思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ロッシ ( 73 ) タグの人気記事

ムジェロサーキットで行われたイタリアGP決勝は、ロッシ選手が今シーズン3連勝を飾り、母国グランプリで無敵の7連覇を達成しました。ロッシ選手スタートで出遅れましたが、その後はペドロサ選手、ストーナー選手を相次いでパスして、終盤ストーナー選手に追い上げられましたが悠々と最初にチェッカーフラッグをうけました。
これでポイントも2位のペドロサ選手と12ポイント差のトップ、このまま連勝を続けて2005年以来のチャンピオン奪取に視界良好です。
b0077271_12211528.jpg
b0077271_12212297.jpg
b0077271_12212919.jpg


決勝
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 42:31.153
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 2.201
3 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 4.867
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 6.313
5 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 12.530
6 J・トスランド テック3・ヤマハ + 13.806
7 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 14.447
8 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 15.319
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 15.327
10 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 30.785
11 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 39.621
12 T・エリアス チームアリーチェ + 50.021
13 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 50.440
14 岡田 忠之 レプソル・ホンダ + 58.849
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 1:00.736
Did not finish
16 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 17 laps
17 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 17 laps
18 R・ドプニエ ホンダLCR + 18 laps
19 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 18 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-02 12:21 | モータースポーツ
イタリアGP予選は、地元での7連覇を狙うロッシ選手がサーキットレコードをコンマ8秒上回る1分48秒130のタイムで今期初のポールポジションを獲得しました。
エンジンテストが目的で久しぶりにMotoGPを走る岡田選手は15位、また中野選手は9位で予選を終えています。
b0077271_8582253.jpg
b0077271_8583686.jpg


公式予選
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:48.130
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:48.297
3 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:48.313
4 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:48.375
5 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:48.383
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:48.666
7 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:48.905
8 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:49.025
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:49.095
10 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:49.145
11 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:49.220
12 R・ドプニエ ホンダLCR 1:49.246
13 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:49.565
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:49.601
15 岡田 忠之 レプソル・ホンダ 1:49.829
16 T・エリアス チームアリーチェ 1:49.851
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:50.275
18 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:50.465
19 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:50.889

写真は http://www.afpbb.com/から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-01 08:59 | モータースポーツ
ムジェロでのイタリアGPです。フリー走行前にロッシ選手のヤマハチーム残留が発表されました。今シーズン開幕直後はロレンソ選手の後塵をあびて調子がでず、自からの意思でタイアをBSに変更して臨んだシーズンでしたから、チーム内で不協和音がでていたそうです。放出もありえるとの憶測もされていましたが、中国、フランスGPを連勝し以前のロッシ選手に戻り、ヤマハも契約延長を望んだようです。
さてフリー走行ですが、両セッションとも雨の影響で転倒者が続出し、1回目はホプキンス選手、2回目はバーミューレン選手がトップタイムをマークしています。このGPには、久しぶりにホンダから岡田選手が新エンジンのテストを兼ねて参戦しています。こちらも注目ですね。
b0077271_1015996.jpg
b0077271_102861.jpg
b0077271_1021698.jpg
b0077271_1022537.jpg
フリー走行2回目
1 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:01.500 19
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:02.100 21
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:02.305 17
4 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 2:02.327 16
5 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:02.412 18
6 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:02.562 25
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:02.569 20
8 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.568 18
9 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:03.586 17
10 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:03.699 21
11 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:03.765 19
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:03.950 19
13 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:04.049 19
14 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:05.397 22
15 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:05.634 17
16 T. 岡田 レプソル・ホンダ 2:06.103 11

17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:06.257 19
18 T・エリアス チームアリーチェ 2:08.980 17
19 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:14.112 11

フリー走行1回目
1 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:54.053 19
2 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:54.520 20
3 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:55.021 22
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:55.141 18
5 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:55.528 20
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:55.718 16
7 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:55.774 16
8 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:55.805 21
9 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:58.618 8
10 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:58.672 19
11 R・ドプニエ ホンダLCR 1:59.240 20
12 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:59.436 21
13 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:59.889 12
14 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:00.004 16
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:00.162 15
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:01.718 14
17 T. 岡田 レプソル・ホンダ 2:02.810 18
18 T・エリアス チームアリーチェ 2:03.305 16
19 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:03.774 10

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-31 10:02 | モータースポーツ
フランスGP決勝は、2列目からスタートしたロッシ選手がレース序盤の激しいポジション争いを制してトップに立ち、前戦の中国GPに続いて2連勝を飾りました。チームメイトのロレンソ選手はスタートで後手を踏み後方からの追い上げとなりました。足を骨折しているとは思えない素晴らしい追い上げで2番手、テック3ヤマハのエドワーズ選手が3位を獲得してヤマハ勢が表彰台を独占しました。
ロッシ選手は通算90勝目を達成して歴代2位タイとなり、ウィニングラップで同じく90勝の記録を持つアンヘル・ニエト氏とともにヤマハのマシンにまたがり、「90+90」の旗を振りかざしながらコースを1周しました。
b0077271_1239964.jpg
b0077271_12391685.jpg
b0077271_12392461.jpg


