思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama

【ウィンブルドン】ナダル フェデラーを破り初優勝

テニスの全英選手権決勝は、大会5連覇中のフェデラー選手とナダル選手の対決。ナダル選手がセットカウント3-2(6-4、6-4、6-7、6-7、9-7)のフルセットで見事に初優勝を飾りました。第4セットで2度のマッチポイントを握りながらフェデラー選手にブレイクされフルセットに持ち込まれたとき、たぶんナダル選手は負けるであろうと思った人も多かったはずです。
テニスはけっこうメンタル面が試合結果に反映されるスポーツですから、ウィンブルドンでフェデラー選手に連敗中のナダル選手今回も善戦だった! という見出しを頭に思い浮かべたと思います。しかしそこから勝ち抜く精神力には感銘です。
同じ年に全仏、全英を制したのはボルグ選手以来とか、また4時間48分にわたる試合は、1982年にジミー・コナーズ選手がジョン・マッケンロー選手を下して優勝を収めた4時間16分の試合を上回り、ウィンブルドン史上最長の決勝戦だそうです。なつかしい選手の名前を思い出させてくれた今年のウィンブルドンでした。
b0077271_21363527.jpg
b0077271_21372524.jpg


写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-07 21:38 | その他のスポーツ