思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ハミルトン ( 47 ) タグの人気記事

シルバーストンサーキットが大歓声、地元のヒーロー・ハミルトン選手が見事にポールポジションを獲得しました。「僅差で際どい戦いだったけど、最後に上手くまとめることができた。チームが頑張ってくれたことに感謝したい。もちろんプレッシャーもあるけど明日は、ベストを尽くすよ」とポール獲得の喜びを語っています。
しかし予選はかなりの激戦で予選9位のハイドフェルド選手もハミルトン選手とは1秒以内というきわどいもの。マクラーレン、フェラーリの4人以外にも、BMWのクビサ選手、トヨタのシューマッハ選手にも表彰台のチャンスは十分あると思います。残念なのは、同じ地元のバトン選手とデビッドソン選手の2人、やはり事前テストをヘレスで行っていたためか、他チームに比べてデータ収集量が違ったのかQ2に進出できませんでした。
b0077271_840309.jpg
b0077271_8413027.jpg

公式予選の結果
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:19.997
2 K・ライコネン フェラーリ 1:20.099
3 F・アロンソ マクラーレン 1:20.147
4 F・マッサ フェラーリ 1:20.265
5 R・クビサ BMW 1:20.401
6 R・シューマッハ トヨタ 1:20.516
7 H・コヴァライネン ルノー 1:20.721
8 G・フィジケラ ルノー 1:20.775
9 N・ハイドフェルド BMW 1:20.894
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.240
11 M・ウェーバー レッドブル 1:20.235
12 D・クルサード レッドブル 1:20.329
13 A・ブルツ ウィリアムズ 1:20.350
14 R・バリチェロ ホンダ 1:20.364
15 S・スピード トロロッソ 1:20.515
16 V・リウッツィ トロロッソ 1:20.823
17 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.219
18 J・バトン ホンダ 1:21.335
19 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:21.448
20 A・スーティル スパイカー 1:22.019
21 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:22.045
22 C・アルバース スパイカー 1:22.589

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-08 08:41 | モータースポーツ
伝統のイギリスGPが開幕しました。初の地元GPとなるハミルトン選手がフリー走行1回目でトップタイムをマークすれば、1週間前のフランスGPで勝利を飾ったライコネン選手が2回目ではトップタイムと「赤」vs「銀」の様相が見えてきた1日目でした。
明暗をわけたのはトヨタとホンダ。2回目でラルフ選手は全体の3番手、トゥルーリ選手は5番目タイムをマークしましたが、ホンダは17、18番手とスーパーアグリの後塵! 折角フランスGPで初ポイントゲットしたいい流れを断ち切ってしまうような1日目でした。おまけにバトン選手は、1回目でコースアウトして背中を痛め2回目は走らず。明日は彼にとっても地元GPですから、しっかり回復していいタイムをマークしてほしいですね。
スーパーアグリは、デビッドソン選手(こちらも地元)が好調、2回目にベスト10のタイムをマークしています。
b0077271_1011440.jpg
b0077271_1015114.jpg
金曜フリー走行2
1 K・ライコネン フェラーリ 1:20.639 35
2 F・マッサ フェラーリ 1:21.138 30
3 R・シューマッハ トヨタ 1:21.381 34
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.381 39
5 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.467 35
6 F・アロンソ マクラーレン 1:21.616 35
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.619 40
8 A・ブルツ ウィリアムズ 1:21.650 37
9 M・ウェーバー レッドブル 1:22.137 31
10 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:22.143 40
11 H・コヴァライネン ルノー 1:22.189 42
12 G・フィジケラ ルノー 1:22.257 39
13 R・クビサ BMW 1:22.372 41
14 D・クルサード レッドブル 1:22.428 23
15 N・ハイドフェルド BMW 1:22.486 34
16 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:22.487 38
17 R・バリチェロ ホンダ 1:22.511 39
18 C・クリエン ホンダ 1:22.833 45
19 S・スピード トロロッソ 1:22.840 42
20 V・リウッツィ トロロッソ 1:23.105 35
21 C・アルバース スパイカー 1:23.113 35
22 A・スーティル スパイカー 1:23.720 30
b0077271_1022952.jpg
金曜フリー走行1
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.100 24
2 K・ライコネン フェラーリ 1:21.211 26
3 F・マッサ フェラーリ 1:21.285 26
4 F・アロンソ マクラーレン 1:21.675 21
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:22.006 24
6 R・クビサ BMW 1:22.107 25
7 N・ハイドフェルド BMW 1:22.176 13
8 A・ブルツ ウィリアムズ 1:22.216 23
9 R・シューマッハ トヨタ 1:22.878 21
10 R・バリチェロ ホンダ 1:22.956 27
11 J・トゥルーリ トヨタ 1:23.030 26
12 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:23.037 24
13 H・コヴァライネン ルノー 1:23.099 25
14 G・フィジケラ ルノー 1:23.179 21
15 J・バトン ホンダ 1:23.517 17
16 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:23.548 18
17 M・ウェーバー レッドブル 1:23.564 21
18 D・クルサード レッドブル 1:23.618 15
19 S・スピード トロロッソ 1:23.854 20
20 A・スーティル スパイカー 1:23.954 25
21 V・リウッツィ トロロッソ 1:24.154 23
22 C・アルバース スパイカー 1:24.172 30

