思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:日本代表 ( 152 ) タグの人気記事

陸上の男子100mの決勝が行われました。準決勝で3強の一人、タイソン・ゲイ選手のタイムが伸びずに決勝進出ができなくなるハプニングはありましたが、精鋭8名のスプリンターによる決勝は期待していました。
結果は、50mまでは迫力あるレース展開でしたが、70mを過ぎるとジャマイカのウサイン・ボルト選手の独壇場となり、ゴール前ではダンスを踊っているように自らの勝利を確信して、酔いしれているようでした。そのような走りで9秒69の世界新記録! まともに走っていたらどんな記録がでたのかと思うと素晴らしい選手が現れたものだと感心してしまいました。
b0077271_12543214.jpg

同時間に行われていた野球ですが、新井選手の2ランがでて韓国に辛勝かと思いきや、すぐに同点に追いつかれ、9回にはミスも重なり3失点! これで終わりと思いきや、新井選手、稲葉選手、村田選手の3連打で1点を返してない無死2、3塁という同点のチャンス。これは延長もありえるなと期待しましたが、阿部選手は浅いレフトフライ、佐藤選手はなんと三振、そして森野選手も三塁ゴロで試合終了。ちょっと阿部選手、佐藤選手にはがっかりです。せめて犠牲フライぐらいは打って欲しかった!!
でもWBCも韓国に2度も負けても優勝しましたから、後半3試合を全勝でのりきり決勝トーナメントに進出だ!
b0077271_8244929.jpg

ケイリンでは日本人が初めてメダルをとりました。永井清史選手の頑張りに拍手です。
b0077271_8251432.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-17 08:25 | その他のスポーツ
日本女子代表なでしこジャパンがやってくれました。終戦記念日、中国にとっては占領されていた国土を自らの手に日本から取り戻した記念日に、その中国の土地で新たな歴史をつくりました。このような背景があり厳戒のスタジアム、90%以上は中国のサポータ、条件面は過酷でしたが、なでしこジャパンはいつものサッカーを開始直後から見せつけます。
b0077271_88211.jpg

前線からプレスをかけ、ボールを奪い中国を圧倒、またミドルからのシュートも多く(そのほとんどが枠内! 同じ青のユニフォームのチームに見せてやりたい!)、CKのチャンスを作り出します。宮間選手の左からのCKが飛び込んだ沢選手のヘッドにドンピシャ! 先制点は前半15分にうまれました。後半、前掛りの中国に押し込まれる場面もあり決定機も数回作られますが、デイフェンスがくずれませんでした。
そして後半35分に永里選手が追加点をとりました。永里選手、五輪初ゴールです! ノルウェイ戦ではFWでありながら無得点、交替を告げられたときに、自分のふがいなさからか、思いつめた表情をしていましたが、今日その鬱憤を晴らしました。
これで、五輪では1968年に男子が銅メダル獲得したメキシコ五輪以来のサッカー準決勝進出です。相手は予選リーグ、そしてアテネの準々決勝で負けたアメリカチーム。壁は高いですが、今の勢いとチームとしてのまとまりのある「なでしこJAPN」であれば奇跡を起こしてくれると思います。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-16 08:08 | 球技
女子柔道が好調です、谷本選手に続き、上野雅恵選手が70キロ級で連覇を達成しました。上野選手も一本勝ちを重ねて決勝に進出し、決勝ではキューバのエルナンデスをわずか46秒、朽ち木倒しで一本勝ちして見事に栄冠をつかみました。
一方の男子90キロ級の泉浩選手は2回戦で一本負け、アテネ五輪銀メダルの雪辱を果たすことはできませんでした。これで男子柔道は2階級を残して金メダル1個、残りの階級でメダルがとれても3個となり、史上最低のメダル獲得数となることが確定しました。
b0077271_912555.jpg

さてフェンシング・男子フルーレ個人、太田雄貴選手が快挙達成です。決勝に進出して銀メダル獲得、これはアジア地区としても初のメダル獲得だそうです。世界チャンピオン、オリンピックのメダリストを破っての銀メダルですからその価値は高いと思います。これでフェンシング人気も高まるかもしれませんね。
b0077271_9124818.jpg

