思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ミツビシ ( 4 ) タグの人気記事

ダカールラリーは21日、最終第15ステージが行われ、ミツビシ・パジェロエボリューションのステファン・ペテランセルが2年ぶりの総合優勝を飾りました。また、2位にもリュック・アルファンが入り、三菱自動車チームが見事ワンツーフィニッシュを達成。7年連続12回目の総合優勝を獲得し、チームの歴史に新たな1ページを刻みました。

b0077271_17501931.jpg

日本期待の増岡浩は、総合4位だったナッサー・アル-アティヤーがペナルティで総合6位に後退したため、一つポジションを上げ総合5位でゴール、3年ぶりの完走を果たした。
他の日本勢は、TLC(チーム・ランドクルーザー・トヨタオートボデー)の三橋淳/三浦昂組の2号車が総合25位でフィニッシュ。見事、市販車無改造部門の優勝を飾り、チームの目標であったクラス33連覇を達成しました。また3号車の山田周生もクラス4位、総合40位で完走。
ニッサン・パスファインダーの篠塚建次郎は、02年以来の完走となる総合59位、片山右京(トヨタ・ランドクルーザー)は総合68位でそれぞれフィニッシュです。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=9 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-22 17:50 | モータースポーツ
ダカールラリーは19日に第13ステージが行われ、フォルクスワーゲンのカルロス・サインツが前日に続き2日連続のトップタイムをマークしました。来年につながる走りだと思います。来年のVWは今年以上の強敵となりそうです。
b0077271_1746790.jpg
b0077271_17462181.jpg

7連覇、そして通算12回目のダカール制覇に照準を合わせたミツビシ勢は、4台のパジェロエボリューションがノートラブルでステージをクリアし、総合ワンツー体制を築くトップのペテランセルと2番手アルファンは、それぞれSS6番手と3番手タイムにまとめ、その座をガッチリとキープしています。増岡浩とホアン・ナニ・ロマの2台は、トップ2をサポートする走りに切り替え、増岡は19番手タイムでマーク・ミラーにかわされ総合6番手にひとつポジションをダウン、ロマは5番手タイムで総合13番手です。


【総合成績(暫定)1月18日(木)第12レグ】
順位 ドライバー 車両 タイム
1 S・ペテランセル 三菱パジェロエボリューション 40時間42分34秒
2 L・アルファン 三菱パジェロエボリューション 6分29秒
3 J-L・シュレッサー シュレッサー・フォード 1時間34分02秒
4 N-S・アルアティヤ BMW X3 1時間58分04秒
5 M・ミラー VW・レーストゥアレグ2 2時間15分55秒
6 増岡浩 三菱パジェロエボリューション 2時間27分10秒
7 C・スーザ  VW・レーストゥアレグ2 5時間16分21秒
8 R・ゴードン ハマー 7時間02分57秒
9 C・サインツ VW・レーストゥアレグ2 7時間37分40秒
10 S・アンラール VW・BUGGY VW TDI 7時間51分39秒

12 G・ドゥビリエ VW・レーストゥアレグ2 8時間45分47秒
13 J-N・ロマ 三菱パジェロエボリューション 9時間17分22秒
15 J・クラインシュミット BMW X3 10時間13分38秒
19 D・ウズィオ 三菱パジェロ 11時間37分21秒
21 L・ノビトスキー 三菱レーシングトライトンエボリューション 11時間58分34秒
23 三橋淳 トヨタ・ランドクルーザー 12時間53分48秒
37 山田周生 トヨタ・ランドクルーザー 16時間47分13秒
49 リュー・ビン 三菱パジェロ 21時間17分14秒
52 F・ロイックス バギー・FAST&SPEED EVO3 22時間19分05秒
59 篠塚建次郎 日産・パスファインダー 27時間02分12秒
68 片山右京 トヨタ・ランドクルーザー 29時間29分51秒
69 M・ポーンシリチャン 三菱レーシングトライトンエボリューション 30時間26分34秒

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=9 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-20 17:47 | モータースポーツ
2007年WRC第1戦となるラリー・モンテカルロのエントリーリストが発表されました。マニュファクチャラー登録選手はカーナンバー1のセバスチャン・ローブと2番のダニエル・ソルドがシトロエンC4WRCで出場。3番のマーカス・グロンホルムと4番のミッコ・ヒルボネンがフォード・フォーカスRS WRC06で出る。そして5番のマンフレット・ストールはクロノスレーシングのシトロエン・クサラWRCで、7番のペター・ソルベルグと8番のクリス・アトキンソンが去年と同じスバル・インプレッサWRC2006でエントリーをしています。
続いて9番はヤリ-マーティ・ラトバラ、10番はヘニング・ソルベルグ、11番はマシュー・ウイルソンでチームはいずれもストバートMスポーツ、マシンはフォード・フォーカスRS WRC06ですが、ウイルソンはワークスノミネートを受けずプライオリティ2扱いとなっている模様。
b0077271_854614.jpg

