思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ルノー ( 20 ) タグの人気記事

ルノーF1チームは、ポルトガルのアルガルヴェで2009年用マシンR29を発表しました。マシンはフロントノーズが昨年マシンとは異なり特徴的な気がします。
新たにスポンサー契約を交わしたフランスのオイルメーカーの影響により昨年とは少し異なるカラーリングとなっており、フランスのオイルメーカー「TOTAL」の企業カラーである赤を取り入れて以前よりも明るめのカラーリングが目立ちます。
そのままピケ選手の手によりシェイクダウンテストが行われています。
b0077271_7574510.jpg
b0077271_7575285.jpg
b0077271_758030.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-20 07:57 | モータースポーツ
アロンソ選手、ピケ選手とドライバーをチェンジしたルノーF1チームが本社で2008年を戦うR28の発表会を開催しました。今までの他チームの発表会を上回る多数の報道陣が参加して盛大な発表会となったようです。R28は先日の合同テストで既に発表されていましたので、目新しさはありませんが、いくつか新しいスポンサーもついたようでロゴが追加されています。フロントウィングなどに工夫が見られるR28,シェイクダウンテストでの感触がイマイチだったアロンソ選手は慎重なコメントでしたが、昨年が最悪の成績だったとゴーン社長が発言していますので、数回の優勝は必達事項のようですね。
b0077271_1220795.jpg
b0077271_12201548.jpg
b0077271_12202556.jpg


写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-01 12:20 | モータースポーツ
スペイン・バレンシアでF1合同テストが開幕しました。本格的なテストは明日からですが、初日に2チーム(ウィリアムズとルノー)が2008年のニューマシンをシェイクダウンしました。
ウィリアムズチームは特に新車発表を行わない方針でしたので、今回が実質上の新車発表会となります。マシンは2007年型の進化形ですが、外観で目立つところは、ノーズをまたぐブリッジウイング、ノーズの左右に付けられるカメラの突起を積極的に延長している処理などです。サイドポッド上端にチキンウイングとチムニーをつなぐマクラーレン風の巨大なフェンスが設けられているのも特徴的ですね。2007年のマクラーレンのよいところを真似しているといっては語弊がありますが、そのような印象を受けました。
b0077271_1228417.jpg
b0077271_12281144.jpg

一方のルノーチームは、正式発表は後日にパリで行う予定ですので、詳細は明らかにされていませんがアロンソ選手が乗り込んだR28は昨年型のR27と遠目ではさほど変わっていないように見受けられました。細部ではコクピット前方には昨年途中からフェラーリが採用したような空力付加物が追加されたり、チキンウイングにサイドミラーが付けられたりと変化は見てとれます。
b0077271_12282459.jpg
b0077271_1228311.jpg


このバレンシアのテストでは、ホンダもニューマシンを発表しますし、なんと言ってもホンダのテストドライバーとして小暮卓史選手が登場する予定です。

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-01-22 12:29 | モータースポーツ
ルノーF1チームは、フェルナンド・アロンソ選手が来シーズンよりチームに復帰することを正式に発表しました。これでアロンソ選手はネルソン・ピケ・ジュニア選手とともにルノーで2008年シーズンを戦うこととなります。テストドライバーにはロマン・グロージャン選手の起用が決定していますので、ルノーの来シーズンのドライバー陣容が決定です。
b0077271_1227345.jpg

今回の発表について、フラビオ・ブリアトーレは次のように語っています。「フェルナンドとネルシーニョは最もエキサイティングな2008年のドライバーラインナップの1つを形成するだろう。我々はフェルナンドが素晴らしい成功を収めたチームに復帰することを喜んで歓迎する。彼のドライバーとしての、またチームリーダーとしての能力はよく知られている通りであり、再び力強いパートナーシップを築けることを楽しみにしている。その上、彼はチームをよく知っており、我々がどのように運営しているのかも知っている。彼はこの環境にすぐに馴染むことができるだろう。ネルシーニョはモータースポーツ界で最も期待されている若き才能の一人だ。GP2での成功を受けて、彼は我々のテストドライバーとして秘結を学びチームを理解しながら1年を過ごした。彼はもはや次のレベルへ進む準備が整っているんだ。」
アロンソ選手の行き先が決定しました。後はマクラーレンのシートに誰が収まるか、F1ストーブリーグが本格的に動き出しそうですね。

