思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:名古屋グランパス ( 130 ) タグの人気記事

重苦しい展開の前半が終わり、後半19分にヨンセン選手の先制点が入りました。これで一息ついてしまったのかその直後の24分にDFのクリアミスからウェズレイ選手に同点ゴールを決められてしまい、勝てた試合をくやしいドローです。
b0077271_7562854.jpg

ストイコビッチ監督にすれば、名古屋で一緒にプレィしたことのあるウェズレイ選手にゴールを決められさぞ悔しいと思いますが、気を取り直して「プレゼントをあげてしまった、しかしまだ180分間の前半が終了しただけ。アウェイでもゴールできる」と自信を見せています。今シーズンの名古屋なら決勝進出のため大分でも得点をあげて勝利してくれることだと確信しています。みんなで国立にいきましょう!

G大阪vs清水もドローだったようで、決戦は7日ですね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-04 07:57 | 球技
この時期にJ1で首位に立っているなんてシーズンが始まる前は想像もできませんでした。願望は当然ありましたが、夢が実現してしまった喜びはなんとも言えませんね。
1点を先制されましたが、前半に玉田選手の得点で追いつき、同点のまま後半へ突入。しかし後半開始直後に勝ち越しを許してしまいます。ちょっと嫌な展開となりましたが、すぐにマギヌン選手のヘッドで同点に追いつき、それから3分玉田選手のFKがゴールに吸い込まれて逆転です。
b0077271_7344877.jpg

今年の名古屋グランパスはリードされていても追いつき逆転する力があります。たぶん去年もあったと思いますが、メンタル面が今一歩充実していなきあったのではと思います。今の名古屋グランパスを見ていると、ベンベル監督が率いた初年度の後半の戦いを彷彿させます。そのときはサイドを岡山選手、平野選手が駆け抜け(当然、そこにパスを出していたのはストイコビッチ現監督ですが)、センタリングを小倉選手以下が決めるというパターン! なんとなく選手は違いますが、スタイルはよく似ていると思います。
この調子で、来週のナビスコ杯の準決勝も大分を破って欲しいですね。また玉田選手、今日の調子でバーレーン戦でもゴールを奪って日本代表を勝利に導き、飼会長をうならせてください。

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-28 07:37 | 球技
ついに勝ってくれました。カシマスタジアムではJリーグ発足後から勝ったことがなく(引き分けもない!、やはりJ開幕戦の0-5の呪縛かな?)今回もどうかと内心ヒヤヒヤでしたが、今の名古屋グランパスにジンクスは通用しませんでした。
開始早々に先制点を許しましたが、すぐにFKから吉田選手が同点ゴール、攻撃もいつもどおりリズミカルな動きとなってきた後半15分にPKをゲット(代表戦でボロクソに言われた玉田選手の粘りから得ました、FWはシュート打つのが仕事ですが、PKをとることも重要ですね)、ヨンセン選手がしっかり決めてこれが決勝点となりました。
ストイコビッチ監督「勝てばここでの初勝利ということは知っていたよ。アウェー2戦で勝ち点6はすごいこと。」と監督自らが言っていますが、このアウェイ2連戦での勝点6は素晴らしいと思います。このまま春先のように連勝を続けて欲しいですね。
b0077271_8251543.jpg


http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-24 08:25 | 球技
名古屋グランパスが小川選手の2ゴールで神戸を振り切り3位を守りました。試合は前半13分に玉田選手の折り返しを小川選手が押し込み先制します。その後は一進一退の試合展開は後半終盤まで続くこのまま勝つかと思った瞬間の後半36分にレアンドロ選手に同点ゴールを決められてしまいます。
今日は引き分けでもよしとするかと思っていたロスタイムに歓喜のドラマが待っていました。マギヌンからの右クロスを遠いサイドで胸で落とし、ワンバウンドしたところを右足で振り抜き決勝ゴール!
b0077271_1351963.jpg

勝点差が少ない上位争いで勝ちある勝点3をゲットです。「サッカーは最後まで分からない。選手があきらめずにプレーしてくれた結果だ」というストイコビッチ監督の言葉ではないですが、スポーツは最後まであきらめてはダメということを証明してくれた試合でした。

写真は http://www.sanspo.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-17 13:49 | 球技
やはり出場停止の小川選手と右足痛の吉村選手の欠場が痛かったようです。楢崎選手のファインセーブで何とか失点せずに頑張っていましたが、FC東京の平山選手に前半35分に先制点を決められてしまいました。いつものようにプレスが効果的に利かせられない展開ではしょうがないかもしれませんが、ここはホーム何とか打開して欲しかったですね。
やはり夏場は運動量で勝負する名古屋にとってはきつい試合が多くなるようです。

