思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ヒルボネン ( 18 ) タグの人気記事

遅くなりましたがラリーポーランドの結果をご報告。ヒルボネン選手が前戦に続き連勝を飾りました。フォードチームとしてはシトロエン追撃体制が整ったわけですが、なんとラトラバ選手がディ3の最後のSSでリタイアしてしまい、2位のポジションをフイにしてしまいました。
b0077271_17485957.jpg

結果などは → http://as-web.jp/news/info.php?c_id=3&no=20836
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-07-01 17:48 | モータースポーツ
ローブ選手のコースアウトリタイア、ラトバラ選手のコースアウトという波乱のラリーをヒルボネン選手が制し、シーズン初優勝を飾りました。
b0077271_830123.jpg

結果は → http://as-web.jp/news/info.php?c_id=3&no=20620
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-15 08:30 | モータースポーツ
アクロポリス・ラリーのデイ2が行われ、ヒルボネン選手が首位を守りました。開始早々のSSでローブ選手、さらに次のSSでソルド選手もリタイアしてしまい、ヒルボネン選手の一人旅となっています。初日で出遅れたラトラバ選手が3位に浮上しています。
b0077271_74046.jpg
b0077271_755824.jpg

結果は → http://as-web.jp/news/info.php?c_id=3&no=20608
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-14 07:06 | モータースポーツ
アクロポリスラリーがスタートしました。ディ1、前戦優勝のラトバラ選手はSS5まではトップを守っていましたが、SS6で痛恨のコースアウト、かわって同僚のヒルボネン選手がトップにたっています。
b0077271_16142618.jpg
b0077271_1614502.jpg

結果は → http://as-web.jp/news/info.php?c_id=3&no=20589
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-13 16:15 | モータースポーツ
ラリージャパン・ディ3も各SSで大きな波乱なく、ヒルボネン選手が優勝、ローブ選手が3位に入り、ローブ選手の5年連続5回目のWRCチャンピオンが決定しました。5回のチャンピオンはマキネン選手の4回を抜き史上最多となります。ラリージャパンでの正確無比な走りを見ていると当分ローブ選手の時代は続きそうな予感がします。スバル、スズキ両チームも健闘しましたが入賞どまり、来年はフォード、シトロエンに一泡ふかせられるポテンシャルをつけて欲しいと思います。
b0077271_9191464.jpg
b0077271_9194184.jpg
b0077271_920575.jpg
b0077271_9203433.jpg
b0077271_9205533.jpg
b0077271_921778.jpg

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-03 09:21 | モータースポーツ
ラリージャパンディ2は大きな波乱もなく淡々とSSが進んでいきました。その中でスバルのソルベルグ選手は浮き沈みの激しい1日だったと思います。SS12でベストタイムをマークしましたが、SS18でコース上の穴に入ってしまいリタイアとなっています。
トップはヒルボネン選手、そして3位にローブ選手とローブ選手のチャンピオン獲得が濃厚な展開となってきました。
b0077271_8542939.jpg
b0077271_8543616.jpg
b0077271_8544287.jpg
b0077271_8544930.jpg
b0077271_854559.jpg



写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-02 08:55 | モータースポーツ
今年のラリー・ジャパンは札幌が舞台となりました。まったく新しいコースのディ1をトップで駆け抜けたのはフォードのヒルボネン選手でした。SS1からトップタイムをだしディ1を終始リードしています。チャンピオン決定の予感があるローブ選手は慎重な走りで3位をキープしています。
地元優勝の期待がかかるスバルですが、初日は4、5位につけています。ただヒルボネン選手には1分以上離されていますので、コースがかわるディ2、ディ3でどこまで挽回できるかに注目です。
同じく地元初登場のスズキはこちらは健闘といってよい7、8位。ベスト10へのダブル入賞の可能性がありますね。
b0077271_8135839.jpg
b0077271_81458.jpg
b0077271_8141339.jpg


写真は http://www.subaru-msm.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-01 08:14 | モータースポーツ
ラリー・ニュージーランドが開幕しました。前戦でチャンピオンシップポイントのトップとなったローブ選手ですが、トップスタートのため滑りやすい路面に苦労して午前のセッションを終えて3位といつもポジションとは違う、ちょっと違った展開です。さて初日を終えてトップはヒルボネン選手、安定した走りで2位に浮上したローブ選手に30秒弱の差をつけています。
b0077271_18103913.jpg
b0077271_18104651.jpg

さてフィンランドの仕様をベースに足まわりのセッティングを変更したインプレッサを持ち込んだスバルチームでしたが、SS1からタイムが伸びずに苦しいラリーとなってしまいました。特にSS2ではグループNのマシンより遅いタイムしかマークできないセッションもあり、ちょっと重症のようです。アトキンソン選手はSS3でコースアウトしてディリタイアとなってしまいました。2日目からの巻き返しができるかどうか、ちょっと不安の残った初日のスバルチームでした。
b0077271_18105715.jpg
b0077271_1811441.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-29 18:17 | モータースポーツ
上位3名に絞られたラリー・オブ・トルコの優勝争いでしたが、ディ2でトップにたったヒルボネン選手がそのまま逃げ切り今期2勝目をあげました。ラリー・オブ・トルコは悪路で有名なラリーです、そこでディ1ではトップを譲り、ディ2でトップに立つ(ディ1首位がトップスタートとなり、悪路のクリーニング役となってしまう!)という作戦が見事に成功した勝利だったのではないでしょうか(一部では、スポーツマンシップに反するとの批判もありますが)。
さてソルベルグ選手は安定した走りで6位入賞です。物足りない順位ですがニューマシン熟成という目的のためにはしようがないかもしれません。
b0077271_8101953.jpg
b0077271_812315.jpg
b0077271_8121266.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_page3.php?news_no=15888&cno=51&keyword=# から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-16 08:11 | モータースポーツ
ラリー・オブ・トルコ2日目、前日と同様快晴の中ラリーはスタートしました。前日リタイアしたアトキンソン選手もマシン修復が終了し元気にスタートしSS12では2番手のタイムをマークしています。
トップは、調子のでないローブ選手を尻目に前日の5位からSS10、11でトップタイムをマークしたヒルボネン選手が奪いました。ソルベルグ選手は各SSで5~8番手前後のタイムをマークして前日の順位を守っています。4位とは20秒差ですから、最終日の順位アップを期待しましょう。
b0077271_9151621.jpg
b0077271_9153574.jpg
b0077271_9154989.jpg
b0077271_916343.jpg

写真は http://www.subaru-msm.com/
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-15 09:16 | モータースポーツ