思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:フィギュアスケート ( 16 ) タグの人気記事

フィギュアスケートの世界選手権が行われ、女子は連覇のかかった浅田真央選手に期待がかかりましたが、SPの出遅れを取り戻すことができずに4位に終わりました。一方安藤美姫選手はフリーで浅田選手を逆転して見事に復活の銅メダル獲得です。
浅田選手、今期はGPファイナル以降調子が悪くベストなコンディションではなかったように思います。来年の五輪目指して技術面ももちろんですが、体調面(メンタルも含めて)の調整が課題なのかと思います。安藤選手は世界選手権優勝後の怪我、スランプを乗り越えての3位はお見事だったと思います。この勢いで来年目指して欲しいですね。
金妍児選手の得点は、女子では史上初めて200点突破という素晴らしい成績、彼女を追い越すのは至難の業かもしれません。
b0077271_1326076.jpg
b0077271_1326677.jpg
■女子シングル総合順位(SP+FS)
1位:金妍児(韓国) - 207.71点
2位:ジョアニー・ロシェット(カナダ) - 191.29点
3位:安藤美姫(日本) - 190.38点
4位:浅田真央(日本) - 188.09点
5位:レイチェル・フラット(米国) - 172.41点
8位:村主章枝(日本) - 164.58点


■男子シングル総合順位(SP+FS)
1位:エヴァン・ライサチェク(米国) - 242.23点
2位:パトリック・チャン(カナダ) - 237.58点
3位:ブライアン・ジュベール(フランス) - 235.97点
4位:トマシュ・ベルネル(チェコ) - 231.71点
5位:サミュエル・コンテスティ(Sイタリア) - 226.97点
6位:小塚崇彦(日本) - 222.18点
7位:織田信成(日本) - 218.16点
15位:無良崇人(日本) - 194.97点

一方の男子は、小塚選手、織田選手が頑張り五輪出場枠の3を確保しました!

http://www.afpbb.com/category/sports/winter
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-29 13:25 | ウィンタースポーツ
ショートプログラムで6位と出遅れた日本の浅田真央選手でしたが、フリーでは同種目で首位となる118.66点を獲得し、総合3位まで挽回しました。フリー1位の得点といっても本人からすれば、ジャンプもミスをしていますし納得はいかなかった演技ではなかったかと思います。
金妍児選手もSPに比較すると、ミスもありましたが大量リードに守られての初優勝でした。
b0077271_8122016.jpg
b0077271_8122835.jpg

女子シングル総合順位(FS+SP)
1位:金妍児(韓国) - 189.07
2位:ジョアニー・ロシェット(カナダ) - 183.91
3位:浅田真央(日本) - 176.52
4位:キャロライン・ジャン(米国) - 171.22
5位:シンシア・ファヌーフ(カナダ) - 169.41
6位:村主章枝(日本) - 167.74
8位:鈴木明子(日本) - 160.36


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/winter から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-02-08 08:13 | ウィンタースポーツ
来年のバンクーバー冬季五輪のテスト大会としての意味合いの強い、フィギュア4大陸選手権初日が開催されました。日本人注目の浅田真央選手が出場した女子SPですが、浅田選手は新聞などでジャンプの調子がイマイチと言われていた通り、ジャンプで失敗して60点にも満たない57.86点で6位と大きく出遅れました。反対に韓国の金妍児選手は完璧な演技、自己ベストを更新する72.24点でトップにたちました。地元カナダのロシェット選手が2位というのは順当な結果と思いますが、同僚のファヌーフ選手も3位に入り地元ファンは熱狂したと思います。
金妍児選手の演技は見てみて素晴らしく、世界最高点がでたのもうなずけます。
b0077271_8341721.jpg
b0077271_8333249.jpg
b0077271_8351027.jpg


■女子シングル・ショートプログラム結果
1位:金妍児(韓国) - 72.24
2位:ジョアニー・ロシェット(カナダ) - 66.90
3位:シンシア・ファヌーフ(カナダ) - 60.98
4位:村主章枝(日本) - 60.18
5位:キャロライン・ジャン(米国) - 58.16
6位:浅田真央(日本) - 57.86
9位:鈴木明子(日本) - 55.40


