思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
無敗のニューイングランド・ペイトリオッツは3敗のピッツバーグ・スティーラーズとの対戦、ペイトリオッツが34-133で勝ち、リーグ史上5チーム目となる開幕13連勝を達成しました。ペイトリオッツは、ブレイディ選手が4TDと大活躍し、今季45TDパスとなり、ペイトン・マニング選手の保持する49TDパスのシーズン最多記録更新まで残り3試合で5TDに迫りました。
モス選手もレシーブ7回135ヤード、2TDと活躍、こちらも今季19TD捕球とし、ジェリー・ライス選手のリーグ記録(22TD捕球)更新を射程圏内にとらえています。開幕13連勝といい、今年のペイトリオッツのシーズン終盤は記録ラッシュとなりそうです。
b0077271_17353465.jpg

シアトル・シーホークスはアリゾナ・カーディナルスとの同地区対決に42-21で快勝し、4年連続となるNFC西地区優勝を決めています。
またNFCトップのダラス・カウボーイズも、残り18秒にジェイソン・ウィッテン選手が決勝TDレシーブをあげデトロイト・ライオンズに28-27で逆転勝ちし、1998年以来となるNFC東地区優勝を達成しています。
グリーンベイ・パッカーズはブレット・ファーヴ選手が通算 250試合連続先発を果たし、 38-7でオークランド・レイダーズに勝利し、3年ぶりとなるNFC北地区優勝を決めています。NFC地区は続々と地区優勝が決定、興味はワイルドカード争いにシフトしていますね。
b0077271_17354933.jpg

AFCでは、インディアナポリス・コルツが、ボルティモア・レイブンズに44-20で余裕の勝利を収めています。7勝5敗同士の対戦だったテネシー・タイタンズとサンディエゴ・チャージャースの試合は、オーバータイムまでもつれ込む接戦をチャージャースが23-17で制し今季8勝目をあげています。ラデイニアン・トムリンソン選手がラン26回146ヤード、1TDと先週のラン177ヤードに続く活躍でチームを勝利に導いています。アウェーゲームで第4Qに14点差を追いついての勝利は、チャージャースにとって初めてのことだそうです。
b0077271_17371592.jpg
さて最後にマイアミ・ドルフィンズですが、バッファロー・ビルズと対戦しました。第1Qに3連続TDを決められて0-21ではチームのモチベーションがあがるわけはなく、17-38で開幕13連敗となってしまいました。
b0077271_1738216.jpg

NFLではないですが、カレッジフットボールの年間最優秀選手に贈られるハイズマン賞の受賞者が発表され、フロリダ大学ゲイターズのQBティム・テボウ選手が受賞しました。2年生が同賞を受賞するのは史上初のことだそうで、数年先のドラフトでは話題となることは明らかでしょうね。1935年にジェイ・バーワンガー選手Bが初めて同賞を受賞してから2006年までに受賞した71人は全員3年生以上だったそうです。未来のNFLスター候補の出現ですね。
b0077271_17381192.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-10 17:37 | 球技
NFCの首位対決はカウボーイズのQBロモ選手が 4TDパスを決めて 37-27でパッカーズに快勝しました。この結果カウボーイズは2年連続となるプレィオフ進出が決定です。パッカーズのファーヴ選手は22インターセプトと不調でまた、第2Qにひじを負傷してリタイアしたことも影響したようです。
b0077271_17143159.jpg

AFC南地区首位決戦はコルツが28-25でジャガーズをくだしました。これで直接対決2連勝、実質的には3ゲーム差をつけてトップを快走ということですね。この試合マニング選手は288ヤード、4TDパス、ウェイン選手がレシーブ8回158ヤード、1TDと主役が活躍したことが勝利を呼び込んだのではないでしょうか。
b0077271_17144581.jpg

他には地区首位に立っているスティーラーズ、チャージャース(久しぶりにトムリンソン選手が177ヤードのラッシング)、バッカニアーズ、シーホークスがそれぞれ勝利し、首位固めに成功していています。一方で片目もあいていないドルフィンズですが、相手も2勝のジェッツでしたので初勝利の期待感大でしたが、結果は13-40とまたまた大敗を喫してしまいました。
b0077271_17145559.jpg
さて明日のマンディナイトには、開幕12連勝を目指しペイトリオッツが敵地でレイブンズと対戦します。

