思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:日本代表 ( 152 ) タグの人気記事

W杯最終予選最終戦、アウェイでのオーストラリア戦はまたしても先制点を守ることができずに1-2で逆転負け! 課題も見えた日本代表でした。
b0077271_21311393.jpg


結果は → http://www.sanspo.com/soccer/news/090617/scc0906171912006-n1.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-17 21:32 | 球技
確かに長谷部選手はレッドカードによる出場停止、遠藤選手、長友選手は怪我とメンバー的にはきつかったと思いますが、開始早々のオウンゴールの1点だけではお粗末すぎます。W杯ベスト4を目指すならもう少し戦い方に工夫が必要ではなかったかと思います。
b0077271_2135963.jpg

結果等は → http://www.sanspo.com/soccer/news/090610/scc0906101942009-n1.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-10 21:35 | 球技
前半早々にあげた1点を終盤の猛攻をしのぎきり、見事に4大会連続でのW杯出場を勝ち取りました。
b0077271_711982.jpg


結果等は → http://www.sanspo.com/soccer/news/090607/scc0906070504011-n1.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-07 07:11 | 球技
W杯最終予選にむけて最高の形でキリン杯を制覇しました。ともに4-0でベルギー、チリに勝利するという申し分のない結果でした。
b0077271_2133302.jpg

結果は → http://www.sanspo.com/soccer/news/090531/scc0905311903007-n1.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-05-31 21:33 | 球技
W杯最終予選前に行われるキリン杯、チリ、ベルギーとの対戦、今年のキリン杯は注目していましたが、見事に岡崎選手、本田選手が結果をだして4-0でチリを撃破しました。
b0077271_7272443.jpg

結果などは → http://www.sanspo.com/soccer/news/090528/scc0905280506014-n2.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-05-28 07:28 | 球技
日本代表がバーレーンjをホームで1-0で下し、勝点を11としA組暫定首位にたちました。試合は、前戦のオーストラリア戦と同様にボールを支配して攻撃をしかけますが、決定機は作ることができずに消化不良の試合展開となり、前半を終了しました。
後半も嫌な流れのまま進むのかと思うまもなく、開始早々のFKのチャンスに中村俊輔選手の左足からゴールはうまれました。相手ディフェンスに当たりコースが変わるラッキーもありましたが、間違いなく待ち望んだ先制点、これで試合はかなり楽になったと思います。その後もボールを支配しつつ攻撃をしかけますが、なかなか追加点は取ることができず、さりとてバーレーンにも決定機を作らせず、その意味では安心して試合を観戦することができました。
これでとりあえずバーレーンとの勝点差は7となり、W杯出場が早ければ次戦のウズベキスタン戦で決めることができるかもしれません。
b0077271_2293521.jpg
b0077271_2294296.jpg
b0077271_2294979.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/soccer から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-28 21:43 | 球技
日本が延長に及ぶ死闘をイチロー選手の勝越打で韓国を振り切り、5-3で勝利し2大会連続してWBCを制覇しました。
試合はここ2戦苦しめられてきた韓国・奉重根投手を相変わらず打ち崩すことができずに進みました。ヒットはでるのですが適時打がでないいなや雰囲気、特に1回は1、2塁、2回も1、2塁と得点圏にランナーはだしますが後続が凡退して無得点、日本の先発・岩隈投手にしてみればしっかり抑えなければというプレッシャーは相当あったと思います。その岩隈投手ですが3回をパーフェクトに押さえ最高の滑り出しでした。
b0077271_19113298.jpg

試合が動いたのは3回、この回もヒット、敵失でチャンスをつくり小笠原選手(1回のチャンスでは凡退しましたが)が見事に先制点をたたきだしました。その後一死満塁までチャンスを拡大しましたが、今日先発の栗原選手が併殺打(体調面は万全ではないのでいたし方ないと思います)で最小得点の1点はいれました。そして5回にまたビックチャンスが生まれました、中島選手がヒット、青木選手とのヒットエンドランが決まり無死1、3塁のチャンスです。しかし城島選手、小笠原選手が連続三振で無得点に終わってしまいました。
これだけチャンスをつぶすとさすがの岩隈投手も打たれてしまいます、5回裏に秋信守選手に本塁打を打たれて1-1の同点に追いつかれてしまいました。しかしさすが岩隈投手です。その後はまた韓国打線を無得点に抑えます。

日本が勝ち越したのは7回、片岡選手がヒットででてすかさず盗塁、イチロー選手のバントヒットで無死1、3塁のチャンス! ここで中島選手がタイムリー! やっと2-1と勝ち越しました。8回にも岩村選手の犠飛で得点を加えて3-1! これで今日の岩隈投手であれば8回を抑えて勝負ありと思いましたが流石に韓国、8回裏に岩隈投手を攻めて1点をもぎ取りました。ここで岩隈投手はお役御免で杉内投手がこの回を占めていよいよ最終回。

ドラマはまだまだありました。9回裏にダルビッシュ投手が韓国打線に四球2つを与えて適時打を浴びて同点に追いつかれてしまいました。個人的には杉内投手続投のほうがよかったと思いますが、もしこのまま韓国に負けていたら原監督の采配ミスとマスコミにたたかれたと思います。
しかし最後のドラマは10回表にありました。内川選手、岩村選手のヒットで作った二死2、3塁のチャンスに登場するのはイチロー選手、ここまで3安打と復調の兆しを見せていたそのバットが一閃され打球は中前への2点適時打! 
同じ轍は2度踏まないとダルビッシュ投手が10回裏を占めて、日本のWBC連覇が決まりました。
b0077271_1995862.jpg
b0077271_1910550.jpg

終日外出していたので、時々速報ニュースを見ていたのですが、生で見ていた人にとってはドキドキハラハラの内容ではなかったかと思います。今思えば前半のチャンスで1本ヒットがでていればこれほど苦しい試合ではなかったと思います。でもこれが野球、いい試合だったと思います。なお大会MVPは2大会連続で松坂投手が選出されましたが、日本代表メンバー全員がMVPといってもよいいいチームになったと思いました。
b0077271_19102163.jpg
b0077271_19102946.jpg
b0077271_19103559.jpg
おめでとう、日本代表の選手の方、そして原監督!

