思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:小山知良 ( 17 ) タグの人気記事

MotoGPの125、250ccクラスの合同テストがエストリルサーキットで開催されました。今年からそれぞれ新チームに移籍した青山博一選手、小山知良選手も元気に参加しています。
b0077271_11475824.jpg

250ccクラス、KTMの撤退によりスコット・レーシングからの参戦の青山選手は、今回が3回目のテストとなります。ホンダRS250RWへの順応を目的に約790キロを走行しましたが、まだ新マシンへの順応はできていないようで
「初日は100周を越えたことに気づかず、その意味では、冬のトレーニング成果が出たと思います。それに、バイクに乗るのが、一番のトレーニングですから。次の目標は、バイクのキャラクターと自分のライディングのいいバランスを見つけること。次の公式テストでは、みんなが揃い、その中でパフォーマンスを上げたいです。」とコメントしています。
b0077271_11481353.jpg

125ccクラスではロンシン・レーシングからの参戦となる、小山知良選手が、シルバー&レッドのニューマシンで、テストデビューを果たしました。
「このチームでの初テストだから、ものごとがどう進んでいるのかハッキリと説明するのは難しいです。小さな問題が幾つかあります。それは車体とエンジンが新しいから、ナチュラルなこと。車体に関しては、初めては好感触を得ましたが、もっと開発する必要があります。エンジンに関しては、僅か数ラップしか走れていないので、あまり評価することができません。テスト時間が必要。開幕前のヘレスとカタールでもっと走りたいです。」と新チーム、マシンの印象を語っています。
まだまだこちらも新マシンへの順応、そしてマシン自体の熟成が道半ばのようです。
両チームとも25日からはじまるヘレステストに参加予定とのこと、開幕に向けて頑張って欲しいものです。

写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-21 10:46 | モータースポーツ
MotoGPクラスの予選は、ウェットからドライへの路面コンディションが変わって行く中で行われ、昨年ポールポジションを獲得したペドロサ選手が、最終ラップに2分01秒548を記録しブリヂストンに履き替えてから5戦目で、フランスGP以来となる今季2度目のポールポジションを獲得しました。以下、ロッシ選手が0.409秒差の2番手、ロレンソ選手が3番手で5戦連続の1列目を獲得しています。
b0077271_18343119.jpg
b0077271_18343980.jpg

公式予選
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:01.548
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 2:01.957
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:02.171
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:02.192
5 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:02.245
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:02.836
7 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:02.953
8 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.078
9 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.110
10 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:03.184
11 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:03.271
12 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:03.282
13 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:03.392
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:03.835
15 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:04.001
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:04.378
17 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:04.679
18 青木宣篤 リズラ・スズキ 2:04.835
19 T・エリアス チームアリーチェ 2:05.120


b0077271_18345394.jpg
250ccクラスは、青山選手が昨日のタイムを更新することはできませんでしたが、今年初のポールポジションを獲得しました。

250ccクラス
1 4 青山博一 JPN KTM 2分06秒893
2 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 2分07秒073
3 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 2分07秒109
4 36 ミカ・カリオ FIN KTM 2分07秒118
5 14 ラタパー・ウィライロー THA ホンダ 2分07秒410
6 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 2分07秒455
7 60 フリアン・シモン SPA KTM 2分07秒668
8 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 2分07秒766
9 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 2分07秒920
10 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 2分08秒009


b0077271_18351299.jpg
125ccクラスはウェットコンディションで予選が行われ、昨日のタイムを更新するものはなく、イアンノーネ選手がポール獲得です。そして小山選手は7番手からのスタートとなります、

125ccクラス
1 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分14秒676
2 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分15秒206
3 99 ダニー・ウェッブ GBR アプリリア 2分15秒365
4 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分15秒676
5 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア 2分15秒684
6 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 2分15秒860
7 71 小山知良 JPN KTM 2分15秒922
8 24 シモーネ・コルシ ITA アプリリア 2分16秒001
9 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分16秒030
10 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分16秒263
21 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分17秒418

