思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:スズキ ( 4 ) タグの人気記事

ホンダF1からの撤退ほどマスコミでは取り上げられていませんが、スズキもWRCの世界からの撤退(プレスリリースは休止となっていますが)を発表しました。その理由はホンダと同様、世界的な経済不況の影響により業績が想像以上に悪化したためだそうです。
スズキの場合、昨年までの助走期間を経て今年からWRCに本格参戦し、最終戦のラリーGB初日は3位をキープするなど、1年間の活動でトップコンテンダーとなりうる実力を見せていただけに今回の決定はたいへん残念に思います。
b0077271_19255997.jpg
b0077271_1926711.jpg
スズキに限らず、自動車メーカーでは派遣社員の解雇問題がありますから、そんなときにレースに膨大な予算を割り当てることは不可能ということは理解できます。早くこの不況が終わり、またWRCの世界に復帰していることを祈るのみです。
スバルも活動の見直しを検討しているという報道もあります。スバルまでいなくなったWRCとなると、興味が半減してしまいます。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-16 07:26 | モータースポーツ
今年最後のWRC,ラリーGBが開幕しました。この時期のウェールズ地方の悪天候がラリーにドラマを演出して、初日は大波乱の順位となりました。
まず悪天候でSS1とSS4がキャンセルされ、SS2/SS5、SS6は距離短縮、初日走行距離はかなり短くなってしまいました。そんな中でまずトップにたったのはセバスチャン・オジエ選手!、SS2でトップタイムをマークするとそのリードをSS5まで守りました。
そのSS6では、ラトバラ選手がトップタイムをマークし、トータルでも首位を奪取、ローブ選手がそれに続いています。そしてこのSS6ではアトキンソン選手がアイスバーンにのってコースアウト、マシンは転倒をくりかえしロールケージにダメージが及ぶほどの激しいクラッシュとなってしまいました。幸いアトキンソン選手はすぐにヘリコプターで病院へと運ばれたが、体へのダメージはなさそうだとチーム関係者は語っています。
波乱のディ1でしたが、その中で光った走りを見せたのはスズキのアンダーソン選手、各SSで安定した走りを見せて総合3位につけています。スバルはマッツ・オストベルグ選手が4位、ペター・ソルベルグ選手が5位で続いています。ソルベルグ選手もトップのラトバラ選手とは27秒差ですから、ディ2の巻き返しで上位進出が可能といえます。
b0077271_911791.jpg
b0077271_9111463.jpg
b0077271_9112045.jpg
b0077271_9112867.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-06 09:11 | モータースポーツ
ロッシは、セパン合同テストの最終日をトップタイムで締めくくりました。タイムは、2分0秒936という3日間を通じても最速のタイムです。2日間トップタイムをマークしていたスズキのホプキンスは最終日はレースディスタンスを意識した走りをみせ、2分2秒台のタイムでコンスタントに周回し、一発のみでなく普通に走っても速いことを証明しました。スズキの7年ぶりのチャンピオン獲得に光明がさしています。そういえばスズキは1993年のシュワンツ、200年のロバーツJrと7年おきにチャンピオン獲得ですね。
今年は、スズキとヤマハが調子がよいようで、ホンダは若干出遅れ気味のようです。ロッシのチャンピオン返り咲きはあるのか、楽しみです。

b0077271_12311268.jpg
b0077271_1231213.jpg


写真は http://www.moto-live.com/motogp/en/index.shtml から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-25 12:34 | モータースポーツ
ちょっとニュースソースが古いですが、セパンで来シーズン用マシンの合同テストが行われました。結果はご存知のようにスズキ勢がワンツゥータイムをマーク、特にホプキンスはマシンの仕上がりに大満足のようです。
また、C.エドワーズもヤマハのニューマシンに好感触、玉田選手も新チームで手ごたえを感じているようですから、来シーズンも白熱したMotoGPが期待できそうです。
b0077271_177349.jpg
b0077271_1781121.jpg


非公式ラップタイム
J.ホプキンス(スズキ)  :2分01秒64(54ラップ)
C.バーミューレン(スズキ):2分02秒0(51ラップ)
C.エドワーズ(ヤマハ)  :2分02秒43(32ラップ)
N.ヘイデン(ホンダ)   :2分03秒28
玉田誠(ヤマハ)      :2分03秒36(36ラップ)
T.エリアス(ホンダ)   :2分03秒55
C.チェカ(ホンダ)    :2分04秒27(70ラップ)
岡田忠之(ホンダ)     :2分04秒44(65ラップ)

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/motogp_news.htm?menu=news から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-11-19 17:08 | モータースポーツ