思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
F1史上初のナイトレースとなるシンガポールGPで、新しい技術がお披露目となりました。投光照明の中での旗の視認性を向上させるために、電子システムが採用されたことです。旗が振られる代わりに電光表示版が各所に設置されそこに文字や色が表示される仕組みだそうです。
何もかもが初づくしのシンガポールGPですが、無事に初日のフリー走行が行われ、ハミルトン選手、アロンソ選手がトップタイムをマークしました。夜の街をF1が疾走する、なかなか幻想的で素晴らしいですね、突発的な事故などが起こらずに決勝が終了することを祈りましょう。
b0077271_9201913.jpg
b0077271_9202957.jpg
b0077271_9203968.jpg
b0077271_9204646.jpg
b0077271_9205283.jpg



金曜フリー走行2回目
1 F・アロンソ ルノー 1:45.654 30
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:45.752 28
3 F・マッサ フェラーリ 1:45.793 31
4 H・コヴァライネン マクラーレン 1:45.797 31
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:46.164 34
6 R・クビサ BMW 1:46.384 36
7 K・ライコネン フェラーリ 1:46.580 25
8 J・バトン ホンダ 1:46.901 32
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:47.013 32
10 T・グロック トヨタ 1:47.046 22
11 M・ウェーバー レッドブル 1:47.137 15
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:47.145 35
13 S・ヴェッテル トロロッソ 1:47.300 33
14 S・ボーデ トロロッソ 1:47.487 24
15 D・クルサード レッドブル 1:47.640 31
16 N・ハイドフェルド BMW 1:47.760 36
17 G・フィジケラ フォースインディア 1:47.965 12
18 R・バリチェロ ホンダ 1:48.009 25
19 J・トゥルーリ トヨタ 1:48.059 28
20 A・スーティル フォースインディア 1:48.311 36

金曜フリー走行1回目
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:45.518 20
2 F・マッサ フェラーリ 1:45.598 23
3 K・ライコネン フェラーリ 1:45.961 24
4 H・コヴァライネン マクラーレン 1:46.463 20
5 R・クビサ BMW 1:46.618 23
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:46.710 25
7 F・アロンソ ルノー 1:46.725 29
8 N・ハイドフェルド BMW 1:46.964 24
9 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:47.175 30
10 J・バトン ホンダ 1:47.277 30
11 S・ヴェッテル トロロッソ 1:47.570 28
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:47.662 23
13 T・グロック トヨタ 1:47.706 27
14 S・ボーデ トロロッソ 1:48.097 16
15 D・クルサード レッドブル 1:48.517 23
16 R・バリチェロ ホンダ 1:48.725 19
17 A・スーティル フォースインディア 1:48.839 24
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:48.906 25
19 J・トゥルーリ トヨタ 1:49.064 29
20 M・ウェーバー レッドブル 1:53.703 4


写真は tp://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-27 09:21 | モータースポーツ
あと1歩で初のQ3進出だった中嶋選手ですが、11番グリッドは燃料問題など考えなくてよいポジションですから、Q3進出して10番グリッドをゲットするよりはいいかもしれません。
一方、ポールは一発に力を発揮するマッサ選手が獲得しました、2位がハミルトン選手、以下クビサ選手、ライコネン選手と常連が並ぶ中、6番手にフリー走行1回目でトップタイムをマークしたヴェッテル選手が入っています。
一方、2回目で3位のタイムをマークしたバトン選手は16位、昨日の走りは何だったのでしょうか、やはりホンダの復活はまだ先のようです。
b0077271_824879.jpg
b0077271_831270.jpg

公式予選
1 F・マッサ フェラーリ 1:38.989
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:39.199
3 R・クビサ BMW 1:39.392
4 K・ライコネン フェラーリ 1:39.488
5 H・コヴァライネン マクラーレン 1:39.937
6 S・ヴェッテル トロロッソ 1:40.142
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:40.309
8 N・ハイドフェルド BMW 1:40.631
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:40.721
10 S・ボーデ トロロッソ 1:40.750
11 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:38.428
12 F・アロンソ ルノー 1:38.435
13 T・グロック トヨタ 1:38.499
14 M・ウェーバー レッドブル 1:38.515
15 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:38.744
16 J・バトン ホンダ 1:38.880
17 D・クルサード レッドブル 1:39.235
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:39.268
19 R・バリチェロ ホンダ 1:39.811
20 A・スーティル フォースインディア 1:39.943
b0077271_835572.jpg
中嶋一貴「僕たちにとってはいい予選で、2台ともが中団で互角の力を発揮することができた。Q3に進めなかったのは残念だけど、11位というのは燃料量を自由に選べるのでレースをスタートするには悪い位置ではないね。それにコースのクリーンな側からスタートできるから、全体的にはポジティブな予選だったよ」

