思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:失言・暴言 ( 1 ) タグの人気記事

麻生首相がこともあろうか、経済財政諮問会議でまたまた問題発言です。

「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」「今になるとこちら(麻生首相)の方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからだ。私の方が税金は払っている」

発言後に事の重大さに気がついたのか、「ふしだらな生活をしないで、(病気の)予防をきちんとすべきだというのが趣旨だ。予防に力を入れることで、医療費全体を抑制できる」と釈明したそうですが、本音はどうだったのか、たぶん赤字で掲載したとおりだと思います。麻生首相にとっては問題発言でなく、自分が常日頃から思っていることを口にしているだけなのかもしれません。国民の目線にたった政治といっていますが、この人の発言からはとてもそうは思えません。上から見下した発言としか思えません。
かわいそうなのは、これだけ問題発言が多い首相は普通だったらとうに辞任に追い込まれているはずです。ところが今の自民党には総裁の代わりがいませんし、まして代わりがいたとしても総選挙はとても行えない状況(過半数割れは必至でしょうから)ですから、無理に辞任させなくてもよいとでも考えているのではないでしょうか。

そんな自民党でも、「これだけは言わせろ」と渡辺喜美議員、平沢勝栄議員、後藤田正純議員、木原誠二議員といった人たちが「サンデー毎日」にコメントを掲載しています。そしてこの記事を総称して
「■“阿呆”太郎に自民党内からも これだけは言わせろ」!
なかなかの名キャッチだと思います。サンデー毎日がこのようなキャッチを一国の党首にむけてつけること自体、前代未聞だと思います。可能な限り早く総選挙を行わないと、自民党は過半数割れどころか大敗は必至となるのではないかと心配してしまいます。まあ総選挙になってもどの自民党候補者も麻生首相に応援を頼まないでしょう、これだけ失言が多いと心配で呼べないでしょうから。このこともあってか、麻生首相は衆議院を解散しないのかとも勘ぐってしまいます。
b0077271_19462678.jpg


中吊りは http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-27 19:46 | 日記