思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:WGP・MotoGP ( 199 ) タグの人気記事

ウィリアムズF1チームが2009年シーズンへ向けてのドライバーラインナップを発表しました。今シーズンと同様、ニコ・ロズベルグ選手、中嶋一貴選手がレースドライバーを務め、オフィシャルテストドライバーも2年目のニコ・ハルケンベルグ選手が継続します。既定路線だったとはいえ、何がおこっても不思議のないF1の世界ですからとりあえずはよかったですね。これで来週の日本GPに全力投球できると思います。
フランク・ウィリアムズのコメント「2009年へ向けて、我々のドライバーとともに継続性を維持することができて嬉しく思っている。ニコ・ロズベルグはこのスポーツにおいて最も才能のあるドライバーの1人であり続けている。一貴は常に進歩しているし、さらに期待に応えられるだろう。ニコ・ハルケンベルグもよく成長している」
b0077271_812378.jpg
一方MotoGPでもライダーライアップが続々発表されています。ホンダチームもその体制が発表され、高橋裕紀選手が250ccからステップアップ(チーム・スコットから参戦)することは決定していましたが、中野真矢選手はエリアス選手のグレッシーニ・チームへの移籍が決定しましたので、シートを失うことが確定しました。ホンダチーム以外への移籍が望まれます、来期も中野選手のMおとGPでのライディング、見たいですね。

写真は http://news2.as-

web.jp/contents/news_page2.php?news_no=17463&cno=1
 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-03 08:25 | モータースポーツ
ロッシ選手が見事な優勝を飾り2008年MotoGPクラスのチャンピオンを決定しました。このレースで3位以内の入賞でチャンピオン決定のロッシ選手でしたが、レースではスタートこそ出遅れ気味でしたが、ロレンソ選手、ペドロサ選手を序盤でかわしてストーナー選手との一騎打ち。そしてそのストーナー選手も終盤にかわすと後はリードを広げて通算70勝目! 125、250ccクラスをあわせると8度目のWGP王者獲得です。ウィニングランでは腕に8の文字の入ったTシャツをきて、喜びを爆発していました。期待していた中野選手は8位にとどまってしまいました。
b0077271_20544224.jpg
b0077271_2175862.jpg
b0077271_16365724.jpg
b0077271_2055355.jpg
b0077271_1637578.jpg


MotoGP決勝結果
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 43:09.599
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 1.943
3 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 4.866
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 6.165
5 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 24.593
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 25.685
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 25.918
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 26.003
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 26.219
10 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 37.131
11 J・トスランド テック3・ヤマハ + 37.574
12 R・ドプニエ ホンダLCR + 38.020
13 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 39.768
14 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 45.846
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 55.748
16 T・エリアス チームアリーチェ + 59.320
17 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 1:12.398
Did not finish
18 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 8 laps
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ + 24 laps

b0077271_20552266.jpg
b0077271_2182048.jpg

b0077271_21163698.jpg
250ccクラス、青山選手、高橋選手の走りに期待しましたが両ライダーとも優勝争いには絡むことができずにそれぞれ6位、9位に終わってしまいました。優勝は終始トップを走りきったシモンチェリ選手でした。

250cc決勝結果
1 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 43分09秒385
2 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア (0秒348)
3 6 アレックス・デボン SPA アプリリア (8秒414)
4 60 フリアン・シモン SPA KTM (9秒151)
5 36 ミカ・カリオ FIN KTM (17秒041)
6 72 高橋裕紀 JPN ホンダ (19秒632)
7 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア (19秒892)
8 75 マティア・パッシーニ ITA アプリリア (20秒442)
9 4 青山博一 JPN KTM (22秒303)
10 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ (22秒387)
11 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア (32秒851)
12 52 ルーカス・ペセック CZE アプリリア (48秒621)
13 14 ラタパー・ウィライロー THA ホンダ (48秒803)
14 66 富沢祥也 JPN ホンダ (49秒572)
15 32 ファブリツィオ・ライ ITA ジレラ (58秒045)
17 65 高橋巧 JPN ホンダ (1分15秒062)
21 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ (22周走行)
23 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ (20周走行)


b0077271_16374638.jpg
b0077271_20555039.jpg
b0077271_2185355.jpg
125cc決勝はスタート直後に多数のライダーがコースアウトするアクシデントがありましたが、トップ争いはポイント上位のライダーで行われ、ブラドル選手が優勝しました。小山選手もスタート直後は上位争いに顔を出していましたが結局11位に終わっています。