写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-18 18:35 | モータースポーツ
小雨まじりのもてぎでいよいよ日本GPが始まりました。午前のフリーセッションでは小雨まじりのウェットコンディション。フリー走行1回目ではヘイデン選手がトップタイムをマークしました。ホンダのホームサーキットですから、レプソルホンダチーム気合が入っていますね。午後のセッションは路面も乾いたようで、予選で好調なストーナー選手がトップタイム、以下ペドロサ選手、ロッシ選手と続いています。トップ3が上位にきており明日の予選が楽しみですね。
b0077271_17344188.jpg

MotoGPフリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:48.121 21
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:48.194 24
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:48.510 24
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:48.770 26
5 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:48.779 23
6 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:48.794 23
7 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:48.800 24
8 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:48.945 19
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:48.974 25
10 R・ドプニエ ホンダLCR 1:49.149 25
11 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:49.190 24
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:49.197 24
13 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:49.344 22
14 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:49.424 24
15 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:49.505 21
16 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:49.664 23
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:50.131 24
18 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:50.158 23
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 1:50.879 19
 
MotoGPフリー走行1回目
1 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:59.773 21
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:59.892 22
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:00.589 18
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:00.696 21
5 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:00.859 19
6 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:00.996 23
7 T・エリアス チームアリーチェ 2:01.370 17
8 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:01.455 18
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:01.527 21
10 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:01.628 19
11 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:01.683 17
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:02.225 20
13 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:02.263 19
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:02.451 16
15 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 2:02.688 17
16 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.235 19
17 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.396 21
18 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:04.078 23
19 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:04.896 20

b0077271_17352263.jpg
さて、午前のフリー走行で2番手タイムをマークし、今までの不調を払拭するかの走りを見せた小山選手でしたが、午後の予選1回目では14位に終わってしまいました。ただトップタイムのオリベ選手とは1秒3差、あと1秒タイムを詰めれば4番手タイムを上回りますから、明日の予選2回目で渾身の走りを期待しましょう。

125cc予選1回目
1 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 2分02秒296
2 38 ブラッドリー・スミス GBR アプリリア 2分02秒422
3 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分02秒573
4 77 ドミニク・エジャーター SWI デルビ 2分02秒855
5 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分02秒884
6 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア 2分03秒005
7 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分03秒326
8 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア 2分03秒494
9 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分03秒507
10 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分03秒534
14 71 小山知良 JPN KTM 2分03秒694
24 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分05秒995
31 58 柳沢祐一 JPN ホンダ 2分08秒182
33 50 岩田裕臣 JPN ホンダ 2分08秒741
不通過 57 浪平伊織 JPN ホンダ 2分11秒083
不通過 62 渡辺一馬 JPN ホンダ 2分12秒067
不通過 59 尾野弘樹 JPN ホンダ 2分13秒039

b0077271_17353540.jpg
そして250ccクラス。こちらも午前のフリー走行で高橋選手が2番手タイムをマークし期待していました。結果は青山選手が4位、高橋選手が6位とまずまずの走りを見せています。
特にポールタイムから0.1秒以内に4ライダーが犇く混戦模様です。明日の青山選手、高橋選手の走りは要注目ですね。

250cc予選1回目
1 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 1分52秒807
2 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 1分52秒833
3 21 エクトル・バルベラ SPA アプリリア 1分52秒861
4 4 青山博一 JPN KTM 1分52秒902
5 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 1分53秒125
6 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 1分53秒157
7 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 1分53秒437
8 60 フリアン・シモン SPA KTM 1分53秒574
9 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ 1分53秒632
10 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 1分53秒658
16 66 富沢祥也 JPN ホンダ 1分54秒999
17 65 高橋巧 JPN ホンダ 1分55秒031
24 67 渡辺一樹 JPN ヤマハ 1分58秒290
25 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ 1分58秒973
27 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ 2分00秒329