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-07 10:02 | モータースポーツ
ライコネン選手が開幕戦以来となる今季2回目の優勝を飾りました。2位にはマッサ選手が入り、フェラーリが1ー2フィニッシュです。3位はハミルトン選手、アロンソ選手は7位に終わりました。ホンダはバトン選手が8位に入り、嬉しい今季初ポイントをゲットです。
開幕戦で独走優勝したあと、ちょっとしたスランプ状態だったライコネン選手、この勝利で持ち前の速さに磨きがかかり、今週末のイギリスGPでも華麗な走りを見せて、マクラーレン勢の独走に待ったをかけ、混戦状態を演出して欲しいですね。
b0077271_12315841.jpg
b0077271_1232550.jpg
さてハミルトン選手、8戦連続で表彰台ですが、イギリス人ドライバーとしては44年ぶりの快挙だそうです。44年前の記録は、かのJ.クラーク選手が1963年に樹立した記録、新聞で彼の名前を見てなつかしく感じてしまいました。過去のメジャーなドライバーが新人が活躍することで活字になることは、F1オールドファンにとってはうれしい限り、ハミルトン選手にも頑張って欲しいです。
b0077271_12321455.jpg

1 K・ライコネン フェラーリ 1:30:54.200
2 F・マッサ フェラーリ + 2.400
3 L・ハミルトン マクラーレン + 32.100
4 R・クビサ BMW + 41.700
5 N・ハイドフェルド BMW + 48.800
6 G・フィジケラ ルノー + 52.200
7 F・アロンソ マクラーレン + 56.500
8 J・バトン ホンダ + 58.800
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 68.500
10 R・シューマッハ トヨタ + 1 laps
11 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
12 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
13 D・クルサード レッドブル + 1 laps
14 A・ブルツ ウィリアムズ + 1 laps
15 H・コヴァライネン ルノー + 1 laps
16 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 2 laps
17 A・スーティル スパイカー + 2 laps
Did not finish
18 S・スピード トロロッソ + 15 laps
19 C・アルバース スパイカー + 42 laps
20 A・デビッドソン スーパー アグリ + 69 laps
21 J・トゥルーリ トヨタ + 69 laps
22 V・リウッツィ トロロッソ + 70 laps

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-02 12:34 | モータースポーツ
マクラーレンの速さは他のマシンを凌駕しているようです。ここ3戦連続してフロントローを独占し、開幕直後のフェラーリの勢いを完全に上回っています。その中アロンソ選手はやはりカナダGPの後遺症があるのか、今回もQ3のアタックでちょっとしたミスをしてしまい、それまでのフリー走行、予選結果をフイにしていまう予選2位、やはりハミルトン選手の存在は大きいようです。
スーパーアグリチームはデビッドソン選手がQ2に進出し16番手からのスタート、佐藤琢磨選手は18番手スタートとなっています。
ヴェッテル選手は7番手スタート、クビサ選手も安心して怪我の療養ができないかもしれませんね、このままではシートを奪われてしまうかも。
b0077271_11281642.jpg
b0077271_11282533.jpg


