思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:中野真矢 ( 14 ) タグの人気記事

バレンシアGPはポールポジションからスタートしたストーナー選手が安定した走りを見せて優勝を飾りました。2位はペドロサ選手、3位にロッシ選手とチャンピオンシップ上位者が表彰台を独占しました。来期もこの3人中心のチャンピオン争いが繰りひろげられそうな予感を感じます。4位にはドビツィオーソ選手が入りましたが、レース後に、来シーズンよりスコットレーシングから最高峰クラスに参戦する高橋裕紀選手にバイクを引き渡すパフォーマンスを、最終戦らしい場面が見られたバレンシアGPでした。その高橋選手ですが、250ccクラスで見事に2位となりランキング5位を獲得しています。
また来期の去就が注目される中野選手は7位入賞でラストラン(とならずに、2010年シーズンでのカムバックを期待します)を飾っています。
b0077271_12225820.jpg
b0077271_1223680.jpg
b0077271_12231322.jpg
b0077271_12232059.jpg

決勝結果
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 46:46.114
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 3.390
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ + 12.194
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 24.159
5 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 26.232
6 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 32.209
7 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 34.571
8 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 35.661
9 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 38.228
10 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 47.583
11 J・トスランド テック3・ヤマハ + 52.107
12 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 52.350
13 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 52.833
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 53.227
15 R・ドプニエ ホンダLCR + 53.411
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 1:08.387
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 1:11.181
18 T・エリアス チームアリーチェ + 1:37.055


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-27 12:29 | モータースポーツ
日本GPが終わったばかりのMotoGPですが、もう次戦のオーストラリアGPの開幕です。フリー走行では午前はドライでしたが、午後はウェットと天候が不順の中、ストーナー選手とヘイデン選手がそれぞれトップタイムをマークしました。
午後のウェットコンディションのセッションで2位となったのはドビツィオーソ選手、来年のレプソルホンダ入りが決定しています。そしてそのあおりでレプソルを離脱するヘイデン選手がトップタイム! 何かの因縁を感じてしまいます。そしてドビツィオーソ選手の所属するジルスコットレーシングは来年、高橋選手の起用を決定しています。その高橋選手は250cc予選1回目は7番手でした。
今年唯一のMotoGP参戦の日本人ライダーの中野選手はまだ来年のシートが決まっていませんが午前のドライセッションでは7位と健闘しています。
b0077271_2052830.jpg
b0077271_20521619.jpg

フリー走行2回目
1 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:38.820 26
2 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:39.575 23
3 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:39.824 21
4 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:40.585 19
5 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:40.804 26
6 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:40.892 23
7 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:40.948 26
8 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:41.638 27
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:41.788 23
10 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:41.834 24
11 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:42.408 16
12 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:42.905 19
13 R・ドプニエ ホンダLCR 1:43.006 14
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:43.221 17
15 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:43.248 26
16 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:43.937 20
17 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:44.084 18
18 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:44.059 19
b0077271_20531296.jpg
b0077271_20531843.jpg


フリー走行1回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:30.094 21
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:30.764 26
3 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:31.043 26
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:31.051 29
5 R・ドプニエ ホンダLCR 1:31.070 27
6 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:31.161 28
7 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:31.221 25
8 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:31.235 26
9 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:31.248 28
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:31.277 26
11 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:31.284 26
12 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:31.368 26
13 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:31.532 28
14 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:31.719 25
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:31.803 24
16 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:31.814 27
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:32.211 24
18 T・エリアス チームアリーチェ 1:32.415 22

b0077271_20533126.jpg
写真は http://moto.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-03 20:53 | モータースポーツ
ロッシ選手が見事な優勝を飾り2008年MotoGPクラスのチャンピオンを決定しました。このレースで3位以内の入賞でチャンピオン決定のロッシ選手でしたが、レースではスタートこそ出遅れ気味でしたが、ロレンソ選手、ペドロサ選手を序盤でかわしてストーナー選手との一騎打ち。そしてそのストーナー選手も終盤にかわすと後はリードを広げて通算70勝目! 125、250ccクラスをあわせると8度目のWGP王者獲得です。ウィニングランでは腕に8の文字の入ったTシャツをきて、喜びを爆発していました。期待していた中野選手は8位にとどまってしまいました。
b0077271_20544224.jpg
b0077271_2175862.jpg
b0077271_16365724.jpg
b0077271_2055355.jpg
b0077271_1637578.jpg


