思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:グロンホルム ( 20 ) タグの人気記事

快晴のコルシカ、レグ2もローブ選手がグロンホルム選手との差を拡げてトップを快走しています。スバル勢はソルベルグ選手と筆頭に5,6,7位と順位を上げています。トップ2との差はかなりありますが、3位のソルド選手との差は1分、何とか挽回して表彰台を確保して、ラリー・ジャパンに弾みをつけて欲しいものです。
レグ1途中でエンジントラブルを起こしたスズキのベルナルディ選手、レグ2再出走がかない、SS7を16位、SS8を14位、SS9を12位と徐々にSS順位を上げて快調に走っていましたが、SS11でエンジンの燃料噴射装置にトラブルが発生してストップしてまたもレグリタイアとなってしまいました。やはりデビュー戦でのトラブルはしょうがないのかもしれません。
同時開催イベントとなるジュニア・ラリー選手権最終戦は、マルティン・プロコップ選手がトップ、タイトル争いをしていたスズキ・スイフトのウルモ・アーヴァ選手とパー・ガンナー・アンダーソン選手は、アーヴァ選手がSS8でコースアウトしてリタイア、アンダーソン選手もSS8でスピンをしてパンクにより大幅に遅れましたが、アーヴァ選手がリタイアしたことによってアンダーソン選手のチャンピオンが決定的となっています。
b0077271_8515469.jpg
b0077271_852288.jpg
b0077271_8521186.jpg
b0077271_8521838.jpg

1 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC 2:20:58.6
2 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 07 +27.5
3 Daniel SORDO CITROEN C4 WRC +1:00.6
4 Jari-Matti LATVALA FORD Focus RS WRC 06 +2:23.9
5 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +2:30.9
6 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +2:49.3
7 Xavier PONS SUBARU IMPREZA WRC2007* +4:08.2

8 Jan KOPECKY SKODA Fabia WRC* +5:52.9
9 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +7:07.6
10 Matthew WILSON Ford Focus RS WRC 06* +8:02.7

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-14 08:52 | モータースポーツ
今シーズン最高のバトルでした。グロンホルム選手とローブ選手の手に汗握る戦いは、まさに両雄の意地と意地のぶつかりあい、最終SSまでその決着は持ち越されました。最終日もタイア選択の難しい天候の中、グロンホルム選手は徐々にローブ選手との差をつめていき、0.7秒リードして最終SSを迎えます。最後はローブ選手がトップタイムをマークしましたがその差を0.3秒に縮めるにとどまりWRCの歴史の中でも初となる1秒未満の決着となりました。スバルはアトキンソン選手が最終日に4位に浮上したのがちょっとした明るい話題です。
b0077271_123629100.jpg
b0077271_12363749.jpg

WRC結果
1 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 07 3:52:53.9
2 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC +0.3
3 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 07 +1:42.8
4 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +2:32.3
5 Jari-Matti LATVALA FORD Focus RS WRC 06 +2:36.9
6 Daniel SORDO CITROEN C4 WRC +3:42.0
7 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +3:54.7
8 Urmo AAVA Mitsubishi Lancer WRC* +9:16.3
9 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +9:54.6
10 Matthew WILSON FORD Focus RS WRC 06* +10:19.9


同時開催のPWRC第5戦のラリー・ニュージーランドも最終日。新井選手は初日に出遅れましたがその後、猛チャージを見せ逆転、スーパーSSでは大勢の観衆の前で、2.0秒差をつけてマクシェア選手を抑え、優勝ドライバーとしてのフィニッシュを飾りました。
b0077271_15262930.jpg