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-24 08:04 | モータースポーツ
ヴァレンシアの真新しいストリートサーキットで開催されるヨーロッパGPが幕を開けました。ドライバーたちは新しいサーキットに慣れることを第一とはしながら、楽しんで走行しているようにも見えたそうです。
特に午前のフリー走行では、トップタイムがめまぐるしく入れ替わり、セッション終了段階ではトロロッソのヴェッテル選手が栄えあるトップタイムを記録しました。午後のセッションでは実力者が午前のタイムを更新し、ライコネン選手がトップ、地元のアロンソ選手が2位、そしてなんとホンダのバトン選手が3位のタイムをマークしています。
バリチェロ選手が最下位だったことを考えると、ホンダのマシンがこのサーキットにあっているというよりは、バトン選手との相性がよいサーキットなのかもしれません。いずれにしろ予選、決勝が楽しみになってきました。
中嶋選手はそれぞれ8位、14位でセッションを終了していますが、事前にウィリアムズが用意したこのサーキットのシュミレータで練習していたとか、こちらも初のQ3進出にむけて頑張って欲しいですね。
b0077271_10242686.jpg
b0077271_10243330.jpg
b0077271_10244152.jpg

金曜フリー走行2
1 K・ライコネン フェラーリ 1:39.477 30
2 F・アロンソ ルノー 1:39.497 39
3 J・バトン ホンダ 1:39.546 35
4 F・マッサ フェラーリ 1:39.678 31
5 L・ハミルトン マクラーレン 1:39.712 31
6 H・コヴァライネン マクラーレン 1:39.954 30
7 T・グロック トヨタ 1:39.967 32
8 R・クビサ BMW 1:40.149 35
9 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:40.439 32
10 G・フィジケラ フォースインディア 1:40.500 23
11 M・ウェーバー レッドブル 1:40.585 24
12 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:40.607 34
13 D・クルサード レッドブル 1:40.696 23
14 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:40.742 34
15 J・トゥルーリ トヨタ 1:40.877 32
16 S・ヴェッテル トロロッソ 1:40.982 36
17 A・スーティル フォースインディア 1:40.999 32
18 N・ハイドフェルド BMW 1:41.084 38
19 S・ボーデ トロロッソ 1:41.246 31
20 R・バリチェロ ホンダ 1:41.377 31
b0077271_10252416.jpg
b0077271_10253028.jpg

金曜フリー走行1
1 S・ヴェッテル トロロッソ 1:40.496 29
2 F・マッサ フェラーリ 1:40.654 27
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:40.822 21
4 S・ボーデ トロロッソ 1:41.099 31
5 H・コヴァライネン マクラーレン 1:41.163 23
6 R・クビサ BMW 1:41.281 24
7 K・ライコネン フェラーリ 1:41.317 27
8 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:41.329 26
9 F・アロンソ ルノー 1:41.385 31
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:41.706 22
11 R・バリチェロ ホンダ 1:41.830 27
12 J・トゥルーリ トヨタ 1:41.930 27
13 A・スーティル フォースインディア 1:41.951 23
14 T・グロック トヨタ 1:42.036 27
15 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:42.107 32
16 N・ハイドフェルド BMW 1:42.453 23
17 J・バトン ホンダ 1:42.460 29
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:43.075 25
19 D・クルサード レッドブル 1:43.312 23
20 M・ウェーバー レッドブル 1:43.524 24

http://motorsport.com/photos/
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-23 10:25 | モータースポーツ
イギリスGPでの勝利の余韻が残っているのか、ハミルトン選手がドイツGPフリー走行でトップタイムを連発しています。
対するフェラーリですが、午後の2回目ではマッサ選手、ライコネン選手が2,3番手タイムをマークしていますが、ハミルトン選手からは0.5秒以上遅いもの、明日の予選でどこまで巻き返せるか注目しましょう。
中嶋選手は1回目はベスト10入りしましたが、2回目は17番手と沈んでいます。
b0077271_845879.jpg
b0077271_8452041.jpg
b0077271_8453039.jpg


金曜フリー走行2
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.025 37
2 F・マッサ フェラーリ 1:15.722 31
3 K・ライコネン フェラーリ 1:15.760 34
4 H・コヴァライネン マクラーレン 1:15.990 37
5 M・ウェーバー レッドブル 1:16.017 25
6 F・アロンソ ルノー 1:16.230 38
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.355 41
8 R・クビサ BMW 1:16.363 36
9 N・ハイドフェルド BMW 1:16.377 40
10 D・クルサード レッドブル 1:16.378 35
11 S・ヴェッテル トロロッソ 1:16.422 41
12 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.530 45
13 J・バトン ホンダ 1:16.542 38
14 R・バリチェロ ホンダ 1:16.677 28
15 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:16.734 42
16 T・グロック トヨタ 1:16.781 44
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:16.829 21
18 S・ボーデ トロロッソ 1:16.860 14
19 A・スーティル フォースインディア 1:17.008 39
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:17.047 37