1 L・ハミルトン マクラーレン 1:12.331
2 F・アロンソ マクラーレン 1:12.500
3 F・マッサ フェラーリ 1:12.703
4 K・ライコネン フェラーリ 1:12.839
5 N・ハイドフェルド BMW 1:12.847
6 H・コヴァライネン ルノー 1:13.308
7 S・ヴェッテル BMW 1:13.513
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:13.789
9 M・ウェーバー レッドブル 1:13.871
10 G・フィジケラ ルノー 1:13.953
11 D・クルサード レッドブル 1:12.873
12 R・シューマッハ トヨタ 1:12.920
13 J・バトン ホンダ 1:12.998
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:13.060
15 R・バリチェロ ホンダ 1:13.201
16 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:13.259
17 A・ブルツ ウィリアムズ 1:13.441
18 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:13.477
19 V・リウッツィ トロロッソ 1:13.484
20 S・スピード トロロッソ 1:13.712
21 A・スーティル スパイカー 1:14.122
22 C・アルバース スパイカー 1:14.597

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-17 09:10 | モータースポーツ
合計4回のセーフティカーが入る荒れたレースでしたが、ポールスタートのハミルトン選手がトップの座を譲らない強いレースを見せてうれしいF1初優勝を飾っています。優勝年齢も史上第3位という若さ、強さと冷静さも兼ね備えています。
b0077271_12482374.jpg
b0077271_12483313.jpg

スタート直後の1コーナーでなんとアロンソ選手がコースアウトし、ハイドフェルド選手が2位にポジションアップしました。このことがハミルトン選手にとってはレースをコントロールするうえで大きなアドバンテージとなったようです。レース途中は、クビサ選手の大クラッシュ、スーティル、リウッツィ選手などのクラッシュにより、セーフティカーがたびたび入り、チームの戦略が順位に左右した結果となりました。
b0077271_12484693.jpg
そのような中、佐藤琢磨選手は順位を落としながらも最後のスプリント戦でシューマッハ選手、そしてなんとアロンソ選手をパスして価値ある6位入賞です。
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:44:11.292
2 N・ハイドフェルド BMW + 4.300
3 A・ブルツ ウィリアムズ + 5.300
4 H・コヴァライネン ルノー + 6.700
5 K・ライコネン フェラーリ + 13.000
6 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 16.600
7 F・アロンソ マクラーレン + 21.900
8 R・シューマッハ トヨタ + 22.800
9 M・ウェーバー レッドブル + 22.900
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 23.900
11 A・デビッドソン スーパー アグリ + 24.300
12 R・バリチェロ ホンダ + 30.400
Did not finish
13 J・トゥルーリ トヨタ + 12 laps
14 V・リウッツィ トロロッソ + 15 laps
15 G・フィジケラ ルノー + 18 laps
16 F・マッサ フェラーリ + 18 laps
17 C・アルバース スパイカー + 21 laps
18 D・クルサード レッドブル + 35 laps
19 R・クビサ BMW + 43 laps
20 A・スーティル スパイカー + 48 laps
21 S・スピード トロロッソ + 61 laps
22 J・バトン ホンダ + 70 laps