予選リーグ敗退は決まってしまいましたが、最後に何とかして欲しかったサッカーですが、オランダに0-1で負けてしまいました。後半28分にPKで決勝点を奪われ、最後に意地を見せることすらできずに3連敗。オーバーエージ枠が導入されて現行の大会制度になった92年バルセロナ五輪以降、4度目の出場で初の未勝利での敗退となってしまいました。
最終戦で指揮官と選手の間に“溝”もできてしまったようで、試合前に反町監督から「オランダはうまいから前からボールを取りにいかなくていい」との指示が出たそうですが、選手は無視し、本田圭選手は「オレの考えは違った。何人かの選手に“前からいって相手を圧倒しよう”と話したら、賛同してもらった」と証言しています。試合後は森本選手がサポーターにあいさつするチームに加わらずに足早にロッカーに引き揚げるなど、後味の悪い最終戦となってしまいました。五輪サッカーに対してどう取り組んでいくか、オーバーエイジ枠を利用しなかったことなど、五輪開始前からくすぶっていた火種が最後に全部吐き出されたような気がします。
ロンドンではこのようなことがないようしっかりとしたスタッフをそろえて頑張って欲しいですね。
b0077271_9132158.jpg
b0077271_9134630.jpg

野球も予選リーグが始まりました。強豪のキューバとの初戦、エースのダルビッシュの不調がすべてだったと思います。2-4で黒星スタートですが、まだ初戦、田中投手もリリーフで登板したしっかり抑えていますから、残り試合を全勝して決勝に進んで欲しいですね。
b0077271_9141887.jpg


どうも団体競技は女子のほうが実力以上の力を出しているようで、バレーボールも女子は2勝1敗、男子は2連敗と明暗がわかれています。
どうした「日本男子」! 大和魂はどこにいってしまったのか
北嶋選手、鈴木選手がこの流れを断ち切ってくれることに期待しましょう!

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-14 09:15 | その他のスポーツ
悲喜こもごもいろいろな結果がでた1日でした。ますは日本人ではありませんが、フェルペス選手が8冠にいどんでいる競泳から。見事に世界新記録で1冠達成です。北島選手も準決勝は総合2位で決勝進出を決めましたが、ちょっと公判50mで失速気味だったのが気がかりです。
b0077271_8394415.jpg

初日がイマイチだった柔道は、内柴正人選手が見事に五輪2連覇となる金メダル、そして19歳初出場の中村美里選手が銅メダルと結果を二越しました。内柴選手は攻めの姿勢が毎試合でていましたので、決勝もやってくれると思いましたが見事な1本勝でした。これで柔道ははずみがつくのではないでしょうか。
b0077271_840193.jpg
b0077271_8401261.jpg

一方男子サッカーですが、結果は予想通りと言ってはなんですが、ナイジェリアに1-2の惜敗、これで予選リーグ敗退が決定してしまいました。相手をかんがえれば1点差負けはよく頑張ったといえますが、勝負は水もの何かをしてくれる期待はあっただけにちょっと残念です。かえずがえすも初戦の敗戦が大きいですね。
b0077271_8402824.jpg

最後はバトミントン、「オグシオ」コンビが準々決勝進出です。第1セットで13-6とリードした時は圧勝かと思いましたが、そこからデンマークペアに11連続ポイントを奪われて、1セットダウン。第2セットは勝ちましたが最終セットもリードを保ちながら凡ミスも多くハラハラの試合展開。相手のサービスミスで勝ちましたが、準々決勝は最強といわれる中国ペアが相手ですから実力以上の力をだして頑張ってもらいたいですね。1試合終わりましたから堅さもなくなって本来の出来をだせば勝利は近いと思います。
b0077271_8404646.jpg
そして競泳の予選では中村選手は日本新記録で背泳準決勝進出しましたが、柴田選手は自己ベストに遠く及ばない記録で自由形予選敗退、アテネで金メダルをとった800mでの起死回生の泳ぎを期待するしかなくなってしまいました。

