思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:Jリーグ ( 18 ) タグの人気記事

b0077271_16433563.jpg雷の影響で試合開始が50分程度遅れた柏戦、前半開始から攻撃のリズムはよく柏陣に攻め込む展開でしたが、得点を奪うことはできず、逆に25、40分と柏に2点を奪われる悪い形で前半を終了してしまいました。
後半も一歩的に攻撃をしかけますが、得点をあげるまでにはいたらずに痛い敗戦です。オシム監督も観戦にきていましたから、代表へのアピール機会でしたが、このことが柏の若い選手を発奮させたのかもしれません。
名古屋グランパスは、開幕直後の勢いが無くなってしまったような気がします。あと一つのきっかけがあれば今日も勝利できたと思うのですが、その後一歩が難しいのがサッカーかもしれません。悪い試合内容ではないので次節に期待しましょう。

写真は http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-29 08:00 | 球技
名古屋グランパスがホームで連敗を止め、うれしい勝利をあげました。U22代表の本田圭選手もシリア戦の疲れも見せずに元気に先発出場し、前半の得点機にいいパスを通す活躍。
最近の勝ちパターンである追加点も先制してすぐに取ることができ、今日は安心してみていられる試合だったと思います。しかし後半は守備が乱れる場面もあり、まだ序盤戦の勢いが復活というところまではいっていないような気もしますが、まずは連敗脱出おめでとう!
b0077271_8353167.jpg

本田選手、ゴールを決めたアウエーのシリア戦から中2日。帰りの飛行機で爆睡する選手が続出した中、一睡もせずに時差ボケ解消に努めたそうです。前日20日の夜にチームに合流すると、フェルフォーセン監督に直訴して先発の座を勝ち取り、連敗を2で止めた指揮官も「特に本田をほめたい。途中交代?その選択肢はあまりなかった」と、20歳の若武者に最大限の賛辞を贈っていました。 
本田選手のコメント「後半は疲れがあったのか、イージーなミスとかあったけど…。僕は出るつもりだったし、必要とされた時はうれしかったですよ。大事な勝ち点3だったと思う」

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-21 20:24 | 球技
b0077271_16175717.jpg今日は、アウェイでの大宮アルティージャ戦でしたが、前半にとられた1点を取り返すことができずにJリーグ戦は連敗となってしまいました。
シュート数では、大宮を上回っていましたが、決定機を作り出すことは少なく、失点は1とここ数戦乱れていた守備は破綻しませんでしたが、今度は攻撃がいまひとつ。やはりサッカーというのはバランスが大切、なかなかチームの歯車が狂い掛けた状態を戻すことは難しいのですね。
しかし、4勝2敗の成績は十分にトップを狙うことができますから、トップ目指して頑張って欲しいですね。

写真は http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-15 08:37 | 球技
ついに連勝がストップしてしまいました。名古屋グランパスは序盤からパスがよくつながって圧倒的に攻めましたが、最後に守備陣が崩れ、逆転負けついにリーグ戦初黒星です。
b0077271_1642967.jpg

試合は、山口選手の先制ゴールではじまりましたが、すぐにウェズレィ(元グランパスの選手に決められるとムカッとしますね!)に同点ゴールを決められてしまい前半は終了。後半も増川選手のゴールでリードを奪いますが、すぐに追いつかれて、藤田選手のファール(退場)で与えたPKをまたまたウェズレィに決められ、金選手もレッドカードをもらって万事休すでした。
ナビスコの試合もそうでしたが、カウンター攻撃にちょっともろいような気がしますので、そのあたりの立て直しをすれば、攻撃のリズムはいいですからまた連勝街道を走れると思います。頑張れ、グランパスですね。

写真は http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-07 20:49 | 球技
ナビスコカップ連敗でチームの勢いが心配でしたが、終わってみれば2-1で横浜FCを撃破し開幕4連勝でトップをキープしています。先発に、本田(圭)、金、ヨンセンが入るとチームも締まった感じがしますね。試合は後半になって動きます。17分に先制されますが、すぐに同点に追いつき、またその直後に逆転ゴールを決める展開。その後は反撃を抑えて勝利です。
まだ、ガンバ大阪、浦和レッズなどの強豪との対戦はありませんが、今の調子であれば善戦間違いなし、このまま連勝街道を走り続けて欲しいものです。
b0077271_11104837.jpg

先発メンバー:
GK 楢崎正剛
DF 大森征之 竹内彬 増川隆洋 本田圭佑
MF 山口慶 藤田俊哉 金正友
FW 中村直志 ヨンセン 杉本恵太
得点:
後半 19分 杉本恵太
後半 21分 山口慶