125cc決勝結果
1 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 39分57秒228
2 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ (0秒151)
3 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア (0秒281)
4 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ (5秒945)
5 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア (6秒072)
6 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア (6秒135)
7 24 シモーネ・コルシ ITA アプリリア (6秒455)
8 45 スコット・レディング GBR アプリリア (25秒393)
9 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア (25秒537)
10 99 ダニー・ウェッブ GBR アプリリア (26秒192)
11 71 小山知良 JPN KTM (27秒307)
12 35 ラファエレ・デ・ロサ ITA KTM (39秒536)
13 73 中上貴晶 JPN アプリリア (43秒745)
14 7 エフレン・ヴァスケス SPA アプリリア (51秒629)
15 5 アレックス・マスボー FRA ロンシン (51秒899)
22 58 柳沢祐一 JPN ホンダ (59秒926)
24 59 尾野弘樹 JPN ホンダ (1分14秒883)
-- 62 渡辺一馬 JPN ホンダ (16周走行)
-- 57 浪平伊織 JPN ホンダ (11周走行)
-- 50 岩田裕臣 JPN ホンダ (10周走行)



写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-28 16:38 | モータースポーツ
快晴とまではいかないまでも太陽が顔をだした「もてぎ」で日本GPの予選が行われました。タイトルを争うロッシ選手、ストーナー選手、そしてペドロサ選手にそれぞれのチームメイトが絡んで久々に実力あるライダー/ワークスチームがトップ5を独占する予選結果となりました。
4位のロッシ選手までは0.5秒という僅差ですから決勝でもドグファイトにようるトップ争いが期待できそうです。
b0077271_17217100.jpg
b0077271_17211685.jpg
b0077271_17212570.jpg
b0077271_17213469.jpg
b0077271_17214265.jpg


MotoGP予選結果
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:45.543
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:45.831
3 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:45.971
4 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:46.060
5 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:46.303
6 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:46.450
7 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:46.496
8 R・ドプニエ ホンダLCR 1:46.554
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:46.616
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:46.863
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:46.888
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:46.904
13 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:46.907
14 T・エリアス チームアリーチェ 1:46.958
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:47.400
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:47.475
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:47.669
18 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:47.680
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 1:48.671

b0077271_17281610.jpg
250ccクラスでは、青山選手が今シーズン初となる2位、フロントローからのスタートとなります。また高橋選手も8位、2列目からのスタートです。ぜひ表彰台の高いところを狙って欲しいですね。

250cc予選結果
1 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 1分52秒833 1分51秒473
2 4 青山博一 JPN KTM 1分52秒902 1分51秒719
3 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 1分52秒807 1分51秒758
4 36 ミカ・カリオ FIN KTM 1分54秒043 1分51秒765
5 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 1分53秒125 1分51秒821
6 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 1分53秒437 1分51秒973
7 60 フリアン・シモン SPA KTM 1分53秒574 1分52秒033
8 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 1分53秒157 1分52秒197
9 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 1分53秒658 1分52秒228
10 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ 1分53秒632 1分52秒259
14 66 富沢祥也 JPN ホンダ 1分54秒999 1分53秒289
17 65 高橋巧 JPN ホンダ 1分55秒031 1分53秒660
23 67 渡辺一樹 JPN ヤマハ 1分58秒290 1分56秒587
24 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ 1分58秒973 1分57秒053
26 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ 2分00秒329 1分57秒451


b0077271_17283172.jpg
125ccはメッリオ選手が自身初めてのポールポジションを獲得しました。期待した小山選手ですが11位、しかし表情は明るかったので明日は頑張ってくれるでしょう。

125cc予選結果
1 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分02秒573 1分58秒678
2 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分03秒507 1分59秒059
3 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア 2分03秒005 1分59秒104
4 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア 2分03秒494 1分59秒132
5 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分03秒326 1分59秒179
6 45 スコット・レディング GBR アプリリア 2分04秒746 1分59秒351
7 77 ドミニク・エジャーター SWI デルビ 2分02秒855 1分59秒463
8 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分02秒884 1分59秒562
9 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分03秒534 1分59秒565
10 33 セルジオ・ガデア SPA アプリリア 2分03秒673 1分59秒695
11 71 小山知良 JPN KTM 2分03秒694 1分59秒739
20 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分05秒995 2分00秒434