MotoGP決勝結果
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 43:09.599
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 1.943
3 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 4.866
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 6.165
5 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 24.593
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 25.685
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 25.918
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 26.003
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 26.219
10 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 37.131
11 J・トスランド テック3・ヤマハ + 37.574
12 R・ドプニエ ホンダLCR + 38.020
13 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 39.768
14 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 45.846
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 55.748
16 T・エリアス チームアリーチェ + 59.320
17 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 1:12.398
Did not finish
18 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 8 laps
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ + 24 laps

b0077271_20552266.jpg
b0077271_2182048.jpg

b0077271_21163698.jpg
250ccクラス、青山選手、高橋選手の走りに期待しましたが両ライダーとも優勝争いには絡むことができずにそれぞれ6位、9位に終わってしまいました。優勝は終始トップを走りきったシモンチェリ選手でした。

250cc決勝結果
1 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 43分09秒385
2 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア (0秒348)
3 6 アレックス・デボン SPA アプリリア (8秒414)
4 60 フリアン・シモン SPA KTM (9秒151)
5 36 ミカ・カリオ FIN KTM (17秒041)
6 72 高橋裕紀 JPN ホンダ (19秒632)
7 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア (19秒892)
8 75 マティア・パッシーニ ITA アプリリア (20秒442)
9 4 青山博一 JPN KTM (22秒303)
10 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ (22秒387)
11 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア (32秒851)
12 52 ルーカス・ペセック CZE アプリリア (48秒621)
13 14 ラタパー・ウィライロー THA ホンダ (48秒803)
14 66 富沢祥也 JPN ホンダ (49秒572)
15 32 ファブリツィオ・ライ ITA ジレラ (58秒045)
17 65 高橋巧 JPN ホンダ (1分15秒062)
21 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ (22周走行)
23 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ (20周走行)


b0077271_16374638.jpg
b0077271_20555039.jpg
b0077271_2185355.jpg
125cc決勝はスタート直後に多数のライダーがコースアウトするアクシデントがありましたが、トップ争いはポイント上位のライダーで行われ、ブラドル選手が優勝しました。小山選手もスタート直後は上位争いに顔を出していましたが結局11位に終わっています。

125cc決勝結果
1 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 39分57秒228
2 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ (0秒151)
3 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア (0秒281)
4 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ (5秒945)
5 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア (6秒072)
6 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア (6秒135)
7 24 シモーネ・コルシ ITA アプリリア (6秒455)
8 45 スコット・レディング GBR アプリリア (25秒393)
9 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア (25秒537)
10 99 ダニー・ウェッブ GBR アプリリア (26秒192)
11 71 小山知良 JPN KTM (27秒307)
12 35 ラファエレ・デ・ロサ ITA KTM (39秒536)
13 73 中上貴晶 JPN アプリリア (43秒745)
14 7 エフレン・ヴァスケス SPA アプリリア (51秒629)
15 5 アレックス・マスボー FRA ロンシン (51秒899)
22 58 柳沢祐一 JPN ホンダ (59秒926)
24 59 尾野弘樹 JPN ホンダ (1分14秒883)
-- 62 渡辺一馬 JPN ホンダ (16周走行)
-- 57 浪平伊織 JPN ホンダ (11周走行)
-- 50 岩田裕臣 JPN ホンダ (10周走行)



写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-28 16:38 | モータースポーツ
ストーナー選手がロケットスタートを決めてレースをリードしますが、ロッシ選手がじわじわと追い上げます。これにあせったわけではないでしょうが(体調面もあったのかもしれませんが)、7周目に転倒、リタイアしたしまいました。ストーナー選手、ドゥカティで初の転倒リタイアに終わってしまい、チャンピオンポイントはこのレースに優勝したロッシ選手と50点差となって連続チャンピオンに赤信号です。
惜しかったのは中野選手、スタートでカピロッシ選手と接触して12番手まで後退してしまいました。しかしここから怒涛の追い上げを開始し、終盤には4位まで順位を回復し今期のベストリザルト獲得です。
b0077271_13531650.jpg
b0077271_13534898.jpg


