思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ウェットレースとなった中国GPはレッドブルチームのワンツゥフィニッシュという結果に終わりました。
結果は → http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2722
b0077271_1923554.jpg
b0077271_1924458.jpg
b0077271_8283736.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-04-19 18:29 | モータースポーツ
今年好調のレッドブルがPPと3番手、アロンソがフロントローに入りました。
b0077271_911197.jpg
グリッドはこちら→http://f1.gpupdate.net/ja/raceresults.php?racepartID=2721
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-04-18 17:00 | モータースポーツ
ブラウンGPの速さは決勝レースでも変わりませんでした。スタートでバリチェロ選手は遅れてしまいますが、バトン選手はトップを譲らず、2位に浮上したヴェッテル選手との差を広げていき、何かトラブルがない限りそのポジションは奪われることはないという言葉が当てはまるほどの安定した走行でした。途中セーフティカーが入った後の再スタートも問題なくこなし完勝といってよいレースだったと思います。
b0077271_21264453.jpg
b0077271_21265333.jpg
b0077271_2127182.jpg

残念だったのは、ヴェッテル選手ではないでしょうか。スタートから2位をキープして安定した走りを魅せていましたが、残り3周となったとき、猛追してきたクビサ選手とサイドバイサイドの争いとなり接触し、2台ともマシンにダメージ! 結局両者素晴らしいレースをしていながらノーポイントに終わっています。
反対に、予選終了時にリアウィングの規定違反でピットスタートとなったトヨタチームですが、トゥルーリ選手が3位表彰台をゲットしました。来週のセパンはトヨタ得意のコースですから、何か大きなドラマを期待してしまいますね。マクラーレン、フェラーリはそれぞれ見せ場を作ることはできずに上位陣の脱落でハミルトン選手が何とか4位を確保するにとどまっています。
オーストラリアGP結果
1 J・バトン ブラウンGP 1:34:15.784
2 R・バリチェロ ブラウンGP + 0.807
3 J・トゥルーリ トヨタ + 1.604
4 L・ハミルトン マクラーレン + 2.914
5 T・グロック トヨタ + 4.435
6 F・アロンソ ルノー + 4.879
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 5.722
8 S・ブエミ トロロッソ + 6.004
9 S・ボーデ トロロッソ + 6.298
10 A・スーティル フォースインディア + 6.335
11 N・ハイドフェルド BMW + 7.085
12 G・フィジケラ フォースインディア + 7.374
13 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
Did not finish
14 S・ヴェッテル レッドブル + 2 laps
15 R・クビサ BMW + 3 laps
16 K・ライコネン フェラーリ + 3 laps
17 F・マッサ フェラーリ + 12 laps
18 N・ピケ・ジュニア ルノー + 34 laps
19 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 41 laps
20 H・コヴァライネン マクラーレン + 55 laps

PS:3輪になって走るヴェッテル選手の姿をみて、あのジル・ビルニューヴ選手を思い出してしまいました。ビルニューヴ選手も1979年の確かオランダGPでパンクで後輪がバースト状態でもあきらめずにピット目指して走ったと記憶しています。
b0077271_21273454.jpg
b0077271_21274212.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sportshttp://f1-facts.com/gallery/r/325 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-29 18:32 | モータースポーツ
昨日のフリー走行から好調なブラウンGPがなんとフロントロー独占の快挙です。予選Q2でもトップタイムをマークしていましたから、ここ一番のタイムも最速なら、ある程度燃料をつんだ状態でも速いということで明日の決勝もかなり期待ができると言えます。
同じくフリー走行で好調だったウィリアムズですが、ロズベルグ選手は5番手、中嶋選手はQ2を通過できずに13番手に終わってしまいました。また今年にかける意気込みは過去最高と思えるトヨタですが、グロック選手が6番手、トゥルーリ選手は8番手とちょっと物足りないポジションです。
そしてセカンドローは今売り出し中のヤングドライバー、ヴェッテル選手とクビサ選手が入っています。決勝でブラウンGPにどこまで迫ることができるか注目ですね。
b0077271_17202100.jpg
b0077271_1720837.jpg
b0077271_17201465.jpg
b0077271_17202083.jpg
b0077271_1720269.jpg
その一方で昨年の2強は散々な予選となってしまいました。フェラーリはQ3に進出しましたが、ポール争いに顔をだすことはできず、マクラーレンにいたってはあえなくQ2で脱落です。ハミルトン選手は特に深刻でQ2進出タイムも15番手、Q2はギアポックストラブルで走れずと明日の決勝に向けての建て直しに全てがかかっています。
昨年までの「赤銀」対決はすっかり様変わりし、今年は誰が勝ってもおかしくないF1となりそうです。この中に佐藤琢磨選手がいないことが残念ですが、みていてハラハラドキドキのオーストラリアGPとなりそうです。


