思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ペドロサ ( 26 ) タグの人気記事

MotoGPクラスは、フリー走行から絶好調のストーナー選手が今期2度目のポールポジション獲得です。2位には今まで調子の上がらなかったレプソルホンダのペドロサ選手が入っています。
b0077271_1037465.jpg
b0077271_10374290.jpg


MotoGPクラス
1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 1:22.384
2 26 ダニ・ペドロサ Honda M +0.004
3 33 マルコ・メランドリ Honda B +0.013
4 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +0.155
5 21 J.ホプキンス スズキ B +0.177
6 46 V.ロッシ ヤマハ M +0.221
7 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +0.231
8 4 A.バロス ドゥカティ B +0.513
9 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +0.574
10 56 中野真矢 Honda M +0.585
11 71 C.バーミューレン スズキ B +0.655
12 13 A.ウェスト カワサキ B +0.672
13 5 C.エドワーズ ヤマハ M +0.706
14 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +0.767
15 7 カルロス・チェカ Honda M +0.798
16 66 A.ホフマン ドゥカティ B +0.815
17 84 ミッシェル・ファブリッツォ Honda B +1.107
18 6 玉田誠 ヤマハ D +1.360
19 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +1.825

250ccクラス
青山周平選手は17位、関口選手は18位。
2 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda +0.230
3 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +0.234
4 1 J.ロレンゾ アプリリア +0.322
5 60 フリアン・シモン Honda +0.432
6 4 青山博一 KTM +0.457
7 80 H.バルベラ アプリリア +0.497
8 58 M.シモンセリ ジレラ +0.515
9 19 A.バウティスタ アプリリア +0.669
10 55 高橋裕紀 Honda +0.686

125ccクラス
小山選手は、15位に終わっています。決勝での巻き返しに期待しましょう。
1 14 G.タルマクシ アプリリア 1:26.839
2 75 M.パシーニ アプリリア +0.416
3 55 H.ファウベル アプリリア +0.427
4 38 B.スミス Honda +0.737
5 52 L.ペセック デルビ +0.867
6 11 S.コルテセ アプリリア +0.889
7 24 S.コルシ アプリリア +0.959
8 34 R.クルメンナッハ KTM +0.990
9 33 S.ガデア アプリリア +1.000
10 12 E.ラバト Honda +1.255

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-15 10:34 | モータースポーツ
スペインのバルセロナで行われているカタルーニャGPのフリー走行1回目は、地元のダニ・ペドロサ選手がファステストラップを記録しました。同2回目はロッシ選手がトップタイムをマークしています。
日本人ライダーでは中野選手が2回目フリー走行で10番手タイムをマークしています。

b0077271_8391070.jpgフリー走行1回目
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:43.099 26
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:43.543 23
3 T・エリアス ホンダ・グレシーニ 1:43.551 23
4 J・ホプキンス リズラ・スズキ 1:43.605 28
5 L・カピロッシ ドゥカティ・マルボロ 1:43.631 25
6 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:43.705 26
7 C・エドワーズ フィアット・ヤマハ 1:43.768 25
8 M・メランドリ ホンダ・グレシーニ 1:43.816 24
9 C・チェカ ホンダLCR 1:43.866 24
10 A・バロス ドゥカティ 1:44.011 20
11 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:44.037 26
12 R・ドプニエ カワサキ・レーシング 1:44.436 24
13 A・ホフマン ドゥカティ 1:44.528 25
14 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:44.689 24
15 O・ジャック カワサキ・レーシング 1:44.742 22
16 玉田 誠 テック3・ヤマハ 1:44.815 23
17 中野 真矢 コニカ・ミノルタ・ホンダ 1:44.842 26

18 S・ギュントーリ テック3・ヤマハ 1:45.150 23
19 K・ロバーツ・ジュニア チーム・ロバーツ 1:45.467 22
20 K・ロバーツ チーム・ロバーツ 1:45.871 26

b0077271_8403888.jpgフリー走行2回目
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:43.313 27
2 J・ホプキンス リズラ・スズキ 1:43.389 27
3 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:43.391 22
4 T・エリアス ホンダ・グレシーニ 1:43.592 24
5 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:43.683 21
6 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:43.713 27
7 M・メランドリ ホンダ・グレシーニ 1:43.811 26
8 A・バロス ドゥカティ 1:43.857 23
9 C・エドワーズ フィアット・ヤマハ 1:43.865 25
10 中野 真矢 コニカ・ミノルタ・ホンダ 1:44.003 27
11 R・ドプニエ カワサキ・レーシング 1:44.141 24
12 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:44.267 27
13 C・チェカ ホンダLCR 1:44.303 22
14 L・カピロッシ ドゥカティ・マルボロ 1:44.426 23
15 O・ジャック カワサキ・レーシング 1:44.466 24
16 S・ギュントーリ テック3・ヤマハ 1:44.665 26
17 玉田 誠 テック3・ヤマハ 1:44.743 25
18 A・ホフマン ドゥカティ 1:44.880 21
19 K・ロバーツ・ジュニア チーム・ロバーツ 1:45.284 25
20 K・ロバーツ チーム・ロバーツ 1:46.153 24

