思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:競馬 ( 173 ) タグの人気記事

2008年のJRA各賞が発表されました。注目の年度代表馬にはウオッカが選出され、ライバルと目されていたダイワスカレットは無冠に終わりました。牝馬の年度代表馬は1971年のトウメイ、1997年のエアグルーヴに次ぐ史上3頭目の快挙です。2009年は昨年同様にドバイ遠征を計画しているそうですから、ダイワスカーレットともども海外での飛躍を期待したいものです。
b0077271_12572111.jpg
調教師部門では、常連の藤沢和雄調教師が無冠に終わってしまいました。関西の池江泰寿調教師が2部門で受賞しています。騎手でも新人賞の三浦騎手は武騎手の記録を破る大活躍、競馬の世界もそろそろ世代交替の波が押し寄せているのかもしれません。


1.競走馬部門
年度代表馬 ウオッカ号 栗東・角居 勝彦厩舎
最優秀2歳牡馬 セイウンワンダー号 栗東・領家 政蔵厩舎
最優秀2歳牝馬 ブエナビスタ号 栗東・松田 博資厩舎
最優秀3歳牡馬 ディープスカイ号 栗東・昆 貢厩舎
最優秀3歳牝馬 リトルアマポーラ号 栗東・長浜 博之厩舎
最優秀4歳以上牡馬 スクリーンヒーロー号 美浦・鹿戸 雄一厩舎
最優秀4歳以上牝馬 ウオッカ号 栗東・角居 勝彦厩舎
最優秀短距離馬 スリープレスナイト号 栗東・橋口 弘次郎厩舎
最優秀ダートホース カネヒキリ号 栗東・角居 勝彦厩舎
最優秀障害馬 キングジョイ号 栗東・増本 豊厩舎


2.調教師・騎手部門
(1)調教師部門
最多勝利調教師 池江 泰寿 栗東
最高勝率調教師 藤原 英昭 栗東
最多賞金獲得調教師 角居 勝彦 栗東
優秀技術調教師 池江 泰寿 栗東
(2)騎手部門
最多勝利騎手 武 豊 栗東
最高勝率騎手 武 豊 栗東
最多賞金獲得騎手 岩田 康誠 栗東
最多勝利障害騎手 西谷 誠 栗東
最多勝利新人騎手 三浦 皇成 美浦

競争馬部門の投票結果 → http://www.jra.go.jp/news/200901/010601a.html
写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-07 12:58 | ギャンブル
とにかく馬のスケールというか、能力が違いすぎました。そんな感じが残った有馬記念でした。
予想通りにダイワスカーレットが逃げる展開、それを有力馬がマークして淡々とした流れで最後の直線を迎えましたが、ダイワスカーレットのみがバテテいないで、他の有力馬は失速ぎみ、おかげで馬券は大荒れの結末となりました。
b0077271_19304373.jpg
b0077271_19305030.jpg

有馬記念の結果
1○13 ダイワスカーレット 牝4 55.0 安藤勝己 2:31.5  
2 14 アドマイヤモナーク 牡7 57.0 川田将雅 2:31.8 1 3/4
3 6 エアシェイディ 牡7 57.0 後藤浩輝 2:31.9 3/4 36.4
4 11 ドリームジャーニー 牡4 57.0 池添謙一 2:31.9 ハナ 35.9
5△ 8 スクリーンヒーロー 牡4 57.0 M.デムーロ 2:32.0 クビ


今年の古馬陣は、牝馬がとにかく強かったと思います。ウオッカとダイワスカーレットだけでなく、ブルーメンブラットもマイルG1をとりましたし秋のG1は牝馬が大活躍でした。最優秀古馬牝馬はウオッカかダイワスカーレットか、そして年度代表馬は何が選ばれるのか楽しみですね。
写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-28 19:31 | ギャンブル
グランプリ有馬記念です。最後に夢を託す馬を何にするか、順当であればマツリダゴッホかダイワスカーレットでしょうが、ここはこの有馬が引退レースとなるメイショウサムソンに期待します。
この秋の成績は不振そのもの、これで勝てるのかと思いますが、このパターンを見るとあの馬を思い出します。そうオグリキャップです。騎手も同じ武豊ですし、何かの因縁を感じてしまいます。武騎手もこのオグリの有馬で一躍スターになりましたから、今度はメイショウサムソンを記憶に残る馬としてくれることと期待します。
調教もよかったようですから、相手は強敵ですが、勝てない相手ではないと考えこんな予想をしてみました。スクリーンヒーローはジャパンカップの再現を期待し、アルナスラインはペリエ騎手が2006年のポップロックのようにマークする馬を決めてうまく騎乗してくれるのではと考えました。
b0077271_16112048.jpg

