思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:著作権 ( 3 ) タグの人気記事

先週から今週にかけて、個人的に注目していた著作権に関する2つの判決がでています。一つ目は「北朝鮮映画の著作権認めず」、2つ目は「【シェーン】の著作権は03年末に消滅 」です。結果はご覧の通り、著作権を保有しているところに不利な判決です。ただしその背景は全然異なります。

まず1点目の北朝鮮のケース:
よく私たちは、ニュース報道で「金正日主席」の映像を目にしますが、あの映像は北朝鮮の映画会社が作成したもので、日本のTV局(日本テレビとフジテレビ)は無断でその映像を利用していました。ご存知の方も多いと思いますが、自国の著作権を守るために「ベルヌ条約」とういうものがあります。この条約を批准するとお互いの国同士での著作権が保護されます。
日本、北朝鮮両国はこの条約を批准していますから、本来は無断借用など起こらないのですが、「日本は北朝鮮を国家として認めていませんから、この条約に基づく権利義務関係は発生しない」と文化庁が公表しています。この見解をベースにこれらのTV局は放送していたのでしょう。今回の裁判でも、東京地裁は同様のコメントをだし、この訴訟を棄却しています。
果たしてこれでいいのでしょうか。他のTV局が訴訟の遡上にあがっていないということは何らかの契約なりを結んでいるのでしょうし、現に米国やフランスの放送会社も許諾の契約を結んでいます。このままでいいのかちょっと心配です。権利義務関係がないということは、日本の著作物は北朝鮮で自由に使えるということですから、手塚治虫作品が勝手に利用されることに対して何も講義できないことになります。中国で「ディズニーランド」もどきのレジャーランドがあり問題となっていましたが、これが北朝鮮ではある意味合法でできてしまうわけです。
解釈はいろいろな面から検討する必要がありますが、文化庁(政府)に再考して欲しいと思います。

2点目の1953年問題のケース:
こちらは以前かなりいろいろなメディアで取り上げられていたのでご存知の方も多いと思います。 映画「シェーン」の著作権を侵害されたとして、パラマウント・ピクチュアズなどが格安DVD販売会社2社に、DVDの販売差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷は「シェーン」の著作権保護期間は2003年末で満了しているとして、パラマウント側の上告を棄却しました。
原告側はこちらも文化庁の見解(「12月31日午後12時は、翌年1月1日午前零時と同じで、改正法が適用され、著作権は存続する」)を根拠に、著作権が存在していると主張していましたが、最高裁は「一般的な用いられ方からすると、施行の直前の状態を指すとは理解できない」と判断し、この訴えを棄却しました。
「ローマの休日」「東京物語」など名画が多いとされる1953年公開作品の著作権についての初の最高裁判決で、映画会社側の敗訴が確定したことにより、今後は格安とは言わないまでも安価な手段での提供が活発化しそうです。

いずれのケースも文化庁が絡んでいます(著作権を守る、活用するための庁ですから当たり前)が、その判断については一般人の尺度とはずれているような気がします。
北朝鮮の事例は、「著作権を守りなさい」と言っている傍らで、国交関係がない国の著作物(韓国で作成されていれば守らなければいけない著作物)は勝手に利用してよいと判断し、
12月31日午後12時は1月1日午前零時と同じと解釈する(これはプロ野球ドラフトで、巨人と江川元投手の契約で有名な空白の1日事件と一緒です)のは、過去にかっこ内の事例もありもう少し真剣に文言を考える必要があったのではと考えます。


記事はこちらから
http://news.braina.com/2007/1215/judge_20071215_001____.html
http://news.braina.com/2007/1219/judge_20071219_001____.html
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-19 08:28 | 教育と図書館関連
著作権法違反幇助(ほうじょ)の罪に問われた元東大大学院助手金子勇被告に対する判決公判が13日、京都地裁であり、氷室真裁判長は「著作権者の利益が侵害されることを認識しながらウィニーの提供を続けており非難は免れないが、著作権侵害の状態をことさら生じさせることは企図しておらず、経済的利益も得ていない」と述べ、罰金150万円(求刑懲役1年)の有罪判決を言い渡しました。金子被告は控訴する方針のようです。
ソフトウエアが不正に利用されたことを理由に、開発者を有罪とした司法判断は初めてで、今後の技術開発にも影響を与えそうですね。

さて判決によれば、金子被告は自ら開発したウィニーが著作権の侵害に使われていると知りながら、03年9月に自分のホームページに最新版を公開。群馬県高崎市の男性(44)と松山市の男性(22)=いずれも同法違反罪で懲役1年執行猶予3年の有罪確定=が同月、ゲームソフト「スーパーマリオアドバンス」や映画「ビューティフル・マインド」など計28本を無許可で不特定多数のネット利用者に送信できるようにし、著作権侵害の手助けをしたとのことです。
判決はまず、ウィニーの性格について「さまざまな分野に応用可能で有意義なものであり、技術自体は価値中立的なもの」としたうえで、技術の外部への提供行為が違法になるかどうかについては「その技術の社会に置ける現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による」とする一般的な判断を示しています。
そのうえで、金子被告が捜査段階の供述やホームページに掲載した内容などをもとに、ウィニーが一般の人に広がることを重視し、ファイル共有ソフトがインターネット上で著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を認識しながら認容していた▽金子被告が著作権侵害がネット上に蔓延(まんえん)すること自体を積極的に企画したとまでは認められない、としています。
さらに、やり取りされているファイルのかなりの部分が著作権の対象となるものだったことを認識しながら、ホームページ上でウィニーを公開し、不特定多数の利用者が入手できるようにした、と指摘。これにより実行犯による著作権侵害行為が行われたとして、金子被告の行為は幇助犯を構成すると結論づけています。

今回の判決についてのコメントはゆっくり考えてからにします。たぶん、金子被告もウィニーを開発したときに、これほどの社会を騒がせるソフトウェアになるとは思わなかったころだけは事実だったと思います。利用者が悪意を持って使ったことが悪いといえば悪いのですが、、、

本件の詳細記事
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-12-13 12:24 | ツール・小物
今度は、「俳優チャールズ・チャプリン(1889~1977)の娘が代表を務める海外(リヒテンシュタイン)の法人が21日、「モダン・タイムス」など9作品を格安に販売するDVDメーカーなどに対し、同社の著作権を侵害しているとして販売差し止めと総額9400万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。」そうです。

著作権法をめぐっては、先日パラマウント映画の訴えに対して、東京地裁が判決をだしたばかり、今度は「ローマの休日」から「モダンタイムズ」へとまた時代がさかのぼっての、著作権侵害議論が勃発ですね。
前回の「ローマの休日」の項でも書きましたが、著作権の権利が何年あるか、今回も訴えているのは、チャップリンの娘さんで本人ではないのですから、どこまでその権利を守る必要があるのか、私には疑問です。

生前、チャップリンはよくこの質問に対してこのように答えていたそうです。
記者『あなたの代表作品はどの作品ですか』
チャップリン『それは、次の作品です(Next One)』


今回の訴訟を、チャップリン本人はどのように感じているのでしょうか、聞いてみたいと思うのは私だけではないと思います。

産経新聞 → http://www.sankei.co.jp/news/060721/sha086.htm
東京新聞 → http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006072101005128.html
朝日新聞 → http://www.asahi.com/national/update/0721/TKY200607210557.html
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-22 18:46 | メディア(本、映画、記事)紹介