26 57 浪平伊織 JPN ホンダ 2分11秒083 2分01秒944
27 50 岩田裕臣 JPN ホンダ 2分08秒741 2分01秒946
32 58 柳沢祐一 JPN ホンダ 2分08秒182 2分02秒488
34 62 渡辺一馬 JPN ホンダ 2分12秒067 2分02秒708
35 59 尾野弘樹 JPN ホンダ 2分13秒039 2分02秒833


写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-27 17:21 | モータースポーツ
小雨まじりのもてぎでいよいよ日本GPが始まりました。午前のフリーセッションでは小雨まじりのウェットコンディション。フリー走行1回目ではヘイデン選手がトップタイムをマークしました。ホンダのホームサーキットですから、レプソルホンダチーム気合が入っていますね。午後のセッションは路面も乾いたようで、予選で好調なストーナー選手がトップタイム、以下ペドロサ選手、ロッシ選手と続いています。トップ3が上位にきており明日の予選が楽しみですね。
b0077271_17344188.jpg

MotoGPフリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:48.121 21
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:48.194 24
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:48.510 24
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:48.770 26
5 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:48.779 23
6 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:48.794 23
7 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:48.800 24
8 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:48.945 19
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:48.974 25
10 R・ドプニエ ホンダLCR 1:49.149 25
11 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:49.190 24
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:49.197 24
13 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:49.344 22
14 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:49.424 24
15 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:49.505 21
16 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:49.664 23
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:50.131 24
18 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:50.158 23
19 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 1:50.879 19
 
MotoGPフリー走行1回目
1 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:59.773 21
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:59.892 22
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 2:00.589 18
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 2:00.696 21
5 S・ギュントーリ チームアリーチェ 2:00.859 19
6 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 2:00.996 23
7 T・エリアス チームアリーチェ 2:01.370 17
8 A・ウエスト カワサキ・レーシング 2:01.455 18
9 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 2:01.527 21
10 C・バーミューレン リズラ・スズキ 2:01.628 19
11 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 2:01.683 17
12 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 2:02.225 20
13 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 2:02.263 19
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 2:02.451 16
15 秋吉耕佑 リズラ・スズキ 2:02.688 17
16 L・カピロッシ リズラ・スズキ 2:03.235 19
17 R・ドプニエ ホンダLCR 2:03.396 21
18 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 2:04.078 23
19 J・トスランド テック3・ヤマハ 2:04.896 20

b0077271_17352263.jpg
さて、午前のフリー走行で2番手タイムをマークし、今までの不調を払拭するかの走りを見せた小山選手でしたが、午後の予選1回目では14位に終わってしまいました。ただトップタイムのオリベ選手とは1秒3差、あと1秒タイムを詰めれば4番手タイムを上回りますから、明日の予選2回目で渾身の走りを期待しましょう。

125cc予選1回目
1 6 ジョアン・オリベ SPA デルビ 2分02秒296
2 38 ブラッドリー・スミス GBR アプリリア 2分02秒422
3 63 マイク・ディ・メッリオ FRA デルビ 2分02秒573
4 77 ドミニク・エジャーター SWI デルビ 2分02秒855
5 44 ポル・エスパルガロ SPA デルビ 2分02秒884
6 18 ニコラス・テロール SPA アプリリア 2分03秒005
7 1 ガボール・タルマクシ HUN アプリリア 2分03秒326
8 11 サンドロ・コルテセ GER アプリリア 2分03秒494
9 17 ステファン・ブラドル GER アプリリア 2分03秒507
10 29 アンドレア・イアンノーネ ITA アプリリア 2分03秒534
14 71 小山知良 JPN KTM 2分03秒694
24 73 中上貴晶 JPN アプリリア 2分05秒995
31 58 柳沢祐一 JPN ホンダ 2分08秒182
33 50 岩田裕臣 JPN ホンダ 2分08秒741
不通過 57 浪平伊織 JPN ホンダ 2分11秒083
不通過 62 渡辺一馬 JPN ホンダ 2分12秒067
不通過 59 尾野弘樹 JPN ホンダ 2分13秒039

b0077271_17353540.jpg
そして250ccクラス。こちらも午前のフリー走行で高橋選手が2番手タイムをマークし期待していました。結果は青山選手が4位、高橋選手が6位とまずまずの走りを見せています。
特にポールタイムから0.1秒以内に4ライダーが犇く混戦模様です。明日の青山選手、高橋選手の走りは要注目ですね。

