思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ハミルトン ( 47 ) タグの人気記事

スペインGPのフリー走行は、マクラーレンチームが席巻、最終セッションはのルイス・ハミルトンが1分21秒233でトップタイムをマークし、2番手にはフェルナンド・アロンソが続きました33番手はロバート・クビサがつけています。スーパーアグリはデビッドソンが8番手のタイムをマークして予選に期待を持たせています。
b0077271_2053231.jpg
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.233 13
2 F・アロンソ マクラーレン 1:21.312 13
3 R・クビサ BMW 1:21.364 17
4 N・ハイドフェルド BMW 1:21.464 17
5 D・クルサード レッドブル 1:21.556 12
6 F・マッサ フェラーリ 1:21.659 14
7 K・ライコネン フェラーリ 1:21.829 15
8 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:21.845 15
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.953 16
10 H・コヴァライネン ルノー 1:22.067 18
11 G・フィジケラ ルノー 1:22.140 12
12 J・トゥルーリ トヨタ 1:22.174 25
13 R・バリチェロ ホンダ 1:22.274 15
14 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:22.295 21
15 S・スピード トロロッソ 1:22.314 16
16 R・シューマッハ トヨタ 1:22.570 21
17 J・バトン ホンダ 1:22.744 17
18 M・ウェーバー レッドブル 1:22.759 13
19 A・ブルツ ウィリアムズ 1:23.020 16
20 V・リウッツィ トロロッソ 1:23.367 9
21 A・スーティル スパイカー 1:23.584 22
22 C・アルバース スパイカー 1:23.817 22

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-12 20:05 | モータースポーツ
バーレーンGPは、フェラーリのマッサ選手がマレーシアGPの汚名を晴らす、スタートダッシュで首位をキープしそのままレースの主導権を握って優勝しました。2位にはハミルトン選手が入り、デビュー以来3戦連続の表彰台、3位にはライコネン選手が入り、ここまでは予選順位と同じ結果となりました。
b0077271_1226172.jpg
b0077271_1227332.jpg

b0077271_12265197.jpg
アロンソ選手は5位となり、チャンピオンシップポイントは22点で、3名が並ぶ混戦となっています。面白いことは今回リタイアしたマシンたちです。カスタマーシャーシー問題でゆれる、スーパーアグリ、トロロッソ、レッドブルの各2台とホンダの1台。何かの因縁を感じてしまいます。

1 F・マッサ フェラーリ 1:32:27.515
2 L・ハミルトン マクラーレン + 2.360
3 K・ライコネン フェラーリ + 10.839
4 N・ハイドフェルド BMW + 13.831
5 F・アロンソ マクラーレン + 14.426
6 R・クビサ BMW + 45.529
7 J・トゥルーリ トヨタ + 1:21.371
8 G・フィジケラ ルノー + 1:21.701
9 H・コヴァライネン ルノー + 1:29.411
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:29.916
11 A・ブルツ ウィリアムズ + 1 laps
12 R・シューマッハ トヨタ + 1 laps
13 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
14 C・アルバース スパイカー + 2 laps
15 A・スーティル スパイカー + 4 laps
Did not finish
16 A・デビッドソン スーパー アグリ + 6 laps
17 M・ウェーバー レッドブル + 16 laps
18 D・クルサード レッドブル + 21 laps
19 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 23 laps
20 V・リウッツィ トロロッソ + 31 laps
21 J・バトン ホンダ + 57 laps
22 S・スピード トロロッソ + 57 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-16 12:26 | モータースポーツ
マレーシアGPに続き、フェラーリのマッサ選手がポールポジションを獲得しました。そして残るフロントローにはハミルトン選手がデビュー3戦目での快挙、この新人はどこまで伸びていくのか底知れません。セカンドローには実力者の2人、ライコネン選手と、アロンソ選手。フェラーリとマクラーレンがトップ4を占め、マレーシアGPとドライバーの順位は異なりますが、決勝での両者の戦いを予感させます。サードローはBMWの2台が占め、この3ワークスがちょっと他を引き離している感じがあります。
b0077271_8574748.jpg
b0077271_951328.jpg
b0077271_955149.jpg
b0077271_9614.jpg

b0077271_963441.jpg
b0077271_96427.jpg
決勝では、マッサ選手に注目です。マレーシアGPの二の舞とならないよう、スタートに細心の注意を払うでしょうから、スタートから1コーナーまで、赤と銀の2台のマシンの順位がどうなるか、たいへん興味があります。

予選結果
1 F・マッサ フェラーリ 1:32.652
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:32.935
3 K・ライコネン フェラーリ 1:33.131
4 F・アロンソ マクラーレン 1:33.192
5 N・ハイドフェルド BMW 1:33.404
6 R・クビサ BMW 1:33.710
7 G・フィジケラ ルノー 1:34.056
8 M・ウェーバー レッドブル 1:34.106
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:34.154
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:34.399
11 A・ブルツ ウィリアムズ 1:32.915
12 H・コヴァライネン ルノー 1:32.935
13 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:33.082
14 R・シューマッハ トヨタ 1:33.294
15 R・バリチェロ ホンダ 1:33.624
16 J・バトン ホンダ 1:33.731
17 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:33.984
18 V・リウッツィ トロロッソ 1:34.024
19 S・スピード トロロッソ 1:34.333
20 A・スーティル スパイカー 1:35.280
21 D・クルサード レッドブル 1:35.341
22 C・アルバース スパイカー 1:35.533

写真は http://motorsport.com/photos/ から 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-15 08:58 | モータースポーツ