写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-26 17:31 | モータースポーツ
この人の強さはいつ形成されたのでしょうか。マレーシアGPもスタートでリードを奪ったストーナー選手がそのまま逃げ切り今期の10勝目をあげました。
2位にペドロサ選手が入った結果、チャンピオンシップポイントの2位争いは最終戦までもつれ込むこととなりました。できればチャンピオン争いがこの2位争いのような展開であれば面白かったのですが、ストーナーの強さは別格ですね。
b0077271_7585342.jpg

MotoGP結果
1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 43:04.405
2 33 マルコ・メランドリ Honda B +1.701
3 26 ダニ・ペドロサ Honda M +2.326
4 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +3.765
5 46 V.ロッシ ヤマハ M +4.773
6 24 トニ・エリアス Honda B +17.667
7 71 C.バーミューレン スズキ B +20.950
8 21 J.ホプキンス スズキ B +22.198
9 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +22.450
10 5 C.エドワーズ ヤマハ M +29.746
11 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +34.923
12 4 A.バロス ドゥカティ B +35.667
13 9 青木宣篤 スズキ B +44.113
14 7 カルロス・チェカ Honda M +44.486
15 13 A.ウェスト カワサキ B +49.658
16 56 中野真矢 Honda M +51.726
17 57 C.デイビス ドゥカティ B +58.905
18 6 玉田誠 ヤマハ D +59.596
19 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +1:23.119
20 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +1: 50.960
b0077271_7591055.jpg

250ccクラスでは、青山博一選手が今期2勝目をあげています。シーズン序盤のマシン仕上がりの遅れと本人の怪我の回復が速ければ、チャンピオン争いに参戦できたと思います。来シーズンはKTM残留か、MotoGP挑戦か、どちらを選択するか、興味津々です。
250ccクラス結果
1 4 青山博一 KTM 43:09.316

2 80 H.バルベラ アプリリア +2.251
3 1 J.ロレンゾ アプリリア +2.957
4 36 M.カリオ KTM +2.965
5 12 T.ルシ アプリリア +7.305
6 60 フリアン・シモン Honda +8.747
7 15 R.ロカテッリ ジレラ +16.105
8 58 M.シモンセリ ジレラ +26.101
9 55 高橋裕紀 Honda +28.032
10 41 A.エスパルガロ アプリリア +34.754
13 73 青山周平 Honda +48.020
b0077271_7592034.jpg

125ccクラスでは、前戦の鬱憤をはらすかのように、小山選手が2位争いを制して表彰台を確保しています。
125ccクラス結果
1 14 G.タルマクシ アプリリア 42:50.831
2 71 小山知良 KTM +6.753
3 55 H.ファウベル アプリリア +7.793
4 6 J.オリベ アプリリア +8.180
5 33 S.ガデア アプリリア +8.947
6 52 L.ペセック デルビ +9.935
7 24 S.コルシ アプリリア +10.132
8 75 M.パシーニ アプリリア +10.335
9 38 B.スミス Honda +23.426
10 7 A.マスボー Honda +24.808

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-22 07:59 | モータースポーツ
日本GP予選が行われ、昨日のフリー走行からトップタイムを連発していたレプソルホンダのペドロサ選手がポールポジションを獲得しました。
2番手は逆転チャンピオンに意欲を見せるロッシ選手、ポイントリーダーのストーナー選手は9番手からのスタートです。
b0077271_1931087.jpg

MotoGPクラス予選結果
1 26 ダニ・ペドロサ Honda M 1:45.864
2 46 V.ロッシ ヤマハ M +0.391
3 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +0.711
4 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +0.779
5 24 トニ・エリアス Honda B +0.940
6 13 A.ウェスト カワサキ B +1.048
7 5 C.エドワーズ ヤマハ M +1.133
8 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +1.183
9 27 C.ストーナー ドゥカティ B +1.257
10 33 マルコ・メランドリ Honda B +1.272
11 21 J.ホプキンス スズキ B +1.299
12 56 中野真矢 Honda M +1.431
13 64 秋吉耕佑 スズキ B +1.452

14 7 カルロス・チェカ Honda M +1.470
15 4 A.バロス ドゥカティ B +1.503
16 6 玉田誠 ヤマハ D +1.850
17 71 C.バーミューレン スズキ B +2.050
18 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +2.221
19 87 柳川明 カワサキ B +2.705
20 72 伊藤真一 ドゥカティ B +3.684

