思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:メディア(本、映画、記事)紹介( 36 )

昨日から、著作権関連のメーリングリストはこの話題で持ちきりだったようです。新聞各社のホームページにもこのニュースは掲載されていますので、皆さんも目にしていますね。

この問題について、文化庁は従来から、「1953年公開作品の著作権保護期間が終了する2003年12月31日24時と、改正法施行の2004年1月1日午前0時は同時で、改正法が適用されて保護期間が20年延長される」という見解を示していました。パラマウント側も、この文化庁の見解に基づき、著作権は同社にあると主張していました。私も文化庁が公式見解を出しているのだから、この裁判は、パラマウント側の勝訴ではないかと思っていました。

結果は反対で、東京地方裁判所の高部真規子裁判長は「著作権法は保護期間を年単位で定めており、両映画の保護期間は12月31日で満了している。改正法は1月1日時点で著作権が残っている映画のみに適用される」と判断されました。また文化庁の見解についても「司法判断を受けたものではなく文理解釈上採用できない」と指摘し、「著作権侵害は刑事罰の対象にもなり、解釈は明確でなければならない」と言っています。新しい法解釈をされた高橋裁判長に拍手ですね。

さて、判決の結果はともかく、私が驚いたのは、判決文が既に裁判所のホームページに掲載されていたことです。
裁判所のページ
判決文のPDF
さすがに情報化社会、誰でも判決文が見れる世の中になったのだと、感心してしまいました。

著作権については、図書館に若干関連している者としては、常にウォッチしていますが、そもそも論でいくと、70年も著作物が保護される必要があるかどうかという疑問にぶつかります。もっと短期間でパブリックドメインに移して、広く万民が自由に利用できるように法改正してほしいと考えます。何年が妥当かはそれぞれの著作物によると思いますが、50年程度が妥当だと感じるのは私だけではないと思います。

Googleも、Bookサーチのベータ版を公開していますし、今後は著作権についての議論がもっと活発になっていくような気がします。
ちょっと、真面目なお話しでした。


関連新聞記事です。
日本経済新聞
産経新聞
朝日新聞
読売新聞
東京新聞
フジサンケイ ビジネスアイ
AV Watch
知財情報局
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-12 17:47 | メディア(本、映画、記事)紹介
「複数人を殺害すると死刑判決がでやすいが、1人の場合は無期懲役が妥当。」昨日からマスコミの論調はこのようなものが大半でした。人の命はお金ではかえないと言われます。死刑という制度について、私はその是非についてまだ結論がでていません。

ただ、今回の被告(弁護人)の発言を聞く(新聞などで読むといったほうが適切かもしれません)と、許すことはできない感情がわいてきます。「悪魔のささやきで罪を犯してしまった、平常心だったら絶対行わない。」ここまではわかります、では何故「無罪請求」なのでしょうか。今、被告人は正常な状態にいると思います。いくら異常状態で犯した罪であったとしても、正常な状態に戻ったら自分の犯した罪に対して反省してもいいのではないかと考えます。

そのような姿勢が見えない中、今回の判決について疑問が生じます。人の命に重さがあるのでしょうか、一人と二人では、殺人という行為に対して差があるのでしょうか。今回の事件は、裁判員制度を意識した「公判前整理手続き」が8回実施されたといいます。裁判員制度が導入されていたらどのような判決が言い渡されたか、私がその裁判員だったらどのような判決を採択したか、考えさせられます。極刑反対という人も多々いることはわかりますが、遺族の方の心中を察すると何らかのわだかまりが残ります。

人間が犯罪者であっても人の命を奪う死刑判決は問題であるという主張はわかります、では無期懲役とは、本当に無期懲役なのか、模範囚であれば10年以内に仮出所できるといいます。このような制度が問題といえば問題なのかもしれません。
この種の問題について、毎回問題提起で終っている自分自身に対して、腹立たしい感情もあります。一体どう結論づければいいのか、悩んでいます。

新聞記事
西日本新聞
読売新聞
朝日新聞
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-04 19:05 | メディア(本、映画、記事)紹介
今日の朝日新聞スポーツ面の「ウェーブ」というコラムに、「日本代表監督論」著者の潮智史さんがコラムを書いています。
コラムの中で、勝ちあがったチームの選手には、「ゴールに向かって仕掛ける、相手のボールを取りにいく。世界は攻守とも実にアグレッシブ。」と書いて、日本選手はどうだったのかと疑問を投げかけています。また、選手に喜怒哀楽がみえなかったとも言っています。
コラム後半では、『Jリーグの元監督が、チームがいくつかのグループに分かれて一体感に欠けることを「まるで、今の学校と同じだ」と発言している』と、問題提起しています。