決勝
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 44:30.799
2 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 4.997
3 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 6.805
4 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 10.157
5 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 21.762
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 22.395
7 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 27.806
8 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 27.995
9 R・ドプニエ ホンダLCR + 29.344
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 30.882
11 T・エリアス チームアリーチェ + 35.154
12 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 36.216
13 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 52.038
14 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 1:29.307
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 1 laps
16 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 2 laps
Did not finish
17 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 12 laps
18 J・トスランド テック3・ヤマハ + 26 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-19 12:39 | モータースポーツ
ウェットコンディションの中スタートした中国GPは、ロッシ選手が今シーズン初優勝を決めました。スタートはストーナー選手でしたが、レースはロッシ選手とペドロサ選手のマッチレース、終盤ペースをあげたロッシ選手が往年の強さを見せた(まだそんな歳ではないですが)レースでした。こういうレースができるときのロッシ選手は安心して見ていられます。今年はこれからの反撃が期待できそうですね。
チャンピオンシップではペドロサ選手が81ポイントで単独トップに立ち、ロレンソ選手が74ポイント、ロッシ選手が72ポイント、ディフェンディングチャンピオンのストーナー選手は56ポイントで、トップから25ポイント差となっています。
b0077271_7534932.jpg
b0077271_754271.jpg
b0077271_7541531.jpg


決勝結果
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 44:08.061
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 3.890
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 15.928
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 22.494
5 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 26.957
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 28.369
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 29.780
8 T・エリアス チームアリーチェ + 30.225
9 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 31.440
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 35.969
11 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 36.246
12 J・トスランド テック3・ヤマハ + 43.191
13 R・ドプニエ ホンダLCR + 43.442
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 45.855
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 46.330
16 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 50.593
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 1:05.593
Did not finish
18 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 14 laps

250ccクラスでは、カリオ選手が優勝し、青山選手は2位に入りました。
b0077271_7543113.jpg

125ccクラスは、イアンノーネ選手がキャリア初優勝、小山選手は13位と沈んでいます。
今シーズン、調子が今一歩の小山選手、頑張ってください!
b0077271_7562036.jpg


写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-05 07:55 | モータースポーツ
中国GP公式予選は、ヤマハのコリン・エドワーズ選手がポールポジションを獲得しました。昨日のフリー走行ではロレンソ選手が転倒しましたが、公式予選では中野選手が転倒してしまい昨日のポジションを維持できずに決勝は13番手からのスタートとなってしまいました。転倒したロレンソ選手ですが、痛み止めをうって予選に参加し見事に4番手となっています。決勝も出走するでしょうが果たして痛みに耐えて完走することができるか心配ですね。
b0077271_9191097.jpg
b0077271_9191749.jpg
b0077271_9192453.jpg
公式予選
1 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:58.139
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:58.494
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:58.591
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:58.711
5 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:58.855
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:58.941
7 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:59.254
8 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:59.325
9 R・ドプニエ ホンダLCR 1:59.357
10 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:59.507
11 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:59.559
12 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:59.678
13 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:59.716
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:59.740
15 T・エリアス チームアリーチェ 1:59.933
16 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:00.316
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:00.760
18 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:00.838

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-04 09:19 | モータースポーツ
20代前半のヤングライダーの活躍が目立つ今年のMotoGPです。その中でロッシ選手も頑張っています。フリー走行は3、2番手タイムをマークし、明日の予選でのブレイクが期待できます。

b0077271_11503382.jpg
b0077271_11504059.jpg
b0077271_11504774.jpg
フリー走行2回目
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:40.321 28
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:40.364 24
3 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:40.584 24
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:40.673 28
5 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:40.815 26
6 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:40.877 21
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:40.909 25
8 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:41.028 15
9 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:41.157 24
10 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:41.189 22
11 R・ドプニエ ホンダLCR 1:41.268 26
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:41.303 28
13 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:41.393 24
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:41.519 21
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:41.825 20
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:42.115 10
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:42.181 23
18 T・エリアス チームアリーチェ 1:42.183 22

フリー走行1回目
1 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:40.714 23
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:40.828 20
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:40.918 26
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:41.182 27
5 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:41.371 25
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:41.378 21
7 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:41.419 25
8 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:41.443 23
9 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:41.579 23
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:41.599 23
11 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:41.607 18
12 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:41.746 23
13 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:41.944 21
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:41.980 21
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:42.300 22
16 R・ドプニエ ホンダLCR 1:42.454 23
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:42.868 20
18 T・エリアス チームアリーチェ 1:43.206 21

写真は http://moto.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-29 11:58 | モータースポーツ
マレーシアセパンでMotoGPの合同テストが行われました。初日、2日目はロッシ選手がトップタイム、最終日はロレンソ選手がトップタイムをマークしています。ストーナー選手は参加していませんし、ホンダワークスもヘイデン選手のみの参加で、ヤマハワークスがタイムチャートのトップを独占することは当然ですが、2ライダーの争いには迫力があったようです。
また新チームの移籍した中野選手も元気に参加、マシンセットアップに力を注いでいます。昨年よりは順調にテストを消化していますので、今年は活躍の予感が大ですね。
b0077271_10251928.jpg
b0077271_10253395.jpg