しかし上位チームの鹿島、G大阪は名古屋と同じく小休止(敗戦)、浦和は引き分けとちょっと皆さん調子落ちのようです。次節の神戸戦は今シーズンの相性はいいですからアウェイでの勝利を期待します。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-10 08:40 | 球技
ブログ遅れましたが、名古屋グランパスが4年ぶりの4強を決めました。今季課題としていたセットプレーから、増川選手がヘディングを決めて、7度目の準決勝進出です。「自分でもびっくり。当たった瞬間、いったと思った」。増川選手本人も驚きのヘディングシュートは後半15分。MF小川選手の左CKを、ニアに構える増川選手がドンピシャヘッドで千葉ゴールに突き刺しました。
b0077271_17452693.jpg
b0077271_17453587.jpg

連覇を目指すG大阪は横浜Mに1-2で敗れて1勝1敗、2戦合計2-2、アウェーゴール数で上回りベスト4、清水は鹿島を2-1で下し、1勝1分け。大分はFC東京と1-1で引き分け、1勝1分けとしてそれぞれベスト4進出です。準決勝は大分-名古屋、G大阪-清水の組み合わせで、9月3、7日に行われます。優勝まで3試合、初優勝目指して頑張ってほしいですね。

写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-08 17:56 | 球技
負けなかったことで良しとしなければいけないのかもしれません。上位対決となった川崎との一戦、前半いい時間帯にマギヌン選手のボレーで先制しましたが、大宮戦のときとは違いなかなか追加点をとることはできませんでした。
そして後半、川崎の新戦力・ジュニオール選手に同点弾を決められてしまいました。猛暑の中での試合でしたので、やはり運動量の多さで試合をコントロールする名古屋としては夏場の試合はきついのかもしれません。引き分けでよしと考えなければいけないかもしれません。そういえば昨日のJ1は引き分けの試合が多かったですね。追ってくるG大阪が負けたので順位は試合のなかった浦和を抜いて2位進出ですが、まだまだ先は長いですからまずは毎試合勝点をとることですね。
b0077271_756739.jpg

またこの試合、珍しいことが起こりました。柏原丈二主審が左足ふくらはぎを痛めたため、後半8分に広嶋禎数副審が主審に、第4審判の原田昌彦審判が副審にはいりました。主審の交代は今季J2第3節仙台―福岡戦以来、J1では05年以来の珍事となりました。

写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-27 07:56 | 球技
久しぶりに名古屋グランパス快勝です。今期初めて4点差をつけての勝利、試合の流れも大宮に主導権を奪われることなく、ファンにとっては気持ちのよい勝利でした。前半16分といういい時間帯に、吉村選手が2年ぶりにゴールを決めたのを皮切りに、29分にマギヌン選手、後半開始直後にヨンセン選手、そしてとどめは杉本選手と得点を決めなければいけない選手がきっちりと仕事をし、守備陣もしっかり完封するという、ストイコビッチ監督の思惑通りの試合内容だったと思います。
b0077271_12183459.jpg
こういう試合を続けることができればまだまだ鹿島とは勝点2の差ですから、ファン待望のリーグ制覇も現実味をおびてくると思います。いい流れを断ち切ることなくこのまま走ってほしいですね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-22 07:56 | 球技
なかなかリーグ戦で連勝ができなくなってしまいました。磐田戦も前半の早い時間に先制点を取り今日は名古屋のペースかと思いましたがその考えが甘かったことは後半になってはっきりしました。後半開始早々に、CK、ミドルシュートで集中力さえあれば防げた失点っだったような気がします。ストイコビッチ監督も試合後のコメントでは「優勝するチームにあってはならないミスだ。2点目が重要なことは知っている。だが、選手が理解していなかったのか、集中力、決定力が足りなかったのか…」と言っています。
b0077271_12301389.jpg

華麗な攻撃、これは評価できますが、守備の集中力はこれからの課題かもしれません。昨年はとにかく勝てればうれしかった状態から考えると、発展途上のチームを暖かく見守る必要はあるとは思うのですが。これもファン心理の表れなのかもしれませんね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-18 12:30 | 球技
前半の流れを見ていると、ちょっとやばいかもという内容だったような気がします。しかし後半に入ると好調時のグランパスの動きがみえはじめ、後半12分にマギヌン選手が謹慎明けで登場! そして19分にヨンセン選手に横パスを通して決勝点を演出しました。
丸刈り頭のマギヌン選手もカッコいいですね。また柏の古賀選手、またイエロー2枚で退場とは! 名古屋と相性悪いのか、いやな思い出が名古屋にはあるのか? 元名古屋のDFをしょって立っていた選手ですから、ちょっと気がかりです。
b0077271_12431874.jpg


Jリーグ他の試合では、浦和が大分に負けてしまいました。これで名古屋は勝点差なしの暫定2位復帰です。G大阪は強さを取り戻したみたいですし、鹿島が勝つと首位ですね。昨年の優勝争いをした3チームに名古屋が絡んでいるなんて昨年は想像もできなかったこと。今年の名古屋は見所満載です、

  頑張れ 名古屋グランパス

写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-13 08:20 | 球技