1 新井敏弘 SUBARU IMPREZA WRX STI 4:13:35.8 0.0
2 ナイオール・マクシェア SUBARU IMPREZA WRX STI 4:13:38.4 +2.6
3 リチャード・メイソン SUBARU IMPREZA WRX STI 4:14:46.0 +1:10.2
4 ガブリエル・ポッゾ Mitsubishi Lancer Evo 4:14:48.9 +1:13.1
5 奴田原文雄 Mitsubishi Lancer Evo 4:14:55.7 +1:19.9
6 アルミンド・アラウージョ Mitsubishi Lancer Evo 4:15:16.0 +1:40.2
7 ユホ・ハンニネン Mitsubishi Lancer Evo 4:15:46.9 +2:11.1
8 マーティン・ラウーム Mitsubishi Lancer Evo 4:16:15.2 +2:39.4
9 ファビオ・フリシエロ Mitsubishi Lancer Evo 4:19:16.3 +5:40.5
10 アンドレ・ジェレブ Mitsubishi Lancer Evo 4:22:23.2 +8:47.4

写真は http://f1express.cnc.ne.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-03 12:37 | モータースポーツ
ラリー・ニュージーランドはレグ2に入り、ローブ選手が実力を出してきました。1.7秒差のトップに進出です。レグ2はローブ選手とグロンホルム選手がトップ争いを繰り広げ、最終SSでトップタイムをマークしたローブ選手が僅差でトップにたちそれをグロンホルム選手が追っています。
b0077271_114353.jpg
b0077271_1141099.jpg

レグ2までの結果
1 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC 2:47:25.1
2 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 07 +1.7
3 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 07 +1:12.5
4 Jari-Matti LATVALA FORD Focus RS WRC 06 +2:02.3
5 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +2:12.8
6 Daniel SORDO CITROEN C4 WRC +2:49.4
7 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +3:25.9
8 Urmo AAVA Mitsubishi Lancer WRC* +7:17.4
9 Matthew WILSON FORD Focus RS WRC 06* +8:35.5
10 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +8:45.2

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-02 11:04 | モータースポーツ
ラリー・ニュージーランドはグ1として合計5本のSSが行われ、フォード・フォーカスを駆るマーカス・グロンホルム選手がトップに立っています。ローブ選手が得意と思われていましたが、ポイントリーダーのグロンホルム選手がトップとなったことで、レグ2以降の展開が面白くなりました。スバルでは、トルコでも好調だったアトキンソン選手が4位につけています。
b0077271_1253374.jpg
b0077271_1254575.jpg
b0077271_1255675.jpg
レグ1の結果
1 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 07 1:27:20.1
2 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC +13.0
3 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 07 +49.2
4 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +1:21.4
5 Jari-Matti LATVALA FORD Focus RS WRC 06 +1:29.2
6 Daniel SORDO CITROEN C4 WRC +1:33.5
7 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +1:48.5
8 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +2:17.2
9 Urmo AAVA Mitsubishi Lancer WRC* +3:26.6
10 Matthew WILSON FORD Focus RS WRC 06* +4:29.7

ペター・ソルベルグ「今日は僕ができるベストを尽くした。僕に言えることはこれ以外あまりない。今日は、全般的にハンドリングの調子がよくなかった。オーバーステアが強く、フロントからのグリップがあまりなく、プッシュするだけの自信が得られなかった。改めて、今晩もいくつかのことをトライしてみて、明日状況が改善されるかを見てみる。そして僕はとにかくできる限りハードなプッシュを続けていく。僕ができることは、それがすべて」
クリス・アトキンソン「とても順調だった。4位というのは、悪くないポジション。望める範囲でのベストだったと思う。ラリー全体を通してほぼ4位を維持していたフィンランドと状況が少し似ているが、今回はもっと速いドライバーが僕たちの後ろに続いている。明日の最初の3本は僕と相性がよく、昨年はこのうち2本でステージウィンを獲得したが、その後タイヤ・ホイールユニットを破損してしまったので残り2本の走行経験はなく、少しトリッキーになるだろう。でも、このポジションを維持していきたいし、それが僕たちにできるすべてのこと。ミッコ、マーカス、セバスチャンが現状、僕たちには速すぎる相手だけれど、もちろん僕たちもプッシュは続けていく」

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-01 12:06 | モータースポーツ
WRC第9戦、ラリー・フィンランドは、総合首位からスタートしたフォード・フォーカスのマーカス・グロンホルム選手が合計タイム2時間57分26秒1を記録して今季4勝目を挙げました。スバルはアトキンソン選手の4位が最高でした。やはり、北欧勢のドライバーが強いラリーフィンランドでしたね。
b0077271_06241.jpg


