思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

タグ:マケイン ( 4 ) タグの人気記事

このブログで最初にオバマさんを取り上げたのが2006年12月でした。その後、日本語版の「NEWS WEEK」にヒラリー上院議員との対比が掲載されるなど日本でも2年前あたりから注目される政治家でしたが、大統領選挙で圧勝するまでの政治家になるとは当時は思いませんでした。
しかし、予備選挙でのヒラリーさんとの一騎打ちに勝利し、黒人初の大統領を目指して選挙戦を戦いぬく中で、いろいろな追い風はあったにせよ「CHANGE」という解りやすい標語が有権者の心を捉え、見事に大統領のいすを得たたのだと思います。
来年1月にホワイトハウスの住人となるオバマさんですが、米国には日本以上に難問が山積みされています。イラク問題、金融危機、どれをとっても数年はかかる難問だらけ、2年間は過去の課題を解決する時間となってしまうかもしれません。しかし、米港大統領はWASPでなければなれないというジンクスを打ち破ったのは故J.F.ケネディ大統領でした。演説のうまさ、人をひきつける魅力がそっくりと言われるオバマさんですから、政策立案そしてその実行力もあると期待しましょう。
b0077271_2172524.jpg
b0077271_2173275.jpg
ただ、対日関係は冬の時代となる可能性は高いですね。オバマさんは演説の中でも「日本への輸出が少ない(輸入に比べて)」という発言をしていますから、経済摩擦はさけられないかと思います。またハト派として知られていますから、右寄りの麻生首相とは考えが合わない可能性もあります。果たして日米関係はどう推移していくのか、ちょっと心配ですね。
これで米国は変化することが大いに予想されます。次は日本の番だと思うのですが、、、

オバマさんの勝利が確定した段階での獲得選挙人数と獲得した州の状況です。
b0077271_2175274.jpg



写真は http://www.nikkei.co.jp/senkyo/us2008/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-05 21:16 | 日記
サラ.ペイリン・アラスカ州知事と言ってこの人は誰と思う人が大多数だと思います。共和党の大統領候補のマケイン上院議員が選んだ副大統領候補は44歳、5児の母でもある若手の有望政治家でした。
ペイリンさんは、アラスカ州の小都市ワシラ市議を振り出しに政治家としてのキャリアをスタート、2006年12月にアラスカ州史上最年少にして初の女性として知事に就任したそうです。運輸から教育、犯罪などの問題を争点に選挙戦を戦い、アラスカの共和党員の汚職に警鐘を鳴らす救世主として人気を集めました。
マケイン氏のエネルギー政策の柱である北極圏国立野生生物保護区での石油開発に積極的に賛成するなど、マスコミの注目を集めてきていますから、日本では無名でも米国ではある程度の知名度はあるようです。
44歳という若さでマケイン氏の年齢に対する懸念を払しょくし、ワシントンの政治に毒されていない清新なイメージを有権者に与えられる可能性があり、オバマさんにはいいライバルとなりそうです。全米ライフル協会の熱心な会員で、アラスカ州の天然ガスパイプライン建設も支持しています。狩猟と魚釣りの熱心な愛好家とのこと、銃の規制が騒がれている米国でこのことがプラスとなるのかマイナスとなるか注目です。。
b0077271_9344121.jpg


翻って、日本の女性政治家といえば、姫井議員の話題などレベルが違いすぎます。古くは市川さんや土井さんという有能な女性議員が国政の番人として活躍していましたが、今はといえば中山恭子さんぐらいしか思い浮かびません。北京五輪で大和ナデシコが大活躍していましたから、政治の世界でも「男はダメね!」という元気な女性政治家の出現はないのかなあと思ってしまいました

不謹慎なことを考えてしまいましたが、マケインさんがもし大統領になって任期中になくなられたらペイリンさんが米国史上初の女性大統領! 亡くならなくても1期目終了時点で引退して共和党はペイリン大統領候補で選挙となればよほど失政がなければ大統領ポストはかなり高確率です。ヒラリーさんも真剣にオバマさんを応援しないと女性初の栄冠は夢となってしまいますね。マケインさんもいいところに目をつけたかもしれません。

写真は http://www.afpbb.com/article/politics/2512395/3276228 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-31 09:35 | 日記
スーパーチューズデー以後の予備選挙でオバマ上院議員は7連勝です。CNN発表によれば代議員獲得数でも1231人となりヒラリー・クリントン上院議員の1196人を上回りました。1年ほど前から注目していたオバマ上院議員でしたが、ここまで頑張るとは正直考えていませんでした。このままの勢いを持続して3月初旬のテキサス、オハイオ州など大票田の州の予備選挙を勝利するようですと、民主党大統領候補に近づきます。
一方のヒラリー上院議員、テキサス、オハイオ州の予備選挙での勝利が必須となってしまいました。選挙対策本部のメンバーも更迭、辞任と人事一新しているようですが、果たしてこのまましぼんでしまうのかちょっと心配です。いずれにしろテキサス、オハイオ州の結果に注目ですね。
b0077271_824752.jpg


■各候補の獲得代議員数 (日本時間13日12時30分現在)
民主党(指名獲得に必要な代議員数は2025人)
バラク・オバマ候補    1231人(スーパー代議員156人)
ヒラリー・クリントン候補 1196人(スーパー代議員242人)

共和党(指名獲得に必要な代議員数は1191人)
ジョン・マケイン候補  797人
ミット・ロムニー候補  285人 (2月8日、選挙戦からの撤退を表明)
マイク・ハッカビー候補 240人
ロン・ポール候補    14人

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-14 08:24 | 日記
米国大統領予備選挙の最大の目玉であるスーパーチューズデー、民主党はバラク・オバマ上院議員とヒラリー・クリントン上院議員の激闘が続いています。
ヒラリー上院議員は、アーカンソー、アリゾナ、大票田のカリフォルニア、マサチューセッツ、ニュージャージー、ニューヨークなどで勝利、一方のオバマ上院議員は、アラバマ、アラスカ、コロラド、デラウェア、ジョージア、アイダホ、イリノイ、カンザスなどで勝利しています。民主党の
全国大会は8月にコロラド州デンバーで行われます。代議員数は幹部代議員796人を含む4049人で、過半数の2025人以上の支持で指名獲得となります。いずれの候補が指名を獲得するか、全くわかりませんね。
b0077271_1216664.jpg
b0077271_12161471.jpg

一方の共和党はジョン・マケイン上院議員が有利な戦いをし、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事をリードしています。驚きはマイク・ハッカビー元アーカンソー州知事の頑張りだとか、こちらはマケイン上院議員にいずれ一本化されそうな感じがします。共和党の全国大会は9月にミネソタ州ミネアポリスで行われます。代議員数は幹部代議員576人を含む2380人、1191人以上の支持で指名獲得となります。

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-07 12:16 | 日記