思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:青山博一 ( 19 ) タグの人気記事

MotoGPクラスはウェットレースが宣言されてスタートが切られましたが、転倒車が続出し、ロッシ選手、ロレンソ選手もその餌食となってしまいました。そんな中ドビツィオーソ選手はポジションを着実にアップさせてうれしい最高峰クラスの初優勝を飾りました。
ランキングのトップ4が表彰台を独占した感のあったMotoGPクラスでしたが、新鮮な顔ぶれが表彰台に並びました。
b0077271_17243690.jpg
b0077271_17244538.jpg

一方250ccクラスではフロントローからスタートした青山選手が1周目からトップにたい、その後も安定したライディングで2位以下との差を拡げて今シーズンの3勝目を飾りました。チャンピオン目指して頑張ってほしいですね。
b0077271_1724578.jpg

結果は → http://moto.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=3244
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-07-27 07:58 | モータースポーツ
ポールポジションのロッシ選手は、2ラップ目にトップを奪回すると、安定したリズムでレースの主導権を握り、2位のアドバンテージを5.368秒差に広げ、2戦連続3勝目、最高峰クラス74勝目、キャリア通算217戦目で通算100勝目を達成しました。
b0077271_912513.jpg
b0077271_912133.jpg
また250ccクラスでは青山博選手が今シーズンの2勝目をあげてチャンピオンシップポイントの首位に再浮上しています。
b0077271_9122599.jpg


結果は → http://moto.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=3099
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-06-28 09:12 | モータースポーツ
ヘレスで行われたMotoGPスペインGPはロッシ選手が今シーズン初優勝を飾りました。この勝利でランキングもトップとなりましたがランキングうんぬんはまだ早いですね。一方250ccクラスでは青山選手が優勝しました。今シーズン参戦が危ぶまれた青山選手でしたが優勝の喜びはひとしおだったと思います。

結果は → http://www.intellimark.co.jp/2009/result/season/race090503.html
b0077271_791945.jpg
b0077271_793833.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-05-08 07:05 | モータースポーツ
MotoGPの125、250ccクラスの合同テストがエストリルサーキットで開催されました。今年からそれぞれ新チームに移籍した青山博一選手、小山知良選手も元気に参加しています。
b0077271_11475824.jpg

250ccクラス、KTMの撤退によりスコット・レーシングからの参戦の青山選手は、今回が3回目のテストとなります。ホンダRS250RWへの順応を目的に約790キロを走行しましたが、まだ新マシンへの順応はできていないようで
「初日は100周を越えたことに気づかず、その意味では、冬のトレーニング成果が出たと思います。それに、バイクに乗るのが、一番のトレーニングですから。次の目標は、バイクのキャラクターと自分のライディングのいいバランスを見つけること。次の公式テストでは、みんなが揃い、その中でパフォーマンスを上げたいです。」とコメントしています。
b0077271_11481353.jpg

125ccクラスではロンシン・レーシングからの参戦となる、小山知良選手が、シルバー&レッドのニューマシンで、テストデビューを果たしました。
「このチームでの初テストだから、ものごとがどう進んでいるのかハッキリと説明するのは難しいです。小さな問題が幾つかあります。それは車体とエンジンが新しいから、ナチュラルなこと。車体に関しては、初めては好感触を得ましたが、もっと開発する必要があります。エンジンに関しては、僅か数ラップしか走れていないので、あまり評価することができません。テスト時間が必要。開幕前のヘレスとカタールでもっと走りたいです。」と新チーム、マシンの印象を語っています。
まだまだこちらも新マシンへの順応、そしてマシン自体の熟成が道半ばのようです。
両チームとも25日からはじまるヘレステストに参加予定とのこと、開幕に向けて頑張って欲しいものです。

写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-21 10:46 | モータースポーツ
MotoGPマレーシアGP決勝は、ポールポジションスタートのペドロサ選手がリードを奪いますが、ロッシ選手がぴったりと2番手につき、スキを伺う展開でレース中盤まで進みました。そして中盤にペドロサ選手をかわした後はロッシ選手の一人旅で今シーズンの9勝目をあげました。ロッシ選手としては完璧なレースだったと思います。
見所は3位争いでした。ドビツィオーソ選手、ヘイデン選手、中野選手、ストーナー選手(終盤遅れましたが)の3位争いは熾烈をきわめ、特にドビツィオーソ選手とヘイデン選手の争いは最終ラップまでどちらが3位となるかわからない展開の中、ドビツィオーソ選手がMotoGPクラス初めての表彰台をゲットしました。
b0077271_17554267.jpg