決勝
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 43:28.841
2 T・エリアス チームアリーチェ + 15.004
3 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 21.689
4 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 25.859
5 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 29.465
6 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 30.608
7 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 36.453
8 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 36.750
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 38.822
10 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 39.573
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 39.610
12 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 40.892
13 J・トスランド テック3・ヤマハ + 1:11.490
14 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 1:21.133
15 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 1:37.038
16 R・ドプニエ ホンダLCR + 1:38.407
Did not finish
17 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 16 laps

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-18 07:51 | モータースポーツ
チェコGPがはじまりました。ヘイデン選手は欠場ですが、他のライダー元気な姿を見せて初日のフリー走行が行われました。ロッシ選手、ストーナー選手の2強はそれぞれのセッションでトップタイムをマークしましたが、ペドロサ選手はやはり怪我の影響下ちょっと精彩を欠いています。
そんな中、ホンダ勢ではグレシーニチームが元気です。なかでも中野真矢選手は3、4位と好タイムをマークして初日を終了しています。予選はこれからですし、決勝の話をするのは早すぎますが、久しぶりに表彰台が見えてきた、そう感じさせる初日でした。
b0077271_1352079.jpg

中野真矢選手のコメント「午前中のフリー走行は3番手だったが、新しいバイクのフィーリングに戸惑っていた。順位はよかったが、乗りこなせるだろうかという不安もあった。しかし、午後のセッションは、セッティングも自分の好みになりペースも上げることができた。エンジンはこれまで乗っていたRC212Vとキャラクターは変わらないが、全域でパワーアップしている。車体はフロントの安定性が増して、自信を持ってコーナーに入っていけた。この調子で明日もセットアップを進め、ニューバイクのポテンシャルをさらに発揮したい」

フリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:57.231
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:57.410
3 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:58.000
4 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:58.228
5 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:58.264
6 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:58.462
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:58.672
8 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:58.830
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:58.881
10 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:58.923
11 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:58.977
12 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:59.094
13 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:59.328
14 R・ドプニエ ホンダLCR 1:59.405
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:59.943
16 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:00.540
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:00.621

フリー走行1回目
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:57.782
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:57.911
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:59.021
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:59.134
5 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:59.220
6 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:59.400
7 T・エリアス チームアリーチェ 1:59.756
8 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:59.770
9 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:59.965
10 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:00.082
11 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:00.083
12 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:00.429
13 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:00.447
14 R・ドプニエ ホンダLCR 2:00.496
15 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:01.074
16 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:01.128
17 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:01.231

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-16 10:02 | モータースポーツ
ドイツGPで転倒負傷したペドロサ選手も元気(?)にアメリカGP参戦しています。そんな中フリー走行では相変わらずストーナー選手が好調です。午前、午後2回のセッションで最速タイムをマークしています。
そんな中、ホンダ・グレシーニの中野選手が1回目で3番手、2回目は6番手と今シーズン最高の仕上がりを見せています。ペドロサ選手が負傷のため、タイムが伸びないホンダ勢の中で、ヘイデン選手と2人で頑張っています。
ランキングトップのロッシ選手はストーナー選手には及びませんが、2,3番手と上位をキープしたいます。予選、決勝で中野選手がどんな走りを見せてくれるか楽しみです。
b0077271_1916588.jpg
b0077271_19163189.jpg
b0077271_19164571.jpg


フリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:21.826 29
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:22.634 34
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:22.769 32
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:22.808 35
5 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:22.847 33
6 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:22.924 37
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:23.077 29
8 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:23.097 32
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:23.114 31
10 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:23.185 32
11 B・スピーズ リズラ・スズキ 1:23.244 28
12 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:23.317 35
13 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:23.415 34
14 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:23.495 32
15 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:23.707 28
16 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:23.943 28
17 R・ドプニエ ホンダLCR 1:23.955 31
18 J. Hacking カワサキ・レーシング 1:24.371 26
19 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:24.483 30

