思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
NFL初の公式戦がカナダで開催され、ドルフィンズとビルズが対戦しました。試合はドルフィンズのディフェンス陣が大活躍し、ビルズのオフェンスを163ヤードに押さえ込み、QBぺニントン選手が安定した攻撃を見せて16-3で快勝です。これでここ7試合で6勝と好調を維持し、AFC東地区で同率首位となりました。
その東地区ですが、好調を保っていたジェッツが49ersに第4QにFG、TDを決められて14-24で破れました。またペイトリオッツはシーホークスに第3Qまで13-21とリードされていましたが、第4QにFG、TD(ランによるエクストラポイント)を奪って24-21で逆転勝利をあげました。この結果、AFC東地区は3チームが8勝で並ぶ混戦となっています。
一方南地区はタイタンズが12勝目をあげて地区優勝決定です。北地区のスティーラーズはNFCのカウボーイズとの対戦、第3Qまで3-13とカウボーイズにリードされていましたが、第4QにFG、TDを立て続けに奪い同点に追いつき、最後はインターセプトTDでカウボーイズに逆転勝ちし10勝目をマークしています。カウボーイズにとってはかなり痛い敗戦ですね。同地区のジャイアンツの敗戦により勝っていれば逆転優勝の望みもあったのですが、この敗戦によりジャイアンツの地区優勝が決定しました。
NFCでは前述の東地区ジャイアンツの他に、西地区のカージナルズが地区優勝を決めています。本拠にラムズをむかえ、34-10の圧勝で、8勝目を挙げ、1975年シーズン以来となる地区優勝、1988年シーズン以来となるプレイオフ出場を達成しました。
北地区は、バイキングズ、ベアーズがともに勝ち、1差での首位争いをしています。そしてマンディナイトはNFC南地区の9勝同士、パンサーズとバッカニアーズの対戦ですね、この試合は見逃せません。
b0077271_21141537.jpg
b0077271_21142270.jpg
b0077271_21142974.jpg
b0077271_21143411.jpg
b0077271_21144087.jpg


チャージャース 34- 7 レイダース
タイタンズ 28- 9 ブラウンズ
ジャイアンツ 14-20 イーグルス
コルツ 35- 3 ベンガルズ
パッカーズ 21-24 テキサンズ
セインツ 29-25 ファルコンズ
ライオンズ 16-20 バイキングス
ベアーズ 23-10 ジャガーズ
49ers 24-14 ジェッツ
ブロンコス 24-17 チーフス
ビルズ 3-16 ドルフィンズ
シーホークス 21-24 ペイトリオッツ
スティーラーズ 20-13 カウボーイズ
カーディナルス 34-10 ラムズ
レイブンズ 24-10 レッドスキンズ

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-08 21:29 | 球技
NFLから薬物既規定違反で出場停止処分にした選手が発表されました。シーズンも終盤をむかえて、プレィオフ進出争いをしているチームにとっては大打撃だと思います。発表された選手名は、バイキングスのパット・ウィリアムス選手とケビン・ウィリアムス選手、セインツのデュース・マカリスター選手、ウィル・スミス選手とチャールズ・グラント選手、そしてテキサンズのブライアン・ピットマン選手の6名です。
b0077271_9193492.jpg

NFC北地区でベアーズと熾烈な首位争いをしているバイキングスにとっては、ディフェンスラインの両ウィリアムズ選手を欠くことは大きな痛手となりますね。
薬物規定違反ではないですが、ジャイアンツは銃の不法所持で逮捕されたプラキシコ・バレス選手を4試合の出場停止処分としました。バレス選手、銃の誤射で足を負傷していますから、4試合欠場は致し方ないところ、回復次第ではプレィオフ出場は可能とのことです。終盤をむかえ、グランド外の話題も多くなってきたNFLでした。