フランソワ・デュバルとヤン・コペツキがシュコダ・ファビアWRCで登録をしていますが、デュバルが実際に出場できるかどうかは微妙なところのようです。
中でも注目すべきは三菱ランサーWRC05で登録しているトニ・ガルデマイスターとチェビー・ポンスではないでしょうか。三菱は去年MT=マニュファクチャラーチーム扱いでUAEのカリッド・アル-カシミとトニ・ガルデマイスターに12戦のプログラムを用意していましたが、三菱本社側が“マニュファクチャラー”と分類されることを良しとせずMTエントリーを取り下げていました。その代わりとして2006年と同じようにプライベーター支援を行うことになり、ガルデマイスターとポンスが数戦でランサーWRC05に乗ることになったようです。
昨年のWRC,日本車は未勝利でしたが、今年は頑張って勝利をあげて欲しいですね。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-14 09:03 | モータースポーツ
WRC2007年シリーズは、1月19日にモンテカルロラリーでスタートします。今月15日にマニュファクチャラーのエントリーが締め切られ2007年シーズンの参戦チーム概要が判明しました。現時点でマニュファクチャラー登録を行ったのは全部で6チーム、カーナンバーは1から12番まで。このうち従来はM11=マニュファクチャラー1と呼ばれていた全戦参加義務のあるチームはシンプルに“マニュファクチャラー”と呼称を変更され、また、10戦以上の出場義務があるM2=マニュファクチャラー2は“マニュファクチャラーチーム”という呼び名に変わったが内容的にとくに大きな変更はないようです。
b0077271_9562412.jpg

さて、メーカー直系チームである“マニュファクチャラー”としては3チームがエントリーしました。
★クロノスに代わりシトロエンスポールが運営を行うシトロエン・トタル・ワールドラリーチームは3年連続王者のセバスチャン・ローブがナンバーワンでセカンドはダニエル・ソルド。
★悲願のマニュファクチャラーズタイトルを獲得したBPフォード・ワールドラリーチームはファーストがマーカス・グロンホルムでセカンドがミッコ・ヒルボネンとラインナップは不変。
★2006年未勝利に終わったスバルワールドラリーチームはペター・ソルベルグがエースでクリス・アトキンソンがセカンドと基本的には昨年と同様。
以上の3チームが“マニュファクチャラー”。

従来のM2にあたる“マニュファクチャラーチーム”の3チーム。
★OMVクロノス・シトロエン・トタル・ワールドラリーチームは、2006年シトロエンのワークスを代行したクロノスレーシングが母体。OMVプジョー・ノルウェーからボジアンレーシングのプジョー307WRCで出場していたマンフレット・ストールがOMVのスポンサーごとクロノスに移籍した形だ。2人目のドライバーは現時点で未定だが、ダニエル・カールソンが数戦に出場する可能性がある。
★ストバートMスポーツ・フォード・ラリーチームは、OMVプジョー・ノルウェーから移籍したヘニング・ソルベルグとヤリ-マーティ・ラトバラというラインナップ。さらに、マニュファクチャラー登録外となるがマシュー・ウイルソンが3台目のマシンを与えられるそうである。
★最後の1チームはミュンヒス・フォード・ワールドラリーチーム。ドライバーは大富豪ルイス-ペレス・コンパンクと、ファン-パブロ・ライエスというアルゼンチン人ふたりとなっています。

ワークスでの参戦はありませんが、ミツビシも“マニュファクチャラー2”の資格のあるチームにマシンを貸与して参戦との情報がありましたが、暫定エントリーでは発表されていません。既に、モンテの前提エントリーリストは公表されており、トニ・ガルデマイスターとカリド・アル・カシミはミツビシ・ランサーWRC05で出場となっていますが、チーム名は明らかになっていません。あと2週間の間にある程度ははっきりするのではと思います。
今年はスバルが未勝利でしたが、来年は素晴らしい年となることを期待しましょう。
モンテカルロラリーのエントリリスト → http://www.e-wrc.jp/news/detail.php?id=1389

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-12-29 09:57 | モータースポーツ