公式予選結果
1 J・バトン ブラウンGP 1:26.202
2 R・バリチェロ ブラウンGP 1:26.505
3 S・ヴェッテル レッドブル 1:26.830
4 R・クビサ BMW 1:26.914
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.973
6 T・グロック トヨタ 1:26.975
7 F・マッサ フェラーリ 1:27.033
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:27.127
9 K・ライコネン フェラーリ 1:27.163
10 M・ウェーバー レッドブル 1:27.246
11 N・ハイドフェルド BMW 1:25.504
12 F・アロンソ ルノー 1:25.605
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:25.607
14 H・コヴァライネン マクラーレン 1:25.726
15 L・ハミルトン マクラーレン no time
16 S・ブエミ トロロッソ 1:26.503
17 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:26.598
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:26.677
19 A・スーティル フォースインディア 1:26.742
20 S・ブルデー トロロッソ 1:26.964
 

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-28 17:20 | モータースポーツ
いよいよオーストラリア、メルボルン・アデレードで2009年のF1が開幕しました。フリー走行初日は午前、午後と2回のセッションが行われ、午前1回目のセッションで中島一貴選手が2番手タイムをマークしました。2回目は7番手タイムとなりましたが、僚友のロズベルグ選手は1、2回目ともトップタイム! ウィリアムズのマシンは好調のようですからフル参戦2年目の今年は表彰台を狙いたいと宣言していました中島選手、その宣言は開幕初戦で成し遂げられるかもしれません。
初日好調のマシンはウィリアムズ、ブラウン、そしてトヨタ。そのいずれもディフューザー問題で抗議を受けていたチーム(合法という裁定がでています)というのが面白いですね。やはりかなり効果があるといえるのでしょうか?
またこの3チームにレッドブルを加えた4チームで初日のベスト8を独占しています。個人的に注目しているヴェッテル選手は午前中がマシントラブル、午後はスピンとマシンを乗りこなすことに不安がありますが、トップのロズベルグ選手とは1秒以内のタイム差ですから、明日の予選では一発タイムを出してくれそうです。
一方で下位に沈んだマクラーレン、フォースインディアにも先を越されたフェラーリ、BMWチームはちょっと心配ですね。
b0077271_17134160.jpg
b0077271_17152389.jpg
b0077271_17153381.jpg
b0077271_17154153.jpg
b0077271_17155027.jpg



2回目結果
1 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.053 36
2 R・バリチェロ ブラウンGP 1:26.157 38
3 J・トゥルーリ トヨタ 1:26.350 42
4 M・ウェーバー レッドブル 1:26.370 30
5 J・バトン ブラウンGP 1:26.374 38
6 T・グロック トヨタ 1:26.443 42
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:26.560 33

8 S・ヴェッテル レッドブル 1:26.740 19
9 A・スーティル フォースインディア 1:27.040 29
10 F・マッサ フェラーリ 1:27.064 35
11 K・ライコネン フェラーリ 1:27.204 32
12 F・アロンソ ルノー 1:27.232 28
13 G・フィジケラ フォースインディア 1:27.282 32
14 N・ハイドフェルド BMW 1:27.317 34
15 R・クビサ BMW 1:27.398 36
16 S・ブルデー トロロッソ 1:27.479 36
17 H・コヴァライネン マクラーレン 1:27.802 35
18 L・ハミルトン マクラーレン 1:27.813 31
19 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:27.828 35
20 S・ブエミ トロロッソ 1:28.076 33
1回目結果
1 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.687 19
2 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:26.736 21
3 K・ライコネン フェラーリ 1:26.750 24
4 R・バリチェロ ブラウンGP 1:27.226 21
5 H・コヴァライネン マクラーレン 1:27.453 15
6 J・バトン ブラウンGP 1:27.467 12
7 F・マッサ フェラーリ 1:27.642 24
8 T・グロック トヨタ 1:27.710 24
9 A・スーティル フォースインディア 1:27.993 20
10 F・アロンソ ルノー 1:28.123 16
11 N・ハイドフェルド BMW 1:28.137 20
12 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.142 21
13 R・クビサ BMW 1:28.511 22
14 G・フィジケラ フォースインディア 1:28.603 16
15 S・ブエミ トロロッソ 1:28.785 27
16 L・ハミルトン マクラーレン 1:29.042 18
17 M・ウェーバー レッドブル 1:29.081 7
18 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:29.461 25
19 S・ブルデー トロロッソ 1:29.499 21
20 S・ヴェッテル レッドブル 1:32.784 4