写真は http://www.shamasportsheadliners.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-04 07:33 | 球技
サンクスギビングディの試合は各試合とも大差の決着でしたが、今日の試合は僅差・大差決着といろいろな試合がありました。まずはドルフィンズvsラムズの試合。前週に連勝が止まったドルフィンズでしたが、Kダン・カーペンター選手(3FG)、WRデボン・ベス選手(6レシーブ、84ヤード)らの活躍で、16-12の接戦を制し、7勝目をあげプレイオフ戦線に何とか生き残っています。
同地区のペイトリオッツですが、こちらはスティーラーズに10-33と敗れてしまい7勝止まり、ジェッツも破れAFC東地区の首位争いは混沌としてきました。
同北地区はスティーラーズ、レイブンズともに勝利し、2チームでのマッチレースの様相です。南地区はタイタンズが独走、コルツも遅ればせながら連勝していますが、星3つの差は大きいですね。そして西地区ですが、ブロンコス以外は大きく負け越しているチームですから7勝目をあげたブロンコスがかなり有利ですね。
一方のNFCでは東地区でジャイアンツが走っています。今日も同地区のレッドスキンズに23-7で快勝して首位固めをしっかりしています。このままのペースで勝ち進めばプレィオフの第1シード獲得も難しくなさそうです。北地区では相星でベアーズとバイキングスが対戦しています。結果は34-14でバイキングズが勝利し首位にたちました。南地区はパンサーズ、バッカニアーズがそれぞれ
パッカーズ、セインツを35-31、23-20という僅差で破り9勝目をあげ同率首位を併走しています。西地区はAFCと同じようにカーディナルス以外は大きく負け越しているチームばかりですから、カーディナルスのプレィオフ進出は決定的かもしれません。
b0077271_19121954.jpg
b0077271_19122639.jpg
b0077271_19123243.jpg

第13週の結果
ライオンズ 10-47 タイタンズ
カウボーイズ 34- 9 シーホークス
イーグルス 48-20 カーディナルス
レッドスキンズ 7-23 ジャイアンツ
バッカニアーズ 23-20 セインツ
ブラウンズ 6-10 コルツ
パッカーズ 31-35 パンサーズ
ラムズ 12-16 ドルフィンズ
ベンガルズ 3-34 レイブンズ
ビルズ 3-10 49ers
チャージャース 16-22 ファルコンズ
ジェッツ 17-34 ブロンコス
レイダース 13-20 チーフス
ペイトリオッツ 10-33 スティーラーズ
バイキングス 34-14 ベアーズ


そろそろプレィオフがちらつき始めています。AFCでは、東地区のジェッツ(8勝)、ペイトリオッツ、ドルフィンズ(各7勝)が首位、ワイルドカード争い、北地区はスティーラーズ(9勝)、レイブンズ(8勝)が首位、ワイルドカード争い、南地区ではコルツ(8勝)がワイルドカード争いに参戦といったところでしょうか。
一方のNFCでは、東地区ではカウボーイズ(8勝)、レッドスキンズ(7勝)がワイルドカード争い、北地区はバイキングス(7勝)、ベアーズ(6勝)の首位争い、南地区はパンサーズ、バッカニアーズ(各9勝)、ファルコンズ(8勝)の首位、ワイルドカード争いとなっています。
これからの試合は目が離せませんね。

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-01 19:12 | 球技
NFL第13週の3試合が行われました。前節で連勝が止まったタイタンズですが、連敗中のライオンズ相手に47-10と一方的な試合で11勝目をあげ、地区優勝に王手です。敗れたライオンズは12連敗、去年のドルフィンズを見ているようでライオンズファンの心境はよくわかります。
さてその他の2試合では、ロモ選手復帰後連勝しているカウボーイズがシーホークスに34-9で圧勝しました。またイーグルズもカーディナルズに48-20とこちらも圧勝、行われた3試合がすべて25点差以上のワンサイドゲームだったことも接戦続きの今シーズンを考えると珍事かもしれません。
b0077271_12304839.jpg
b0077271_12305565.jpg
b0077271_123126.jpg