マレーシアGP決勝

決勝レーススタート直前のコンディションは、気温34℃、路面温度56℃、湿度59%、快晴でドライとなっています。バリチェロは予選順位を考えてかエンジン交換をしてピットスタートとなっています。
スタート直後の1コーナーでアロンソはマッサをパス、さらに3コーナーでハミルトンもマッサをパスして、1周目が終わるときにはマクラーレンは1-2体制を確立してレースをコントロールし始めます。
その後、マッサはハミルトンをオーバーテークしそこない、コースアウトして順位を後退、かわってライコネンがマクラーレン追撃の体制をとりますが、 アロンソは開幕戦のライコネンのように2位との差を拡大していきます。アロンソの一人旅のレースでしたが、2位争いは終盤ライコネンがハミルトンを猛追して最後まで手に汗握る展開でしたが、わずかの差をハミルトンが守りきり見事に2位を獲得しました。以下、ライコネン、ハイドフェルド、マッサと続き、琢磨は13位でゴールしています。
b0077271_18515427.jpg
b0077271_18521781.jpg

 
1 F・アロンソ マクラーレン 1:32:14.930
2 L・ハミルトン マクラーレン + 17.557
3 K・ライコネン フェラーリ + 18.319
4 N・ハイドフェルド BMW + 33.777
5 F・マッサ フェラーリ + 36.705
6 G・フィジケラ ルノー + 1:05.638
7 J・トゥルーリ トヨタ + 1:10.132
8 H・コヴァライネン ルノー + 1:12.015
9 A・ブルツ ウィリアムズ + 1:28.924
10 M・ウェーバー レッドブル + 1:33.556
11 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
12 J・バトン ホンダ + 1 laps
13 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 1 laps
14 S・スピード トロロッソ + 1 laps
15 R・シューマッハ トヨタ + 1 laps
16 A・デビッドソン スーパー アグリ + 1 laps
17 V・リウッツィ トロロッソ + 1 laps
18 R・クビサ BMW + 1 laps

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-08 18:52 | モータースポーツ
セパン・インターナショナルサーキットで行われているF1合同テスト3日目は、マクラーレンのルイス・ハミルトンがファステストラップを記録しました。変わりやすい天候の元でラップタイムが限定されテストは1日延長が決定しました。そのような中でトップタイムはマクラーレンのハミルトン、2番手にウェーバー、3番手はラルフ、4番手にはトロロッソのリウッツィとなっています。
5番手にはキミ・ライコネンからテストを引き継いだフェラーリのフェリペ・マッサが入り、6番手にはブルツの後を引き継いだウィリアムズのロズベルグと続いています。
b0077271_9303735.jpg
b0077271_9304666.jpg
b0077271_9305581.jpg

1 L・ハミルトン マクラーレン 01:35.918 57
2 M・ウェーバー レッドブル 01:36.138 62
3 R・シューマッハ トヨタ 01:36.700 69
4 V・リウッツィ トロロッソ 01:36.712 56
5 F・マッサ フェラーリ 01:36.947 64
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:37.070 71
7 J・バトン ホンダ 01:37.472 92
8 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:37.606 44
9 N・ハイドフェルド BMW 01:38.551 35
10 H・コヴァライネン ルノー 01:39.654 20

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-30 08:25 | モータースポーツ
スペインのヘレスで行われているテスト2日目は、フェリペ・マッサがファステストラップを記録しました。2番手はマクラーレンのルイス・ハミルトン、以下クビサ、アロンソ、ライコネンと続きます。テストは木曜日も続けられますが、悪天候が予想されるとここと、その場合は金曜日までテストが行われる予定だそうです。

b0077271_895330.jpg
b0077271_810096.jpg
b0077271_8101186.jpg

1 F・マッサ フェラーリ 01:19.821 109
2 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.839 96
3 R・クビサ BMW 01:20.046 101
4 F・アロンソ マクラーレン 01:20.068 46
5 K・ライコネン フェラーリ 01:20.070 76
6 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:20.070 76
7 A・ブルツ ウィリアムズ 01:20.132 78
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.143 66
9 R・シューマッハ トヨタ 01:20.604 59
10 M・ウェーバー レッドブル 01:20.629 36
11 D・クルサード レッドブル 01:20.702 70
12 N・ハイドフェルド BMW 01:20.710 80
13 J・バトン ホンダ 01:20.751 100
14 R・ゾンタ ルノー 01:20.767 86
15 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.898 80
16 M・アンドレッティ ホンダ 01:22.151 74


写真等は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-02-08 08:10 | モータースポーツ
マクラーレンチームは来シーズンのセカンドドライバーを発表し、ルイス・ハミルトンがチームの新しいレースドライバーに決定しました。21歳のイギリス人は来年3月に行われる開幕戦、オーストラリアGPでレースデビューすることになります。数日前のミカ騒ぎもこれでジ・エンド、続々と来期のシートが確定していきます。
ハミルトンの談話「夢が叶ったよ、マクラーレンチームと共にF1でレースをすることは、小さい頃からの最大の目標だったんだ。この機会を得られたことは、最高だった今年1年の終わりにふさわしいね。僕はマクラーレンとメルセデスと共に育ってきたんだ。彼らのサポートがなかったら今の僕は存在しないよ。今回の決定はチャレンジになるだろうし、僕が多くの注目を集めるだろうことはわかっているよ。チームは僕にリラックスするように言ったけど、できる限りのベストを尽くすつもりだし、この機会を楽しもうと思うんだ。いい結果を得られるようにがんばるよ。」
b0077271_10162368.jpg

一方、今季途中からレースドライバーを務めたペドロ・デ・ラ・ロサは、来季は再びテストドライバーを務めることとなります。ゲイリー・パフェットとともに再びマクラーレンMP4-22の開発を担う重要なポジションですね。

写真は http://f1express.cnc.ne.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-11-25 10:16 | モータースポーツ