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-01 16:32 | 球技
名古屋グランパスは、瑞穂陸上競技場にアルビレックス新潟を迎えての第3戦でした。試合は見ていないのでニュース速報の寸評からの判断ですが、序盤から高い支配率で試合を優位に進めたようで、前半33分ヨンセンが今季初得点を頭で決めて先制、後半24分には金正友の3試合連続となるゴールで突き放し快勝しましたとのことです。
勝ち点9はガンバ大阪と2チームのみ、得失点差でトップは守っています。3試合無失点はDFに怪我人が多い中、素晴らしいことです、このまま突っ走って欲しいですね。
b0077271_14185144.jpg
b0077271_20493545.jpg

写真は http://chuspo.chunichi.co.jp/grampus/ 
      http://www.sponichi.co.jp/index.html  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-18 17:34 | 球技
名古屋グランパスが2001年シーズン以来6年ぶりに開幕2連勝です。過去は延長による連勝キープでしたから、今年はかなり期待していいのではないでしょうか。試合前半は、一進一退展開でハーフタイムをむかえましたが、後半は甲府を圧倒して、5分に杉本選手からのクロスを金選手があわせてまず1点、そして34分には途中交代の玉田選手が試合を決定づけるゴールを決め、2-0で甲府に快勝しました。
心配な点は、米山選手の負傷退場です。スピラール選手(今期絶望!)に続いて、ただですら手薄なDFの負傷、大事に至らないことを祈るのみです。さて次節は、18日に瑞穂でアルビレックス新潟戦、地元で強いグランパスですから、3連勝は大いに期待できます。
b0077271_17393682.jpg

写真は http://chuspo.chunichi.co.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-11 12:47 | 球技
待ち遠しかったJ1、他チームから1日遅れで開幕を迎えた名古屋グランパス、ホームでの開幕戦はいいですね、でも東京在住者にはTV観戦しかないのでちょっとですが。
前半は、スコアレスの展開(どちらかというと押されていた!)でしたが、後半31分に杉本のパスを金正友、そして終了直前に本田圭佑が得点をあげて、ジェフ千葉を撃破し勝ち点3を獲得しました。
b0077271_21165671.jpg

得失点差が2ですから、順位も3位発進と絶好のポジションでのスタートです。昨日のレッズ、ガンバの試合を見る限り両チームとも展開、作戦面での連携は今一歩ですから、このままの勢い(まだ1試合ですが)を維持して上位争いを繰りひろげて欲しいですね。
第2節は甲府戦、ここでも勝利して波に乗りましょう。

先発メンバーは以下の通り(http://www.so-net.ne.jp/grampus/から)
GK 楢崎正剛(1)
DF 大森征之(4)スピラール(3)増川隆洋(16)本田圭佑(24)
MF 金正友(8) 藤田俊哉(10)山口慶(13)
FW 中村直志(7)ヨンセン(9)杉本恵太(19)

写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-04 18:43 | 球技
b0077271_1721341.jpg敵地(西京極)での京都戦、サンガは既にJ2降格が決定しているので、モチベーションはそれほど高くはないと思われましたが、試合はやってみないとわからないですね。前半12分にスピラールのゴールであげた1点を守りきって今期最終戦を白星で飾りました。
大分が破れたため、これで7位まで順位をアップして来シーズンを迎えます。7位といっても6位の鹿島との勝ち点差は大きいので、来シーズンは取りこぼしなく、また負けない試合を徹底していく必要があると思います。またシーズン後半から、ヨンセン選手が加入し、攻撃に形ができてきましたからその形をグランパスのものとする必要もあるかもしれません。
さて、来週は天皇杯で、鹿島と戦います。勝率の悪い鹿島スタジアムでの試合ですが、来シーズンを占う意味でもぜひ勝利して欲しいですね。

Jリーグ最終順位です

最後に、浦和レッズ優勝おめでとう! でも来年はグランパスだよ!!!

写真は http://chuspo.chunichi.co.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-12-02 17:18 | 球技
b0077271_20434215.jpgJリーグ33節は、瑞穂でのアビスパ戦でした。相手は残留争いの真っ只中、実力、チームの勢いではかなり差があると思いますが、ヨンセンが累積警告で出場できないなど、得点力がイマイチ状態でしたので、心配していましたが、結果は2-0で快勝でしたね。
前半31分に玉田が自ら倒されて得たPKを決めて先制。後半16分には流れるような速攻で藤田―杉本とつなぎ、最後は中村が決めました。福岡は相手の厚い守備網を破れず、シュート精度も低かったようです。
いい形でホーム最終戦を締めくくれたのではないかと思います。これで引き分けを挟んで4連勝、このまま最終戦も勝利して、カシマスタジアムでの天皇杯に勝利してほしいですね。
これで、本田選手も心配なくドーハのアジア大会に行くことができますね。アジア大会でも大暴れして欲しいですね。


写真は http://chuspo.chunichi.co.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-11-26 17:44 | 球技