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-11 12:32 | モータースポーツ
モナコでFIA世界モータースポーツ評議会が開催され、ルノーによる国際競技コード第151c条違反の有無が議論されました。ルノーが“マクラーレンのF1マシンのレイアウトだけでなく、重大なマシンサイズ、加えて、マクラーレンの燃料システム、ギアアセンブリー(組立部)、オイルクーリングシステム、油圧コントロールシステム、2006年と2007年のマクラーレンF1マシンに使用された今までにないサスペンションコンポーネントといったボーダフォン・マクラーレン・メルセデスの機密情報を権限もなく所有”していたことが発覚しました。
しかし、世界モータースポーツ評議会はルノーが国際競技コード第151c条の違反を犯しているとしたものの、ペナルティは科さないことを決定したそうです。

FIA発表声明「今回の裁定における詳細な理由は2007年12月7日(金)に発表され、手続きの議事録は可能な限り速やかに公表される予定である」

[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-07 08:27 | モータースポーツ
今度はルノーがスパイ容疑です。12月に行われる世界モータースポーツ評議会の公聴会に出席するようにFIAが正式に要請しました。
その容疑は、マクラーレンが2006年と2007年に使用したクルマの燃料システムやギア部品、燃料冷却システム、ハイドロリックコントロールシステム、新型のサスペンション部品の詳細が含まれている図面を不法に所持していたとかいうものだそうです。
容疑が「クロ」と断定されれば、ルノーにはマクラーレンに科された処罰――1億ドルの罰金と2007年コンストラクターズ選手権からの除外――と同様の処罰が与えられる可能性があり、2006年のチャンピオン剥奪なんてことも考えられます。
b0077271_9565244.jpg

来年は、アロンソ、ピケJr両選手のコンビでF1参戦、新しいスポンサー獲得などという話題もあるルノーチーム、上記の容疑が「クロ」だとこの話も白紙撤回となってしまうのでしょうか、そうするとアロンソ選手はどこにいくでしょうかね。

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-10 09:55 | モータースポーツ
悪天候でテストが1日延長されたセパンテスト最終日はコヴァライネンがトップタイムをマークしました。メルボルンでの開幕戦で厳しいデビューを飾り、昨日のテストでは最下位となってしまったコヴァライネンは、1分35秒767のトップタイムで持ち直すことができた。また、メカニカルトラブルにより今週初めのテストを棒に振ったルノーチームにとっても満足のいく結果だったと思います。
b0077271_10565678.jpg
b0077271_10572332.jpg

最終日の驚きは、スーパーアグリのデビッドソン、何と3番手のタイムをマークしました。メルボルンでの琢磨の予選10番手がフロックでないことを証明するとともに、来週の本番での活躍が期待できます。

1 H・コヴァライネン ルノー 01:35.767 55
2 F・マッサ フェラーリ 01:35.807 72
3 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:36.787 68
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:37.002 104
5 F・モンタニー トヨタ 01:37.206 78
6 N・ハイドフェルド BMW 01:37.318 70
7 J・バトン ホンダ 01:37.326 37
8 L・ハミルトン マクラーレン 01:37.448 43
9 M・ウェーバー レッドブル 01:37.338 42
10 V・リウッツィ トロロッソ 01:38.542 56
11 C・クリエン ホンダ 01:39.176 25
12 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:39.303 24