写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-27 17:16 | モータースポーツ
週末のオーストラリアGPで2009年シーズンのF1が開幕します。FIAから最終のエントリーリストが発表されました。ほとんど以前に発表されてものとは変わりませんが、フェラーリおよびトロロッソの両チームがドライバーのナンバーを入れ替えています。通常若いナンバーのドライバーがNo.1扱いされますからフェラーリはマッサ選手をNo.1扱いでシーズンを戦うことなのかちょっと注目ですね。
また今年から日本GPは鈴鹿に戻ってきます。富士もよかったですが、F1は鈴鹿(1980年代以降のF1ファンにとっては)というイメージが強いと思います。チャンピオン決定の方法が変わった2009年、鈴鹿がチャンピオン決定の舞台となるか、そんな楽しみを今感じています。
b0077271_14473816.jpg
b0077271_14474587.jpg

エントリーリスト
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス

1 ルイス・ハミルトン
2 ヘイッキ・コヴァライネン
スクーデリア・フェラーリ・マルボロ
3 フェリペ・マッサ
4 キミ・ライコネン
BMWザウバーF1チーム
5 ロベルト・クビサ
6 ニック・ハイドフェルド
INGルノーF1チーム
7 フェルナンド・アロンソ
8 ネルソン・ピケ
パナソニック・トヨタ・レーシング
9 ヤルノ・トゥルーリ
10 ティモ・グロック
スクーデリア・トロロッソ・フェラーリ
11 セバスチャン・ブルデー
12 セバスチャン・ブエミ
レッドブル・レーシング・ルノー
14 マーク・ウェーバー
15 セバスチャン・ヴェッテル
AT&Tウィリアムズ・トヨタ
16 ニコ・ロズベルグ
17 中嶋一貴
フォースインディアF1チーム・メルセデス
18 エイドリアン・スーティル
19 ジャンカルロ・フィジケラ
ブラウンGPフォーミュラワンチーム・メルセデス
20 ジェンソン・バトン
21 ルーベンス・バリチェロ


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-25 12:48 | モータースポーツ
先週のバルセロナに続き、ヘレスでのプレシーズン最後のF1合同テストが行われました。参加したのはブラウンGP、ルノー、マクラーレン、ウィリアムズの4チームでした。
ブラウンGPは先週の好調さを持続しており、異なるサーキットでも速さを見せつけています。今年のF1台風の目となりそうです。その一方でマクラーレンは不調です。テスト中にマシンのベースに改造を加えた模様で最終日には17秒台のタイムをマークし、やっと開幕に間に合ったかなという印象です。また最終日には中島選手がコースレコードをマークしています。
今シーズンはレギュレーションがかなり変更となり、チーム間の格差はあまりないように思います。オーストラリアGPは予選から火花ちる争いがみれそうです。
フジTV → http://www.fujitv.co.jp/f1gp/index.html
b0077271_10134217.jpg
b0077271_10135488.jpg
b0077271_101435.jpg
b0077271_10141297.jpg

5日目
1 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:17.494 102
2 H・コヴァライネン マクラーレン 01:17.946 84
4日目
1 H・コヴァライネン マクラーレン 01:18.202 79
2 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.023 103
3日目
1 J・バトン ブラウンGP 01:17.844 114
2 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:18.071 66
3 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:18.382 133
4 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.121 121
2日目
1 F・アロンソ ルノー 01:18.343 99
2 R・バリチェロ ブラウンGP 01:18.398 62
3 J・バトン ブラウンGP 01:18.892 12
4 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.513 85
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:19.783 123
初日
1 R・バリチェロ ブラウンGP 01:19.236 102
2 F・アロンソ ルノー 01:19.895 40
3 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:20.013 69