21 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +4.171

250ccクラスは、青山は青山でも周平選手が見事にポールポジションを獲得しました。兄の博一選手は5番手からのスタートです。
b0077271_193269.jpg
250ccクラス予選結果
1 73 青山周平 Honda 1:51.327
2 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda +0.139
3 1 J.ロレンゾ アプリリア +0.438
4 80 H.バルベラ アプリリア +0.501
5 4 青山博一 KTM +0.842
6 36 M.カリオ KTM +0.905
7 60 フリアン・シモン Honda +0.934
8 55 高橋裕紀 Honda +1.001
9 12 T.ルシ アプリリア +1.114
10 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +1.452

125ccクラス、小山選手が予選で2番手タイムをマーク今までの最高ポジションをゲットです。
b0077271_19339100.jpg
125ccクラス予選結果
1 75 M.パシーニ アプリリア 1:57.301
2 71 小山知良 KTM +0.591
3 14 G.タルマクシ アプリリア +0.874
4 55 H.ファウベル アプリリア +1.270
5 38 B.スミス Honda +1.451
6 6 J.オリベ アプリリア +1.657
7 52 L.ペセック デルビ +1.680
8 24 S.コルシ アプリリア +1.700
9 35 R.デ・ローザ アプリリア +1.772
10 11 S.コルテセ アプリリア +1.905

写真は http://www.motogp.com/en/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-22 19:04 | モータースポーツ
とにかくこの人の速さのみが目立つ、最近のMotoGPです。今回もポールショットを決めて、後続のドタバタに巻き込まれずに見事に優勝、次戦で優勝し、ロッシ選手が6位以下に終わるとチャンピオン決定です。
b0077271_12385619.jpg

MotoGP結果
1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 44:34.720
2 71 C.バーミューレン スズキ B +4.851
3 21 J.ホプキンス スズキ B +16.002
4 33 マルコ・メランドリ Honda B +22.737
5 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +24.787
6 7 カルロス・チェカ Honda M +34.986
7 24 トニ・エリアス Honda B +40.896
8 13 A.ウェスト カワサキ B +41.774
9 5 C.エドワーズ ヤマハ M +47.146
10 56 中野真矢 Honda M +48.808
11 66 A.ホフマン ドゥカティ B +49.299
12 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +1:09.176
13 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +1:20.424
14 6 玉田誠 ヤマハ D +1:34.223
15 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +1Lap
RT 4 A.バロス ドゥカティ B +13Laps
RT 46 V.ロッシ ヤマハ M +23Laps
RT 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B -
RT 26 ダニ・ペドロサ Honda M -


250ccは、青木博一選手が2位表彰台です。やっとKTMのマシンも熟成されたようでこのところの好調さを維持してモテギに凱旋帰国して勝利を飾って欲しいですね。
b0077271_12383967.jpg

250cc結果
1 1 J.ロレンゾ アプリリア 42:54.427
2 4 青山博一 KTM +3.578
3 80 H.バルベラ アプリリア +7.041
4 12 T.ルシ アプリリア +7.213
5 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +7.664
6 73 青山周平 Honda +36.234
7 15 R.ロカテッリ ジレラ +36.918
8 19 A.バウティスタ アプリリア +36.936
9 55 高橋裕紀 Honda +37.142
10 60 フリアン・シモン Honda +40.293


125ccクラスでも小山知良選手が連続表彰台です。こちらは今GPは若干ラッキーな面もあったかと思いますが、堂々の3位。ランキングも3位ですからチャンピオンも望めます。頑張れ小山知良!
b0077271_1238267.jpg
125cc結果
1 75 M.パシーニ アプリリア 39:47.944
2 14 G.タルマクシ アプリリア +4.774
3 71 小山知良 KTM +8.576
4 33 S.ガデア アプリリア +15.819
5 44 P.エスパルガロ アプリリア +23.972
6 34 R.クルメンナッハ KTM +25.159
7 17 S.ブランドル アプリリア +25.391
8 38 B.スミス Honda +25.513
9 35 R.デ・ローザ アプリリア +25.994
10 60 M.ランセダー デルビ +26.239