MotoGP結果
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 43:06.007
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 4.008
3 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 8.536
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 8.858
5 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 10.538
6 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 13.640
7 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 15.936
8 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 18.802
9 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 23.174
10 R・ドプニエ ホンダLCR + 25.516
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 27.609
12 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 41.399
13 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 45.617
14 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 49.003
15 T・エリアス チームアリーチェ + 59.139
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 1:03.328
17 青木宣篤 リズラ・スズキ + 1:48.363
Did not finish
18 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 9 laps
19 J・トスランド テック3・ヤマハ + 19 laps

b0077271_1756146.jpg
b0077271_17561044.jpg
b0077271_17561740.jpg
シモンチェリ選手のチャンピオン獲得なるか、青山選手の今期初優勝なるかに注目した250cc決勝。結果はバウティスタ選手が優勝、青山選手が2位、シモンチェリ選手が3位となり、シモンチェリ選手のチャンピオンが決定しました。
青山選手、バウティスタ選手、シモンチェリ選手のトップ争いはなかなか見ものでしたが、最後になってバウティスタ選手のスパートについていくことができずに2位となりましたが、KTMの僚友がエンジントラブルでリタイアしていましたので、そのあたりも影響していたのかもしれません(完走第一にシフトしたのかもしれません)。

250ccクラス結果
1 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 42分56秒428
2 4 青山博一 JPN KTM 42分59秒014
3 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 43分04秒771
4 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 43分07秒460
5 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 43分10秒274
6 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 43分10秒702
7 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ 43分11秒529
8 14 ラタパー・ウィライロー THA ホンダ 43分13秒415
9 12 トーマス・ルティ SWI アプリリア 43分21秒784
10 52 ルーカス・ペセック CZE アプリリア 43分23秒274

b0077271_175642100.jpg
昨年のチャンピオン、タルマクシ選手が混戦を制して優勝しています。KTMからワイルドカードで参戦の小山選手は頑張りましたが11位に終わっています。

125ccクラス結果
1 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 43分00秒716
2 38 ブラッドリー・スミス GBR アプリリア 43分04秒132
3 24 シモーネ・コルシ ITA アプリリア 43分07秒612
4 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア 43分07秒641
5 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 43分07秒831
6 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 43分15秒838
7 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 43分22秒521
8 77 ドミニク・エジャーター SWI デルビ 43分22秒585
9 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア 43分22秒674
10 29 アンドレア・イアンノーネ アプリリア 43分24秒331
11 71 小山知良 JPN KTM 43分24秒367
- 73 中上貴晶 JPN アプリリア (0周走行)


写真は http://www.motogp.com/ja から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-19 17:57 | モータースポーツ
MotoGPクラスの予選は、ウェットからドライへの路面コンディションが変わって行く中で行われ、昨年ポールポジションを獲得したペドロサ選手が、最終ラップに2分01秒548を記録しブリヂストンに履き替えてから5戦目で、フランスGP以来となる今季2度目のポールポジションを獲得しました。以下、ロッシ選手が0.409秒差の2番手、ロレンソ選手が3番手で5戦連続の1列目を獲得しています。
b0077271_18343119.jpg
b0077271_18343980.jpg

公式予選
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:01.548
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 2:01.957
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:02.171
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:02.192
5 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:02.245
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:02.836
7 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:02.953
8 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.078
9 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.110
10 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:03.184
11 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:03.271
12 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:03.282
13 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:03.392
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:03.835
15 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:04.001
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:04.378
17 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:04.679
18 青木宣篤 リズラ・スズキ 2:04.835
19 T・エリアス チームアリーチェ 2:05.120


b0077271_18345394.jpg
250ccクラスは、青山選手が昨日のタイムを更新することはできませんでしたが、今年初のポールポジションを獲得しました。