金曜フリー走行1
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.537 21
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:15.666 18
3 F・マッサ フェラーリ 1:15.796 22
4 F・アロンソ ルノー 1:16.163 22
5 K・ライコネン フェラーリ 1:16.327 22
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.606 27
7 S・ヴェッテル トロロッソ 1:16.618 24
8 N・ハイドフェルド BMW 1:16.719 20
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:16.821 26
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:17.063 26
11 D・クルサード レッドブル 1:17.108 18
12 J・バトン ホンダ 1:17.131 28
13 T・グロック トヨタ 1:17.185 28
14 M・ウェーバー レッドブル 1:17.268 11
15 G・フィジケラ フォースインディア 1:17.471 30
16 R・バリチェロ ホンダ 1:17.500 24
17 J・トゥルーリ トヨタ 1:17.556 29
18 A・スーティル フォースインディア 1:17.784 29
19 R・クビサ BMW 1:18.779 8
20 S・ボーデ トロロッソ 1:21.506 16

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-19 08:46 | モータースポーツ
相性のよし悪しがあるようです。カナダGPはハミルトン選手とマクラーレンのコンビにとっては相性がよいようで、昨年に続いてポールポジションを獲得しました。一方相性がイマイチなフェラーリは今年もぽーる奪取とはならずにライコネン選手が3位に食い込むのがやっとという結果に終わっています。セッション3でマクラーレンに離されているようです。
中嶋選手ですが、初のQ3進出を目指して頑張りましたが、わずか4/100秒差で12位に終わってしまいました。ただ12位というポジションは入賞を十分狙える位置ですから決勝での走り、十分期待できます。
b0077271_10145125.jpg
b0077271_1015332.jpg
b0077271_10153950.jpg
b0077271_10155253.jpg


公式予選
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:17.886
2 R・クビサ BMW 1:18.498
3 K・ライコネン フェラーリ 1:18.735
4 F・アロンソ ルノー 1:18.746
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:18.844
6 F・マッサ フェラーリ 1:19.048
7 H・コヴァライネン マクラーレン 1:19.089
8 N・ハイドフェルド BMW 1:19.633
9 R・バリチェロ ホンダ 1:20.848
10 M・ウェーバー レッドブル no time
11 T・グロック トヨタ 1:18.031
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:18.062
13 D・クルサード レッドブル 1:18.238
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:18.327
15 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:18.393
16 S・ボーデ トロロッソ 1:18.916
17 A・スーティル フォースインディア 1:19.108
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:19.165
19 J・バトン ホンダ 1:23.565
20 S・ヴェッテル トロロッソ no time

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-08 10:16 | モータースポーツ
ライコネン選手が今シーズンの初ポール獲得です。初日から好調のフェラーリに割り込んだのは、地元の英雄のアロンソ選手、ここにきてマシンも改良され調子よさそうです。
その一方で、ちょっと失速気味なのがマクラーレンチームですね、2台仲良くサードローからのスタートです。Q3進出が期待された中嶋選手は惜しくも12位でしたが、上位とのタイム差は僅差ですから、決勝で頑張って入賞目指してください。
佐藤選手は参加することに意義のあるスペインGPという感じですが、完走目指して粘り強い走りを期待しましょう。
b0077271_9132699.jpg
b0077271_9135893.jpg
b0077271_9142619.jpg
b0077271_9143839.jpg
公式予選
1 K・ライコネン フェラーリ 1:21.813
2 F・アロンソ ルノー 1:21.904
3 F・マッサ フェラーリ 1:22.058
4 R・クビサ BMW 1:22.065
5 L・ハミルトン マクラーレン 1:22.096
6 H・コヴァライネン マクラーレン 1:22.231
7 M・ウェーバー レッドブル 1:22.429
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:22.529
9 N・ハイドフェルド BMW 1:22.542
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.699
11 R・バリチェロ ホンダ 1:21.049
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.117
13 J・バトン ホンダ 1:21.211
14 T・グロック トヨタ 1:21.230
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.349
16 S・ボーデ トロロッソ 1:21.724
17 D・クルサード レッドブル 1:21.810
18 S・ヴェッテル トロロッソ 1:22.108
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:22.516
20 A・スーティル フォースインディア 1:23.224
21 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:23.318
22 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:23.496

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-27 09:14 | モータースポーツ