写真等は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-31 10:57 | モータースポーツ
フェラーリドライバーのフェリペ・マッサとキミ・ライコネンが、火曜日に行われたヘレステスト2日目をリードしました。マッサは108周、ライコネンは154周を走行し、レースディスタンスでのチェックも行った模様です。
初日、タイムがでなかったコバライネンのルノーが3番手、以下アロンソ、フィジケラと続き、有力チームは好仕上がりのようです。一方スーパーアグリはデビッドソンが97周走りこみ、こちらもレースディスタンスでのチェックに余念がなかったようです。
b0077271_12424884.jpg
b0077271_12425724.jpg
b0077271_1243831.jpg
b0077271_12431766.jpg
b0077271_12432759.jpg


1 F・マッサ フェラーリ 01:21.181 108
2 K・ライコネン フェラーリ 01:21.719 154
3 H・コヴァライネン ルノー 01:21.819 99
4 F・アロンソ マクラーレン 01:21.901 63
5 G・フィジケラ ルノー 01:21.997 129

17 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:23.969 97
18 C・アルバース スパイカーF1 01:24.425 108

さて、スパイカーですがブービーメーカーとなっていますが、マシンのカラーリングはフェラーリとよく似ているので、実際のレース実況のときに間違えてしまうかもしれませんね。
b0077271_12434379.jpg


写真は http://motorsport.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-02-14 12:43 | モータースポーツ
INGルノーF1チームは予定通り24日、オランダ・アムステルダムでニューマシンのR27を発表しました。マシンは見慣れたマイルドセブン・ブルーから一転、ホワイト×オレンジ×ネイビー×イエローに彩られています。
これは、メインスポンサーがJTからINGグループに変更になったことで当然と言えば当然ですが、ルノーといえばライトブルーというイメージがありましたから、TVでF1観戦するときにとまどうかもしれませんね。
b0077271_851471.jpg

また、発表会ではルノー3年目のジャンカルロ・フィジケラ、そしてレギュラードライバーに昇格したヘイッキ・コバライネン、またリカルド・ゾンタ、ネルソン・ピケJrのテストドライバーも真新しいスーツに身を包み姿をみせています。レーシングスーツもマシンカラーと同じように刷新されています。

写真は http://f1express.cnc.ne.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-25 08:05 | モータースポーツ
スペインのヘレスサーキットで、INGルノーF1のジャンカルロ・フィジケラが今季型マシンのシェイクダウンを行いました。2日目の17日には2台そろってレース距離を走破し、順調さをアピールしたそうです。
マシンの正式発表は来週予定されており、どのようなカラーリングで登場するかはそのときのお楽しみのようです。
フィジケラのコメント「ニューマシンを初めて走らせるときは、いつも特別な気持ちになる。今朝、R27で初めてコースに出たとき、いい気分だったよ。とても印象的なビジュアルのマシンだ。コースに出てすぐに快適に走れた。コースはとてもダーティーでグリップレベルが低かったので、パフォーマンスやハンドリングについて適切な判断をするのは難しい。それに、エンジントラブルで走行を切り上げなければならなかったしね。でも、今までのところは、マシンは予想どおりの反応を示しているし、R25やR26と同じような走りやすいフィーリングだ。今の段階で、これはいい兆候だ。明日も引き続きテストを続けるよ。」
b0077271_87341.jpg
b0077271_871685.jpg


ウイリアムズもテストを行い、テストドライバーの中嶋一貴が70周近くを走りこみました。
マイク・コンドリフのコメント「今日は、ルノーのフィジケラと共に、カズキが走行を行った。我々のプログラムに従って、走行を行うことができた。トラクションコントロールシステムの開発や、セッティングに取り組み、さまざまなメカニカルパーツのテストのために走りこんだ。今日もカズキの仕事ぶりはよかった。テストプログラムに問題なく取り組んでいた。明日も作業を続け、スーパーアグリとコースを共有することになる。」
b0077271_872830.jpg


スーパーアグリも2日目から参加して、SA06暫定マシンで2位のタイムをマークしました。今年は期待できそうですね、スーパーアグリ。
b0077271_14131882.jpg


写真は http://www.f1racing.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-18 08:07 | モータースポーツ