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-11 12:25 | モータースポーツ
b0077271_9324950.jpgQ1からQ3、最後まで誰が残るか、そして誰がポールをとるかわからない展開でした。結果はハミルトン選手がF1参戦後、初のポールポジション獲得で終わりました。Q3ではBMWのハイドフェルド選手がラストアタックで3番手、マクラーレンとフェラーリの間に滑り込んだことが決勝レースでどう影響するかが楽しみです。フェラーリとしては厄介な存在となる可能性があり、戦術をどう立てていくかに興味がわきます。
惜しかったのは、スーパーアグリチームです。デビッドソン選手はわずかの差でQ2に進めず、琢磨選手も11番手でこちらも自身2回目のQ3に進むことはできませんでした。ただものは考えようです。11番手スタートであれば搭載燃料など、決勝レースの戦略はこれから練ることはできますから、周到な作戦を考えて2度目のポイント獲得を目指して頑張ってほしいですね。

1位 L.ハミルトン(マクラーレン)
2位 F.アロンソ(マクラーレン)
3位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
4位 K.ライコネン(フェラーリ)
5位 F.マッサ(フェラーリ)
6位 M.ウェーバー(レッドブル)
7位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
8位 R.クビサ(BMWザウバー)
9位 G.フィジケラ(ルノー)
10位 J.トゥルーリ(トヨタ)
11位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
12位 V.リウッツィ(トロロッソ)
13位 R.バリチェロ(ホンダ)
14位 D.クルサード(レッドブル)
15位 J.バトン(ホンダ)
16位 S.スピード(トロロッソ)
17位 A.デビッドソン(スーパーアグリ)
18位 R.シューマッハー(トヨタ)
19位 H.コバライネン(ルノー)
20位 A.ブルツ(ウイリアムズ)
21位 A.スーティル(スパイカー)
22位 C.アルバース(スパイカー)

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-10 09:34 | モータースポーツ
とにかく、アロンソ選手、ハミルトン選手の速さが異次元でした。競馬の話で恐縮ですが日本ダービーのウオッカと同じ1チームのみ違う次元でレースをしていたようです。
両者は1回目のピットイン後は、1~2秒以内でランデブー走行というよりはハミルトン選手がアロンソ選手のミスを狙ってプッシュしている、アロンソ選手もハミルトン選手にスキをつかせないように全力でモンテカルロ市街地を走っている、同チームとはいえスリリングな展開は見ていて迫力がありました。スーパーアグリの佐藤琢磨選手はモナコ初完走、スーパーアグリも2台完走しています。
b0077271_12153070.jpg
b0077271_12154747.jpg

1 F・アロンソ マクラーレン 1:40:29.329
2 L・ハミルトン マクラーレン + 4.095
3 F・マッサ フェラーリ + 1:09.114
4 G・フィジケラ ルノー + 1 laps
5 R・クビサ BMW + 1 laps
6 N・ハイドフェルド BMW + 1 laps
7 A・ブルツ ウィリアムズ + 1 laps
8 K・ライコネン フェラーリ + 1 laps
9 S・スピード トロロッソ + 1 laps
10 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
11 J・バトン ホンダ + 1 laps
12 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
13 H・コヴァライネン ルノー + 1 laps
14 D・クルサード レッドブル + 2 laps
15 J・トゥルーリ トヨタ + 2 laps
16 R・シューマッハ トヨタ + 2 laps
17 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 2 laps
18 A・デビッドソン スーパー アグリ + 2 laps

Did not finish
19 C・アルバース スパイカー + 7 laps
20 A・スーティル スパイカー + 25 laps
21 M・ウェーバー レッドブル + 59 laps
22 V・リウッツィ トロロッソ + 77 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-28 12:16 | モータースポーツ
今年のモナコGP予選は、マクラーレンの2人のドライバーによる予選だっと思います。フェラーリはQ2でライコネン選手がミスってマシンにダメージを受けてしまい脱落、マッサ選手もQ3に進みましたが最後に3番手のタイムをマークするにとどまりました。
マクラーレンのハミルトン選手はQ1から絶好調で常にタイムボードの頂点を譲りませんでしたが、最後のアタックでチャンピオンのアロンソ選手に逆転され、初のポールは次戦以降のお楽しみとなってしまいました。スーパーアグリの2選手はともにQ2に進めませんでした。スペインのいい流れはモナコまでは続いていない、F1の世界は厳しいですね。
b0077271_8325090.jpg
b0077271_8335429.jpg

