思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「比較日本学研究の対話と深化」、このようなセミナーが開催されます

「比較日本学研究の対話と深化」と題したシンポジウムが7月8日、9日の2日間、お茶の水女子大学で開催されます。
私の本業は建設関連ですので、セッション2に興味があります。皆さんはどのセッションに興味がありますか。今日は久しぶりに、スポーツ関連以外の話題提供でした。
詳細は、http://www.cf.ocha.ac.jp/ccjs/8th.pdf です。


7月8日(土)理学部3号館701号室
開会式(13;00~13:30)
セッション1(13:30~17:00)
テーマ:日中比較詩学の視点
    詩はどのようなものと考えられてきたのでしょうか。日本と中国、重なる部分と異なる部分。
    三人の中国学研究者の報告を通じて、日中比較詩学の視座を切りひらく試みです。
 司  会  和田 英信(お茶の水女子大学助教授) 
 研究発表  蔡   毅(南山大学教授)
       「中国における日本漢詩」
 研究発表  門脇 廣文(大東文化大学教授)
       「中国詩学における対立する二組の主張」
 研究発表  川合 康三(京都大学教授)
       「日本の花・中国の花」 

セッション1終了後、懇親会(会費:3000円)もあります。

7月9日(日) 理学部3号館701号室
公開講演会(11:00~12:00)
     『京都・奈良の尼門跡と皇女尼僧の美の営み』
       パトリシア・フィスター(国際日本文化研究センター助教授)
       司会:ロール・シュワルツ=アレナレス(お茶の水女子大学助教授)

セッション2(13:30~17:00)
テーマ:都市の芸術的記憶とアイデンティティー
     -日本とヨーロッパ:交錯する視点-
    美術史と建築史の立場から、日本とヨーロッパの都市の芸術的表象について、異なった角度から比較します。
司  会  ロール・シュワルツ=アレナレス(お茶の水女子大学助教授) 
研究発表  ニコラ・フィエヴェ(フランス国立科学研究庁(CNRS) 中国日本チベット文明研究センター副所長)
      「ヨーロッパと日本の都市における建築文化財の保存についての考察」
研究発表  廣川 暁生(お茶の水女子大学 日本学術振興会特別研究員)
      「16世紀フランドル美術における都市の表象―アントワープの場合」
研究発表  ヴェロニク・ベランジェ(フランス国立図書館東洋写本部学芸員)
      「エメ・アンベールの『絵で見る日本』(1870年)に見られる江戸の町の表象」

<お茶の水女子大学比較日本学研究センター>
〒112-8610  東京都文京区大塚2丁目1番1号
(東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車徒歩5分 正門(東門)からお入り下さい。)
お問い合わせ(月~金 10~17時) Tel. 03-5978-5691(森山新) 03-5978-5504(王冲) Fax.03-5978-5508 
E-mail ccjs@ocha.ac.jp
*託児施設を準備します。ご希望の方は、6月30日までに上記事務局までご相談ください。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-27 08:45 | 教育と図書館関連