写真は http://www.sponichi.co.jp/olympic/2008beijing/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-11 08:41 | 球技
b0077271_8164965.jpg
まずは女子サッカー、初戦を引き分けスタートである意味後がない日本女子サッカーでしたが、格上の米国に前半はボールを支配され防戦一方。やくしのいでいましたが1失点してしまいました。
後半は攻撃陣を増強して米国ゴールに迫り、決定機を何回も迎えますが結局1点がとれずに、0-1で負けてしまいました。これで残すはまた格上のノルウェイ戦、すでに決勝トーナメント進出を決めている相手だけにその心のすきをついて勝利し、予選リーグ3位のトップを確保して決勝トーナメント進出を目指すしかないですね。
b0077271_817196.jpg

また女子バレーも米国と対戦し、こちらもセットカウント1-3で負けてしまいました。どうも男子サッカーといい米国と相性悪いですね。

写真は http://www.afpbb.com/category/beijing2008 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-10 08:17 | 球技
男子サッカーの予選が開始されました。初戦の勝利が絶対の日本代表はアメリカと対戦、前半は押し気味に試合をすすめ、決定機も作りましたが、日本代表に共通する決定力不足でチャンスを逃し、いやなムードで後半を迎えます。そして開始早々、ワンチャンスをアメリカに決められてしまい、0-1とリードを与えてしまいました。
その後も攻勢をかけ、何度もアメリカゴールを脅かしますが、ゴールを奪うことができずに初戦は黒星、残り2戦の相手(オランダ、ナイジェリア)を考えると予選突破は早くも赤信号点灯となってしまいました。
一方で、優勝候補のアルゼンチンはメッシ選手の活躍で白星発進、ブラジルも勝点3をあげています。
b0077271_9331646.jpg
b0077271_933279.jpg

写真は http://www.afpbb.com/category/beijing2008 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-08 07:55 | 球技
開会式を前に、五輪サッカー予選がスタートしました。メダルが期待される女子日本代表、初戦は格下のニュージーランド戦、ここではずみをつけてアメリカ、ノルウェイに挑んでほしいと思っていましたが、結果は2-2のドローでからくも勝点1をゲットする不満の残る内容でした。結果をみればドローでしたが、不可解な判定でPKをとられ0-2とリードされたことを考えると、2-2の引き分けに持ち込んだことは今後の試合にはずみをつける意味ではよかったのかもしれません。また後半41分の同点ゴールを沢選手の五輪初ゴールで飾ったことも、日本のエースとして活躍してもらわないと困る沢選手のモチベーションアップにつかがると思います。次は、アテネ五輪の覇者アメリカが相手です、気を引き締めて勝ちにいきましょう。
b0077271_8114210.jpg
b0077271_8115076.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/beijing2008 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-07 08:12 | 球技
U23日本代表の五輪前最終壮行試合のアルゼンチン戦は激しい雷雨のため、後半39分で中断試合終了となりました。今は雨もほとんどやんでいますが、選手やサポータの安全を考えれば妥当な決定かとも思います。
b0077271_22104667.jpg
さて肝心の試合ですが、前半は押し込まれながらも本田圭選手のFKなど惜しいシュートもあり、ちょっと期待を持たせる試合内容でした。後半開始から雨が降り出し、TV画面でもしっかりとわかるような久しぶりに見る国立競技場での土砂降りの中の試合! そのような中で、香川選手から本田圭選手へのパスからシュートがクロスバーをたたくなど日本代表も見せ場をつくりますが、試合の流れはアルゼンチン、そして後半23分に一瞬のスキをつかれカウンターから先制されてしまいます。
その後は、アルゼンチンが自由にパスをまわし日本は守戦一方という流れとなり、雷がひどくなった後半39分に試合は中断され、中止が決定しました。先制されるまでは日本代表も頑張っていましたから、本番での活躍も十分期待できるのではないかと思います。特に内田選手の突破にはアルゼンチンもファールでとめるしか術はなく、これはかなりの武器になるのではないかとも思いました。尻切れトンボの試合でしたが収穫はあったと思う、壮行試合でした。
b0077271_2211446.jpg