有馬記念予想
◎ メイショウサムソン
○ ダイワスカーレット
▲ マツリダゴッホ
△ スクリーンヒーロー、アルナスライン

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-27 16:11 | ギャンブル
セイウンワンダーが内をついて見事に差し切り勝ちをおさめました。最近グラスワンダー産駒の活躍が目立っていますね。ジャパンカップ、鳴尾記念に続いてこの1ヶ月間に重賞3勝目です。
惜しかったのは、フィフスペトルではないかと思います。勝馬とはコースどりの差が最後の頭差となったようです。この秋のG1のキーワードは外国人騎手かもしれません、ルメール騎手、惜しかったですね。一方で岩田騎手は今年G1当たり年の4勝目! 中山競馬場で初の重賞制覇のオマケツキとなりました。
いよいよ来週は有馬記念、岩田騎手の騎乗停止は痛いですが、ダイワスカーレット、マツリダゴッホは調子よさそうですから、強い馬が勝つ有馬記念となりそうですね。
b0077271_1881686.jpg

朝日杯の結果
1◎ 3 セイウンワンダー 牡2 55.0 岩田康誠 1:35.1  
2▲11 フィフスペトル 牡2 55.0 C.ルメール 1:35.1 アタマ
3○ 5 ブレイクランアウト 牡2 55.0 武豊 1:35.2 1/2
4 15 ホッコータキオン 牡2 55.0 飯田祐史 1:35.2 クビ
5 13 ピースピース 牡2 55.0 吉田隼人 1:35.5 2


写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-21 16:10 | ギャンブル
岩田騎手はまだ中山競馬場での重賞制覇がないそうです。一方、今週復帰の武豊騎手はまだ朝日杯を勝ったことがありません。今年の朝日杯はこの名騎手2名の騎乗する馬が勝ちそうな予感がします。
セイウンワンダーは新潟2歳Sの勝ち方がよかったです(ただしレース間隔が開いているのが?)し、ブレイクランアウトは1勝馬ですが、走りが際立っているように思います。ただこの両馬とも絶対視は禁物です。
いつにまして難解なレースとなりそうです。フィフスペトルやシェーンヴァルト、ツルマルジャパン、ゲットフルマークス、ミッキーパンプキンにも勝機はありますから、幅広く馬券は購入しようかとも考えています。
b0077271_1642999.jpg
朝日杯の予想
◎ セイウンワンダー
○ ブレイクランアウト
▲ フィフスペトル
△ シェーンヴァルト、ツルマルジャパン、ゲットフルマークス、ミッキーパンプキン

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-20 16:42 | ギャンブル
1頭だけ次元の違う走りを見せたブエナビスタが阪神JFを制しました。直線半ばから見せつけた速さは桜花賞は間違いなくこの馬で決まりと思わせられるほどの素晴らしさでした。言い方は適切でないかもしれませんが、他の馬が止まっていたような感覚でした。
私の本命・ジェルミナルはクビ差の6着でしたが、やはり10kg減が響いたのかもしれません。直線で黄菊賞のときのような粘りがありませんでした。 1戦1勝のミクロコスモスもいい足を見せましたし、2歳牝馬は好素質馬がそろっていそうです。
b0077271_17423221.jpg

阪神JFの結果
1○13 ブエナビスタ 牝2 54.0 安藤勝己 1:35.2  
2△ 2 ダノンベルベール 牝2 54.0 後藤浩輝 1:35.6 2 1/2
3▲ 9 ミクロコスモス 牝2 54.0 鮫島良太 1:35.8 1 1/4
4△ 7 ショウナンカッサイ 牝2 54.0 幸英明 1:36.0 1 1/4
5 5 イナズマアマリリス 牝2 54.0 吉田豊 1:36.2 1 1/2


