思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2008年 08月 12日 ( 2 )

体操の男子団体決勝が行われ、日本は中国につぐ2位を確保しました。中国チームが群を抜く強さを発揮して各種目が進む中、こまかなミスが出始めた日本チームは米国に抜かれ、最終の鉄棒をむかえる時は3位しかもドイツとも僅差という、ミスをすればメダル圏外というピンチでした。
しかし最後の鉄棒は出場3名がしっかりまとめ、あん馬で米国がミスをしたこともあり銀メダルを獲得しました。個人総合にも2名が参加しますのでこちらでもメダル期待できそうです。富田選手が安定した演技で日本チームを支えたことが、若手選手の実力を発揮させメダル獲得の要因だったと思います。
b0077271_16254894.jpg
b0077271_16261229.jpg

一方、メダルが期待された競泳・女子100m背泳は中村選手がゴール前で失速してまさかの6位、伊藤選手は終始リズムが悪かったのか8位に沈んでしまいました。200mでは汚名挽回して欲しいですね。その競泳では男子200m自由形でフェルペス選手が3つ目の金メダルです。それもすべて世界新記録のまけ付き、このままの調子でいくと8冠達成はかなりの確率で実現しそうです。その次の決勝レースとなる200mバタフライですが、松井選手がフェルペス選手につぐ2位の記録で決勝進出です。松井選手初日から日本新連発して絶好調のようですから、北嶋選手に続くメダル獲得が期待できそうです。
b0077271_16263090.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/beijing2008 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-12 16:26 | その他のスポーツ
女子バトミントンダブルスは明暗がくっきりわかれました。末綱/前田組(通称「スエマエ」っていつから呼ばれてましたっけ?)は第1シードの中国ペアに逆転勝ちでベスト4に進出です。
第1ゲームから若い前田選手が狙われて集中攻撃を受けていましたが、それを末綱選手がよくカバーして第2ゲームをジュースの末に取ったのが大きかったと思います。勝利の瞬間コートにひれ伏して喜びを爆発させた2人、オグシオの影に隠れていましたが、実力は双璧ですから、ベスト4突破も可能性大です。
b0077271_8522314.jpg

一方のオグシオは、第2シードの中国ペアとの対戦です。第2シードといってもこの大会の優勝候補No.1ということで、どんな試合をするかと楽しみでしたが、終わってみれば完敗の一言。相手の実力が上でその相手にミスもない完璧な試合をされたら勝つことは不可能です。そんな試合だったような気がします。試合後の談話でも完敗だったという発言がありました。
b0077271_92287.jpg

メダルの期待があった柔道は、金丸雄介選手、佐藤愛子選手ともに敗者復活戦にまわりそこでも敗戦、メダルには手がとどきませんでした。
射撃・女子クレー・トラップ決勝も行われました。日本からは中山由起枝選手が参加しています。メダルが期待されていて本人も愛娘のために頑張っていましたが、4人によるサドンデスの3位決定戦で惜しくも破れて4位に終わってしまいました。でもよく頑張ったと思います。ロンドン目指して頑張る発言もでましたから、4年後は娘さんの首にメダルをかけて上げられることを期待しましょう。
b0077271_855447.jpg

女子のバレーボール予選の2試合目、日本は格下のベネズエラを下し、初勝利を挙げました。
テニスの錦織圭選手は、ドイツのライナー・シュットラー選手。セットカウント1-2(4-6、7-6、3-6)で敗れましたが、第2セットは0-5から巻き返し、タイブレイクで勝つなど随所に光るものを魅せました。できることであれば体調が万全で挑戦して欲しかったですね。
b0077271_8543087.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/beijing2008 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-12 08:55 | その他のスポーツ