一方の女子は、ダイジェストしか見ていませんがアルゼンチンに2-0で完勝しました。五輪では男子よりもメダルに近いという印象を受けました。女子の試合も見たいと感じるこの壮行試合2試合でしたね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/soccer/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-29 22:11 | 球技
北京五輪サッカー代表チームの壮行試合がホームズスタジアム神戸で行われました。女子の試合は地力で上回る日本が終始、主導権を握って快勝しました。両チームとも暑さのため(たまたま京都にいますが今日の最高気温は36度)に運動量を欠いていましたたが、その中で日本代表は前半43分に宮間選手の右クロスを澤選手が頭で合わせて先制します。後半2分には再び宮間選手のパスから永里優選手がDFをかわして追加点を挙げた、後半41分には途中出場の丸山選手が、自ら獲得したPKを決めてダメ押しです。結果は3-0の快勝、五輪委向けて弾みがつきました。
そしてひき続きおこなわれた男子の試合は、前半34分にミスを突かれてオーストラリアのトンプソン選手に先制点を許しましたが、41分に連係プレーから香川選手が同点弾、そして終盤には豊田、岡崎選手らの攻撃陣を投入した反町監督の采配が成功し、後半44分に谷口選手の左クロスから、岡崎選手が決勝のヘディングシュートをねじ込み2-1で逆転勝利です。地力では上とみられていたオーストラリア代表に勝利したことは若い日本代表には自信となって蓄積されると思います。次戦のアルゼンチン戦んひ期待がもてる試合内容ではなかったかと思います。
b0077271_23434347.jpg

そして今日、日本代表候補35選手は発表されました。名古屋グランパスからは常連の楢崎GK、玉田選手に続き小川選手が選出されました。岡田監督の談によれば、ストイコビッチ監督の小川選手に対する評価を参考としたとのこと、ここは小川選手に頑張ってもらいぜひ代表に残って欲しいと思います。

写真は http://www.jiji.com/  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-25 00:02 | 球技
星野監督率いる野球の日本代表24人が決定し発表されました。
アテネ大会に続いて主将を務める宮本選手のほか、上原、岩瀬、和田投手の計4人が2大会連続出場となります。球団別では中日から最多の4人が選出されましたが、広島とオリックスからは選出されませんでした。最終候補メンバーからは小笠原道大内野手、高橋由伸外野手、岩隈久志投手らが漏れています。この選考ではやはり上原投手が選ばれるかどうかが焦点だったのではと思います。
2軍から復帰した後も調子はあがっていない状況でしたので、星野監督がどう判断するか注目していました。結果は、海外試合経験の多さとその勝負強さにウェイトをおき選出したのではと思います。上原投手、意気に感じて金メダル目指して頑張って欲しいものです。

北京五輪日本代表メンバー
【投手=10人】

上原浩治(巨人) 、川上憲伸(中日)、岩瀬仁紀(中日)、藤川球児(阪神)、ダルビッシュ有(日本ハム)、成瀬善久(ロッテ)、和田毅(ソフトバンク)、杉内俊哉(ソフトバンク) 、田中将大(楽天)、涌井秀章(西武)
【捕手=3人】
阿部慎之助(巨人)、矢野輝弘(阪神)、里崎智也(ロッテ)
【内野手=7人】
荒木雅博(中日)、新井貴浩(阪神) 、村田修一(横浜)、宮本慎也(ヤクルト)、西岡剛(ロッテ)、川﨑宗則(ソフトバンク)、中島裕之(西武)
【外野手=4人】
森野将彦(中日)、青木宣親(ヤクルト)、稲葉篤紀(日本ハム)、佐藤隆彦(西武)
b0077271_2093781.jpg

▼星野仙一監督の話 
 チームスポーツがいい成績を残せば日本の五輪チームが勢いづくし、日本も沸く。野球の存在感をもう一度示したい。一番輝いているものを狙っていく。そのためには(1次リーグの)7試合をしっかり戦おうと思う。
▼田淵幸一ヘッド兼打撃コーチの話
 つなぐ野球を合言葉に、一発より広角に打てるメンバーを選んだ。きっちりした野球をすれば勝てるという自信がある。
▼山本浩二守備走塁コーチの話
 予選の時のメンバーが多く、緊張感というのを分かっている選手が多い。短い合宿の中で一つのチームになれるのではないか。
▼日本代表・大野豊投手コーチの話
 僕個人の考えでは上原(巨人)には「最後を任す」と言った方が力を出すように思う。田中(楽天)は幅広く使う形になる。

http://www.jiji.com/jc/p
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-17 20:10 | 球技