(加筆)ペイトリオッツ、マンディナイトゲームで勝利し、開幕12連勝! この勢いをとめるチームがどこなのでしょうか。

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-03 17:30 | 球技
ペイトリオッツは、31-28でイーグルスに辛勝し、無傷の開幕11連勝を達成しました。これでペイトリオッツは5年連続の地区優勝を決めています。ペイトリオッツは第3Qまでリードを奪われる苦しい展開でしたがが、第4QにRBマローニー選手のTDランで逆転し、守備陣が試合終盤に2インターセプトを奪って反撃を食い止めました。ブレイディ選手は、1TDに終わり、開幕から続けていた1試合3TDパスの記録が途切れました。
チャージャースのトムリンソン選手がラン24回77ヤードをあげ、リーグ史上23人目となる通算ラン1万ヤードを突破しました。106試合での1万ヤード達成は、リーグ史上4位タイの速さです。試合は32-14で、レイブンズに快勝し貯金を1としました。
ベアーズはブロンコスに、オーバータイムで決勝FGを決め、37-34で勝っています。WRへスター選手は、この試合でも75ヤードのパンとリターンTD、88ヤードのキックオフリターンTDを決め、これで今シーズンも昨シーズンと同じ5キックリターンTDを達成しています。
b0077271_1853495.jpg
b0077271_18535716.jpg

さてマンディナイトのドルフィンズですが、雨による酷いフィールドコンディションの影響により、両チームともオフェンスが大苦戦の試合展開、しかし最後にスティーラーズにFGを決められ0-3でまたまた惜敗、これで11連敗です。ペイトリオッツの初黒星かドルフィンズの初白星、どちらが先かなんていう賭けが成立しそうです。
b0077271_185495.jpg

次週の注目の一戦は、ともに1敗でNFCトップに並んでいるカウボーイズ対パッカーズの直接対決。また2敗のコルツと3敗のジャガーズによるAFC南地区首位対決も楽しみですね。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-27 18:54 | 球技
NFL第12週は、まずサンクスギビングデーに3試合が行われました。いずれも優勝を争う3チームの試合で、それぞれカウボーイズ、パッカーズ、コルツが勝利をおさめています。
カウボーイズvsジェッツは守備陣がジェッツを計180ヤードに抑える活躍を見せたカウボーイズが34-3で快勝しました。ライオンズvsパッカーズの試合は、ファーブ選手が381ヤード、3TDをあげ,、37-26で勝利しています。ファーブ選手はチーム新記録で自己ベストとなるパス20回連続成功を達成、今日の3TDパスにより、歴代単独1位となるキャリア通算63度目の1試合3TDパスを記録しています。
b0077271_9233537.jpg

b0077271_925738.jpg
b0077271_9252649.jpg
そして、ファルコンズvsコルツの試合は、第1Qに10点を先制される苦しい出足となったコルツが、第2Qに21得点をあげてすぐに逆転し結局31-13で勝利し、2敗を守りました。前の試合、TDパスなしだったマニング選手はは、272ヤード、3TD、1インターセプトといつも通りの活躍、不調を脱したと考えていいでしょう。
ドルフィンズは今節はマンディナイトゲーム、果たして初白星は得られるか、続きは火曜日に。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/nfl から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-24 09:24 | 球技
リーグで唯一の無敗チームであるニューイングランド・ペイトリオッツは、同地区ライバルのバッファロー・ビルズと対戦、56-10で圧勝し開幕10連勝を達成しました。ペイトリオッツはブレイディ選手がパス39回中31回成功、373ヤード、5TDと大活躍、またWRモス選手はレシーブ10回128ヤード、4TDとこちらも大暴れし、ビルズを全く寄せ付けませんでした。開幕10連勝は、1970年以降ではリーグ史上10チーム目となるそうです。今季3度目の1試合5TDパス以上となったブレイディ選手はこれで今季38TDパス、マニング選手のリーグ記録まであと11と迫っています。一方今季16TD捕球としたモス選手も、ジェリー・ライス選手のリーグ記録まであと6、ペイトリオッツの勢いは止まりそうもありません。
b0077271_845230.jpg

NFCでは1敗のカウボーイズが28-23でレッドスキンズに競り勝っています。ロモ選手、オーウェンス選手のホットラインが4TDと全得点をあげています。こちらもペイトリオッツにおとらず絶好調ですね。NFC1敗のもう1チームのパッカーズは、31-17でパンサーズに勝利しています。
b0077271_85624.jpg