■総合成績
1位:マーカス・グロンホルム/フォード・フォーカス - 2時間57分26秒1
2位:ミッコ・ヒルボネン/フォード・フォーカス - 2時間57分50秒3
3位:セバスチャン・ローブ/シトロエンC4 - 2時間58分36秒0
4位:クリス・アトキンソン/スバル・インプレッサ - 3時間00分28秒9
5位:ヘニング・ソルベルグ/フォード・フォーカス - 3時間01分55秒5

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-08-06 23:58 | モータースポーツ
2ヶ月のインターバルがあけてWRCが再開されました。この北欧のラリーは北欧出身のドライバーが強いことで有名でローブ選手も今回は弱気の発言が目立っていました。そんな中、ラリーフィンランドは開幕、そして最初のSSではアトキンソン選手がトップタイムをマークしました。
その後順位を落としてしまいましたが、レグ1終了時点で4位、ソルベルグ選手も5位とまずまずのポジションで、レグ2以降に期待が持てます。
b0077271_1014214.jpg
b0077271_102243.jpg
レグ1結果
1 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 07 1:05:18.5
2 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 07 +4.4
3 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC +20.2
4 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +46.9
5 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +57.3

6 Daniel SORDO CITROEN C4 WRC +1:22.6
7 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +1:32.8
8 Manfred STOHL CITROEN Xsara WRC +1:45.8
9 Juho Hanninen MITSUBISHI Lancer WRC* +2:01.6
10 Urmo Aava MITSUBISHI Lancer WRC* +2:20.9
11 Xavier Pons SUBARU IMPREZA WRC 2007* +2:21.8

SS1:(02.06km):Fastest Time: クリス・アトキンソン(SUBARU) 1:20.6
SS2:(17.20km);ヤリマティ・ラトバラ(フォード) 8:18.7
SS3:(13.72km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 6:47.5
SS4:(13.31km):Fastest Time: ミッコ・ヒルボネン(フォード) 6:47.4
SS5:(17.20km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 8:10.1
SS6:(13.72km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード)、ミッコ・ヒルボネン(フォード) 6:42.7
SS7:(13.31km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 6:36.1
SS8:(09.96km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 4:36.6
SS9:(08.70km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 3:56.7
SS10:(22.25km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 10:35.6
SS11:(02.06km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 1:20.7

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_page3.php?news_no=12193&cno=51&keyword=# から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-08-04 10:02 | モータースポーツ
アクロポリス・ラリーは最終のレグ3の5本のSSが行われ、フォード・フォーカスのマーカス・グロンホルム選手が前日までのリードを守り優勝しました。2位はセバスチャン・ローブ選手、3位はペター・ソルベルグ選手が入りました。同時開催のPWRCでは新井敏弘選手が今季初勝利を飾っています。
優勝したグロンホルム選手は「厳しい戦いだったが勝てて嬉しい。しかし、ペターも復活したことだしシーズン後半戦は競争が激しくなるだろう」と、コメントしています。これから2ヶ月のインターバルがありますので、スバルチームも今回の結果を活かす改善をして、次戦でもトップ争いをして表彰台の一番高いところにたってほしいものです。
ペター・ソルベルグ「難しいラリーだったが、ポディウムでのフィニッシュにはとてもハッピーだ。セバスチャンとのマージンは今日彼を捉えるには大きすぎたため、堅実なペースと慎重なドライブを維持して選手権ポイントを獲得することに専念した。今回のギリシャでは、日本から重要なゲストがたくさん訪れており、STIの桂田社長は今週で退任されるので、特に社長のためにもSUBARUをポディウムに上げることができて本当にうれしい。またチーム全体にとってもいい週末となり、マシンはどんどんと良くなっている。満足できるまでにはまだ作業が残っており、サマーブレイクの間にシーズン後半戦に向けて全開で作業を行っていく」
b0077271_12344729.jpg
b0077271_1234567.jpg