試合結果
ライオンズ 10-47 タイタンズ
カウボーイズ 34- 9 シーホークス
イーグルス 48-20 カーディナルス

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-29 12:39 | 球技
NFL第12週は、シーズン前に下馬評の高かったチームが順当勝ちを収めたように思います。
ドルフィンズはペイトリオッツと今期2度目の対戦でしたが、やはり実力の差はかなりあったようで前戦のように奇策で2連勝はできずに28-48で敗戦、4連勝はなりませんでした。
開幕10連勝と絶好調のタイタンズでしたが、こちらもファーヴ選手が加入して好調のジェッツに13-34で負けてしまい11連勝はなりませんでした。ジェッツのラン攻撃を止められなかったのが敗因かもしれません。
すでに4敗をきっして後がない、AFCのコルツとNFCのカウボーイズですが、それぞれチャージャーズ、49ersを破り7勝目をあげ、プレィオフ進出に光明が見えはじめています。
その他では、ジャイアンツは好調キープして1敗を守り、負けたカーディナルスは今節での地区優勝決定はなりませんでした。
b0077271_1558359.jpg
b0077271_15584362.jpg
b0077271_15585064.jpg
b0077271_15585595.jpg
b0077271_1559196.jpg

第12週の結果
スティーラーズ 27-10 ベンガルズ
タイタンズ 13-34 ジェッツ
ラムズ 3-27 ベアーズ
チーフス 31-54 ビルズ
ドルフィンズ 28-48 ペイトリオッツ
ジャガーズ 12-30 バイキングス
ライオンズ 20-38 バッカニアーズ
ブラウンズ 6-16 テキサンズ
レイブンズ 36- 7 イーグルス
カウボーイズ 35-22 49ers
ブロンコス 10-31 レイダース
ファルコンズ 45-28 パンサーズ
シーホークス 17-20 レッドスキンズ
カーディナルス 29-37 ジャイアンツ
チャージャース 20-23 コルツ


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-24 15:59 | 球技
ドルフィンズの勢いが止まりません。QBぺニントン選手の負傷欠場が危惧されましたが、元気に先発出場し、パス22回中16回成功、174ヤードとまずまずの活躍です。今日のドルフィンズはラン攻撃がさえ、RBブラウン選手がラン16回101ヤード、ウィリアムス選手もラン13回49ヤード、合計222ヤードと大暴れして勝利に貢献しました。17-15でレイダーズに勝ち東地区の同率2位に浮上しました。
このところ元気のないカウボーイズでしたが、エースQBロモ選手が復帰し、見事にその復帰戦を勝利していますが、第4Qまでどちらが勝つかわからない展開でした。結果は14-10でレッドスキンズに競り勝っています。
またイーグルスvsベンガルズはオーバータイムでも決着がつかずにNFLではたいへん珍しい引き分けに終わっています。その他では、タイタンズが10連勝と昨年のペイトリオッツのような勢いです。コルツ、ジャイアンツは連勝を伸ばしていますが、ペイトリオッツ、チャージャーズは負けてしまいました。特にチャージャーズはこれで6敗! プレィオフ進出に赤信号点灯です。
b0077271_20192072.jpg
b0077271_20192852.jpg
b0077271_20193499.jpg



第11週の結果
ペイトリオッツ 31-34 ジェッツ
バッカニアーズ 19-13 バイキングス
ジャイアンツ 30-10 レイブンズ
ドルフィンズ 17-15 レイダース
コルツ 33-27 テキサンズ
チーフス 20-30 セインツ
パッカーズ 37- 3 ベアーズ
パンサーズ 31-22 ライオンズ
ファルコンズ 20-24 ブロンコス
ベンガルズ 13-13 イーグルス
シーホークス 20-26 カーディナルス
49ers 35-16 ラムズ
ジャガーズ 14-24 タイタンズ
スティーラーズ 11-10 チャージャース
レッドスキンズ 10-14 カウボーイズ