フリー走行1回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:21.915 28
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:22.679 33
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:22.953 31
4 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:23.406 28
5 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:23.455 31
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:23.469 32
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:23.696 27
8 T・エリアス チームアリーチェ 1:23.698 31
9 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:23.760 29
10 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:23.896 31
11 B・スピーズ リズラ・スズキ 1:23.950 24
12 J. Hacking カワサキ・レーシング 1:24.050 26
13 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:24.317 29
14 R・ドプニエ ホンダLCR 1:24.356 31
15 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:24.392 26
16 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:24.591 30
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:24.661 29
18 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:24.736 27
19 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:25.311 21

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-19 09:35 | モータースポーツ
中国GPが上海で始まりました。初日のフリー走行で目立った走りを見せたのがロッシ選手です。1、2回目を通して唯一2分を切るタイムをマークしています。またストーナー選手も2回目でトップタイムをマークし好調さをアピールしています。
b0077271_1004928.jpg
b0077271_10162.jpg
ルーキーながら連続表彰台を確保しているロレンソ選手ですが、1回目のフリー走行で転倒してしまい、大怪我ではありませんが足の小指を骨折した模様です。
b0077271_9121191.jpg
b0077271_9122658.jpg

中野選手、2回目で4番手タイムをマークしています。中野真矢選手のコメント「4番手という順位はうれしいが、数字ほど内容はよくなかった。今日は、サスペンションとエンジンのセッティングをしながら走行した。タイヤ、サスのセットを変えると、それによってタイムの変動が大きく、ピンポイントだった。自信を持って走れるセッティングのときはタイムが出るのだが、ここは天候が不安定なので、もう少し、余裕のあるセッティングにしたい。前回のポルトガルでは、ウエットでいいポジションにつけたが、今日はドライで4番手。チームのモチベーションが高いのはうれしい」
b0077271_1012378.jpg


フリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:00.163
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 2:00.215
3 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:00.361
4 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:00.553
5 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:00.591
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:00.607
7 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:00.931
8 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:00.964
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:01.027
10 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:01.064
11 T・エリアス チームアリーチェ 2:01.326
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:01.504
13 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:01.798
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:01.913
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:02.002
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:02.348
17 R・ドプニエ ホンダLCR 2:02.407

フリー走行1回目
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:59.906
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:00.318
3 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:00.819
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:00.974
5 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:01.153
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:01.249
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:01.287
8 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:01.419
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:01.513
10 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:01.588
11 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:01.984
12 R・ドプニエ ホンダLCR 2:02.026
13 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:02.091
14 T・エリアス チームアリーチェ 2:02.199
15 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:02.480
16 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:02.521
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:03.174
18 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:04.857

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-03 09:13 | モータースポーツ
マレーシアセパンでMotoGPの合同テストが行われました。初日、2日目はロッシ選手がトップタイム、最終日はロレンソ選手がトップタイムをマークしています。ストーナー選手は参加していませんし、ホンダワークスもヘイデン選手のみの参加で、ヤマハワークスがタイムチャートのトップを独占することは当然ですが、2ライダーの争いには迫力があったようです。
また新チームの移籍した中野選手も元気に参加、マシンセットアップに力を注いでいます。昨年よりは順調にテストを消化していますので、今年は活躍の予感が大ですね。
b0077271_10251928.jpg
b0077271_10253395.jpg


3日目
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:00.705 72
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:01.190 48
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.135 23
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:02.194 20

2日目
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:00.472 70
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 02:00.900 90
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.049 59
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:02.396 55
5 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:02.646 57

初日
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 02:00.300 64
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 02:01.949 80
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 02:02.317 55
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 02:02.654 57
5 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 02:03.231 41

写真は http://moto.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-09 08:31 | モータースポーツ
スペインGPの各クラスの予選が行われました。MotoGPクラスは大接戦となり、1秒以内に15名がひしめき合う中、ペドロサ選手がポールを獲得、中野選手も最終アタックで7位に入っています。
b0077271_8564843.jpg