公式予選
1 F・アロンソ マクラーレン 1:15.726
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.905
3 F・マッサ フェラーリ 1:15.967
4 G・フィジケラ ルノー 1:16.285
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.439
6 M・ウェーバー レッドブル 1:16.784
7 N・ハイドフェルド BMW 1:16.832
8 R・クビサ BMW 1:16.955
9 R・バリチェロ ホンダ 1:17.498
10 J・バトン ホンダ 1:17.939
11 A・ブルツ ウィリアムズ 1:16.662
12 V・リウッツィ トロロッソ 1:16.703
13 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.988
14 H・コヴァライネン ルノー 1:17.125
15 K・ライコネン フェラーリ no time
16 D・クルサード レッドブル no time
17 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:18.250
18 S・スピード トロロッソ 1:18.390
19 A・スーティル スパイカー 1:18.418
20 R・シューマッハ トヨタ 1:18.539
21 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:18.554
22 C・アルバース スパイカー no time

写真は web.jp/contents/news_category.php? から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-27 08:33 | モータースポーツ
2日目を迎えたポールリカールテストは、ルイス・ハミルトン選手が再びタイムシートのトップに位置することになりました。チームはこの日もモナコ仕様のクルマで走行し、ハミルトン選手が2日連続でトップタイムをマースすれば、ライバルのフェラーリのフェリペ・マッサ選手はハミルトン選手にコンマ2秒差に迫り2位となっています。3位はBMWのロベルト・クビサが選手入り、この3チームがモナコでも主役となりそうな予感がします。
サーパーアグリはエースの佐藤琢磨選手が登場、5番手タイムをマークし、スペインGPでの初入賞からいい流れを持続しています。他では同じくスペインGPで4位に入ったレッドブルのデビッド・クルサード選手が期待が持てる4位となっています。
3度のチャンプカーチャンピオンであるセバスチャン・ボーデ選手が再びF1テストに参加し、トロロッソのマシンを駆って10番手タイムを記録しています。
b0077271_12131769.jpg
b0077271_12132585.jpg

1 L・ハミルトン マクラーレン 01:05.614 133
2 F・マッサ フェラーリ 01:05.755 107
3 R・クビサ BMW 01:06.185 140
4 D・クルサード レッドブル 01:06.201 137
5 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:06.281 116
6 H・コヴァライネン ルノー 01:06.302 161
7 R・バリチェロ ホンダ 01:06.516 103
8 A・ブルツ ウィリアムズ 01:06.576 106
9 R・シューマッハ トヨタ 01:06.598 111
10 S・ボーデ トロロッソ 01:07.743 142
11 C・アルバース スパイカー 01:07.946 66
12 A・スーティル スパイカー 01:08.134 67

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-17 12:11 | モータースポーツ
日曜日にF1スペインGPが終了したばかりですが、早くもポールリカールでF1合同テストが始まりました。初日はマクラーレンのハミルトン選手がトップタイムをマークしています。
b0077271_125557100.jpg

注目は初ポイントを獲得したスーパーアグリチーム、新しくテストドライバー契約したジェームズ・ロシター選手が早くもテストに参加しています。全ドライバー中最多の120周を走りこんで9番手のタイムをマーク、チームとマシンになじむところからスタートし、その後、バランス向上、モナコ用ウイングのテスト、タイヤ評価などの作業にあたっています。

b0077271_12561090.jpg
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:05.699 98
2 R・シューマッハ トヨタ 01:06.920 96
3 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:07.056 125
4 M・ウェーバー レッドブル 01:07.161 121
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:07.189 127
6 F・マッサ フェラーリ 01:07.271 94
7 C・クリエン ホンダ 01:07.357 115
8 T・グロック BMW 01:07.712 114
9 J・ロシター スーパー アグリ 01:08.026 129
10 S・スピード トロロッソ 01:08.143 53
11 F・ファウジー スパイカー 01:09.443 74

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-16 12:56 | モータースポーツ