思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:名古屋グランパス ( 130 ) タグの人気記事

マギヌン選手は戻ってきましたが、今度は楢崎選手が捻挫で戦線離脱していましました。シーズンも終盤となるとベストメンバーでの試合ができないことは多々ありますが、どうも波に乗れない名古屋グランパスです。
b0077271_922335.jpg

柏戦も後半30分過ぎまではしっかりゲームをコントロールして今日は久しぶりの勝点3をゲットできると思っていましたが、玉田選手、マギヌン選手を交代させ逃げ切りにシフトした瞬間の後半34分にCKから同点ゴールを奪われてしまいました。その2分後に勝ち越されてしまい勝点3どころかまさかの逆転負けです。
前半の得点シーンはいかにも今年の名古屋グランパスという攻撃でしたから、このリズムを忘れずに残り3試合全勝で乗り切って欲しいものです。結果は後からついてくるもの、全力で戦えば神様からのプレゼントはあると信じましょう。

試合結果(土曜日分)
横浜M 1-3 京 都
大 宮 2-1 川 崎
 柏  2-1 名古屋
札 幌 1-2 浦 和
G大阪 1-3 FC東京
磐 田 1-0 清 水


写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-09 09:02 | 球技
競馬の世界では天皇賞が行われましたが、サッカーは年末恒例の天皇杯の4回戦が各地で開催されJ1チームも今回の4回戦から出場しました。
名古屋は地元チームと言ってよいFC岐阜との対戦です。試合は見ていないのでスコアからのみの判断ですがかなり岐阜に押し込まれたようです。シュートも3倍近い15本も打たれたようですし、その中には相川選手のクロスバーに当たったヘディングもあったとか。
からくも終了間際に吉田選手のゴールで勝ちましたが、薄氷の勝利だったと言えます。薄氷の勝利と言えば鹿島も国士舘大学相手にPK戦での勝利とか、J1チームもカップ戦では苦戦しそうですね。
b0077271_1351646.jpg
試合結果
横浜 1―0 札幌 
松本山雅 0―8 神戸 
磐田 3―1 栃木SC
名古屋 1―0 岐阜 
大宮 1―0 C大阪 
鹿島 2―2(PK 3-0) 国士舘大 
新潟 2―0 横浜FC 
柏 1―0 草津 
水戸 0―3 京都 
広島 1―0 東京V 

次は大宮戦、今度はすっきり勝ちましょう。

写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/emperor/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-02 18:20 | 球技
あと1歩がたりない試合が続いている名古屋グランパス、磐田戦もスコアレスドローに終わってしまいました。シュートは14本と磐田の倍以上を打ちましたが、ゴールネットを揺らすものはなし、これも試合、勝負だからしょうがないのかもしれません。
光明はありました、試合内容はここ数戦でベストといえると思います。ストイコビッチ監督も「ここ2、3カ月で最高のパフォーマンス」といっていますから、残り4試合この試合スタイルを継続していけば望みはかなう! そう信じましょう。
b0077271_8375582.jpg

土曜日の結果
 柏  1-3 横浜M
名古屋 0-0 磐 田
京 都 0-0 東京V
神 戸 1-0 大 分


日曜日の結果&経過
清 水 3-1 G大阪
FC東京 3-2 鹿 島
新 潟 0-1 浦 和
大 宮 1-1 千 葉
川 崎 2-0 札 幌

G大阪、鹿島、大分が敗戦、対戦結果は下位チームが上位を食うという試合が多いので、まだまだ優勝争いは混沌としている。
写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-26 08:45 | 球技
b0077271_8365182.jpg
優勝を意識して普段どおりの試合ができないのか、はたまたマギヌン選手一人がいないからか、最近はどうも勝てない名古屋グランパスです。横浜Mとの試合も結局スコアレスドローに終わってしまいました。
今日はボランチの中村選手もいないためか、前線の玉田選手、ヨンセン選手にいいボールが入るシーンが少なく、考え方を変えればよくドローに持ち込めたと言える試合内容だったかもしれません。
貴重な勝点1をゲットしたので2位は確保していますが、トップの鹿島とは勝点2の差がついてしまいました。残り5試合、全力をつくして優勝目指して欲しいですね。
試合結果
大 分 1-0 FC東京
東京V 1-0 大 宮
清 水 2-0 川 崎
鹿 島 2-1 京 都
浦 和 0-1 神 戸
千 葉 0-0 新 潟
G大阪 2-1 磐 田
札 幌 0-2 柏
横浜M 0-0 名古屋

まだチャンスはある! 頑張れグランパス!

