思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2009年 01月 31日 ( 2 )

スバル、スズキが撤退したWRC。日本のファンとしてはちょっとさびしいですが、今年もWRCが開幕しました。例年と異なりモンテカルロラリーがカレンダーから外れたため、ラリー・アイルランドが開幕戦となります。
ラリーは今年もローブ選手&シトロエンが中心となる予想が圧倒的でしたが、その予想通りに初日から圧倒的な強さを魅せています。2位にもソルド選手が入り、早くもシトロエン独走の予感、2日目以降のヒルボネン選手の奮起に期待です。
b0077271_1026040.jpg
b0077271_1026736.jpg



ディ1の結果
1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 1hour 09mins 35.2secs M
2. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 44.4secs M
3. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC 08 +01mins 04.8secs M
4. Henning Solberg Stobart Ford Focus RS WRC 08 +03mins 09.4secs MT
5. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 18.3secs A8
6. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 23.2secs A8
7. Chris Atkinson Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 51.2secs MT
8. Matthew Wilson Stobart Ford Focus RS WRC 08 +04mins 56.0secs A8
9. Gareth MacHale Ford Focus WRC +05mins 05.1secs A8
10. Eamonn Boland Subaru Impreza WRC +05mins 54.5secs A8

[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-31 10:25 | モータースポーツ
大麻吸引は外国人力士だけではありませんでした。神奈川県警が、大麻取締法違反の現行犯で、大相撲尾車部屋の十両若麒麟(本名・鈴川真一)容疑者と、友人でミュージシャン平野力容疑者を逮捕したとのニュースが昨晩流れたとき、この問題は相撲界の根底から改革していかないといけないと感じました。
b0077271_1004138.jpg
b0077271_1004834.jpg
この若麒麟容疑者、新聞によると昨年9月の抜き打ち検査のときにも大麻吸引を疑われるような反応を示したそうです。協会側が精密検査を実施し、「最終的にはシロだった」そうです。今回限りの大麻吸引ではなく、以前から常習していたことが十分予測できます。
やはり、相撲協会も朝青龍のガッツポーズに厳重注意をするだけでなく、規律面は土俵上だけでなく、私生活にも踏み入って指導を真剣にしていく必要がありますね。
漫画家のやくみつる氏の談話
★ふさわしくない人は排除していくしかない 露鵬、白露山が薬物の陽性反応を示した一斉検査のときに、若麒麟もグレーゾーンにあった。再検査で“シロ”と判断された後の今回の逮捕ですから、協会の信用性を覆すえらいことになってしまった。若麒麟はチンピラっぽいキャラだったけど、検査をくぐり抜けたうえで大麻を吸っていたのだから本当にタチが悪い。(大麻所持で)若ノ鵬が解雇されたときは規則で退職金が支払われました。そのようなおかしな規則を改めようと協会も検討中でしたが、今さらながら対応が遅いといわれても仕方ない。力士が逮捕されたときなどは即刻クビ、といった厳しいルールを盛り込まないと、多くの相撲界の不祥事に対応しきれなくなると思う。就職難の世の中に逆行するかもしれないけど、相撲界にふさわしくない人は排除していくしかないと思う。たとえ、一時的に相撲が縮小しても、長い目で見れば、国技を守っていくことになるのでは。大麻に手を出す力士がいるということは、今まで隔離されてきた相撲界が毒化した世間に近づいてしまった証でもあると思う。だって、六本木の事務所で力士が逮捕って意味がわからないですよ。やってること、フツーのあんちゃんでしょ。(談)
デーモン小暮閣下の談話
★裏切られたのはファン 「ロシアの3力士の時に比べ、『厳しい措置を取ったのにまだやるか』と、今回の方があきれ度は大きい。初場所が盛り上がり、信頼回復に向けて好スタートを切ったのに水を差された気持ちだ。武蔵川理事長は『裏切られた気持ち』と言ったそうだが、裏切られたのはファンだ。去年は各部屋の問題としてとらえ、協会全体の問題と受け止めない風潮があった。今回こそはその考えを改めないと、また同じことが起きるだろう」

二人の談話がファン全員の声だと思います。相撲協会存亡の危機と捉えて、厳格な処分と再発防止策を早急に打ち出してください。

写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-31 10:01 | その他のスポーツ