思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 08月 ( 85 )   > この月の画像一覧

ハンガロリンクでのハンガリーGPがはじまりました。モンテカルロと同様に抜きどころの少ないこのサーキットは予選順位がたいへん重要になります。そのためかどうかはわかりませんがフェラーリ、マクラーレンの2強がやる気を出しているようでフリー走行で好調さをアピールしています。
しかし私のビックリはピケ・ジュニア選手です。なんと2回目の走行でハミルトン選手に続く2番手タイムをマークしています。ドイツGPでの2位表彰台が自信となったのか、今まで合同テストでは好タイムをマークすることはありましたが、本番前のF1フリー走行でこのタイムは賞賛に値すると思います。
同僚のアロンソ選手も4番手タイムをマークしていますから、2強+ルノーがハンガリーGPで注意するチームかもしれません。地元が近いクビサ選手は8番手タイムとまずまずのタイムをマークしています。またドイツGPでクラッシュしたグロック選手も元気に参加し、1回目では6番手タイムをマークしています。トヨタも一発狙えそうですね。
中嶋選手は17、14番手に沈んでいます。まずは予選でのQ2進出が目標かもしれません。
b0077271_10245760.jpg
b0077271_10251253.jpg
b0077271_10253125.jpg


金曜フリー走行2
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:20.554 35
2 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:20.748 38
3 H・コヴァライネン マクラーレン 1:20.760 33
4 F・アロンソ ルノー 1:20.923 35
5 K・ライコネン フェラーリ 1:21.009 36
6 F・マッサ フェラーリ 1:21.010 36
7 N・ハイドフェルド BMW 1:21.138 46
8 R・クビサ BMW 1:21.363 36
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.505 42
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.581 34
11 T・グロック トヨタ 1:21.662 39
12 M・ウェーバー レッドブル 1:21.733 43
13 D・クルサード レッドブル 1:21.837 34
14 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.902 33
15 S・ボーデ トロロッソ 1:21.955 41
16 J・バトン ホンダ 1:22.150 41
17 G・フィジケラ フォースインディア 1:22.197 36
18 A・スーティル フォースインディア 1:22.358 37
19 R・バリチェロ ホンダ 1:22.448 33
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:22.945 5

金曜フリー走行1
1 F・マッサ フェラーリ 1:20.981 19
2 K・ライコネン フェラーリ 1:21.345 21
3 H・コヴァライネン マクラーレン 1:21.410 17
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:21.535 18
5 F・アロンソ ルノー 1:21.802 18
6 T・グロック トヨタ 1:21.931 22
7 R・クビサ BMW 1:22.267 18
8 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.326 19
9 N・ハイドフェルド BMW 1:22.370 22
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:22.457 25
11 M・ウェーバー レッドブル 1:22.654 23
12 D・クルサード レッドブル 1:22.700 16
13 S・ボーデ トロロッソ 1:22.900 26
14 J・バトン ホンダ 1:22.917 27
15 R・バリチェロ ホンダ 1:23.093 26
16 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:23.147 21
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:23.274 22
18 A・スーティル フォースインディア 1:23.353 25
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:23.459 28
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:23.923 4

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-02 10:26 | モータースポーツ
インターバルが少しあってのラリー・フィンランドが開幕しました。スバルのニューマシンの熟成がどの程度進んでいるのか期待していたのですが、やはりフィンランドのコースはハイスピードグラベルイベントとあって調子はイマイチだったようです。初日を終了してソルベルグ選手が6位、アトキンソン選手が7位と今年のWRCシリーズでの低位置ポジションとなってしまいました。
ラリーはこれも今年何回も見られているローブ選手とヒルボネン選手のトップ争いでしたが、ローブ選手が終始リードする形で初日を終えています。ここまで2強に絡む活躍をみせていたラトバラ選手ですが、出だしはいつもどおりでしたが、SS3でコースアウトしリタイアしてしまいました。
b0077271_1071328.jpg
b0077271_1072764.jpg
b0077271_1073953.jpg
b0077271_107542.jpg