昨年のチャンピオン、コルツは残り3秒でビナティエリ選手が勝ち越しの24ヤードFGを決め、13-10でチーフスに辛勝し連敗を2で止めましたが、ペアーズは23-30でシーホークスに破れ、プレィオフ進出に赤信号です。
b0077271_851559.jpg

そして一応、ドルフィンズの結果。攻撃陣がわずか186ヤードしか獲得できずにイーグルスに7-17で敗れて開幕10連敗となってしまいました(トホホ!)。
b0077271_852793.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/nfl から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-20 08:05 | 球技
先週の全勝対決で惜敗したコルツですが、今週はチャージャースと対戦しました。マニング選手が6インターセプトを奪われる波乱の展開で21-23で惜敗です。これでコルツは1連敗、一方のチャージャースは一時の不調を脱して5勝4敗、AFC西地区のとppに浮上しました。
b0077271_817173.jpg
一方でNFC東地区首位争いのカウボーイズ対ジャイアンツは31-20でカウボーイスが勝利しました。QBロモ選手が4TDパス、WRオーウェンス選手がレシーブ6回125ヤード、2TDとホットラインが機能してジャイアンツに競り勝っています。
そして、ドルフィンズですが、またも10-13でビルズに惜敗しこれで開幕9連敗となってしまいました。ラムズが勝利したのでNFL唯一の全敗チームというありがたくない勲章をもらっちゃいました。いつ初勝利あげるのか、心配です。そしてパッカーズのファーブ選手はパス46回中33回成功、351ヤード、3TDと大活躍し、ダン・マリーノ選手(6万1,361ヤード)に次ぐリーグ史上2人目となるパス通算6万ヤードを達成しました。試合は34-0でバイキングスに快勝しています。
b0077271_8173646.jpg


写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-14 08:18 | 球技
NFL第9週の注目カードはなんといってもペイトリオッツとコルツの無敗対決でした。結果は第4Qまで10点ビハインドのペイトリオッツが2TDをあげて24-20の逆転勝利、QBのブレディ選手はリーグ新記録となる9試合連続3TDパスを達成しています。
b0077271_17243373.jpg
またバイキングス対チャージャーズの1戦で、新人RBイドリアン・ピーターソン選手がラン30回で、リーグ新記録となるラン296ヤード、3TDをマークし、。ピーターソンの偉業達成によりバイキングスが35-17で勝利しています。
b0077271_17244391.jpg

1敗のカウボーイズはイーグルスに38-17で勝利して1敗をキープ、同じく1敗のパッカーズも33-22でチーフスを撃破しています。
タイタンズは20-7でパンサーズ、ライオンズは44-7でブロンコスを下し、それぞれ2敗を維持しています。上位チームと下位チームという色分けがはっきりしてきたNFLです。今週はドルフィンズはお休み、来週こそ連敗脱出して欲しいですね。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-06 17:25 | 球技
北米大陸以外ではリーグ史上初の公式戦開催となったロンドンでのドルフィンズ対ジャイアンツは、10-13でまたしてもドルフィンズは惜敗してしまい、開幕8連敗とまたしても今季初勝利を逃していましました。ラムズとどちらが初勝利をあげるか、情けないことが注目されてしまっています。一方のジャイアンツは、これで開幕連敗スタートからの6連勝でNFCのトップ争いに顔をだしました。イーライ選手に対してのパスディフェンスはしかりしたのですが、攻撃が今一歩、どうも攻守がかみ合わないドルフィンズです。
b0077271_13385471.jpg

さて、ここまで無敗のペイトリオッツは、レッドスキンズ相手に52-7と余裕の勝利で開幕8連勝を達成した。ブレイディ選手は、この試合も好調でパス306ヤード、3TD。これでリーグ記録を更新中の1試合3TDパスを開幕8試合連続に伸ばし、今季通算30TDパスに到達しました。
コルツも好調をキープしています。パンサーズを31-7と危なげない展開で下し開幕7連勝です。そしていよいよ来週はこの2強が対決します。RCAドームでの試合だけに若干コルツが有利かと思いますが、今年のブレディ選手は絶好調ですから、どちらに勝利の女神が微笑むか楽しみです。
b0077271_1339439.jpg
b0077271_13391076.jpg