一方、ペアの井上/ボルドウィン組もで遅れて5位スタート。こちらもフリーでの巻き返しに期待です。
b0077271_8352446.jpg


写真は  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-02-06 08:25 | ウィンタースポーツ
やはり実力が違うのかもしれないと思わせる浅田選手のスケーティングでした。ジャンプは失敗がありましたが、追いかける安藤選手は直前の練習でなんと村主選手とぶつかってしまい、ひざを打撲してしまいました。それでも3位に食い込む実力は浅田選手を除けば別格なのかもしれません。
大ベテランの村主選手は2位というのもビックリです、ミスなく演技すれば上位にくる実力はまだすてたものではないですね。残念だったのは中野選手、やはりSP1位からの最終日は相当のプレッシャーがあったのではと思います。
b0077271_14242160.jpg
b0077271_14242875.jpg
b0077271_1424341.jpg
b0077271_1424418.jpg
b0077271_142448100.jpg

世界選手権には男女とも3位入賞者までが代表として選ばれました。皆さんがんばってください。

女子シングルの結果
1 浅田真央 中京大中京高校 182.45 2 2
2 村主章枝 avex 178.59 5 1
3 安藤美姫 トヨタ自動車 174.09 3 4
4 鈴木明子 邦和スポーツランド 173.98 6 3
5 中野友加里 プリンスホテル 172.6 1 6
6 武田奈也 早稲田大学 164.73 4 5
男子シングルの結果
1 織田信成 関西大学 243.70 1 1
2 小塚崇彦 トヨタ自動車 225.94 2 2
3 無良崇人 倉敷翠松高校 200.48 3 4
4 南里康晴 ㈱ふくや 197.69 6 3
5 村上大介 靑森山田高校 187.50 4 7
6 中庭健介 パピオフィギュアクラブ 184.18 7 6

写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-28 14:25 | ウィンタースポーツ
フィギュアスケートの全日本選手権女子ショートプログラムは初優勝を狙う中野友加里選手がほぼ完ぺきな演技で67・26点をマークし、首位に立ちました。
3連覇が懸かる浅田真央選手は連続ジャンプでミスがあり、65・30点で2位。安定した演技を見せた安藤美姫選手が65・02点で3位につけています。上位は得点差も少なく、フリーの演技如何では順位が逆転する可能性は高く、フリーが待ち遠しいですね。
b0077271_22403225.jpg
中野友加里選手の話
「練習でジャンプを失敗して心配したけれど、無の境地でやったのがよかった。SP1位になったことがないのでびっくり。体が動いていて一番いいSPだった。」
浅田真央選手の話
「ジャンプが決まらなくて残念。重圧はなかった。終わったことは忘れて(フリーは)今持てるすべてを出し切り、攻める気持ちで頑張りたい。」
安藤美姫選手の話
「100パーセントの力を出したいと思ってやってきた全日本で今季自己ベストをもらえて、フリーもいい気分で臨める。4回転も挑戦するつもりでやりたい。」

写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-26 22:41 | その他のスポーツ
GPファイナル最終日、女子は浅田真央選手、金妍児選手の2選手は他の選手とは次元が違うと感じてしまうほどある意味異次元の演技を魅せてくれました。
その演技、ミスが少なかった浅田選手がわずかの差で優勝を飾りましたが、今後世界選手権、来年のオリンピックと2人の素晴らしい次元の違う演技が観れると思うとワクワクしますね。浅田選手も「金妍児選手とは今季初めて一緒に滑って、自分もいい刺激になったし、もっと頑張らなくちゃいけないと思いました」と語っていますから、より高いところを目指して欲しいと思います。
安藤選手は4回転をミスなくこなしましたが、回転不足と判断され6位、中野選手も5位に終わっています。
一方、初優勝が期待された小塚崇彦選手でしたが、やはり緊張してのか演技がぎこちなかったようで銀メダルに終わっています。
b0077271_9284541.jpg
b0077271_9285698.jpg
b0077271_929666.jpg
b0077271_929162.jpg
b0077271_9292418.jpg

女子シングル
1 浅田 真央 JPN 188.55 2 1
2 金 妍児 KOR 186.35 1 2
3 カロリーナ・コストナー ITA 168.01 4 4
4 ジョアニー・ロシェット CAN 166.36 6 3
5 中野友加里 JPN 161.93 3 6
6 安藤 美姫 JPN 158.25 5 5


