思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【マラソン】名古屋国際が終わり/北京五輪女子は野口、土佐、中村 男子は尾方ら3人

b0077271_17595853.jpg一時代を築いた高橋尚子(Qちゃん)選手からニューヒロイン(中村友梨香選手)の誕生というドラマを演出して今年の名古屋国際マラソンは終了しました。40km以上を走るだけなのにドラマが毎回あるマラソンは陸上の花形かもしれませんね。高橋選手、怪我(半月板の手術)を克服してのマラソンだったようで、レース後のインタビューではそのあたりを話されていました。一般にマラソンに出る前には半年以上の練習期間が必要だそうで、手術段階で名古屋を走り、そして勝つことは奇跡に近かったようです。
そんな中、彼女の偉いところは、どんなレース結果であろうと必ず本人がレース内容についてしゃべることではないでしょうか。彼女の人気の原点はここにあるのではと思います。オリンピックは無理ですが、体調を整えてまたマラソンで走る姿を見たいですね。
b0077271_17584240.jpgさて実際のレースは、前半は超の文字がたくさんついてもいいようなスローペース、その中30km過ぎから中村選手が抜け出しての優勝、初マラソンで北京五輪代表の切符をゲットするとは、強運の下に生まれてきた逸材(もちろん実力もありますが)のような気がします。北京五輪でも無欲の走りを見せてほしいですね。
その北京五輪代表ですが、女子は昨年11月の東京国際を2時間21分37秒の大会新記録で制した野口みずき選手、昨年の世界選手権大阪大会で銅メダルを獲得した土佐礼子選手、名古屋国際を2時間25分51秒で優勝した中村友梨香選手の3人が選ばれました。男子は
昨年の世界選手権5位の尾方剛選手と昨年の福岡国際で日本勢最高の3位になり、今回の選考会中最高の2時間7分13秒をマークした佐藤敦之選手、昨年の世界選手権6位で2日のびわ湖毎日で3位にな
った大崎悟史選手が選ばれています。メダル目指してがんばってほしいですね。


写真は http://sankei.jp.msn.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-10 18:00 | 陸上競技