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-20 09:56 | モータースポーツ
世界モータースポーツ協議会(WMSC)がパリの本部で会合を開き、F1の商業件を持つバーニー・エクレストンが提唱したF1チャンピオン決定ルール変更について話し合いを行いました。その結果、F1チャンピオンはその年の最多勝ドライバーとの決定がなされました。ただし、同時に提案されていたメダルの授与は却下された模様です。
b0077271_819504.jpg

年間順位、コンストラクター順位などは従来と同様にポイント制となりますし、勝利数が同じドライバーが複数いた場合は獲得ポイントによってタイトルが決定するため、常に上位を獲得する一貫性は今後も変わらず重要となります。
もしこの方式が2008年に導入されていると年間6勝のマッサ選手が5勝のハミルトン選手を逆転してチャンピオンになっていたわけですね。接戦の場合、いろいろ問題を起こしそうですが、見ているファンからすれば勝ち負けがはっきりするレース(チャンピオン争いをしているドライバーの2位狙いが減る?)が増えますから、歓迎なのかもしれません。

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-18 08:21 | モータースポーツ
ブラウンGPの速さは本物なのかもしれません。バルセロナテスト3日目で予選シミュレーションテストとはいえバトン選手が1分19秒台のタイムをマークしたのに続き、最終日はバリチェロ選手が1人だけ1分18秒台のタイムをマークです。テストですから燃料搭載量やテスト項目の違いによりタイムを比較することは無意味ですが、18秒台という秀逸なタイムをマークできるブラウンGPのニューマシンは一流といっていいのかもしれません。反対にマクラーレンは未だ本調子ではない様子、今年のF1は面白くなりそうです。
b0077271_8244418.jpg
b0077271_8245947.jpg

最終日結果
1 R・バリチェロ ブラウンGP 01:18.926 110
2 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:19.774 120
3 T・グロック トヨタ 01:20.091 128
4 S・ヴェッテル レッドブル 01:20.576 83
5 F・アロンソ ルノー 01:20.664 64
6 F・マッサ フェラーリ 01:20.677 92
7 R・クビサ BMW 01:20.740 134
8 L・ハミルトン マクラーレン 01:20.869 70
9 S・ブエミ トロロッソ 01:21.013 62
10 G・フィジケラ フォースインディア 01:21.045 141
11 S・ボーデ トロロッソ 01:21.629 27


写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-13 07:20 | モータースポーツ
バルセロナで開催されているF1合同テストも3日を経過し残すはあと1日、そしてこのテストから参戦しているブラウンGP(旧ホンダF1チーム)のバトン選手がなんとトップタイムをマークしました。
初日から好タイムを連発していましたが、トップタイムとはちょっとビックリです。
b0077271_2263271.jpg
b0077271_2264340.jpg


3日目結果
1 J・バトン ブラウンGP 01:19.127 130
2 F・マッサ フェラーリ 01:20.168 109
3 R・クビサ BMW 01:20.217 109
4 T・グロック トヨタ 01:20.410 99
5 F・アロンソ ルノー 01:20.863 107
6 S・ヴェッテル レッドブル 01:21.165 102
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.324 89
8 G・フィジケラ フォースインディア 01:21.545 97
9 S・ブエミ トロロッソ 01:21.569 140
10 L・ハミルトン マクラーレン 01:21.657 82
2日目結果
1 K・ライコネン フェラーリ 01:20.314 55
2 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.907 66
3 R・バリチェロ ブラウンGP 01:20.966 111
4 J・トゥルーリ トヨタ 01:21.182 121
5 M・ウェーバー レッドブル 01:21.347 66
6 N・ハイドフェルド BMW 01:21.615 127
7 A・スーティル フォースインディア 01:21.834 82
8 F・アロンソ ルノー 01:21.937 111
9 H・コヴァライネン マクラーレン 01:21.991 88
10 S・ボーデ トロロッソ 01:23.039 14
11 S・ブエミ トロロッソ 00:00.000 6
初日結果
1 N・ハイドフェルド BMW 01:20.339 92
2 K・ライコネン フェラーリ 01:20.908 80
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.937 118
4 J・バトン ブラウンGP 01:21.140 82
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.662 125
6 S・ボーデ トロロッソ 01:22.158 96
7 M・ウェーバー レッドブル 01:22.246 115
8 A・スーティル フォースインディア 01:22.452 127
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:22.813 111
10 H・コヴァライネン マクラーレン 01:22.948 87

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-12 08:25 | モータースポーツ