男子シングル
1 ジェレミー・アボット USA 237.72 2 1
2 小塚 崇彦 JPN 224.63 1 3
3 ジョニー・ウィアー USA 215.50 4 2
4 トマシュ・ベルネル CZE 206.65 5 4
5 パトリック・チャン CAN 205.16 6 5
WD ブライアン・ジュベール FRA - 3 -


写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-14 09:35 | その他のスポーツ
GPファイナルが韓国・高陽ではじまりました。初日のSP女子では連覇を狙う、地元のヒロイン・金妍児選手がライバルの浅田真央選手をわずか0.56点差でトップにたちました。
中野選手は3位、安藤選手は連続ジャンプでの転倒が響いて5位と出遅れてしまいました。フリーでの演技でどちらが勝つのかまったくわかりませんが、浅田選手、過去7回の金妍児選手との戦いでSPで2位からの逆転は1度もないことがちょっとひっかかりますが、NHK杯のフリーの再現をすればトップの座は見えてくると思います。
b0077271_10244090.jpg
b0077271_10245077.jpg
b0077271_102562.jpg

一方の男子SPでは、初出場の小塚崇彦選手がトップ発進、男子GPファイナルでの日本人初制覇が見えてきました。ペアでは川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ選手組はスピンのミスが痛く6位からの巻き返しに期待です。
b0077271_10252473.jpg


写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-13 10:23 | その他のスポーツ
フランスでは不完全燃焼だった浅田選手でしたが、ホームグランドの代々木ではストレスがないのか、今シーズン最高の演技を魅せてくれました。GPファイナルでのキム・ヨナ選手との対決が楽しみになってきました。
b0077271_9162325.jpg
b0077271_916325.jpg

女子シングル総合順位(FS+SP)
1位:浅田 真央 (日本) - 191.13
2位:鈴木 明子 (日本) - 167.64
3位:中野友加里 (日本) - 166.87
4位:アシュリー・ワグナー(米国) - 161.10
5位:ラウラ・レピスト (フィンランド) - 158.85

またペアでは、「氷上のプロポーズ」で話題となった井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組が2位にはいりました。
b0077271_9164222.jpg


写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-30 09:16 | ウィンタースポーツ
高橋大輔選手は、ジャンプの失敗などでフリー6位と沈んでしまい、合計でも4位とメダルを逃してしまいました。う~ん、男女ペアでの優勝はお預けでしたね。バトル選手、うまかったですね、やはり優勝する人は平常心で滑っているような気がします。高橋選手も技術は高いのですから、精神力の強化に努める必要があるような気がします。浅田選手から極意を教わってみてはいかがかな。
b0077271_10145957.jpg

■男子シングル・総合順位
1位:ジェフリー・バトル(カナダ) - 245.17点
2位:ブライアン・ジュベール(フランス) - 231.22点
3位:ジョニー・ウェア(米国) - 221.84点
4位:高橋大輔(日本) - 220.11点
5位:ステファン・ランビエール(スイス) - 217.88点
8位:小塚崇彦(日本) - 205.15点

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/winter から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-23 10:15 | ウィンタースポーツ
女子に引き続き、男子がスタートしました。初日のSP、期待の高橋大輔選手は3位とポジション的にはまずまずのスタートでした。ただし内容は芳しいものではなく、浅田選手と同様に冒頭の3-3回転ジャンプは無難にこなしましたが、次のトリプルアクセルの着氷でバランスを崩して両手をついてしまいました。結果自己ベストを8点以上も下回る成績です。
しかし、トップのバトル選手との差はわずか、明日のフリーでの逆転は十分可能です。男女そろっての金メダル期待しちゃいますね。
b0077271_1203240.jpg
b0077271_1203884.jpg


■男子シングル・ショートプログラム順位
1位:ジェフリー・バトル(カナダ) - 82.10点
2位:ジョニー・ウェア(米国) - 80.09点
3位:高橋大輔(日本) - 80.40点
4位:トーマス・ウェルナー(チェコ) - 79. 87点
5位:ステファン・ランビエール(スイス) - 79.12点
6位:ブライアン・ジュベール(フランス) - 77.75点
8位:小塚崇彦(日本) - 70.91点

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-22 12:00 | ウィンタースポーツ