他の試合ではジャガーズ、タイタンズ、スティーラーズ、ライオンズが勝利して2敗を守りました。開幕スタートに失敗していた昨季の地区優勝組のチャージャース、セインツも勝って3連勝と復調気配ですが、ベアーズはライオンズに4インターセプトを喫して敗北、これで5敗、ちょっと赤信号状態ですね。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-31 12:38 | 球技
ドルフィンズは、ペイトリオッツと対戦しまいしたが、結果はご存知のように28-49で完敗でした。昨年の同カードはドルフィンズが完封勝ちをおさめましたのでその再来を期待していたのですが無残な結果となってしまいました。これでドルフィンズはチーム初の開幕7連敗、どこまで続く連敗街道と嘆いてしまいます(トホホ!)。さてペイトリオッツのブレディ選手ですが、6TDパスをマークしてします。
b0077271_1716751.jpg
これは2004年のダンテ・カルペッパー(当時ミネソタ・バイキングス)選手以来となる2試合連続5TDパスとなり、また開幕7試合を終えた時点での27TDパスはシーズン61TDのペースであり、ペイトン・マニング選手が2004年に樹立したリーグ記録49TDパスの更新も現実的になってきました。そして、2TDをあげたランディ・モス選手も今季10TD捕球に到達しています。今年のペイトリオッツは王座奪還にむけて絶好調のようです。
マンディナイトのコルツ対ジャガーズは、守備陣が活躍したコルツが、29-7で勝利しています。これでコルツはリーグ史上3チーム目となる3年連続開幕6連勝を達成しています。AFCは2強対決の様相がはっきりしてきました。問題はどちらが勝率トップになるかです。マニング選手はプレィオフを問わず、ニューイングランドでの成績はイマイチですから、コルツとしては是が非でも地元でのペイトリオッツ戦を確保したいですね。
さてNFCトップのカウボーイズはバイキングスと対戦、24-14で勝利し1敗をキープしています。ここ2試合不調のQBロモ選手は、パス39回中31回成功、277ヤード、1TDと復調気配です。
その他では、ジャイアンツが33-15で49ersを下し、開幕連敗の後の5連勝を達成、イーライも前戦からの好調をキープしているようです。チーフスとレイダースの試合は、チーフスが12-10で競り勝っています。ドルフィンズと同じくここまで未勝利のラムズは、シーホークスと対戦し6-33とこちらも全敗街道まっしぐらです。
昨年のNFC王者のベアーズは、残り9秒にムハメッド選手のTDパスでイーグルスに逆転勝利(19-16)しています。プレィオフ進出に望みをつなげていますね。
b0077271_17163663.jpg
b0077271_17165445.jpg

来週ドルフィンズは、北米大陸以外ではリーグ初の公式戦となるロンドンはウェンブリー・スタジアムでジャイアンツと対戦します。プレィオフ進出は数字の上では可能ですが、まず無理と思います。これからは毎試合このような(↓)シーンがたくさん見れる試合を期待しましょう。雰囲気の違うスタジアムで連敗脱出を祈りましょう!!
b0077271_1717733.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/nfl から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-23 17:20 | 球技
今週の注目カード、カウボーイズ対ペイトリオッツはブレイディ選手の活躍により48対27でペイトリオッツが大勝しました。カウボーイズのQBロモ選手は先週の悪い流れを引き摺ってしまい攻撃に精彩がなかったようです。
b0077271_894396.jpg
その他では、パッカーズ対レッドスキンズの1敗対決は、パッカーズが3点差で競り勝ち、ベアーズ対バイキングスは、バイキングスの新人RBエイドリアン・ピーターソンの活躍により、ロングウェルが試合終了と同時に55ヤードの決勝FGを成功させて勝利しています。どうもベアーズ昨年の勢いが感じられません。
全敗チームでは、セインツが勝ちましたが、ドルフィンズ、ラムズは6連敗、ドルフィンズは第2途中に最大で21点差をつけられましたが第3Qには3点差にまで縮め、第4Qに期待を持たせましたが、再び突き放され悪夢の開幕6連敗。これで昨季から続く連敗が、チームワースト記録の9となってしまいました。次節はペイトリオッツ戦、連勝チームと連敗チームの対戦で連敗を止めて欲しいです。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-16 08:10 | 球技