1 26 ダニ・ペドロサ Honda M 1:39.402
2 46 V.ロッシ ヤマハ M +0.051
3 7 カルロス・チェカ Honda M +0.058
4 5 C.エドワーズ ヤマハ M +0.084
5 27 C.ストーナー ドゥカティ B +0.122
6 21 J.ホプキンス スズキ B +0.223
7 56 中野真矢 Honda M +0.230
8 24 トニ・エリアス Honda B +0.258
9 33 マルコ・メランドリ Honda B +0.320
10 10 ケニー・ロバーツJr. KR212V M +0.325
11 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +0.432
12 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +0.481
13 4 A.バロス ドゥカティ B +0.794
14 71 C.バーミューレン スズキ B +0.926
15 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +0.989
16 19 O.ジャック カワサキ B +1.003
17 6 玉田誠 ヤマハ D +1.215
18 66 A.ホフマン ドゥカティ B +1.308
19 64 秋吉耕佑 スズキ B +1.800
20 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +1.817

250ccクラスは、昨日トップのロレンゾ選手がタイムを更新してポール獲得、青山周平選手はタイムを更新できずに8番手に後退しています。
b0077271_857386.jpg

1 1 J.ロレンゾ アプリリア 1:43.099
2 80 H.バルベラ アプリリア +0.284
3 60 フリアン・シモン Honda +0.608
4 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda +0.665
5 19 A.バウティスタ アプリリア +0.856
6 58 M.シモンセリ ジレラ +0.997
7 15 R.ロカテッリ ジレラ +1.017
8 73 青山周平 Honda +1.075
9 6 A.デボン アプリリア +1.086
10 12 T.ルシ アプリリア +1.101
14 4 青山博一 KTM +1.370
15 55 高橋裕紀 Honda +1.895
24 44 関口太郎 アプリリア +4.1369


125ccクラスは、初日3位の小山選手は6位に後退してしまいましたが、トップとは0.5秒差ですから、決勝を期待しましょう。
b0077271_857173.jpg

1 75 M.パシーニ アプリリア 1:47.245
2 14 G.タルマクシ アプリリア +0.238
3 52 L.ペセック デルビ +0.240
4 33 S.ガデア アプリリア +0.425
5 55 H.ファウベル アプリリア +0.482
6 71 小山知良 KTM +0.546
7 44 P.エスパルガロ アプリリア +0.785
8 24 S.コルシ アプリリア +0.870
9 22 P.ニエト アプリリア +0.908
10 11 S.コルテセ アプリリア +1.190

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-25 08:56 | モータースポーツ
MotoGPカタールテストが13日から行われています。初日14位とスロースタートだった、中野真矢選手、テスト終了後のコメントでは「午前のセットアップはよかったが、午後は全然ダメ。明日は午前のセットアップに戻す」とのことでしたが、その通り結果をだして14日は、7位のタイムをマークしています。ヤマハのエドワーズ、ロッシが速く2日続けてワンツゥー、レプソルホンダのダニ・ペドロサが3番手となって2日目を終了したようです。
b0077271_8175066.jpg
b0077271_818814.jpg


1. Colin Edwards - Yamaha Racing Team - 1'56.296
2. Valentino Rossi - Yamaha Racing Team - 1'56.537
3. Dani Pedrosa - Repsol Honda - 1'56.712
4. Carlos Checa - Honda LCR - 1'56.874
5. Casey Stoner - Ducati Marlboro Team - 1'57.040
6. John Hopkins - Rizla Suzuki - 1'57.065
7. Shinya Nakano - Konica Minolta Honda - 1'57.274
8. Randy De Puniet - Kawasaki Racing Team - 1'57.288
9. Kenny Roberts Jr - Team KR - 1'57.504
10. Marco Melandri - Gresini Honda - 1'57.591
11. Nicky Hayden - Repsol Honda - 1'57.629
12. Loris Capirossi - Ducati Marlboro Team - 1'57.698
13. Chris Vermeulen - Rizla Suzuki - 1'57.770
14. Alex Hofmann - Pramac d'Antin - 1'57.999
15. Alex Barros - Pramac d'Antin - 1'58.513
16. Makoto Tamada - Yamaha Tech3 - 1'58.610
17. Toni Elias - Gresini Honda - 1'58.990
18. Sylvain Guintoli - Yamaha Tech3 - 1'59.138
19. Shinichi Itoh - Ducati test rider - 1'59.617
20. Andrew Pitt - Ilmor SRT - 2'02.453

写真等は http://www.moto-live.com/motogp/en/index.shtml から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-02-15 08:15 | モータースポーツ