思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

瀬島龍三氏逝去

瀬島龍三氏が老衰のため逝去しました、95歳の大往生だったそうです。瀬島氏は1911年に富山県に生まれ、陸軍幼年学校、士官学校へと進み陸軍大学校を卒業、すべてを優秀な成績で卒業したそうで、陸軍大学は主席だったと言われています。陸軍内では参謀としての道を歩み、作戦部内でフィリピンやシンガポール攻略戦の作戦立案を担当したといわれています。
しかし、日本が大敗したレイテなどから情況を知らせる電文を握りつぶし、報告しなかったとも言われているなど、第二次世界大戦の主要な作戦に参加(何らかの形で関与)しているようですが、その真相は一切語ることなく藪の中となってしまいました。
戦後は、1958年に当時は繊維商社だった伊藤忠商事に入社し航空機商戦などを担当、4年後で取締役に就任し、石油部門への進出や、いすゞ自動車と米ゼネラル・モーターズの提携を仲介するなど、伊藤忠が総合商社に脱皮するのに貢献しました。陸軍参謀本部の組織をモデルに直属の部下を率いたことから「瀬島機関」とも呼ばれています。副社長、副会長を経て1978年には会長に就任、1987年から2000年まで特別顧問を務めています。私には、この頃の印象がとても強いですね。
第二次世界大戦の生き証人がまた一人亡くなったことで、戦争の真実が闇に葬られてしまったことが大変残念に思います。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-05 08:23 | 日記
今日は長崎の62年目の原爆の日でした。爆心地近くの平和公園では市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開かれ、被爆者や遺族の方が多数参列されました。
田上富久長崎市長は平和宣言で、久間章生前防衛相が米国による原爆投下を「しょうがない」と発言したことなどを念頭に置いて「被爆国のわが国においてさえも、原爆投下への誤った認識や核兵器保有の可能性が語られる」と指摘し、政府に非核三原則の法制化を求めています。
昨年のブログでも紹介しましたが、今年もこの本を紐解こうかと思っています。なくなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
b0077271_19513852.jpg
【本についてのディテールと購入・問い合わせ先】昨年のことですので現在は不明です。
ピーター・タウンゼント 間庭恭人(まにわ やすんど)訳 ナガサキの郵便配達
[Peter Townsend : The Postman of Nagasaki] 
鎌倉、「ナガサキの郵便配達」を復刊する会
(〒248-0016 鎌倉市長谷5-13-28-201、電話:0467-23-7664)、
2005、(初版:早川書房、1085)、19cm、206p.
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-08-09 19:52 | 日記
早いものであれから5年が経過したのですね、昨日テレビの特集番組を見ていてそのように感じました。まず、テロで犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
筑紫哲也キャスターが「あの日、どこにいて何をしていたのか皆さん覚えているはずです。」と問いかけていましたが、私は残業して帰宅後、家で食事をしながらテレビをみていました。
テレビ画面にWTCの1棟が激しく燃え上がっている光景を見て、テロとは想像できませんでした。軽飛行機が操縦を誤ってビルに衝突したのではないかとの報道がなされていたと記憶しています。しかしその数分後に、巨大な物体が残ったもう1棟に衝突する生々しい映像が映し出され、「これはテロだ!」と確信しました。テレビでは。ハイジャックされた旅客機は他にも2機あることも報道し始め、これは戦争がはじまってしまうのではないかとの危機感も感じたことを覚えています。その後、第2タワーが崩壊し、あたりが煙だらけになってしまったこと、そして第1タワーもほどなく崩壊してしまい、最悪の事態となってしまいました。

その後、アメリカはアフガン侵攻、イラク戦争とテロに対しての報復攻撃を加えています。WTCテロで亡くなられた方が約3千名です。イラク戦争後に戦死したアメリカ兵士もほぼ同数だと聞きます。またイラク戦争後のイラク国内のテロでなくなられた民間人は4千名を超えるともいわれています。WTCテロ以降、1万人の尊い命が失われてしまった事実をどう考えればよいのか、「テロ」は決して許される行為ではないと思いますが、その「テロ」に対しての報復攻撃は果たしてよかったのかどうか、今思えば疑問に思います。ただ5年前にそのように感じたかどうか、それはわかりません。この5年間をあの時は誰も予測することはできなかったわけですから。