写真は http://www.nfljapan.com/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-17 20:20 | 球技
ドルフィンズ好調です。シーホークスに21-10で競り勝ちこれで3連勝の貯金が1となりました。シーズン途中で勝ち越したのは2005年以来となります。ここ数年如何に弱小球団であったか改めて感心してしまいました。この調子を持続してAFC東地区は大激戦ですからここ数年は夢でしかなかったトップを目指してほしいものです。
さてその東地区の首位対決ペイトリオッツ対ビルズは、20-10でペイトリオッツが制しました。エースQBブレディ選手を怪我で欠き、調子がでなかったペイトリオッツですが、ここにきて強さが戻ってきたようです。反対にビルズは4連敗と開幕直後の勢いが失速してしまいました。
AFC今週の注目カードはなんといってもコルツ対スティーラーズではなかったかと思います。対戦成績ではスティーラーズが圧倒的に有利でしたが、第4Q終盤に逆転したコルツが24-20で対スティーラーズ戦の連敗を11で止める勝利をあげています。
そのコルツと同地区のタイタンズですが連勝が止まりません。敵地でシカゴ・ベアーズと対戦、自慢のラン攻撃はわずか20ヤードと不発に終わりましたが、QBコリンズ選手がパス30回(41回中)成功、289ヤード、2TDと活躍し、21-14でベアースを撃破しています。
その一方で未だ白星のないライオンズは新規加入のQBカルペッパー選手を先発に起用しましたが14-38でジャガーズに敗れて開幕9連敗となってしまいました。
サンディナイトのイーグルズ対ジャイアンツはジャイアンツが36-31で競り勝ち1敗を守って2年連続のNFC制覇に突き進んでいます。
一方でAFCではコルツ、チャージャーズ、NFCではカウボーイズと言ったプレィオフ常連の強豪チームが勝率5割前後とこのままではプレィオフ進出が危うい状況、NFLもチーム間の戦力均等化が進んだのか、はたまた今期のみの現象なのか今後の試合で結果が出そうですね。
b0077271_18451692.jpg
b0077271_18452380.jpg
b0077271_18452962.jpg
b0077271_18453635.jpg
b0077271_18454380.jpg
b0077271_18454845.jpg



ブラウンズ 30-34 ブロンコス
ジェッツ 47- 3 ラムズ
ペイトリオッツ 20-10 ビルズ
バイキングス 28-27 パッカーズ
ライオンズ 14-38 ジャガーズ
テキサンズ 13-41 レイブンズ
ドルフィンズ 21-19 シーホークス
ベアーズ 14-21 タイタンズ
ファルコンズ 34-20 セインツ
レイダース 6-17 パンサーズ
チャージャース 20-19 チーフス
スティーラーズ 20-24 コルツ
イーグルス 31-36 ジャイアンツ


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-10 18:46 | 球技
NFLも第9週目をむかえました。ドルフィンズはブロンコスと対戦し、第1Qに2本のFGとDBアレン選手のインターセプトTDでリードを奪うとブロンコスの反撃をしのぎきり勝率を5割に戻しました。
NFCではジャイアンツvsカウボーイズというNFCチャンピオンを狙うチーム同士が対決しました。結果は今シーズンも好調なジャイアンツが35-14で快勝し1敗を守っています。

またAFCにライバル対決、コルツvsペイトリオッツは大激戦のすえに18-15でコルツが競り勝ち勝率を5割に戻しています。今シーズン不調のコルツですが、これで調子の波に乗れるかもしれませんね。タイタンズはパッカーズを19-16で下し連勝を8に伸ばし、AFC南地区のトップを独走しています。
一方で、開幕から連敗が続くライオンズですが、ベアーズと対戦しています。第2Qに大量23点をあげて、前半23-13とリードしましたが、後半は無得点と失速、逆にベアーズに2TDを奪われ終わってみれば23-27と逆転負けで開幕8連敗です。一方買ったベアーズはNFC北地区のトップを快走中です。
その他、ビルズが連敗しAFC東地区が3敗で3チームが並ぶ激戦となっています。
b0077271_14473884.jpg
b0077271_14474580.jpg
b0077271_14475150.jpg
b0077271_14475713.jpg
b0077271_144827.jpg