3日目
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:00.705 72
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:01.190 48
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.135 23
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:02.194 20

2日目
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:00.472 70
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 02:00.900 90
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.049 59
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:02.396 55
5 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:02.646 57

初日
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:00.300 64
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 02:01.949 80
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.317 55
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:02.654 57
5 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:03.231 41

写真は http://moto.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-09 08:31 | モータースポーツ
MotoGPの世界も新シーズン開幕ですね。マレーシアのセパンサーキットで今シーズン初のテストがはじまりました。初日は、ホンダLCRのランディ・ド・プニエがファステストラップを記録しています。シーズン最初のテストのせいか転倒するライダーが続出し、ロッシ選手、ロレンゾ選手、ペドロサ選手などが転倒してしまいました。ペドロサ選手は手首を骨折してしまった模様で明日からのテストには不参加となってしまいました。ホンダチームとしては巻き返しのシーズン最初から暗雲がたちこめています。昨年肩を故障したストーナー選手は元気にテストに参加し5番手タイムをマークしています。新チーム移籍で巻き返しが期待される中野選手は10番手でした。
b0077271_1714160.jpg
b0077271_17141533.jpg


1 R・ドプニエ ホンダLCR 02:01.377 68
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 02:01.864 47
3 C・バーミューレン リズラ・スズキ 02:02.074 57
4 L・カピロッシ リズラ・スズキ 02:02.401 61
5 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 02:02.457 36
6 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:02.490 44
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 02:02.549 29
8 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 02:02.558 85
9 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:02.563 43
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.622 63
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 02:02.628 62
12 A・ドビツィオーソ JiR Scot Racing Team 02:02.783 52
13 J・トスランド テック3・ヤマハ 02:03.264 45
14 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:03.301 47
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング 02:03.387 51
16 O・ジャック カワサキ・レーシング 02:03.863 53
17 T・エリアス チームアリス 02:03.954 55
18 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 02:04.414 52
19 N. Canepa ドゥカティ・マルボロ 02:05.580 48
20 S・ギュントーリ チームアリス 02:06.000 36
21 T. Serizawa カワサキ・レーシング 02:23.590 6

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm、http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-01-23 17:15 | モータースポーツ
ロッシ選手がBSにチェンジして初めてのMotoGPテストが減れ素手開催されています。このテストの注目は「フィアット・ヤマハ」ではないでしょうか。同じチームでありながらBSとミシュランという違うタイアを利用する2人のライダー用にチームを2組にわけて参加しています。250ccチャンプのロレンゾ選手の注目の走りは「クチ」ほどビッグではないタイムですが、ルーキーとしては上々だと思います。そして注目のロッシ選手はBSに慣れることを第1目的としていますが、3番手、2番手タイムをマークしており、来年の巻き返しを予感させる走りをしています。
グレシーニに移籍した中野選手も好タイムをマーク、故加藤大治郎選手が在籍したチームでの優勝→チャンプ獲得へ滑り出しは○ですね。
そして最終日、ペドロサ選手は2日目に続きトップタイムをマーク、ヘイデン選手が2番手とレプソルホンダがトップ2独占、ロレンゾ選手もマシンに慣れて3番手と来シーズンが楽しみとなるテスト結果だったようです。
b0077271_7593661.jpg
b0077271_7594229.jpg

2日目
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 01:39.993
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 01:40.134
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 01:40.251
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 01:40.332
5 A・ドビツィオーソ コニカ・ミノルタ・ホンダ 01:40.650
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 01:40.692
7 R・ドプニエ ホンダLCR 01:40.820
8 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 01:40.833
9 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 01:40.838
10 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 01:40.883
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 01:40.939
12 J・トスランド テック3・ヤマハ 01:41.278
13 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 01:41.424
14 A・ウエスト カワサキ・レーシング 01:41.729
15 N. Canepa ドゥカティ・マルボロ 01:42.188
16 T. Okada レプソル・ホンダ 01:43.143
17 V・グアレスキ ドゥカティ・マルボロ 01:43.399
18 伊藤 真一 ホンダ 01:43.869

テスト初日
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 01:40.221 35
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 01:40.335 60
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 01:40.514 56
4 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 01:40.790 47
5 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 01:40.923 63
6 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 01:41.111 58
7 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 01:41.230 90
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 01:41.277 65
9 R・ドプニエ ホンダLCR 01:41.313 79
10 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 01:41.414 49
11 J・トスランド テック3・ヤマハ 01:41.776 69
12 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 01:41.889 62
13 A・ドビツィオーソ コニカ・ミノルタ・ホンダ 01:42.033 60
14 N. Canepa ドゥカティ・マルボロ 01:42.666 67
15 T. Okada レプソル・ホンダ 01:43.051 42
16 A・ウエスト カワサキ・レーシング 01:43.576 73
17 伊藤 真一 ホンダ 01:44.530 56
18 V・グアレスキ ドゥカティ・マルボロ 01:44.588 51

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-30 07:45 | モータースポーツ