思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 08月 03日 ( 4 )

少年時代に愛読していた少年サンデー。その中の人気漫画に「おそ松くん」がありました。六つ子の兄弟とチビ太、イヤミなどのキャラクターで人気があった漫画です。その作者の赤塚不二夫さんが亡くなりました。
赤塚さんは1997年12月に自宅で吐血し食道がんであることが分かり、1998年3月に記者会見で公表したことを覚えています。摘出手術を受けた後も急性硬膜下血腫などで入退院を繰り返していたように記憶しています。2006年夏に奥様に先立たれ、最期は病院の集中治療室で長女のりえ子さんらの呼びかけに目で応え、安らかに息を引き取ったということです。
 「シェー!」「これでいいのだ!」「ニャロメ!」などのギャグは、子供だったころによく連発して遊んだことを覚えています。「おそ松くん」のほかにも「天才バカボン」「もーれつア太郎」など、愛読した漫画は数多くあります。
b0077271_9401796.jpg

また飼い猫もCMにでるなど、猫好きな点も同じで親しみがありました。ご冥福をお祈り申し上げます。

写真は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-03 09:40 | 日記
ハミルトン選手が完璧なマシンコントロールで2戦連続してポールポジションを獲得しました。2位にはコヴァライネン選手がはいりマクラーレンはフロントロー独占です。フリー走行ではフェラーリ、マクラーレンに遅れをとっていたBMWのクビサ選手ですが、しっかり予選では結果をだしての4番手確保です。
そしてなんと5番手にはライコネン選手を抑えてグロック選手がはいりました。フリー走行でも元気なところを見せていただけにこの結果も当然かもしれません。フリー走行で元気だったピケ・ジュニア選手はQ3に進出しましたが10番手タイムに終わっています。
ここ数戦元気のないというか、予選でのキレがみれないライコネン選手は6番手、決勝での速さがあるだけにちょっと予選結果は?です。中嶋選手はまたもQ2進出をのがす17位でした。
b0077271_9236100.jpg
b0077271_925264.jpg
b0077271_93574.jpg
b0077271_932150.jpg
b0077271_933788.jpg


公式予選
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.899
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.140
3 F・マッサ フェラーリ 1:21.191
4 R・クビサ BMW 1:21.281
5 T・グロック トヨタ 1:21.326
6 K・ライコネン フェラーリ 1:21.516
7 F・アロンソ ルノー 1:21.698
8 M・ウェーバー レッドブル 1:21.732
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.767
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.371
11 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.144
12 J・バトン ホンダ 1:20.332
13 D・クルサード レッドブル 1:20.332
14 S・ボーデ トロロッソ 1:20.963
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ no time
16 N・ハイドフェルド BMW 1:21.045
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.085
18 R・バリチェロ ホンダ 1:21.332
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:21.670
20 A・スーティル フォースインディア 1:22.113

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-03 09:04 | モータースポーツ
ラリー・フィンランド2日目、一瞬たりとも目がはなせないビッグバトルが観客を沸かせました。ラリーリーダーのローブ選手と、それを必死で追うヒルボネン選手の争いです。スタート時点で14秒4あった両者の差は、ステージの数が増えていってほとんど変わりません、ロードコンディションはドライでステージの表面にはルーズグラベルが浮き滑りやすい状態。トップスタートのローブ選手にとっては難しいコンディションでしたが、各SS毎に両者は数秒差のタイムで動くだけで3位以下を大きく引き離しマッチレースという展開で2日目を終了しました。
初日は7位だったアトキンソン選手ですが、足まわりに不具合が発見され、足まわりを交換して2日目にのぞみ大幅なスピードアップに成功し、SS12、SS18では3番手タイムを出し、他SSでもコンスタントに上位タイムが出るようになった結果、トップ2とは3分以上の差がありますが3位に浮上しました。最終日にぜひこの順位を守りきってほしいですね。
b0077271_8401676.jpg
b0077271_8402812.jpg
b0077271_840402.jpg
b0077271_8405117.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-03 08:40 | モータースポーツ
13人が日本代表候補のJリーグ選抜が完敗です。試合後の犬飼新会長の言葉がすべてを物語っています。「ポゼッション(ボール支配)すれば何とかなると考えてしまう、日本サッカーの典型だった。反省材料が出たな。これは代表でも同じ。監督やコーチにも言ったよ。」
Jリーグで活躍する外国人が入っても、やっているサッカーはほとんど変わっていない、決定力が足りない、パス中心、サイドからの攻撃不足、、、課題は同じです。
試合自体は後半早々の山瀬選手のPKを李雲在(イウンジェ)キーパーに止められなければこれほどの大敗はなかったかと思います。
「闘莉王は点を取ろうとしてた。ああいうやつがもっと増えないと」と新会長が言うように、歴史的一戦で喫した屈辱的敗戦だけに、怒号に近いゲキはとどまることがなかったようです。このサポータの熱き思いが、日本代表チームにしっかり届いただと信じるしかないですね。
b0077271_8164311.jpg
b0077271_8165669.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-03 08:17 | 球技