思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama

2008年 08月 24日 ( 4 )

五輪最後のイベントとして最近定着しつつあるマラソン、その男子マラソンが行われました。大崎選手が欠場するというアクシデントで日本からは尾方選手と佐藤選手の2名が参加しました。
結果は序盤から、夏のマラソンとは思えないハイペースの争いとなり、早々と日本選手は後退(脱落といったほうが正しいと思うのですが、TVでは脱落とは言いませんでした。)、日本育ちのケニア人・ワンジル選手、メルガ選手などが引っ張る展開となりました。
そして35km過ぎにワンジル選手がスパートして、メルガ選手らを引き離し、2時間6分32秒の五輪記録で優勝しました。ケニア勢としては初めての五輪マラソンの金メダルだそうです。ケニアといえば、5000m、10000mで金メダルを多数獲得しているのでマラソンで初というのは意外でした。
b0077271_13345011.jpg

b0077271_13351499.jpg
b0077271_13353612.jpg
そしてワンジル選手といえば、仙台育英高校時代は高校駅伝で快走していたり、現在はお正月の駅伝でもなじみがあります。と言うことは日本のマラソンに向けての強化策は間違っていないはずなのですが、これは日本人の身体能力がマラソンに向いていないということなのか、よくわかりませんね。
その日本人選手は、尾方選手が後半追い上げましたが13位(女子の中村選手と順位は一緒ですね!)、佐藤選手は76位だったそうです。

写真は http://www.afpbb.com/category/beijing2008 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-24 12:45 | 陸上競技
世の中オリンピックで盛り上がっていますが、米国大統領選挙ももう2ヶ月となってきました。民主党はオバマ上院議員が大統領候補に決まり、マケイン共和党候補との一騎打ち。当初はオバマさん有利と言われていましたが、世論調査では五分五分とか、オバマさんの若さ、経験不足がマイナス要因となっているようです。
そんなわけではないでしょうが、民主党の副大統領候補にジョセフ・ロビネッテ・バイデン上院議員が選ばれました。バイデンさんは外交に明るく、米メディアはオバマさんの短所を補う人選だと評価する一方でバイデン氏の「失言癖」に注目しているそうです。この方結構失言が多いようですので、オバマさんも政策論争も大切ですが、この副大統領候補の発言チェックも大切な仕事となりそうです。
b0077271_11432454.jpg
これからは選挙の秋といえるかもしれません。ただし日本の民主党代表選挙は無投票のようですが。

写真は http://www.afpbb.com/category/politics から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-24 11:44 | 日記
ついに勝ってくれました。カシマスタジアムではJリーグ発足後から勝ったことがなく(引き分けもない!、やはりJ開幕戦の0-5の呪縛かな?)今回もどうかと内心ヒヤヒヤでしたが、今の名古屋グランパスにジンクスは通用しませんでした。
開始早々に先制点を許しましたが、すぐにFKから吉田選手が同点ゴール、攻撃もいつもどおりリズミカルな動きとなってきた後半15分にPKをゲット(代表戦でボロクソに言われた玉田選手の粘りから得ました、FWはシュート打つのが仕事ですが、PKをとることも重要ですね)、ヨンセン選手がしっかり決めてこれが決勝点となりました。
ストイコビッチ監督「勝てばここでの初勝利ということは知っていたよ。アウェー2戦で勝ち点6はすごいこと。」と監督自らが言っていますが、このアウェイ2連戦での勝点6は素晴らしいと思います。このまま春先のように連勝を続けて欲しいですね。
b0077271_8251543.jpg


http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-24 08:25 | 球技
あと1歩で初のQ3進出だった中嶋選手ですが、11番グリッドは燃料問題など考えなくてよいポジションですから、Q3進出して10番グリッドをゲットするよりはいいかもしれません。
一方、ポールは一発に力を発揮するマッサ選手が獲得しました、2位がハミルトン選手、以下クビサ選手、ライコネン選手と常連が並ぶ中、6番手にフリー走行1回目でトップタイムをマークしたヴェッテル選手が入っています。
一方、2回目で3位のタイムをマークしたバトン選手は16位、昨日の走りは何だったのでしょうか、やはりホンダの復活はまだ先のようです。
b0077271_824879.jpg
b0077271_831270.jpg

公式予選
1 F・マッサ フェラーリ 1:38.989
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:39.199
3 R・クビサ BMW 1:39.392
4 K・ライコネン フェラーリ 1:39.488
5 H・コヴァライネン マクラーレン 1:39.937
6 S・ヴェッテル トロロッソ 1:40.142
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:40.309
8 N・ハイドフェルド BMW 1:40.631
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:40.721
10 S・ボーデ トロロッソ 1:40.750
11 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:38.428
12 F・アロンソ ルノー 1:38.435
13 T・グロック トヨタ 1:38.499
14 M・ウェーバー レッドブル 1:38.515
15 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:38.744
16 J・バトン ホンダ 1:38.880
17 D・クルサード レッドブル 1:39.235
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:39.268
19 R・バリチェロ ホンダ 1:39.811
20 A・スーティル フォースインディア 1:39.943
b0077271_835572.jpg
中嶋一貴「僕たちにとってはいい予選で、2台ともが中団で互角の力を発揮することができた。Q3に進めなかったのは残念だけど、11位というのは燃料量を自由に選べるのでレースをスタートするには悪い位置ではないね。それにコースのクリーンな側からスタートできるから、全体的にはポジティブな予選だったよ」

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-24 08:04 | モータースポーツ