにとってはパスをプロテクションされ浮いたボールがスティーラーズのディフェンスの前に飛んでしまった不運はありますが、このプレィからチャージャーズにはツキもなくなってしまった様な気がしました。
スティーラーズのキックがチャージャーズの選手のヘルメットにあたり、そのボールをスティーラーズに抑えられ、攻撃権が移るところをまたまたスティーラーズの攻撃となってしまうなど、スティーラーズにツキが全ていってしまったような後半の試合内容でした。
b0077271_1044222.jpg
b0077271_10441069.jpg
b0077271_10441852.jpg


これで、NFCはカージナルズとイーグルス、AFCはスティーラーズとレイブンズがそれぞれスーパーボール進出をかけて決戦です。どのチームが勝ってスーパーボールに進出するのか、今までの試合結果を見ると予想できませんね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-12 10:36 | 球技
サンクスギビングディの試合は各試合とも大差の決着でしたが、今日の試合は僅差・大差決着といろいろな試合がありました。まずはドルフィンズvsラムズの試合。前週に連勝が止まったドルフィンズでしたが、Kダン・カーペンター選手(3FG)、WRデボン・ベス選手(6レシーブ、84ヤード)らの活躍で、16-12の接戦を制し、7勝目をあげプレイオフ戦線に何とか生き残っています。
同地区のペイトリオッツですが、こちらはスティーラーズに10-33と敗れてしまい7勝止まり、ジェッツも破れAFC東地区の首位争いは混沌としてきました。
同北地区はスティーラーズ、レイブンズともに勝利し、2チームでのマッチレースの様相です。南地区はタイタンズが独走、コルツも遅ればせながら連勝していますが、星3つの差は大きいですね。そして西地区ですが、ブロンコス以外は大きく負け越しているチームですから7勝目をあげたブロンコスがかなり有利ですね。
一方のNFCでは東地区でジャイアンツが走っています。今日も同地区のレッドスキンズに23-7で快勝して首位固めをしっかりしています。このままのペースで勝ち進めばプレィオフの第1シード獲得も難しくなさそうです。北地区では相星でベアーズとバイキングスが対戦しています。結果は34-14でバイキングズが勝利し首位にたちました。南地区はパンサーズ、バッカニアーズがそれぞれ
パッカーズ、セインツを35-31、23-20という僅差で破り9勝目をあげ同率首位を併走しています。西地区はAFCと同じようにカーディナルス以外は大きく負け越しているチームばかりですから、カーディナルスのプレィオフ進出は決定的かもしれません。
b0077271_19121954.jpg
b0077271_19122639.jpg
b0077271_19123243.jpg

第13週の結果
ライオンズ 10-47 タイタンズ
カウボーイズ 34- 9 シーホークス
イーグルス 48-20 カーディナルス
レッドスキンズ 7-23 ジャイアンツ
バッカニアーズ 23-20 セインツ
ブラウンズ 6-10 コルツ
パッカーズ 31-35 パンサーズ
ラムズ 12-16 ドルフィンズ
ベンガルズ 3-34 レイブンズ
ビルズ 3-10 49ers
チャージャース 16-22 ファルコンズ
ジェッツ 17-34 ブロンコス
レイダース 13-20 チーフス
ペイトリオッツ 10-33 スティーラーズ
バイキングス 34-14 ベアーズ


そろそろプレィオフがちらつき始めています。AFCでは、東地区のジェッツ(8勝)、ペイトリオッツ、ドルフィンズ(各7勝)が首位、ワイルドカード争い、北地区はスティーラーズ(9勝)、レイブンズ(8勝)が首位、ワイルドカード争い、南地区ではコルツ(8勝)がワイルドカード争いに参戦といったところでしょうか。
一方のNFCでは、東地区ではカウボーイズ(8勝)、レッドスキンズ(7勝)がワイルドカード争い、北地区はバイキングス(7勝)、ベアーズ(6勝)の首位争い、南地区はパンサーズ、バッカニアーズ(各9勝)、ファルコンズ(8勝)の首位、ワイルドカード争いとなっています。
これからの試合は目が離せませんね。