SS18:(20.00km):Fastest Time: セバスチャン・ローブ(シトロエン) 12:05.1
SS19:(17.87km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 10:58.1
SS21:(20.00km):Fastest Time: ミッコ・ヒルボネン(フォード) 12:00.0
SS22:(17.87km):Fastest Time: ヤリマティ・ラトバラ(フォード) 10:47.8

1 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 06 3:49:22.6
2 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC +38.6
3 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +1:34.1
4 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 06 +2:41.3
5 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +4:52.7
6 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +6:31.7
7 Jan KOPECKY SKODA Fabia WRC* +8:15.8
8 Manfred STOHL CITROEN Xsara WRC +8:56.2
9 Guy WILKS FORD Focus RS WRC 05* +9:53.2
10 Matthew WILSON FORD Focus RS WRC 06* +10:39.6

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-04 12:35 | モータースポーツ
アクロポリス・ラリーはレグ2として合計8本のSSが行われ、マーカス・グロンホルム選手がトップを守っています。2位にはセバスチャン・ローブ選手が浮上、レグ1で2位につけていたペター・ソルベルグ選手は3位に順位を落としてしまいました。
b0077271_904358.jpg
ソルベルグ選手、午前のSSはトップタイムをマークするなど好調でしたが、午後のSSの途中で左前輪のダンパーを痛めてしまいハンドリングが急激に悪化してしまいました。その結果の順位後退ですからまだ最終日に期待が持てるのではないでしょうか。
同時開催となるPWRCでは、新井敏弘選手がラリーをリードしています。新井選手を4秒6差で追っていたハンニネン選手は、ステアリングアームにトラブルが発生し、それを修理するためにTC遅着となりペナルティタイムを課せられ、さらに午後のステージではパンクをきっして大きく遅れ新井選手と2分以上のタイム差がついています。

SS10:(48.88km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 32:47.9
SS11:(09.18km):Fastest Time: セバスチャン・ローブ(シトロエン) 7:21.1
SS12:(10.80km):Fastest Time: ペター・ソルベルグ(SUBARU) 7:24.5
SS13:(05.16km):Fastest Time: ペター・ソルベルグ(SUBARU) 3:23.4

SS14:(48.20km):Fastest Time: マーカス・グロンホルム(フォード) 32:33.0
SS15:(09.18km):Fastest Time: セバスチャン・ローブ(シトロエン) 7:14.7
SS16:(10.80km):Fastest Time: セバスチャン・ローブ(シトロエン) 7:17.2
SS17:(03.20km):Fastest Time: セバスチャン・ローブ(シトロエン) 2:58.2

1 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 06 3:00:22.3
2 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC +43.3
3 Petter SOLBERG SUBARU IMPREZA WRC2007 +1:07.6
4 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 06 +2:32.1
5 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +3:09.3
6 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2007 +5:25.0
7 Jan KOPECKY SKODA Fabia WRC* +6:55.4
8 Manfred STOHL CITROEN Xsara WRC +7:32.0
9 Guy WILKS FORD Focus RS WRC 05* +7:59.6
10 Matthew WILSON FORD Focus RS WRC 06* +8:44.8

b0077271_911745.jpg
ペター・ソルベルグ 「午後に発生したダンパーのトラブルがなければ、もっといいリザルトを出せたと思うが、今は今日を走り終えてポディウム圏内につけており、チームとSUBARUとしては、今日の成果には満足できる。今日もマーカスやセバスチャンと競り合えるパフォーマンスを持っていることを見せつけることができ、将来にとって非常に重要なことだ。しかし、このラリーはもちろんまだ終わったわけではない。まだ明日も戦いが残っており、今日の午後を見れば分かるように、状況はあっという間に変わり得る」