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-03 12:39 | モータースポーツ
ドイツGPが行われ、MotoGPクラスでは、予選2番手からスタートしたペドロサ選手がうれしい今期初優勝です。またヘイデン選手も3位に入り、ホンダワークス久々の2台揃っての表彰台です。チャンピオン争いの主役、ストーナー選手は5位、ロッシ選手は転倒、リタイアに終わりました。
b0077271_821047.jpg

1 26 ダニ・ペドロサ Honda M 41:53.196
2 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +13.166
3 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +16.771
4 5 C.エドワーズ ヤマハ M +18.299
5 27 C.ストーナー ドゥカティ B +31.426
6 33 マルコ・メランドリ Honda B +31.917
7 21 J.ホプキンス スズキ B +33.395
8 13 A.ウェスト カワサキ B +41.194
9 66 A.ホフマン ドゥカティ B +43.214
10 84 ミッシェル・ファブリッツォ Honda B +44.459
11 71 C.バーミューレン スズキ B +1:01.894
12 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +1:10.721
13 6 玉田誠 ヤマハ D +2Laps
14 7 カルロス・チェカ Honda M +3Laps
RT 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +1Lap
RT 56 中野真矢 Honda M +11Laps
RT 4 A.バロス ドゥカティ B +21Laps
RT 46 V.ロッシ ヤマハ M +25Laps
RT 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +27Laps

250ccクラスは、青山博一選手がやってくれました。6番手から好スタートをきり、上位に進出し最終ラップにアンジェリス選手をパスして、こちらも今期初優勝です。
b0077271_823070.jpg

1 4 青山博一 KTM 41:16.191
2 36 M.カリオ KTM +0.119
3 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +0.274
4 1 J.ロレンゾ アプリリア +0.579
5 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda +1.296
6 80 H.バルベラ アプリリア +11.851
7 58 M.シモンセリ ジレラ +17.308
8 55 高橋裕紀 Honda +22.309
9 12 T.ルシ アプリリア +28.858
10 15 R.ロカテッリ ジレラ +35.983

125ccクラスでは、小山知良選手が頑張りました。15番手からスタート、徐々に上位に進出していき、終盤の2位争いを制して今期4度目の表彰台です。
b0077271_825552.jpg

1 14 G.タルマクシ アプリリア 39:30.802
2 71 小山知良 KTM +3.532
3 55 H.ファウベル アプリリア +3.610
4 24 S.コルシ アプリリア +4.444
5 34 R.クルメンナッハ KTM +11.851
6 52 L.ペセック デルビ +11.920
7 11 S.コルテセ アプリリア +17.271
8 38 B.スミス Honda +19.484
9 22 P.ニエト アプリリア +20.950
10 60 M.ランセダー デルビ +22.628

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-16 08:03 | モータースポーツ
MotoGP第8戦イギリスGPが行われ、MotoGPクラスは5番グリッドからスタートしたドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナー選手が、51分40秒739をマークし今季5勝目を挙げました。
b0077271_12343245.jpg
最近のMotoGPクラスはマシン性能よりタイアに左右されるレースが多いようで、今回もBS勢がベスト10中に7台も入り、ミシュラン勢ではヤマハの2台とペドロサのみ、どうもタイアによりレースが決まってしまうようです。
この結果、ストーナー選手は、ロッシ選手に対して28点差をつけて、チャンピオンシップポイントのトップを独走しています。
1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 51:40.739
2 5 C.エドワーズ ヤマハ M +11.768
3 71 C.バーミューレン スズキ B +15.678
4 46 V.ロッシ ヤマハ M +21.827
5 21 J.ホプキンス スズキ B +35.518
6 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +36.474
7 4 A.バロス ドゥカティ B +38.094
8 26 ダニ・ペドロサ Honda M +38.992
9 66 A.ホフマン ドゥカティ B +39.239
10 33 マルコ・メランドリ Honda B +1:01.526
11 13 A.ウェスト カワサキ B +1:06.486
12 24 トニ・エリアス Honda B +1:34.074
13 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +1Lap
14 56 中野真矢 Honda M +1Lap
15 6 玉田誠 ヤマハ D +2Laps