250ccクラス
1 4 青山博一 JPN KTM 2分06秒893
2 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 2分07秒073
3 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 2分07秒109
4 36 ミカ・カリオ FIN KTM 2分07秒118
5 14 ラタパー・ウィライロー THA ホンダ 2分07秒410
6 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 2分07秒455
7 60 フリアン・シモン SPA KTM 2分07秒668
8 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 2分07秒766
9 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 2分07秒920
10 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 2分08秒009


b0077271_18351299.jpg
125ccクラスはウェットコンディションで予選が行われ、昨日のタイムを更新するものはなく、イアンノーネ選手がポール獲得です。そして小山選手は7番手からのスタートとなります、

125ccクラス
1 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分14秒676
2 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分15秒206
3 99 ダニー・ウェッブ GBR アプリリア 2分15秒365
4 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分15秒676
5 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア 2分15秒684
6 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 2分15秒860
7 71 小山知良 JPN KTM 2分15秒922
8 24 シモーネ・コルシ ITA アプリリア 2分16秒001
9 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分16秒030
10 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分16秒263
21 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分17秒418

写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-18 18:35 | モータースポーツ
今週はアジアでMotoGPとF1が開催、MotoGPはマレーシアGPの開幕です。まず衝撃的なニュースというかKTMが250ccクラスからの撤退を発表しました。
来期もKTMで走るであろうと思われた青山選手は青天の霹靂だったと思います。これから来期のシートを探さなければいけないピンチとなってしまいました。そんな中で開幕したMotoGP・マレーシアGPですが、250ccクラスの予選1回目で青山選手が魅せてくれました。トップタイムをマークし、その速さを魅せ杖k手います。
b0077271_2065410.jpg

250ccクラス
1 4 青山博一 JPN KTM 2分06秒893
2 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 2分07秒073
3 36 ミカ・カリオ FIN KTM 2分07秒118
4 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 2分07秒359
5 14 ラタパー・ウィライロー THA ホンダ 2分07秒410
6 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 2分07秒455
7 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 2分07秒858
8 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 2分07秒920
9 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 2分08秒009
10 75 マティア・パッシーニ ITA アプリリア 2分08秒417

b0077271_2093571.jpg
そして125ccクラスでは、1戦欠場した小山選手が7番手タイムをだし気をはいています。

125ccクラス
1 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分14秒676
2 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分15秒206
3 99 ダニー・ウェッブ GBR アプリリア 2分15秒365
4 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分15秒676
5 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア 2分15秒684
6 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 2分15秒860
7 71 小山知良 JPN KTM 2分15秒922
8 24 シモーネ・コルシ ITA アプリリア 2分16秒001
9 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分16秒030
10 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分16秒263
21 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分17秒418

b0077271_2094661.jpg
b0077271_2095447.jpg
いつもとは順番が逆となってしまいましたがMotoGPクラスでも中野選手が頑張っています。フリー走行2回目で4番手タイムをマークしています。なおトップタイムはそれぞれロッシ選手、エドワーズ選手がたたきだしています。
フリー走行2回目
1 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:02.667 16
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 2:02.838 16
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:02.970 14
4 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:03.050 18
5 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:03.232 20
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.346 15
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:03.430 16
8 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.474 18
9 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:03.550 21
10 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:03.598 15
11 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:03.723 18
12 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:03.925 18
13 T・エリアス チームアリーチェ 2:04.183 15
14 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:04.190 18
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:04.204 16
16 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:04.281 17
17 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:04.391 19
18 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:04.568 15
19 青木宣篤 リズラ・スズキ 2:05.998 18
フリー走行1回目
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 2:02.693 22
2 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:03.179 23
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:03.195 18
4 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:03.439 20
5 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.535 18
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 2:03.649 22
7 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.735 18
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:03.785 22
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:03.839 20
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:03.964 19
11 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:04.137 21
12 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:04.169 22
13 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:04.256 19
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:04.267 20
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:04.383 20
16 T・エリアス チームアリーチェ 2:04.399 18
17 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:04.460 22
18 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:04.833 19
19 青木宣篤 リズラ・スズキ 2:07.530 20


写真は http://www.motogp.com/ja から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-17 20:08 | モータースポーツ
快晴とまではいかないまでも太陽が顔をだした「もてぎ」で日本GPの予選が行われました。タイトルを争うロッシ選手、ストーナー選手、そしてペドロサ選手にそれぞれのチームメイトが絡んで久々に実力あるライダー/ワークスチームがトップ5を独占する予選結果となりました。
4位のロッシ選手までは0.5秒という僅差ですから決勝でもドグファイトにようるトップ争いが期待できそうです。
b0077271_17217100.jpg
b0077271_17211685.jpg
b0077271_17212570.jpg
b0077271_17213469.jpg
b0077271_17214265.jpg