250cc予選1回目
1 6 アレックス・デボン SPA アプリリア 1分52秒807
2 58 マルコ・シモンチェリ ITA ジレラ 1分52秒833
3 21 エクトル・バルベラ SPA アプリリア 1分52秒861
4 4 青山博一 JPN KTM 1分52秒902
5 19 アルバロ・バウティスタ SPA アプリリア 1分53秒125
6 72 高橋裕紀 JPN ホンダ 1分53秒157
7 55 エクトル・ファウベル SPA アプリリア 1分53秒437
8 60 フリアン・シモン SPA KTM 1分53秒574
9 15 ロベルト・ロカテリ ITA ジレラ 1分53秒632
10 41 アレイックス・エスパルガロ SPA アプリリア 1分53秒658
16 66 富沢祥也 JPN ホンダ 1分54秒999
17 65 高橋巧 JPN ホンダ 1分55秒031
24 67 渡辺一樹 JPN ヤマハ 1分58秒290
25 68 伊藤勇樹 JPN ヤマハ 1分58秒973
27 69 遠藤卓実 JPN ヤマハ 2分00秒329


写真は http://www.motogp.com/ja/MotoGP から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-26 17:31 | モータースポーツ
インディアナポリスで始めて開催されたアメリカGPはハリケーンの影響で好コンディションではありませんでしたが無事に終了し、ロッシ選手がその貫禄を示して優勝です。
地元期待のヘイデン選手が2位にはいり、チャンピオン争いを繰り広げているストーナー選手は4位にはいって2戦連続転倒という悪い流れは断ち切りましたが、ロッシ選手とのポイント差はまた開いてしまいました。
b0077271_1622080.jpg
b0077271_1623086.jpg
b0077271_1623940.jpg



決勝結果
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 37:20.095
2 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 5.972
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 7.858
4 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 28.162
5 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 28.824
6 B・スピーズ リズラ・スズキ + 29.645
7 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 36.223
8 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 37.258
9 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 38.442
10 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 42.437
11 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 47.179
12 T・エリアス チームアリーチェ + 55.962
13 R・ドプニエ ホンダLCR + 57.366
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 58.353
15 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 1:00.613
16 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 1:05.620
17 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 1:05.854
18 J・トスランド テック3・ヤマハ + 1:07.968
19 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 1:21.023


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-15 09:06 | モータースポーツ
アメリカGPの予選はロッシ選手がポールを獲得して、ストーナー選手の連続ポール獲得記録をストップさせました。ただしその差は0.1秒もなく、決勝はこの2人のライダーでの熾烈な争いが期待できます。
b0077271_9144261.jpg

今回はストーナー選手も転倒は避けたいと考えているでしょうから、最終ラップまでぜひこの2人のライダーを中心としたドグファイトが見れるようなレースになってほしいですね。


公式予選
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:40.776
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:40.860
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:41.177
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:41.271
5 B・スピーズ リズラ・スズキ 1:41.464
6 R・ドプニエ ホンダLCR 1:41.492
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:41.744
8 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:41.754
9 T・エリアス チームアリーチェ 1:41.886
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:41.897
11 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:41.934
12 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:41.969
13 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:42.305
14 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:42.405
15 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:42.551
16 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:42.673
17 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:42.732
18 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:43.807
19 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:43.931


写真は http://www.motogp.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-14 09:13 | モータースポーツ
MotoGP初めての開催となるインディアナポリスでのアメリカGP第1日は、ウェットコンディションの中で行われカワサキのウエスト選手がトップタイムをマークしました。
連続ポールポジション獲得中のストーナー選手は派手な転倒もありましたが、1回目は3位、2回目は8位につけています。また来シーズンからはストーナー選手の相棒となrことが決定したヘイデン選手、地元開催で怪我を克服してのアタックでしたが8位、14位に終わっています。
b0077271_1015024.jpg
b0077271_102768.jpg

フリー走行2回目
1 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:54.274
2 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:55.032
3 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:55.067
4 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:55.425
5 B・スピーズ フィアット・ヤマハ 1:55.869
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:56.225
7 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:56.313
8 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:56.458
9 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:56.782
10 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:57.534
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:58.335
12 R・ドプニエ ホンダLCR 1:58.382
13 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:58.399
14 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:58.546
15 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:58.600
16 T・エリアス チームアリーチェ 1:59.059
17 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:59.092
18 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:59.478
19 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:59.661

フリー走行1回目
1 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:53.034
2 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:53.151
3 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:53.190
4 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:53.704
5 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:53.715
6 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:53.771
7 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:53.850
8 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:53.931
9 B・スピーズ レプソル・ホンダ 1:54.297
10 T・エリアス チームアリーチェ 1:54.616
11 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:54.795
12 R・ドプニエ ホンダLCR 1:55.072
13 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:55.074
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:55.292
15 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:55.731
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:56.125
17 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:56.271
18 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:56.345
19 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:56.851


