思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
私たち、グループサウンズ(GS)世代ではゴールデンカップスのリーダーとして知られているディブ平尾さんがお亡くなりになりました。
b0077271_12393573.jpgゴールデンカップスと言えば、「長い髪の少女」「愛する君に」「銀色のグラス」「本牧ブルース」などのヒット曲が有名ですが、一方で同時期の他のGSとは違い、ステージの上においてはこれらの曲を演奏する事を好まず、もっぱら当時のアメリカ・イギリスで流行していたロック・ポピュラーの曲を演奏していました。
演奏力にも定評があり、主としてハーフが結成したというルックス(実際にはデイヴ・マモル・ミッキーらは生粋の日本人、またエディは華人だったそうです)と相まって演奏力とは無縁な歌謡GSや企画もののアイドル系GSの多かった中、異色の本格派GSとしてディープなファンも多く存在していました。「カップス」のライブは最高、「カップス」はやはりライブを見なければいけないという評判の立つほど、際立ったライブが有名だったと記憶しています。
そのゴールデンカップスですが、2003年に、ディブ平尾、エディ藩、ルイズルイス加部、マモルマヌー、ミッキー吉野が集まり再結成され、原宿などのライブハウスで往年のヒット曲を中心にライブ活動をしていることは知っていましたが、まさか急にこのような訃報が飛び込んでくるとは思いませんでした。
2004年11月には再結成ライブや60年代のライブ映像を収めたドキュメント映画「ワンモアタイム」(アルタミラピクチャーズ製作)も公開され、劇中のインタビューでは忌野清志郎さん、北野武さん、CHARさんらがゴールデン・カップスへのリスペクトを語っています。ある意味では日本のロックシーンの1時代を支えたスーパーグループだったのではと思います。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-11 12:36 | 日記
私も夜のニュース番組としてよく見ている「NEWS23」前キャスター・筑紫哲也さんが肺がんのため73歳で亡くなられました。2年ほど前に「NEWS23」番組内で自らががんに侵されていることを発表し、闘病生活に入りました。その後数回番組に出演しましたが、今年の3月にキャスター降板後は出演はなかったようです。やはり病魔には勝てなかったようです。番組内の「多事総論」はなかなかタメになったコーナーでしたがもう見ることができないと思うと残念です。
b0077271_92519.jpg
さて筑紫哲也さんの略歴を簡単にご紹介しておきます。
1959年に早稲田大政治経済学部を卒業、朝日新聞社に入社し、政治部記者や米軍統治下の沖縄特派員、ワシントン特派員などを歴任。週刊誌「朝日ジャーナル」編集長を務め、「新人類」「元気印」などの流行語を生んだ。
編集委員に就任後の1989年に退社し、同年10月からTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」キャスターに。日々のニュースを鋭い視点で掘り下げるとともに、イラク戦争直前には同国入りするなど現場取材を続け、民放キャスターの代表的存在となった。
昨年5月、同番組で初期肺がんを告白。本年8月11日に放映された哲学者梅原猛さんとの対談が最後のテレビ出演となった。1979年にテレビ大賞優秀個人賞を、1993年には日本の放送文化に貢献した個人や団体に贈られるギャラクシー賞のテレビ部門個人賞を受賞。今年度の日本記者クラブ賞も受賞した。
著書に「総理大臣の犯罪」「このくにのゆくえ」、訳書にデービッド・ハルバースタム著「メディアの権力」などがある。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-08 09:03 | 日記