札幌が柏に破れたため、J2降格が決定しました。5試合を残しての降格は昨季の横浜FCとともにリーグ最速で3度目の降格は京都と並んで最多だそうです。今度昇格したときは不名誉な記録を払拭する活躍を期待します。

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-19 18:57 | 球技
b0077271_18425350.jpgどうもマギヌン選手欠場のせいにしたくないのですが、ここ数戦名古屋グランパスの中盤が機能していないように思います。今日の東京V戦も前半は東京Vの攻めが効率よく、名古屋の攻めはどうもギクシャクしていました。そんな中でのCKからの失点! しょうがないといえばそうですが「う~ん」といってしまいたい失点でした。
そして後半も前半よりは攻撃にリズムもでき、自慢のサイド攻撃も効果を出し始めましたがゴールが遠い! そして5分という長いロスタイムに突入、小川選手のCKからのボールをヨンセン選手がヘディングで決めてようやくドローに持ち込みました。この内容で勝点1をゲットしたことはたいへん大きいと思いますが、ここ3試合の試合内容はちょっと?がつきます。W杯最終予選でリーグ戦が休みとなりますから、この期間に修正をしてくださいね、ストイコビッチ監督。


FC東京 1-5 清 水
川 崎 3-0 大 分
新 潟 0-0 横浜M
G大阪 0-0 鹿 島
大 宮 0-4  柏 
神 戸 4-1 京 都
千 葉 3-2 浦 和
磐 田 5-0 札 幌
名古屋 1-1 東京V


写真は http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-05 19:00 | 球技
名古屋グランパスが浦和レッズをホームにむかえての1戦。前節ジェフ千葉に敗戦している名古屋としては連敗は避けたい1戦でした。
先発メンバーを見てビックリしたのが、玉田選手のMFとしての起用です。マギヌン選手が故障欠場中で中盤でのタメを期待しての先発だと思います。果たして機能するかどうか心配でしたが、同点ゴールのシーンを見ても問題なし、今までもトップ下でパスをだしていましたから、MFとしての才能もあるのでしょう。
さて試合は、前半40分に浦和に先制されてしまいますが、後半2分に今期初先発の巻選手のJリーグ初ゴールが決まり、その後はともに決定機はつくりますがシュートの精度が今一歩で、結局1-1のドローに終わりました。大分が負けていたため名古屋が暫定トップとなしましたが、浦和、鹿島は1試合少ないですからまだまだ先はわかりません。
これからは下位チームとの戦いが多くなりますが、残留をかけて必死に挑んでくるでしょうから気を抜かずに勝点3をとるサッカーをして頑張ってほしいですね。
b0077271_811120.jpg

大 宮 0-2 神 戸
横浜M 1-0 大 分
 柏  2-5 川 崎
京 都 0-1 千 葉
札 幌 1-2 FC東京
鹿 島 2-0 清 水
磐 田 1-0 新 潟
東京V 1-3 G大阪
名古屋 1-1 浦 和


写真は http://www.sanspo.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-29 08:11 | 球技
マギヌン選手の約1ヶ月の戦線離脱が決定してしまいましたが、連勝の勢いで何とか乗り切ってくれると思っていた千葉との一戦。試合は前半早々から千葉のコンパクトなディフェンスになかなか攻撃のリズムがとれない名古屋グランパスでした。そんな中、ボールコントロールも思うように出来始めた前半30分過ぎに、小川選手のロングシュートはうまれました。しかし後半早々に悪夢は待っていました。なんと2、3分と立て続けに失点してしまいました。最初の失点から、ディフェンスの指揮連携を確認する間もなくの失点。
b0077271_88232.jpg
こんなこともあるのかとビックリです。その後は、攻撃重視で攻め続けましたが、サイドからの攻撃が少なく、決定機はそれほど作れませんでした。これで得失点の差で2位ですが、まだ残り試合もありますからストイコビッチ監督のように「リーグはこれで面白くなったよね」と考えればいいのかもしれません。