写真は http://www.subaru-msm.com/wrc2008/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-02 10:08 | モータースポーツ
オールスター第2戦、オリンピック代表選手の活躍が期待されましたが、不安要素も多々あり五輪は大丈夫と心配となる内容でした。特に杉内、成瀬両投手の不調は深刻そうです、田中将投手が1イニングですがピシッとまとめたことは明るい材料ですが、五輪は投手がキーですから、本番に向けての調整をしっかりしてほしいですね。
打線は荒木選手がMVPを獲得する活躍をしましたし、青木選手も好調のようですからまあよしですが。
b0077271_9281549.jpg


写真は http://www.sponichi.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-02 09:28 | 球技
まず午前中に、自民党3役が決まりました。予想されていた通り麻生太郎前幹事長が幹事長に就任、政調会長に保利耕輔元文相、総務会長には笹川衆院議院運営委員長が選ばれました。よくわからないポスト、古賀選対委員長は留任です。この人事で次の衆議院選挙を戦うようですが、ポスト福田の本命と目されている麻生氏を幹事長にするということは、選挙で負けたときの総裁候補がいなくなると言うことを意味していますね。もっとも選挙で負ければ政権はとれないわけですからいわば背水の陣ともいえます。麻生さん、どんな幹事長色をだすのか興味がありますが、これでまた福田首相の色が薄れてしまうような気がします。
その後に閣僚人事が進められていき、下記の顔ぶれとなりました。与謝野馨経済財務担当大臣、伊吹文明財務大臣などを見ると経済重視の内閣と言えるかもしれません。

福田改造内閣の顔ぶれは次の通り。(敬称略)
 総務 増田寛也(留任)
 法務 保岡興治
 外務 高村正彦(留任)
 財務 伊吹文明
 文部科学 鈴木恒夫(初入閣)
 厚生労働 舛添要一(留任)
 農水 太田誠一
 経済産業 二階俊博
 国土交通 谷垣禎一
 環境 斉藤鉄夫(初入閣)
 防衛 林芳正(初入閣)
 官房 町村信孝(留任)
 国家公安委員長・沖縄北方・防災 林幹雄(初入閣)
 消費者 野田聖子
 金融・行政改革 茂木敏充
 経済財政 与謝野馨
 少子化・拉致問題 中山恭子(初入閣)

b0077271_2131341.jpg
この中でかすかに期待しているのは、友人が初入閣したことです。その名は斉藤鉄夫、彼は東工大の応用物理をでて、スーパーゼネコンに入社し研究所勤務、プリンストン大学でプラズマ物理学の客員研究員をしています。エコが騒がれ地球温暖化が重要テーマとなる環境省、彼の知識を駆使すればクリーンエネルギーは何かの答えは簡単にでるはずです(自明のことですが、それは原子力)。いかに理論武装して国会を乗り切るか密かに期待しているのですが、果たして公明党の中でそのような発言ができるのか、以前会ったときはなかなか原子力発電は安全なのに認めようとしない人が多いとぼやいていた言葉が印象的でした。今日はTVで彼の大臣としての抱負を聞くのが楽しみです。

写真は http://www.t-saito.com/profile.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-01 21:27 | 日記
日本のプロ野球のオールスター戦、最近は以前より面白い印象があります。個々の戦い(ダルビッシュvs金本など)やチームとしての勝とうという意思(特に連敗中のパリーグは以前のセリーグコンプレックスとは違い、見ていてすがすがしいです)など、いろいろな見方ができる試合です。
第1戦は9回にドラマがあり、山崎武選手のサヨナラヒットでパリーグの勝利、今年は去年ほど調子のよくない山崎選手がサヨナラヒットでMVP獲得! 野球はやはり何がおこるかわかりませんね。
b0077271_8112231.jpg
b0077271_8113528.jpg
b0077271_8115091.jpg

写真は http://www.sanspo.com/baseball/baseball.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-01 07:07 | 球技