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-06-03 09:01 | モータースポーツ
ラリー最終日は考えられないようなドラマから始まりました。レグ3のオープニングとなるSS13、前日までに30秒以上の差を築き上げていたセバスチャン・ローブ選手がまさかのクラッシュ、連続するクレストを越えたところでコースを外れて岩にマシンをヒットし、左フロントサスペンションを破損してしまいましたっ。このアクシデントによりローブ選手は競技続行不可能となりレグリタイアを余儀なくされ、今期2戦目のノーポイントとなってしまいました。ラリーは何が起こるかわかりませんね。ローブ選手のクラッシュによって、第2戦スウェーデンに続く今季2勝目をグロンホルム選手があげました。
この結果、グロンホルムはドライバーズ選手権でローブを逆転して1位、フォードもマニュファクチャラー選手権でもシトロエンに対するリードを拡大し21ポイント差としています。
b0077271_17464745.jpg

b0077271_1747849.jpg
ペター・ソルベルグ選手は、5位でラリーを終えています。
「今日は確実にラリーを走り終えて、アクロポリス・ラリーに向けてマシンを維持することに全力を費やした。このレグのステージは高速でナローだったので、どんなささいなミスも大きな痛手になることを我々は分かっていた。アタックをかければヘニング(・ソルベルグ)を捉えられるチャンスもあったが、リスクを負う余裕はなかった。浮き沈みの激しいラリーだった。今回も、序盤で我々が見せていたペースは、非常に心強い内容だった。今の課題は、イベントを通してキープできる速さでポイントを獲得すること。まだやり残していることはあるが、それを消化しつつあるし、チームはこれまで以上に懸命な作業を続けている」
b0077271_17472059.jpg
クリス・アトキンソン選手は、10位と不本意なラリーとなってしまいました。
「タフな一日になると予想していたが、あきらめずに努力を続けることの大切さも痛感した。最終的に、SUBARUのためにマニュファクチャラーズポイントを獲得できたんだからね。SS5で石にヒットしたことで、バトルからは大きく後退し、初日の午前中にコンペティティブなタイムを出していただけにとても残念だった。これらのタイムにはマシンのポテンシャルがはっきりと表れている。これからは、アクロポリス・ラリーに向けて、マシン作業に取り組んでいく」

SS13:(10.66km):Fastest Time: ミッコ・ヒルボネン(フォード) 7:21.9
SS14:(07.67km):Fastest Time: ヘニング・ソルベルグ(フォード) 5:37.3
SS15:(09.04km):Fastest Time: ミッコ・ヒルボネン(フォード) 4:38.0
SS16:(10.66km):Fastest Time: ダニエル・ソルド(シトロエン) 7:06.4
SS17:(07.67km):Fastest Time: ヘニング・ソルベルグ(フォード) 5:29.4
SS18:(09.04km):Fastest Time: ミッコ・ヒルボネン(フォード) 4:31.3

1 3 M.グロンホルム/T.ラウティアイネン フォード・フォーカス 3:48'42"0
2 4 M.ヒルボネン/J.レーティネン フォード・フォーカス R +29"2
3 2 D.ソルド/M.マルティ シトロエンC4 +1'21"8
4 10 H.ソルベルグ/C.メンケルド フォード・フォーカス +1'36"6
5 7 P.ソルベルグ/P.ミルズ スバル・インプレッサ +2'34"2
6 21 T.ガルデマイスター/J.ホンカネン ミツビシ・ランサー +5'02"1
7 5 M.ストール/I.ミノール シトロエン・クサラ +5'28"6
8 26 J.ハンニネン/M.マルックラ ミツビシ・ランサー +9'31"7
9 9 J.ラトバラ/M.アンティラ フォード・フォーカス +11'27"7
10 8 C.アトキンソン/S.プレボ スバル・インプレッサ +16'19"4

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-21 17:48 | モータースポーツ
WRCに復活したラリー・ポルトガル初日は、2万人の観客を集めたアルガーブスタジアム屋内に設定された、2kmのスペクタクルなスーパーSSで始ましました。トップとなったのは、グロンホルム、2位となったソルドを2.3秒も引き離すスーパーアタックを披露しました。期待のスバル勢はソルベルグが3番手、アトキンソンが7番手につけています。いよいよラリー本番です。
SSS1 (2.03km): Fastest Time: マーカス・グロンホルム:2分05.8秒
b0077271_816178.jpg
b0077271_816899.jpg

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-30 08:08 | モータースポーツ