こうしている間にも、レバノン・イスラエルの緊張状態は続いています。世界のどこかでは、「テロ」行為が行われている状況です。世界規模での緊張緩和を望まない人はいないと思いますが、何故それができないのか、人間の本質の難しさかもしれません。「テロ」防止の法律を策定してところで、「テロ」の噂は絶えることはありません、「人を殺害すること」そこには憎しみ以外の何も生まれないことを理解してほしいと思います。「経済制裁」が正しい手段だとは思いませんが。民族同士が反目しない世界が訪れることを期待します。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-12 17:32 | 日記
今日8月6日は、世界で初めて原子力爆弾が投下された日です。原爆の投下について米国では退役軍人団体などがその正当性を訴えていますが、果たして本当にそうなのか、自分たちの行動を正当化するためにいろいろな理屈をつけているのではないかと考えてしまいます。
確かに、原爆が投下され戦争は終結しました。原爆が投下されなくても日本は早晩降伏をしたと思います。それまでに何人の人が犠牲となったかはわかりませんが、少なくとも2発の原爆での死傷者よりは少なかったのではないかと思います(日本人死傷者です、連合軍死傷者は確実に増えていると思います)。
以前、紹介した「ナガサキの郵便配達」をまた手にしています。ナガサキに原爆が投下されたのは8月9日ですが、今日一日はまたこの本を読み直し、「戦争を知らない子供たち」世代として、戦争の悲惨さを感じようと思います。
b0077271_8221259.jpg

【本についてのディテールと購入・問い合わせ先】
ピーター・タウンゼント 間庭恭人(まにわ やすんど)訳 ナガサキの郵便配達
[Peter Townsend : The Postman of Nagasaki] 
鎌倉、「ナガサキの郵便配達」を復刊する会
(〒248-0016 鎌倉市長谷5-13-28-201、電話:0467-23-7664)、
2005、(初版:早川書房、1085)、19cm、206p.、肖像写真
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-06 08:18 | メディア(本、映画、記事)紹介
昨日から、金沢に来ています。ミサイル発射での対応が東京とは全然違います。北朝鮮の脅威は東京や巨大マスコミは対岸の火事という印象ですが、こちらでは死活問題として取り上げられています。タクシーに乗ったとき、ローカルニュースが流れていました。漁業関係者が安全操業に不安を訴えていました。また水産高校では、訓練船をすぐに港に戻したところもあるとの放送も流れていました。
漁業で生計をたてている方たちにとっては、北朝鮮のミサイルは死活問題だということを理解しました。やはり東京、マスメディアの報道に慣れていることは問題だということを実感しました。
他人事ではなく、国際問題として真剣に考えていく必要があると考えました。いろいろ考えることありますね。(金沢のホテルにて)
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-07 07:48 | 日記
ブログのコメントに、この記事のことが書いてありました。早速ネットから記事を探しあて今読み終わりました。フランスの雑誌に掲載されていたので、仏文のみだったらどうしようかと思いましたが、邦訳もあり助かりました。コメントを書いていただいた方は、フランス語が達者の方でちょっと心配していました(笑)。

さて、日高氏は、「日本国憲法」とフランスの『人権宣言』を対比しています。『人権宣言』には<自由・平等・友愛>が掲げられています。一方で「日本国憲法」では<基本的人権の尊重・民主主義・平和主義>が掲げられています。この中の「平和主義」が第9条にあたると彼は言っています。

彼は、第9条改正に反対の立場をとっています。その理由を見て「なるほど」と感じました。彼の心配は、『第9条の改正→憲法の基本原則の崩壊<基本的人権の尊重・民主主義・平和主義>、平和主義だけでなく、基本的人権、民主主義も崩壊していく』と述べています。レポートではその理由、彼自身の考え方が詳細にわかりやすく述べられていますので、私が説明するより、その文章を読んでいただいたほうがわかりやすいと思います。

「フランスには、知識人や民衆に平和を求める声があります。アメリカでは反戦運動・市民運動、あるいは公民権運動が政府を動かしました。日本には、戦争を始める官と軍はいても、やめさせる民はいなかったのです。」この文章を読んでなるほどそうかと思いました。よく「サイレントマジョリティ」という言葉を耳にしますが、「サイレント」ではなくもっと行動にでなければいけないのだと感じました。