MotoGP予選結果
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:45.543
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:45.831
3 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:45.971
4 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:46.060
5 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:46.303
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:46.450
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:46.496
8 R・ドプニエ ホンダLCR 1:46.554
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:46.616
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:46.863
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:46.888
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:46.904
13 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:46.907
14 T・エリアス チームアリーチェ 1:46.958
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:47.400
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:47.475
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:47.669
18 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:47.680
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 1:48.671

b0077271_17281610.jpg
250ccクラスでは、青山選手が今シーズン初となる2位、フロントローからのスタートとなります。また高橋選手も8位、2列目からのスタートです。ぜひ表彰台の高いところを狙って欲しいですね。

250cc予選結果
1 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 1分52秒833 1分51秒473
2 4 青山博一 JPN KTM 1分52秒902 1分51秒719
3 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 1分52秒807 1分51秒758
4 36 ミカ・カリオ FIN KTM 1分54秒043 1分51秒765
5 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 1分53秒125 1分51秒821
6 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 1分53秒437 1分51秒973
7 60 フリアン・シモン SPA KTM 1分53秒574 1分52秒033
8 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 1分53秒157 1分52秒197
9 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 1分53秒658 1分52秒228
10 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ 1分53秒632 1分52秒259
14 66 富沢祥也 JPN ホンダ 1分54秒999 1分53秒289
17 65 高橋巧 JPN ホンダ 1分55秒031 1分53秒660
23 67 渡辺一樹 JPN ヤマハ 1分58秒290 1分56秒587
24 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ 1分58秒973 1分57秒053
26 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ 2分00秒329 1分57秒451


b0077271_17283172.jpg
125ccはメッリオ選手が自身初めてのポールポジションを獲得しました。期待した小山選手ですが11位、しかし表情は明るかったので明日は頑張ってくれるでしょう。

125cc予選結果
1 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分02秒573 1分58秒678
2 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分03秒507 1分59秒059
3 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア 2分03秒005 1分59秒104
4 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア 2分03秒494 1分59秒132
5 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分03秒326 1分59秒179
6 45 スコット・レディング GBR アプリリア 2分04秒746 1分59秒351
7 77 ドミニク・エジャーター SWI デルビ 2分02秒855 1分59秒463
8 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分02秒884 1分59秒562
9 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分03秒534 1分59秒565
10 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア 2分03秒673 1分59秒695
11 71 小山知良 JPN KTM 2分03秒694 1分59秒739
20 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分05秒995 2分00秒434

26 57 浪平伊織 JPN ホンダ 2分11秒083 2分01秒944
27 50 岩田裕臣 JPN ホンダ 2分08秒741 2分01秒946
32 58 柳沢祐一 JPN ホンダ 2分08秒182 2分02秒488
34 62 渡辺一馬 JPN ホンダ 2分12秒067 2分02秒708
35 59 尾野弘樹 JPN ホンダ 2分13秒039 2分02秒833


写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-27 17:21 | モータースポーツ
小雨まじりのもてぎでいよいよ日本GPが始まりました。午前のフリーセッションでは小雨まじりのウェットコンディション。フリー走行1回目ではヘイデン選手がトップタイムをマークしました。ホンダのホームサーキットですから、レプソルホンダチーム気合が入っていますね。午後のセッションは路面も乾いたようで、予選で好調なストーナー選手がトップタイム、以下ペドロサ選手、ロッシ選手と続いています。トップ3が上位にきており明日の予選が楽しみですね。
b0077271_17344188.jpg

MotoGPフリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:48.121 21
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:48.194 24
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:48.510 24
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:48.770 26
5 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:48.779 23
6 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:48.794 23
7 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:48.800 24
8 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:48.945 19
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:48.974 25
10 R・ドプニエ ホンダLCR 1:49.149 25
11 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:49.190 24
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:49.197 24
13 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:49.344 22
14 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:49.424 24
15 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:49.505 21
16 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:49.664 23
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:50.131 24
18 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:50.158 23
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 1:50.879 19
 