16 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +2Laps
17 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +4Laps
RT 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +6Laps
RT 7 カルロス・チェカ Honda M +26Laps
b0077271_12344487.jpg

250ccクラスでは、青山博一選手がうれしい今期初表彰台をゲットしています。怪我も癒えてこれからの走りに期待ができそうです。
1 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda 48:40.173
2 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +22.102
3 4 青山博一 KTM +1:03.137
4 55 高橋裕紀 Honda +1:03.370
5 73 青山周平 Honda +1:25.269

6 36 M.カリオ KTM +2:07.333
7 60 フリアン・シモン Honda +1Lap
8 8 R.ウィライロー Honda +1Lap
9 45 D.リンフット アプリリア +1Lap
10 17 K.アブラハム アプリリア +1Lap
14 44 関口太郎 アプリリア +1Lap  
b0077271_12345620.jpg

125ccクラスは、小山知良選手が2戦連続優勝はなりませんでしたが、2位入賞。KTMも調子を上げてきていますので、チャンピオンもえら得るポジションに上がってきています。
1 75 M.パシーニ アプリリア 41:49.049
2 71 小山知良 KTM +3.253
3 55 H.ファウベル アプリリア +5.094
4 33 S.ガデア アプリリア +6.781
5 6 J.オリベ アプリリア +7.212
6 63 M.ディ・ミリオ Honda +7.335
7 38 B.スミス Honda +13.505
8 35 R.デ・ローザ アプリリア +13.885
9 22 P.ニエト アプリリア +14.367
10 24 S.コルシ アプリリア +26.672

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-25 12:35 | モータースポーツ
スタートではペドロサ選手がホールショットを決め、4番グリッドのストーナー選手が2番手、ド・プニエ選手が3番手となり、ポールポジションのロッシ選手は4番手にポジションを下げてしまいました。2周目にはストーナー選手がペドロサ選手を抜き、ドゥカティのストレートでの速さを証明しています。序盤は上位4人とホプキンス選手を加えた5人がレースをリードしましたが、中盤以降はストーナー、ロッシ、ペドロサの3選手が激しいトップ争いを演じて最終ラップまで誰が優勝するかわからない展開でした。
結局、ストーナー選手が0.069秒差でロッシ選手を抑えて今期4度目の優勝を飾っています。
b0077271_12215027.jpg

1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 43:16.907
2 46 V.ロッシ ヤマハ M +0.069
3 26 ダニ・ペドロサ Honda M +0.390
4 21 J.ホプキンス スズキ B +7.814
5 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +17.853
6 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +19.409
7 71 C.バーミューレン スズキ B +19.495
8 4 A.バロス ドゥカティ B +24.862
9 33 マルコ・メランドリ Honda B +24.963
10 5 C.エドワーズ ヤマハ M +35.348
11 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +36.301
12 6 玉田誠 ヤマハ D +38.720
13 66 A.ホフマン ドゥカティ B +40.934
14 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +44.399
15 56 中野真矢 Honda M +54.103
16 10 ケニー・ロバーツJr. KR212V M +59.655
17 7 カルロス・チェカ Honda M +1:02.315
18 10 カーティス・ロバーツ KR212V M +1:03.322
RT 24 トニ・エリアス Honda B +11Laps

250ccクラスはロレンゾ選手が5連勝を飾っています。日本人では青山博一選手の7位が最高でした。
1 1 J.ロレンゾ アプリリア 40:51.620
2 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +3.194
3 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda +10.596
4 12 T.ルシ アプリリア +17.100
5 19 A.バウティスタ アプリリア +20.298
6 36 M.カリオ KTM +20.566
7 4 青山博一 KTM +20.615
8 80 H.バルベラ アプリリア +23.584
9 58 M.シモンセリ ジレラ +36.703
10 60 フリアン・シモン Honda +36.767
11 73 青山周平 Honda +39.592
15 44 関口太郎 アプリリア +77.387
RT 55 高橋裕紀 Honda +1Lap
b0077271_1222101.jpg
b0077271_12221746.jpg