125、250ccクラスは予選1回目が行われ、125ccクラス小山選手は22番手と出遅れてしまいました。明日の2回目の巻き返しに期待しましょう。
250ccクラスでは青山周平選手の7位が最高で、以下青山博一選手(10番手)、高橋選手(13番手)、関口選手(19番手)と続いています。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-09 08:38 | モータースポーツ
フランスGPの金曜フリー走行2回目は、グレシーニのマルコ・メランドリ選手がトップタイムをマークしました、2位には1回目トップのダニ・ペドロサ選手、3位にはカルロス・チェカ選手が入っています。ロッシ選手は1回目2番手タイムをマークしましたが、2回目はトラブルをかかえ11番手で終わっています。ポイントリーダーのストーナー選手は5,6番手のタイムをマークしています。
b0077271_8545736.jpg
b0077271_8552668.jpg
フリー走行2回目
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 M・メランドリ ホンダ・グレシーニ 1:35.319 22
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:35.467 26
3 C・チェカ ホンダLCR 1:35.498 23
4 C・エドワーズ ヤマハ・ファクトリー 1:35.626 21
5 J・ホプキンス リズラ・スズキ 1:35.746 22
6 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:35.759 20
7 T・エリアス ホンダ・グレシーニ 1:35.818 21
8 A・バロス 1:36.044 23
9 L・カピロッシ ドゥカティ・マルボロ 1:36.139 24
10 R・ドプニエ カワサキ・レーシング 1:36.352 26
11 V・ロッシ ヤマハ・ファクトリー 1:36.391 22
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:36.491 19
13 S・ギュントーリ テック3・ヤマハ 1:36.705 22
14 K・ロバーツ・ジュニア チーム・ロバーツ 1:36.770 23
15 玉田 誠 テック3・ヤマハ 1:36.795 25
16 中野 真矢 コニカ・ミノルタ・ホンダ 1:36.855 22
17 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:37.205 19
18 A・ホフマン 1:37.751 15
19 F・ニエト カワサキ・レーシング 1:38.827 19

フリー走行1回目
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:35.699 30
2 V・ロッシ ヤマハ・ファクトリー 1:35.770 28
3 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:35.908 31
4 C・チェカ ホンダLCR 1:35.937 26
5 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:35.951 21
6 T・エリアス ホンダ・グレシーニ 1:36.009 26
7 C・エドワーズ ヤマハ・ファクトリー 1:36.038 29
8 J・ホプキンス リズラ・スズキ 1:36.059 27
9 M・メランドリ ホンダ・グレシーニ 1:36.137 26
10 A・バロス 1:36.476 24
11 R・ドプニエ カワサキ・レーシング 1:36.830 26
12 L・カピロッシ ドゥカティ・マルボロ 1:36.962 25
13 S・ギュントーリ テック3・ヤマハ 1:37.090 22
14 玉田 誠 テック3・ヤマハ 1:37.142 29
15 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:37.246 24
16 中野 真矢 コニカ・ミノルタ・ホンダ 1:37.357 27
17 A・ホフマン 1:37.668 23
18 K・ロバーツ・ジュニア チーム・ロバーツ 1:37.990 26
19 F・ニエト カワサキ・レーシング 1:39.463 25

写真は http://moto.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-19 08:53 | モータースポーツ
アメリカGPは、N。ヘイデンが独走で2連覇、チャンピオン獲得に向けて大きな2勝目をあげました。
ペドロサが2位、メランドリが3位、ロッシは最終ラップにエンジントラブルでリタイアとなり、今シーズン3度目のノーポイントとなりました。
この結果ヘイデンは、ペドロサに34ポイント差、メランドリに44ポイント差、ロッシに51ポイント差となり、初のチャンピオン獲得がみえてきました。
ロッシは、バーミューレンを追い上げているラスト6ラップ目に失速、最終ラップでエンジントラブルと今シーズンのツキのなさを象徴するようなレースでした。
b0077271_912852.jpg

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-24 08:20 | モータースポーツ
MotoGPのドイツGPの予選結果です。D.ペドロサがポールポジション獲得です。ドイツで優勝し、ヘイデン(3戦ぶりのフロントローからのスタート)がノーポイントですとポイントリーダーですね。若干22歳、若きエース登場かもしれないそんな予感がします。
中野真矢は4番グリッドを確保、今期7回目のベスト5入りです。ロッシはというと、予選11番手に沈んでいます。セッティングが決まらなかったとのコメントがあります。怪我をおしてここ数戦、予選は悪いが決勝で頑張るという戦い方がへんな意味で定着してしまったようです。
b0077271_1632878.jpg


写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-16 10:47 | モータースポーツ
motoGP・イギリスGPは、ポールポジションを獲得したペドロサ選手が、中盤からトップに立ちポールトゥウィンで今期2勝目を飾りました。特に今回はクラッシュなどなく(F1は大変でしたが)、平穏にレースが進行しました。
その中で驚くべきは、ロッシ選手の追い上げではなかったでしょうか。予選は12番手、やはり手首に負傷の影響はかなりあったと思います。そのような中、徐々に順位をあげていき、メランドリ選手との2位争いに決着をつけての2位表彰台、ランキングトップのヘイデン選手が7位だったため、ポイント差も35点差まで詰めよりました。優勝すれば25点ですから、ヘイデン選手リタイア、ロッシ選手優勝というリザルトがあればあっという間に追いつける差です。
今年は、ロッシ選手の独走ではなく、チャンピオン争いもたいへんおもしろい展開ですね、今回優勝したペドロサ選手も25点差のランキング2位(ロッシ選手より上です)ですから、3者により争い激化です。
b0077271_1814251.jpg

b0077271_18143738.jpg

b0077271_18144692.jpg

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-03 18:15 | モータースポーツ