MotoGPフリー走行1回目
1 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:59.773 21
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:59.892 22
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:00.589 18
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:00.696 21
5 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:00.859 19
6 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:00.996 23
7 T・エリアス チームアリーチェ 2:01.370 17
8 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:01.455 18
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:01.527 21
10 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:01.628 19
11 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:01.683 17
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:02.225 20
13 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:02.263 19
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:02.451 16
15 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 2:02.688 17
16 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.235 19
17 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.396 21
18 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:04.078 23
19 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:04.896 20

b0077271_17352263.jpg
さて、午前のフリー走行で2番手タイムをマークし、今までの不調を払拭するかの走りを見せた小山選手でしたが、午後の予選1回目では14位に終わってしまいました。ただトップタイムのオリベ選手とは1秒3差、あと1秒タイムを詰めれば4番手タイムを上回りますから、明日の予選2回目で渾身の走りを期待しましょう。

125cc予選1回目
1 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 2分02秒296
2 38 ブラッドリー・スミス GBR アプリリア 2分02秒422
3 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分02秒573
4 77 ドミニク・エジャーター SWI デルビ 2分02秒855
5 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分02秒884
6 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア 2分03秒005
7 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分03秒326
8 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア 2分03秒494
9 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分03秒507
10 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分03秒534
14 71 小山知良 JPN KTM 2分03秒694
24 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分05秒995
31 58 柳沢祐一 JPN ホンダ 2分08秒182
33 50 岩田裕臣 JPN ホンダ 2分08秒741
不通過 57 浪平伊織 JPN ホンダ 2分11秒083
不通過 62 渡辺一馬 JPN ホンダ 2分12秒067
不通過 59 尾野弘樹 JPN ホンダ 2分13秒039

b0077271_17353540.jpg
そして250ccクラス。こちらも午前のフリー走行で高橋選手が2番手タイムをマークし期待していました。結果は青山選手が4位、高橋選手が6位とまずまずの走りを見せています。
特にポールタイムから0.1秒以内に4ライダーが犇く混戦模様です。明日の青山選手、高橋選手の走りは要注目ですね。

250cc予選1回目
1 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 1分52秒807
2 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 1分52秒833
3 21 エクトル・バルベラ SPA アプリリア 1分52秒861
4 4 青山博一 JPN KTM 1分52秒902
5 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 1分53秒125
6 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 1分53秒157
7 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 1分53秒437
8 60 フリアン・シモン SPA KTM 1分53秒574
9 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ 1分53秒632
10 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 1分53秒658
16 66 富沢祥也 JPN ホンダ 1分54秒999
17 65 高橋巧 JPN ホンダ 1分55秒031
24 67 渡辺一樹 JPN ヤマハ 1分58秒290
25 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ 1分58秒973
27 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ 2分00秒329


写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-26 17:31 | モータースポーツ
ウェットコンディションの中スタートした中国GPは、ロッシ選手が今シーズン初優勝を決めました。スタートはストーナー選手でしたが、レースはロッシ選手とペドロサ選手のマッチレース、終盤ペースをあげたロッシ選手が往年の強さを見せた(まだそんな歳ではないですが)レースでした。こういうレースができるときのロッシ選手は安心して見ていられます。今年はこれからの反撃が期待できそうですね。
チャンピオンシップではペドロサ選手が81ポイントで単独トップに立ち、ロレンソ選手が74ポイント、ロッシ選手が72ポイント、ディフェンディングチャンピオンのストーナー選手は56ポイントで、トップから25ポイント差となっています。
b0077271_7534932.jpg
b0077271_754271.jpg
b0077271_7541531.jpg


決勝結果
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 44:08.061
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 3.890
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 15.928
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 22.494
5 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 26.957
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 28.369
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 29.780
8 T・エリアス チームアリーチェ + 30.225
9 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 31.440
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 35.969
11 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 36.246
12 J・トスランド テック3・ヤマハ + 43.191
13 R・ドプニエ ホンダLCR + 43.442
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 45.855
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 46.330
16 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 50.593
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 1:05.593
Did not finish
18 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 14 laps

250ccクラスでは、カリオ選手が優勝し、青山選手は2位に入りました。
b0077271_7543113.jpg

125ccクラスは、イアンノーネ選手がキャリア初優勝、小山選手は13位と沈んでいます。
今シーズン、調子が今一歩の小山選手、頑張ってください!
b0077271_7562036.jpg


写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-05 07:55 | モータースポーツ