写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-14 16:17 | ギャンブル
今年最後の阪神での恒例2歳牝馬G1です。今年の2歳牝馬は好素材の馬が多いように思います。通常であれば1勝馬でも楽に出走できる暮れのG1ですが、今年は1勝馬は約1/3の狭き門となっています。
そんな中で、1番人気にはその1勝馬のブエナビスタとなると思いますが、私の本命はジェルミナルとします。藤原英昭厩舎期待の2歳牝馬です。同厩舎にはワイドサファイアという馬もいますがこちらはファンタジーSで4着となってしまい、暮れのG1には出走できなくなってしまっただけにこの馬にかける期待も大きいと思います。それは主戦の福永騎手にとっても同じ気持ちだと思います。
b0077271_16311567.jpg
ウオッカ、トールポピーと同じ黄菊賞からの参戦ですし、前2頭と違い勝ち上がっての挑戦は期待が持てます。8枠17番という枠も福永騎手にしてみれば、ラインクラフトで同じ阪神マイルの桜花賞を制したときと同じ! 何となく運を感じます。
さて、その他としてはミクロコスモス(角居厩舎の3連覇がかかります)、レディルージュ、ショウナンカッサイ、ダノンベルベール、デグラーティアなどに期待します。

阪神JF予想
◎ ジェルミナル
○ ブエナビスタ
▲ ミクロコスモス
△ レディルージュ、ショウナンカッサイ、ダノンベルベール、デグラーティア

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-13 16:31 | ギャンブル
競走馬にとって屈腱炎は引退してもおかしくない病ですが、その屈腱炎から見事にカネヒキリは復活して、ジャパンカップダートを制しました。
馬の能力は3歳時点で超一流と言われていましたから、屈腱炎を克服してどこまで能力が戻っているか、2年ぶりのレース(復帰2走目ですが)でそのレース感がどこまで回復しているかが注目でしたが、いずれも見事に全盛時に近いレベルになっていました。
ヴァーミリアンはやはり、武騎手乗り代わりのジンクス(過去2回はいずれも未勝利)がいきていたのか、最後の直線、メイショウトウコンとの追い比べに敗れて3着、期待の3歳馬は着外、やはりダートは古馬なのでしょうか。
b0077271_1774312.jpg
b0077271_22423169.jpg

ジャパンカップダート結果
1△10 カネヒキリ 牡6 57.0 C.ルメール 1:49.2  
2 5 メイショウトウコン 牡6 57.0 藤田伸二 1:49.2 アタマ
3◎ 6 ヴァーミリアン 牡6 57.0 岩田康誠 1:49.3 クビ
4 3 サンライズバッカス 牡6 57.0 佐藤哲三 1:49.6 1 3/4
5 12 ブルーコンコルド 牡8 57.0 幸英明 1:49.6 アタマ

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-07 16:45 | ギャンブル
やはり国内無敵のヴァーミリアン中心で問題なしと考えます。対抗もJBC2着の3歳馬のサクセスブロッケンとしました。騎手は今日のステイヤーズSで6番人気のエアジパングで見事に勝利した横山騎手ですから、2日連続も十分ありえそうです。
そしてその他は、期待半分の馬を並べてみました。このなかからどの馬が絡んでくるか楽しみにしています。
b0077271_1734572.jpg


ジャパンカップダートの予想
◎ ヴァーミリアン
○ サクセスブロッケン
▲ アドマイヤフジ
△ ティンカップチャリ、カネヒキリ、カジノドライヴ、マストトラック

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-06 17:12 | ギャンブル
ミルコ・デムーロ騎手の好騎乗だったのではないでしょうか。調教がよかったマツリダゴッホをマークして直線一揆に加速して、ディープスカイの追い上げをしのいでの勝利です。
アルゼンチン共和国杯で重賞初勝利をあげた馬のジャパンカップ勝利と言うのは初めてではないでしょうか。またグラスワンダー産駒のG1制覇も初だと思います。ディープスカイ、ウオッカはやはり天皇賞の疲れがあったのかと思いますが、2、3着は立派だと思います。またマツリダゴッホの4着は有馬記念につながる着順ですね。
b0077271_170896.jpg
ミルコ・デムーロ騎手「チョー気持ちいい。スタートも道中の位置取りも、すべてうまくいった。馬がレースに集中していて、いいレースができた」

ジャパンカップ結果
1△16 スクリーンヒーロー 牡4 57.0 M.デムーロ 2:25.5  
2◎ 9 ディープスカイ 牡3 55.0 四位洋文 2:25.6 1/2
3○ 4 ウオッカ 牝4 55.0 岩田康誠 2:25.7 3/4
4 13 マツリダゴッホ 牡5 57.0 蛯名正義 2:25.7 アタマ
5▲ 1 オウケンブルースリ 牡3 55.0 内田博幸 2:25.8 クビ


おまけ:福永騎手が京都12レースを勝ち、通算1000勝をあげました。今年中には達成すると思っていましたが、勝鞍があまり伸びないので心配していました。これで来週からのG1に思い切って騎乗できるでしょう。
b0077271_194768.jpg

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-30 17:06 | ギャンブル