第9週の結果
タイタンズ 19-16 パッカーズ
ラムズ 13-34 カーディナルス
チーフス 27-30 バッカニアーズ
ベンガルズ 21-19 ジャガーズ
ベアーズ 27-23 ライオンズ
ブラウンズ 27-37 レイブンズ
バイキングス 28-21 テキサンズ
ビルズ 17-26 ジェッツ
ブロンコス 17-26 ドルフィンズ
シーホークス 7-26 イーグルス
ジャイアンツ 35-14 カウボーイズ
レイダース 0-24 ファルコンズ
コルツ 18-15 ペイトリオッツ


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-03 14:48 | 球技
NFL第8週のマンディナイトは、開幕6連勝と波に乗るタイタンズと勝ったり負けたりを繰り返し波に乗れていないコルツとのAFC南地区同士の戦いでした。
試合は第3Qまで14-14のタイという接戦でしたが、第4Qにタイタンズが引き離して31-21で勝利し連勝を7に伸ばしました。AFC南地区は過去5シーズンコルツが優勝していましたが、この勝利で今年はタイタンズ優勝の可能性が高くなってきました。
QBコリンズ選手は、「俺たちは、彼ら(コルツ)がいた場所を目指している。今夜は、俺たちにとって大きな一歩だったと思う。明らかに好スタートを切っているし、もう一度地区ライバルを撃破すれば、それは本当に大きい。」次回のコルツ戦は、レギュラーシーズン最終週の12月28日に行われますがそこでもタイタンズが勝利をおさめると、本当に政権交代が実現したといえますね。
b0077271_19271967.jpg
b0077271_19272765.jpg


写真は http://www.nfljapan.com/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-28 19:27 | 球技
ドルフィンズは同地区の首位ビルズとホームに迎えての試合でした。第3Q途中まで7-16と劣勢でしたが、そこから18点連続で獲得する猛攻撃で連敗脱出です。
QBペニントン選手は、22回成功(30回中)314ヤード、1TDと大活躍、またWRのジンJr選手も、レシーブ7回175ヤード、1TDと今までの6試合で稼いだレシーブのヤード数を1試合で記録しました。ディフェンスではLBポーター選手が2サック、1ファンブルフォースを記録し、2試合連続のマルチサックをマークして守備に貢献、後はラン攻撃が炸裂すれば連勝は見込めそうですが、奇襲以外ではどうも成績があがらないようでここがネックと言えそうです。
b0077271_2071934.jpg
b0077271_2074163.jpg
さて調子のあがらないチャージャーズですが、ロンドンでセインツと対戦しました。第4Qまで競り合いが続きましたが32-37で負けてしまいました。これで成績は3勝5敗となりプレィオフ進出に黄色信号が点灯しました(ちょっと気が早いかもしれませんが、今のチーム状況を見ると、、、ですね)。
b0077271_208411.jpg
b0077271_2081196.jpg
b0077271_2081835.jpg

一方で、ジャイアンツは好調です。アウェイでのスティーラーズ戦も21-14で勝利してこちらは1敗を守っています。またカウボーイズもQBロモ選手を欠く中、守備陣が頑張り13-9で連敗脱出です。同じくエースQBブレディ選手を欠くペイトリオッツもラムズに23-16で勝利しています。
一方でまだ勝星のない、ベンガルズはテキサンズに6-35、ライオンズはレッドスキンズに17-25とともに敗れてしまい、初白星は次節以降に持ち越されてしまいました。
マンディナイトは全勝のタイタンズが調子のいまひとつのコルツと対戦します。一昨年の王者が底力を発揮するか面白い対戦となりそうです。

イーグルス 27-14 ファルコンズ
ジェッツ 28-24 チーフス
ペイトリオッツ 23-16 ラムズ
セインツ 37-32 チャージャース
ドルフィンズ 25-16 ビルズ   
ライオンズ 17-25 レッドスキンズ
パンサーズ 27-23 カーディナルス
レイブンズ 29-10 レイダース
カウボーイズ 13- 9 バッカニアーズ
ジャガーズ 17-23 ブラウンズ
テキサンズ 35- 6 ベンガルズ
49ers 13-34 シーホークス
スティーラーズ 14-21 ジャイアンツ

写真は http://www.nfljapan.com/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-27 20:08 | 球技