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-24 19:11 | 球技
日本が2大会連続の決勝進出を決めました。松坂投手先発で試合は始まりましたがいきなり先頭打者本塁打を打たれてしまい、どうなることかと心配でしたが、2回に城島選手の犠飛で同点、しかし3回に1点を取られてしまい、大崩はしませんが安定感がキューバ戦と比較すると今一歩の投球でした。
しかし今日は日本打線がつながりました。4回裏に稲葉選手のヒットから敵失策もありましたが5長短打で一気に5点を奪取して逆転しました。特にイチロー選手が倒れた後、中島選手が2塁打を打ち6点目をあげたこと(4点差にしたこと)が、この後の試合を有利に進められた要因だと思います。
そして松坂投手から杉内投手、田中投手、馬原投手とつなぎ最後はダルビッシュ投手がしめて9-4でアメリカを撃破しました。
b0077271_17225264.jpg
b0077271_17214457.jpg
b0077271_17231382.jpg

8回表に2点をとられたとき(6-4)はどうなるかと思いましたが、8階裏に二死から3点をとったことは決勝戦に向けて、勝負強さが打線にでてきたことだと思います。特に初スタメンの川崎選手、発熱から復帰した中島選手の適時打は決勝にむけて好材料、一方で青木選手がノーヒットに終わったことはちょっと心配(イチロー選手は最終打席にヒット、絶不調は脱出したようです)ですが、全てが安心できる状態だとほころびもでやすいと考え、今日のようにヒーローが日替わりで現われる戦いをして決勝で韓国を破り、連覇を達成してほしいものです。
b0077271_17223270.jpg
b0077271_1722392.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-23 17:21 | 球技
今日は強い日本代表でした。先発3本柱の松坂投手、ダルビッシュ投手、岩隈投手と杉内投手はWBC規定により今日はお休み。
内海投手先発で試合は始まりました。初回に韓国に1点を先制されますが、今日の日本は肩に力が入らずリラックスモードのようで、2回表に内川選手が同点本塁打、片岡選手の勝越し打ですぐに逆転し2-1.
その後は、内海投手が李容圭選手頭部にぶつけてしまい険悪なムードになりますが大きな混乱はなく静かに試合は進みます。特に内海投手をリリーフした小松投手が抜群のデキだったと思います。田中投手が本塁打を打たれて同点に追いつかれますが、その後の攻撃ですぐに3点をとり、試合を決定づけました。
心配点は、やはりイチロー選手かもしれません。最終打席でヒットはでましたが本調子ではない状態です。また村田選手も心配ですね、ヒットを打った後に足をひねったようです。次は1日休んでアメリカ戦ですからそのときまでに回復するかどうか、やはり大砲不在の打線は迫力がイマイチですから是非復帰して欲しいですね。
b0077271_14475410.jpg
b0077271_19221154.jpg
b0077271_1922211.jpg
これでベスト4は日本、アメリカ、韓国、ベネズエラとなりました。どのチームが決勝で戦うのか楽しみですね。当然日本はアメリカに勝ち決勝進出するとは思いますが。

村田選手の怪我は軽傷ではないようで(準決勝のアメリカ戦には出場できない模様)、急遽代表候補だった広島の栗原選手が招集されることになりました。明日米国に出発するそうです、頑張って欲しいですね。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-20 14:48 | 球技
日本代表は岩隈投手~杉内投手の完封リレーでキューバを5-0でくだし、決勝ラウンド進出を決めるとともに再び韓国と雌雄を決する戦いの場へ進出です。
3回までは緊迫した投手戦となったキューバ戦ですが4回に敵失で2点を先制した日本代表は、5回に青木選手がヒットで追加点をあげ、7回には中島選手の犠飛、9回はイチロー選手の3塁打、再び青木選手のヒットでダメ押しとなる5点目をあげました。
投げては岩隈投手が6回を無失点、そしてリリーフした杉内投手が3回を無失点とキューバ打線を完璧に抑えました。といって、第4の先発といわれた杉内投手を使ってしまい明日の韓国戦は誰が先発? と考えてしまいました。
b0077271_1839791.jpg
b0077271_18391555.jpg

またイチロー選手にも快音が復活し、青木選手は4安打、中島選手も復帰と上位打線が好調になりつつありますから、決勝ラウンドはかなり期待がもてそうです。

韓国以外には強さを発揮するのか、先制した試合は強さを発揮するのかよくわかりませんが、こういう試合ができるのであれば韓国を破ることはたやすいのではないかと思ってしまいます。韓国戦も重要ですが、1位となってアメリカと戦うのか、2位となってベネズエラと試合をするのか、そんなことを考えて試合をする余裕が必要かもしれません。明日はリラックスして韓国戦に臨んで韓国を撃破して欲しいものです。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-19 18:41 | 球技