第9条改正についての考え方が少しかわりました。もっと本質を見て考えていかなければいけませんね。

日本語版のレポートです、是非読んでください
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-05-09 19:06 | メディア(本、映画、記事)紹介
「ナガサキの郵便配達」、この本を読んで、原爆の恐ろしさ、二度と戦争をしてはいけないと痛切の感じたのは私だけではないと思います。。多くのこの本の読者は同じ思いを持っていると感じます。三省堂が国語の教材にこの本の一部を掲載したことの意味がよくわかります。
この本についていろいろ話そうと思っていましたが、こんな新聞記事を見てしまいちょっとがっかりしています。

被爆者証言、寄贈断る前の資料紛失 埼玉県平和資料館(5月3日:朝日新聞)

埼玉・平和資料館 被爆者証言の寄贈断る(5月4日:東京新聞)

いずれの記事も、内容は同じです。元長崎放送記者の伊藤明彦さん(69)=東京都調布市=からの寄贈を断り、この事実が発覚して、上田知事が謝罪したというトーンで書かれています。
『伊藤さんは長崎放送を退職後、被爆者を訪ね歩いた。284人の声を集めたCD「ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない」(9巻)などを作り、学校や図書館に無料で配布している。』(朝日新聞から引用)とあります。任意団体とはいえ、図書館関連団体でボランティア活動をしている私としては、このような貴重な資料はぜひコレクションに加えたい、もし部数がないのからダビング費用を負担してでもいただきたいと考えます。
この記事を読まれた、図書館・資料館の方々はどのような考えをお持ちなのか、ぜひお聞きしたいものです。
戦後60年がたち、戦争の思い出が風化してしまい(私も戦後世代なので、えらそうなことはいえませんが)、このようなことが平気でおこってしまったのでしょうか。憲法記念日の新聞にこのような記事が掲載されるということも何かの因縁かもしれません。憲法改正が注目を受けているなか、第9条の扱いをどうするか、私は改正賛成派ですが、21世紀の現在に即した憲法とはどのように改正すべきなのか、改正する必要がないのかを真剣に考え、みんなで議論し、よりよい憲法を作ることが大切だと考えます。また自分の意見がまとまったら発表しようと思います。

最後に、本の感想ではなくなってしまいましたが、ぜひ「ナガサキの郵便配達」を埼玉県資料館の方に読んでいただきたいものです。

【本についてのディテールと購入・問い合わせ先】
ピーター・タウンゼント 間庭恭人(まにわ やすんど)訳 ナガサキの郵便配達
[Peter Townsend : The Postman of Nagasaki] 
鎌倉、「ナガサキの郵便配達」を復刊する会
(〒248-0016 鎌倉市長谷5-13-28-201、電話:0467-23-7664)、
2005、(初版:早川書房、1085)、19cm、206p.、肖像写真
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-05-06 20:22 | メディア(本、映画、記事)紹介
私が、この本があることを知ったのはつい最近のことです。以前もブログに書きましたが、ある団体でメルマガ(プライベートなリンク集にリンクがあります)を発行しています。その読者からの投稿レポートにこの書籍のことがかかれていました(こちらに本文があります)。投稿された方は、岡田恵子さんという図書館OGの方。以前より存じ上げており、雑誌等にもよく原稿を掲載していただいていました。
彼女が、読者の声の中でこの本を紹介しています。「いいものを読んだ。」のフレーズに何かを感じ、早速本を発注、先日手元にとどきました。

著者が「ピーター・タウンゼント」とあり、てっきりロックグループの「ザ・フー」のメンバーかと思いきや、まったくの別人、もっとメジャーな人でした。訳者のあとがきによれば、「胸間の勲章が数々の武勲を物語るイギリス空軍のエース、”英国の戦い”の英雄、それにもましてマーガレット王女との世紀の悲恋で有名な空軍大佐」(フィガロより)とあります。ということは、映画「ローマの休日」でG.ペックが演じた新聞記者J・ブラッドレーのモデル。何か親近感がましてきました。

また、ネットで調べると三省堂「新編国語総合」の教科書にもサマリーが取り上げられているとのこと、若い方は、教科書で「ナガサキの郵便配達」を読んでいるのですね。
「原爆文学研究」の第3号のエッセィでとりあげられたり、ブログでも多数とりあげられています。私は復刻版を手に入れましたが、復刻版が発行という記事が毎日新聞(ネットからは検索不能)、2005年6月19日長崎新聞など、各新聞に掲載されたようです。
と読書前に、結構情報を仕入れてしまったので、どのような感想文ができるかは心配ですが、連休中にまたこのブログで感想文を掲載しようと思います(乞うご期待!)。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-04-28 18:38 | メディア(本、映画、記事)紹介