確かに、私も「ジャパン」の試合を見ながら、覇気があまり感じられませんでした。覇気というよりは、喜怒哀楽が表面にでていなかったような感じがしました。「うれしいときはうれしい、悲しいときは悲しい」という感情表現がうまくできないのかもしれません。これも今の教育に根があるのかもしれませんね。体罰よくなしと言う人は多いですが、殴られてみないとその痛さはわかりません。
今朝も、大学生同士のケンカで、相手を生き埋めにしてしまうという悲惨なニュースが流れていました。
サッカーだけでなく、何か日本がおかしくねっているのかもしれません。

日本代表の話を書こうと思ったら、教育問題になってしまいました(反省)。

ネットサーフィンしていたら、こんな記事を発見しました。
オシム就任へ前向き、改革提言…俊輔司令塔クビも → http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_06/s2006062801.html
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-28 20:24 | メディア(本、映画、記事)紹介
昨日の夜のニュースから、このニュースがトップで報道されていました。結構難しい問題だと思います。先日ブログで書いた「ストッキ・アルベルトさんの署名運動」と根幹は同じところにあるのではないかと考えます。
どちらも被告は未成年、初犯か再犯かの差はありますが、少年法で裁かれる年齢です。今回の判決は、18歳と数ヶ月の人間であれば、まともな判断ができたはずであるということで、高等裁判所に差し戻しとなったと新聞記事に書いてありました。
最高裁で死刑判決もくだすことができるのですが、あえて差し戻しという判断を下したことは、どんな意味があるのか、専門家でないのでよくわかりませんが、深い意味があるのだと思います。
数年後には、裁判員制度が日本でも導入され、私たちも裁判員に任命される可能性があります。任命されれば、オリエンテーションやある程度のイントロダクションセミナーはあると思いますが、その後は自分の判断で裁きをしなければいけない状況となります。
日ごろから我関せずではなく、このような犯罪についてどう考えるのかを真剣に考えていかなければいけない時期にきていると思います。
死刑の是非についてもあります、また無期懲役の意味も理解しなければいけません(個人的には、無期懲役というものはやめて、懲役200年、150年、100年、50年という何段階かにわけたほうがいいと思いますが)。罪は悪い、ただし犯した人にも尊い命はあるわけですから...

考えがまとまっていませんが、またブログで「裁判員制度」を中心に考えて生きたいと思います。この問題で、別にブログ立ち上げようかとの思っています。このテーマ、結構重いですから、軽いテーマと混在させたくないというのが真意ですが、管理は面倒だし.....
どうするか悩んでいます。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-21 22:11 | メディア(本、映画、記事)紹介
ブログにこの事柄についての書き込みがありました。いろいろ調べていくうちにこれは重大なことではないかと考え、今このようにブログに書いています。
宮崎市で起きた放火事件ですので、九州地区の方はこの事件のことはご存知かと思います。昨年から今年にかけて、凶悪事件が多発していましたので、東京ではあまり話題にならなかったのかもしれません。

自宅を放火され、奥様と一人娘さんを亡くされたアルベルトさんの悲しみは子供を持つ親としてよくわかります。犯人が放火の再犯者であったということが、彼をこのような行動に走らせたのではないか、同じ悲劇を2度と繰り返してはいけないとの考えで、全国をバイクで回りながら書名運動をしているそうです。各地の新聞でも取り上げられています。
1)宮崎日日新聞  http://www.the-miyanichi.co.jp/news/index.php3?PT=1&DT=20060528
2)京都新聞    http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006061100055&genre=K1&area=K10
3)読売新聞(関西)http://osaka.yomiuri.co.jp/izumi/iz51119a.htm
今、Web上で見れる記事はこの程度ですが、5月末頃には各新聞社で記事をWeb公開していたようですから、他のサイトでご覧になった方の多いと思います。

彼の行動は、評価できると思います(ちょっと偉そうな言い方ですいません)。異国の地で日本人と結婚し、子供もでき幸せな家庭を築いていた、その生活が一瞬にして崩壊してしまったのです。
アルベルトさんの行動には、拍手をして署名運動を盛り立てる必要があると考えます。

ただ、冷静に考えると果たしてそうなのかとも思えてきます。「再犯に厳罰を」これは正しいことだと思います。では犯人の「再犯」を防止できなかったのか、これも考える必要があると思うのは私だけでしょうか。「再犯」を防止するために刑を重くすればよいという考え方もあります。果たしてそうなのか、つい数ヶ月前にNHKドラマでこのような番組が放映されていました。