125ccクラスは、うれしい小山知良選手初優勝です。8台で繰り広げられたトップ争いを見事に制しています。トップ集団の後ろにつけていたのは自分のブレーキングポイントをライバルに悟られないためとか、戦略もしっかりたてた見事な勝利ですね。
1 71 小山知良 KTM 41:06.339
2 14 G.タルマクシ アプリリア +0.049
3 34 R.クルメンナッハ KTM +0.131
4 33 S.ガデア アプリリア +0.500
5 44 P.エスパルガロ アプリリア +2.081
6 38 B.スミス Honda +4.792
7 24 S.コルシ アプリリア +16.840
8 6 J.オリベ アプリリア +16.910
9 17 S.ブラドル アプリリア +16.919
10 60 M.ランセダー デルビ +16.922

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-11 12:22 | モータースポーツ
フランスGPの予選で、コーリン・エドワーズ選手が最後の最後でチャンピオンシップのリーダーであるケイシー・ストーナー選手からポールポジションを奪い取りました。
ドゥカティのストーナー選手が今シーズン初のポールポジションを獲得するものと思われましたが、エドワーズが1分33秒616のタイムをたたき出しトップ、明日のルマンのレースで先頭グリッドに並ぶこととなりました。
カルロス・チェカ選手が3番手、ヴァレンティーノ・ロッシ選手は4番手につけています。
b0077271_8545538.jpg

1 5 C,エドワーズ ヤマハ M 1:33.616
2 27 C.ストーナー ドゥカティ B +0.094
3 7 カルロス・チェカ Honda M +0.243
4 46 V.ロッシ ヤマハ M +0.259
5 21 J.ホプキンス スズキ B +0.486
6 24 トニ・エリアス Honda B +0.509
7 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +0.631
8 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +0.702
9 33 マルコ・メランドリ Honda B +0.744
10 26 ダニ・ペドロサ Honda M +0.796
11 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +0.891
12 71 C.バーミューレン スズキ B +0.958
13 4 A.バロス ドゥカティ B +1.201
14 56 中野真矢 Honda M +1.218
15 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +1.287
16 6 玉田誠 ヤマハ D +1.730
17 66 A.ホフマン ドゥカティ B +1.962
18 10 ケニー・ロバーツJr. KR212V M +2.065
19 11 F.ニエト カワサキ B +2.696

250ccクラスは、ロレンゾ選手がポール獲得です。
1 1 J.ロレンゾ アプリリア 1:37.934
2 60 フリアン・シモン Honda +0.529
3 80 H.バルベラ アプリリア +0.676
4 12 T.ルシ アプリリア +0.838
5 19 A.バウティスタ アプリリア +0.886
6 3 A.デ・アンジェリス アプリリア +0.892
7 58 M.シモンセリ ジレラ +0.954
8 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Honda +0.956
9 36 M.カリオ KTM +1.048
10 4 青山博一 KTM +1.266

125ccクラスは、小山選手が3番手を確保しました。決勝レースがたいへん楽しみですね。
b0077271_8531846.jpg

1 75 M.パシーニ アプリリア 1:43.111
2 38 B.スミス Honda +0.458
3 71 小山知良 KTM +0.553
4 55 H.ファウベル アプリリア +0.634
5 52 L.ペセック デルビ +0.662
6 33 S.ガデア アプリリア +0.663
7 29 A.イアンノーネ アプリリア +0.888
8 14 G.タルマクシ アプリリア +1.080
9 60 M.ランセダー デルビ +1.080
10 63 M.ディ・ミリオ Honda +1.081

写真は http://www.afpbb.com/index.php?module=CategorizedNews&action=Index&categoryId=2010 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-20 08:55 | モータースポーツ