大 分 3-2 札 幌
横浜M 1-1 川 崎
新 潟 3-2 神 戸
清 水 1-0 東京V
FC東京 5-1 磐 田
千 葉 2-1 名古屋


写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-24 08:08 | 球技
名古屋が新潟を2-0で破りリーグ戦5連勝で首位をガッチリキープです。前半は新潟の早いプレスに攻撃がかみあわずに一進一退の展開でした。ただ35分過ぎからサイド攻撃でチャンスが作れていましたからこのままのいい形を後半にこちこめれば何とかなるのではと思って後半45分へ。
そして開始直後の3分に得点がうまれました。小川選手→吉村選手→玉田選手とわたったパスを再び小川選手がゴールへけりこみ待望の先制点をゲットしました。小川選手、今シーズン瑞穂での初得点でした。
b0077271_837127.jpg
その後は、新潟の攻撃に危ない場面もありましたが、楢崎選手を中心に堅守で守り抜きロスタイム直前の44分に杉本選手がダメ押しのゴール!! これで勝負あり、見事に5連勝です。ただ心配点は前半に足を痛め途中交代したマギヌン選手、22日に精密検査を受けるそうですからその結果がちょっと心配ですね。
その他では、大分が勝ち2位に浮上、鹿島は引き分けに終わっていますが、こちらは小笠原選手が怪我をし今期絶望だそうです。

試合結果
東京V 0-2 大 分
札 幌 2-3 千 葉
 柏  1-1 鹿 島
磐 田 0-1 横浜M
神 戸 0-1 清 水
川 崎 0-1 FC東京
名古屋 2-0 新 潟


写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-21 08:37 | 球技
ナビスコ杯の敗戦は無駄ではありませんでした。負けることのくやしさを知った選手たちは、「今日は勝つぞ!」という意気込みでアウェイのG大阪戦に臨み見事に1-0で勝利し、トップを守りました。決勝のダイビングヘッドを決めた小川選手もインタビューでナビスコ杯に負けたくやしさをこの試合にぶつけたといっています。
b0077271_8465216.jpg

攻撃サッカーが持ち味の名古屋ですが、この試合後半はホームのG大阪にかなり攻め込まれてしまいましたが、全員守備でしっかり守りきることができました。このことも今後終盤をむかえてきびしい試合が多くなるリーグ戦ではいい経験ができたのではと思います。
2~5位の鹿島、浦和、大分、川崎の4チームが直接対決で引き分けに終わった結果、勝点の差は3と広がりましたが、まだまだ先は長いので1試合毎勝利することを目標に戦ってください。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-14 08:45 | 球技
ストイコビッチ監督のぼやきもわかるような気がします。「(日本代表FW)玉田が抜けていた。彼なしでの布陣は難しかった。われわれとの違いはウェズレイがいたかどうか。100%PKだと思う。」特に、大分DF森重選手のペナルティーエリア内でのハンドは、日本vsバーレーン戦を見ていたものにはPKをとって欲しかったですね。
b0077271_12271316.jpg

とは言ってもここ数年の名古屋グランパスを考えれば、ベスト4進出は快挙と言っていいと思います。ここまでチームを戦う集団へ変貌させた監督の手腕(指導力なのかか負けたくないという心を植えつけたことかも)はファンとして頼もしい限り。選手たちもくやしさいっぱいでピッチにたちすくんでいたと思いますから。
そしてこのくやしさを13日からのリーグ戦、そしてもうすぐ始まる天皇杯にぶつけて欲しいものです。

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-08 12:24 | 球技