写真は http://www.motogp.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-13 10:02 | モータースポーツ
前戦のチェコGPを見ているような錯覚に陥ってしまった前半の数ラップでした。今回もポールからストーナー選手がクリーンスタートしロッシ選手以下を引き離していきました。そしてまたまた7周目に転倒してしまいあえなくリタイアしてしまいました。後でわかったことですがストーナー選手は手首を骨折しているようです。そのためライディングが安定していないのですね。
レースはその後、淡々と進み、ロッシ選手が今シーズン6勝目、最高峰クラス通算68勝目を挙げ、ジャコモ・アゴスティーニ氏の記録に並びました。
b0077271_1205061.jpg
b0077271_1205984.jpg

決勝
1 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 44:41.884
2 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 3.163
3 T・エリアス チームアリーチェ + 11.705
4 D・ペドロサ レプソル・ホンダ + 17.470
5 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 23.409
6 J・トスランド テック3・ヤマハ + 26.208
7 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 26.824
8 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 27.591
9 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 33.169
10 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 36.529
11 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 42.081
12 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 43.808
13 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 54.874
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 55.154
Did not finish
15 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 21 laps
16 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 26 laps
17 R・ドプニエ ホンダLCR + 28 laps

250ccクラスでは、高橋裕紀選手が久々に2位表彰台をゲットです。今シーズンは青木博一選手、小山知良選手など日本人ライダーが昨年と比較すると大不振です。高橋選手の復活に拍手しましょう。
b0077271_121184.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-

sports
 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-01 12:08 | モータースポーツ
この人のフリー走行、予選での早さは別物なのでしょうか、ストーナー選手がフリー走行3回目もトップタイムをマークし、予選も最後のアタックで1分33秒378のタイムを記録して、ロッシ選手を逆転してのポールポジション獲得です。
一方地元開催でヘルメットデザインも地元バージョンのロッシ選手、0.5秒離されましたが2番手、フロントローを確保しました。
b0077271_811569.jpg
b0077271_8111890.jpg

最近不調なのがレプソル・ホンダのワークスホンダです。2人のライダーが怪我上がりということを差し引いてもホンダ勢のトップをドプニエ選手に奪われてペドロサ選手が6番手からのスタートとなります。中野選手も頑張って8番手からのスタート、スタートで前回のように他のバイクと絡まなければ表彰台を狙えるポジションだと思います。

公式予選
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:33.378
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:33.888
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:33.964
4 R・ドプニエ ホンダLCR 1:34.236
5 T・エリアス チームアリーチェ 1:34.322
6 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:34.398
7 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:34.461
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:34.494
9 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:34.652
10 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:34.795
11 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:34.926
12 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:34.961
13 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:35.153
14 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:35.381
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:35.418
16 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:35.584
17 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:35.980
18 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:37.047

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-31 08:11 | モータースポーツ
ロッシ選手の地元での開催となるサンマリノGP。初日のフリー走行が行われここ数戦、フリー走行、予選ではほとんど常にトップタイムをマークしているストーナー選手がここサンマリノでもトップタイムをマークしました。
ロッシ選手、1回目は5位と出遅れ気味でしたが、2回目はしっかりと2番手タイムをマークしています。前戦で4位入賞をはたした中野選手ですが、10、9番手とまずまずのタイムをマークしています。
b0077271_8353286.jpg
b0077271_836597.jpg
フリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:34.806 20
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:35.224 27
3 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:35.377 29
4 R・ドプニエ ホンダLCR 1:35.620 27
5 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:35.743 27
6 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:35.766 27
7 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:35.861 23
8 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:35.913 24
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:36.100 27
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:36.105 23
11 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:36.189 24
12 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:36.219 29
13 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:36.356 26
14 T・エリアス チームアリーチェ 1:36.425 23
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:36.619 25
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:37.096 22
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:38.239 25

フリー走行1回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:35.422 24
2 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:35.424 24
3 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:36.145 26
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:35.375 29
5 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:36.464 27
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:36.518 25
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:36.602 26
8 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:36.608 24
9 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:36.740 22
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:36.883 25
11 T・エリアス チームアリーチェ 1:37.099 26
12 R・ドプニエ ホンダLCR 1:37.196 25
13 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:37.355 27
14 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:37.380 27
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:37.534 28
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:37.669 22
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:37.929 26

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-30 08:36 | モータースポーツ