「繋がれた明日」というドラマで未成年で殺人を犯してしまった少年が主人公です。
ドラマのキャッチには“「俺は殺そうとしたのではない!」その消えぬ思いと、失われた命に対する懺悔 の念に揺れ動く主人公のリアルな心情と、一生つきまとうであろう世間の厳しい眼、そして彼を見守る家族や保護司ら周囲の人々の温かさを軸に、人間のありかたを問うドラマ。”とあります。このドラマは未成年者が主人公、殺人が罪で、アルベルトさんの場合とは異なりますが、罪を犯した人、その罪の重さにより重罰を与えることが果たしてよいのかどうか、ちゃんと更生して社会復帰をはたす機会を作る必要もあるのではないか、とも思います。

「再犯に厳罰を」 ストッキ・アルベルトさんの活動には賛成です。もう一つ「再犯」をさせないために何をすべきか、どう法体系を整備するか(法体系だけでなく、社会整備になるのかもしれません)も真剣に考え、議論していかなければいけないのではないかと思います。

アルベルトさんのメールアドレス です。新聞でも公開されています。
  ↓
minervai@rhythm.ocn.ne.jp


最後に、たくさんの方に考えていただきたいと思い、本記事を関係ない記事にトラックバックしていまいました方々にお詫びいたします。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-17 20:27 | メディア(本、映画、記事)紹介
ワールドカップに沸いている世の中(ブログの世界)です。私のブログもこのネタ記事が多いですね(笑)。今回は嗜好をかえて古いお話で恐縮ですが、高校時代に聞いていたロックバンドのお話しです。

タイトルでおわかりのように、イギリスのロックバンドの「Led Zeppelin」です。1969年にデビューして、デビューアルバムから『GOOD TIMES BAD TIMES』がシングルカットされました。デビューアルバムはビルボード誌で20位近辺を数ヶ月間さまよっていたように記憶しています。
ブレイクしたのは、2枚目のアルバムで、シングルカットされた『WHOLE LOTTA LOVE』が大ヒットしたころからです。またこの2枚目のアルバムはビルボード誌のアルバムチャートで数ヶ月間連続2位を記録したはずです(1位はミュージカル「Hair」)。
さてメンバーは、J.ペイジ、R.プラント、J.P.ジョーンズ、そしてJ.ボーナムの4名、J.ペイジは伝説のグループ「ヤードバース」の3代目のリードギタリストでした(初代は、E.クラプトン、2代目はJ.ベック)。

私の1番好きな曲は、『STAIRWAY TO HEAVEN』(天国への階段)です。高校3年の時に初来日し、そのときに演奏された記憶が今でも鮮明に残っています。来日時はまだ4枚目のLPが発表前で、コンサートで初めて聞いたと記憶してます。また、松井(秀)のヤンキースタジアムでのテーマソング『IMMIGRANT SONG』も3枚目のLPからのシングルカットで結構ヒットしました。皆さんご存知ですよね。
数年前に、J.ペイジとR.プラントが来日したコンサートに行きましたが、残念ながら『STAIRWAY TO HEAVEN』は聞くことはできませんでしたが、『BLACK DOG』、『ROCK AND ROLL』などを聞くことができ、フィーバーしてしまいました。

1970年代に記録映画が封切されました。【THE SONG RENAINS THE SAME】ドキュメンタリー+コンサートという内容です。DVDもでていますね。

サイトも結構ありますので、見てください。
LP毎の収録曲(歌詞付)
Discography、MessegeBoardなどがあります
b0077271_18571197.jpg

写真は http://www.led-zeppelin.com/home.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-16 19:09 | メディア(本、映画、記事)紹介
映画見てしまいました。東京地区は今週金曜日までだと知ってしまい、あわてて映画館に飛び込んでしまいました。結構TVのCMも放映されているわりには、劇場はガラガラで、30人程度しか入っていませんでした。ゆっくり見れたのはいいのですが、映画館って今こんなに空いているのかとびっくりもしました。
b0077271_1672379.jpg

カート・ラッセル、エリザベス・シュー、ダコタ・ファニングをはじめ、演技力のある俳優さんたちの演技に、ティッシュが必要なシーンも多々あり、競馬ファンでなくても十分楽しめる内容だと思います。特に、ケール(ダコタ・ファニング)と「ソーニャドール」のトゥーショットシーンは、見るものを吸い込ませる何かがあります。
ご存知の方も多いと思いますが、ソーニャドールのモデルは、マライアズストームという実在の牝馬で、ジャイアンツコーズウェイのお母さんとして有名です。そういえば、映画のワンシーンでサイチペガサス、ヨハネスブルグ、グランドスラムとジャイアンツコーズウェイが種牡馬として登場します。息子が種牡馬として参加するというのは粋なはからいですね。
結果はある程度予想できたのですが、ラストのBCクラシックの競馬シーンは圧巻でしたし、やはり目頭がジーンとしました。

