思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ノーベル賞 ( 2 ) タグの人気記事

連日の快挙です。ノーベル物理学賞に続きノーベル化学賞でも日本人科学者が受賞です。その人は米ウッズホール海洋生物学研究所・元上席研究員の下村脩さん、彼が解明した「緑色蛍光タンパク質」をスウェーデンの王立科学アカデミーは評価し、「現在の生命科学分野で不可欠な“道具”となっている。緑色蛍光タンパク質によって、脳内神経細胞やがん細胞の広がり方など、それ以前には見えなかった過程を目視する方法が開発された」と受賞理由を語っています。これで日本人のノーベル賞受賞者は16名となりました。
b0077271_844185.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/environment-science-it/science-technology から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-09 08:05 | 教育と図書館関連
スウェーデン王立科学アカデミーは、2008年のノーベル物理学賞を小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授、益川敏英・京都産業大学教授、南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授の3氏に授与すると発表しました。南部氏は、素粒子物理学の「自発的対称性の破れ」理論を、小林、益川両氏は、物質の最小単位である素粒子のクオークが6種類あることを予言した「小林・益川理論」を発表し、素粒子物理学の発展に貢献し評価されたことが受賞理由だそうです。
一度に日本人科学者が3名も受賞されることはビックリですし、日本の科学分野が評価されたことはうれしいことだと思います。不景気な話題が多い中、久しぶりの明るいニュースですね。
b0077271_861998.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/environment-science-it/science-technology から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-08 08:06 | 教育と図書館関連