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-01 19:12 | 球技
今週も各地で熱戦が行われたNFLの第4週。ここまで連勝を続けていたチームに明暗がでました。タイタンズはバイキングズを30-17で破り、またビルズも前半リードを奪われましたが後半にラムズを逆転し両チームとも開幕4連勝を飾りました。一方でNFC優勝候補のカウボーイズでしたが、レッドスキンズに第2Qで逆転され、その後は試合は一進一退、最後にFGを決められて24-26と惜敗して開幕4連勝はなりませんでした。
開幕を連敗でスタートしたチャージャーズですが、RBトムリンソン選手の活躍でレーダーズに28-18で勝利しています。トムリンソン選手は第4Qだけでラン76ヤード、2TDとさすがに2年連続のリーディングラッシャーの貫禄を示しています。今週休みのドルフィンズは来週はこのチャージャーズとの対戦、ぜひペイトリオッツに続いて強豪を破ってほしいですね。
そしてマンディナイトはスティーラーズとレイブンズの戦いです。試合は前半をリードしたレイブンズでしたが、その後スティーラーズに逆転を許し、同点に追いつきましたが、OTでFGを決められてしまいました。マンディナイトは隔週でいい試合になっていますね。
b0077271_173033.jpg
b0077271_1730131.jpg
b0077271_17302261.jpg


タイタンズ 30-17 バイキングス
バッカニアーズ 30-21 パッカーズ
セインツ 31-17 49ers
ジェッツ 56-35 カーディナルス
チーフス 33-19 ブロンコス
ジャガーズ 30-27 テキサンズ
ベンガルズ 12-20 ブラウンズ
パンサーズ 24- 9 ファルコンズ
ラムズ 14-31 ビルズ
レイダース 18-28 チャージャース
カウボーイズ 24-26 レッドスキンズ
ベアーズ 24-20 イーグルス
スティーラーズ 23-20 レイブンズ


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/nfl から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-30 17:30 | 球技
ジャクソンビル・ジャガーズ対ピッツバーグ・スティーラーズは、ジャガースがスティーラーズ攻撃陣を153ヤードに封じ込めて9対0で完封勝ちを飾りました。前年のスーパーボウル王者が完封されるのは、史上5度目で25年ぶりだそうです。
またこの試合の総得点9は、1990年にサンフランシスコ・49ersが7対3でニューヨーク・ジャイアンツを下した一戦の下回るマンデーナイト史上、最もロースコアな試合となりました。変な記録ずくめの1戦として後世に残る試合ですね。
b0077271_12404361.jpg

なお、スティーラーズのエースQBベン・ロスリスバーガーが、虫垂炎の手術から復帰して今シーズン初先発。しかしパス32回中17回成功、141ヤード、2インターセプトとレシーバー陣との呼吸は今一歩、シーズン前の交通事故、虫垂炎と連携練習が足りなかったツケが出た模様です。
一方、ジャガーズのQBバイロン・レフトウィッチは、パス39回中26回成功、260ヤード、1インターセプト、RBフレッド・テイラーはラン22回90ヤード、WRレジー・ウィリアムスはレシーブ8回95ヤードをマークする活躍、Kスコビーは、FG3本を100%成功と攻撃陣の踏ん張りが勝利を導き出したようです。
NFLは開幕2戦目で早くも波乱、今後の展開がおもしろくなってきました。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-20 12:41 | 球技
NFLが開幕しました。開幕戦は慣例に従い前年度のチャンピオンチームのスティーラーズが地元にドルフィンズを迎えて木曜日の夜にキックオフ。
スティーラーズは怪我から復帰したロスリスバーガーが何と、「虫垂炎」で開幕戦欠場のピンチ、しかしバッチが落ちついたボールコントロールで勝利を収めましたと言いたいところですが、ゴール前1ヤード未満でのファンブルなどあり、やはりロスリスバーガーの早い復帰が連覇の鍵でしょう。パーカーは調子よかったですから、伝統のランプレィは今年も健在です。
一方のドルフィンズも後半一度は逆転して、このまま逃げ切りを図れたと思ったのですが、カルペッパーの2度にわたるパスミスによるインターセプトにより万事休す、勝利をあげることはできませんでした。
私の今年の注目チームのドルフィンズですが、カルペッパーも第3Qはリズムよく攻撃をリードしていましたから、この敗戦に悲観することはないと思います。
RBブラウンも2TDをあげる活躍、ちょっとWRチェインバースとQBカルペッパーの相性(パスコンプリートが少なかった)がイマイチですが、初戦ですから今後よくなっていくでしょう。ペイトリオッツの出来次第ではディビジョン優勝は十分狙えるのではないかと感じました(ちょっと身びいきですね)。
b0077271_212743100.jpg

b0077271_21284434.jpg

さて、他のカードの中での注目は、マニング兄弟対決のコルツvsジャイアンツが日曜日にあります。全米でも注目カードのようで兄弟インタビューなども流れていました、ペイトンにしてみれば悲願のスーパーボールチャンピオンになるために開幕からダッシュを決めたいところですから、是が非でも勝ちたいでしょうし、兄貴の貫禄も見せたいのではないでしょうか。
この試合も注目です。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-08 21:24 | 球技