競馬映画というより、家族愛(ソーニャドールは、競走馬というより、家族の一員として描写されていると考えたほうがよいかもしれません)、家族の絆にスポットをあてた映画、そのキーとなるのが一頭の重傷を負ってしまった牝馬(ソーニャドール)、そしてその牝馬を中心に家族がまとまっていく、いい映画だと思います。
DVDがでたら、きっと買ってしまうと思います。

公式サイト
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-07 23:06 | メディア(本、映画、記事)紹介
土曜日にNHK土曜ドラマ「ディロン~運命の犬」第2回を見てしまいました。第1回を見逃したのは残念でしたが、2週間待って(先週が第2回放送日でしたが、野球中継延長で1週待たされました)見る価値はありました。

NHKで、人と犬のドラマと言えば「盲導犬クイールの一生」が有名です。この番組も見て毎回、涙してしまいました。NHKのホームページには『一頭の盲導犬が生まれてから一生のうちに経験する、人間たちとの出会いと分かれを綴った「盲導犬クイールの一生」をお届けします。』とあります。このクィールは映画にもなっていますので、見られた方は多いと思います。
ドラマも映画も何れもDVDがでていますので、DVDで見られた方も多いと思います。私の友人は、このドラマをみてから動物病院などに行った際に、必ず募金をするようになってしまった人もいます。

さて、「クィール」は盲導犬ですが、「ディロン」はセラピー犬として生きていくようです(第3回放送で明らかになりそうです)。アニマルセラピーという言葉が一般的になっているように、動物との付き合いの中で、メンタルシックが直ったという話もよく聞きます。

我家では、ご存知のように猫を5匹飼っていますが、猫に癒されることも多々あります。動物を飼っている人にはわかる感覚だと思います。第2回の放送では、老人ホームの老人の告白が印象に残りました。第2次世界大戦で軍用犬の担当をしていたこと、そしてその犬との別れ、「ディロン」が老人ホームにきてもそばにいこうとしなかったことなど、心をうつ言葉の数々でした。
原作もあるようですから、原作を読もうかとも思っていますが、「クィール」のときは途中で原作を読んでしまい、ストーリーがわかってしまったので、今回は全てを見た後で、原作を読むことにしようかとも考えています。

犬も猫も本当にかわいい。

関連書籍など
クィールのホームページ(壁紙が多数あります)
盲導犬クイ-ルの一生(洋書)
盲導犬クイ-ルの一生
盲導犬クイ-ルの一生 DVD BOX
クイ-ル(映画版)

ディロン―運命の犬
ディロン―ずっとそばにいるよ (絵本です)
       これが表紙です。買ってしまいたいような絵本です。
b0077271_1815143.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-05 21:03 | メディア(本、映画、記事)紹介
雨も結構降っているので、DVDで「NANA」見てしまいました。(若い)女性のファンが多い漫画の映画化だけあって、おじさんが見てもおもしろかったです。
「ナナ」(中島美嘉)がいい演技をしていて結構はまりました。30年近く前だったら、彼女にしたいと思いますが、それは今思うことであって、当時だったら面倒であっても「奈々」(宮崎あおい)に声かけていたかもしれません。
ストーリーは書きませんが、ラストシーンに「ナナ」の思いやり(人間性)がでていたように思います。彼女本当はすごく人間に対しての思いやりのある、やさしい人ですね。
もっと知りたい方(もしいらしたらですね)サイトもありますので、こちらをどうぞ。
「NANA」オフィシャルサイト
b0077271_19435884.jpg


DVDの予告編の中に、「日本沈没」がありました。1973年に映画化され劇場でみた記憶があります。また映画化されて劇場公開されるのですね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-05-27 13:11 | メディア(本、映画、記事)紹介
今、外部団体でメルマガを発行しています。次号の記事に全国銀行協会発行冊子記事を掲載する関係で、銀行協会の「方とメールのやり取りをしていました。そして見つけたページがこれです。
PCゲーム「私の夢&銀行」
高校生を対象としたゲームのようですが、紹介文章を読むとなかなかおもしろそうです。起業を目指す方にとっても簡単な仕組みは勉強できそうです。私もやってみたくなりました。早速申し込んでみます。

この他にも、パンフレットのページなど、日頃縁の遠い銀行や融資・預金についての基礎知識が学べる冊子がPDFで公開されています。こちらもダウンロードして勉強することとします。

全国銀行協会がホームページです。何をしている協会かはこちらをご覧ください。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-05-23 18:42 | メディア(本、映画、記事)紹介